2005年10月26日

レイクサイド マーダーケース

B0009NW5A6レイクサイド マーダーケース
役所広司 東野圭吾 青山真治
ポニーキャニオン 2005-07-29

by G-Tools


さて…
これはけっこう考えさせられる映画だった。


中学受験に備えて、とある湖の別荘で合宿を行う三組の親子と塾講師。
そこに主人公並木の愛人が現れる。

その夜、彼女が殺される。
「わたしが殺したの」
と告白する並木の妻美菜子。

そこにいる者皆が、子供の受験への影響を考えて、死体を秘密裏に始末しようとするのだった…


こうして前半だけ見ていると、不倫や、受験第一を考える大人の汚さが表層に浮かび上がっている。

でも本当の“歪み”が露呈されるのは、真実が判明したそのときだ。


※以下、ネタばれですので、ご注意。


本当は、彼女を殺したのは、子供たちだったという事実。

それに直面した時、どの親も警察に届けようとはしなかった。

「子供を少年院に入れるなんて親のすることじゃない。
更正させたいから警察に届けるなんて、親はそんなことできないんですよ!」

と、死体を始末するとき不気味な位冷静だった柄本明演じる父親が唯一激昂するシーンは見物。

親の愛の歪み。
子供の心の歪み。
人間性の情と正義の中で葛藤する主人公の痛み。



うまいな、と思ったのは、並木が、美菜子の子供の本当の父親ではないという設定。

「あなたが本当の父親になれるチャンスなんです」
という意味合いのことを言われて、苦悩する並木。

ほんとうの親ってなんだろう?


ここで観客も判断をゆだねられる。

これは多分、子供を持つ人と持たない人では、このラストに対する見解は変わってくるんじゃないだろうか。

子供のいないわたしにとって、この映画は“歪み”のカテゴリーに入れてしまったけれど、もし自分がこんな場面に直面したら、子供を警察に突き出せるだろうか。


並木もやはり、目を瞑る選択を成す。


ラストシーンはそれに対して、不気味な“可能性”を提示する。

死体に突き刺さった並木のライター。

でもその一方で、美菜子の未来のビジョンでは、子供が晴れやかに中学に入学している。

大人の歪みの結果は、今はまだ出ていない…。


さて、役者はやはり柄本明が際立って良い演技をしていると思う。
飄々とした風体と、その心とのギャップが露呈されるシーンはすばらしい。

そして美菜子役の薬師丸ひろ子も目の演技で訴えかけてくる。

ただ、塾講師役の豊川悦司だけが、いつもの節回しで萎えるというか…

せりふまわしや、立ち位置などを見ていると、舞台でやったらとても面白い作品だと思う。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. レイクサイド マーダーケース  [ 月影の舞 ]   2005年10月26日 17:05
「レイクサイド マーダーケース」★ややネタバレあり★   青山真治:監督・共同脚本/東野圭吾:原作   役所広司、薬師丸ひろ子、豊川悦司:出演 三組の家族が湖畔の別荘に講師を招き、 お受験のための勉強合宿をしているところから はじまる。 映画は三組の...
2. レイクサイドマーダーケース  [ 映画バカ 〜エンターテイメントバカ〜 ]   2005年11月22日 00:51
レイクサイドマーダーケースは、はじめてのときに紹介したけど すばらしい あんなオチスゴいよね 今の時代ならなきにしもあらずだね 柄本明の怪演もすごい 死体の顔を潰すや〈
3. レイクサイドマーダーケース  [ 映画バカ 〜エンターテイメントバカ〜 ]   2005年11月22日 00:53
レイクサイドマーダーケースは、はじめてのときに紹介したけど すばらしい あんなオチスゴいよね 今の時代ならなきにしもあらずだね 柄本明の怪演もすごい 死体の顔を潰すや〈

この記事へのコメント

1. Posted by ユカリーヌ(月影の舞)   2005年10月26日 17:06
リュカさんも観られたのですね。
私も舞台劇っぽいなあって感じました。
これも歪んだ愛の形でしょうね。

私は豊川ファンなんだけど、豊川さん演技は
ちょっとダメダメでしたね。
役所さんがその分よかった。
2. Posted by リュカ   2005年10月29日 19:47
ユカリーヌさんは豊川さんのファンなんですね。
わたしも一時はハマってました。NIGHT HEADの映画の頃は本当に好きだったんですが…

役所さんは良かったですね。
今回は久しぶりにマトモ(?)な役でしたし。
今の日本映画には欠かせない人かもしれませんね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔