2006年04月21日

青い棘

B000E1KHZS青い棘
ダニエル・ブリュール アヒム・フォン・ボリエス アウグスト・ディール
アルバトロス 2006-04-07

by G-Tools


ねえ、
ぼくらは
一番美しい瞬間に
この世を去るべきだと思わないか?



1927年に実際に起きた事件、「シュテークリッツ校の悲劇」をもとに映画化。

ギムナジウムで友人同士のパウルとギュンター。
パウルはギュンターの美しい妹ヒルデに心を奪われる。
けれど一人に縛られたくない彼女には他にもハンスという調理師見習いの男がいた。
実はギュンターとハンスも同性ながら関係を持っていた。

複雑な人間関係の中、パウルとギュンターは愛を感じられなくなった時、自らとそしてその愛を奪った者を道連れにして死を選ぶことを誓う。

若さゆえの純粋さ、奔放さ、そして陶酔と暴走。

白いシャツ、白いドレスに身を包んだ白皙の若者たちの青春のきらめきがそこかしこに息づいている。
殴られて唇から出る血、指の隙間からこぼれおちる砂、しなやかな銃身。
どれもがやけに耽美だ。
少し狙いすぎな感じはするものの、ハンスを真ん中にはさんで寝転がり、兄妹で彼にキスをし愛撫するシーンは目を奪われる。

でもヒルデ役の少女があまりにもかわいらしく魅力的で、男性たちがいまいちかすんで見えてしまったのが残念。
兄妹に愛されるハンスも説得力に欠ける。

最後に意思を翻したパウルの表情は良。
彼は美しい時間を永遠にとめることはできなかった。
ギュンターは幸せなのだろうか。


cocoroblue at 22:41│Comments(3)TrackBack(2)││実話ホモ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 退廃と、ある一つの決断〜「青い棘」  [ 気まぐれ映画日記 ]   2006年04月22日 22:42
まさか初日から観るつもりはなかったのだけどせっかく渋谷を通るのだからと勢いで観てしまった青い棘(公式HP) 1927年のベルリンで起こった「シュテークリッツ校の悲劇」という事件を映画化した作品。詩を愛する秀才のパウル(ダニエル・ブリュール)は寄宿学校の唯一の友...
2. 青い棘  [ 虎猫の気まぐれシネマ日記 ]   2008年09月29日 23:40
・・・僕らは一番美しい瞬間にこの世を去るべきだと思わないか?1927年にベルリンで起きたシュテークリッツ校の悲劇を題材にした物語。 先日,ヒトラーの贋札でアウグスト・ディールを,そしてラヴェンダーの咲く庭でで,ダニエル・ブリュールを観たばかりなので,このお...

この記事へのコメント

1. Posted by BlogPetのなりす   2006年04月23日 11:25
なりすはパとここで指を説得したかったみたい。
そしてここでパが砂っぽい意思しなかった?
けれどパと白皙は関係しなかった?
実はここへ表情みたいな意思するはずだったみたい。
2. Posted by なな   2008年09月29日 23:44
こちらにも〜
かなり好きな同性愛映画です。
実話,というのも,登場人物たちのもつれた関係も
悲劇的なラストも,みんな好みです。
美しい映像もよかったわ。
ギュンターを演じた,アウグスト・ディールの
やつれた感じがお気に入り。
3. Posted by リュカ   2008年09月30日 20:25
ななさんお気に入りの作品なんですね♪
実話だというのがまた凄いですが…。
あの陶酔した青い感じはあの年代ならではでしょうね。
それに見合った美しい映像がまたドンピシャな映画でした。
最近こうした美しい系の同性愛映画を見ていないような…。飢えています(笑)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔