2012年01月01日

【2011 マイベスト&ワースト】

イリュージョニスト

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

恒例マイベスト&ワースト2011年版です。

この年は、劇場で117本、レンタル・テレビ等で125本、計242本を鑑賞しました。

その中から2011年に日本公開された作品に限って選出しました。

この年はミニシアター系が充実していた感じです。
もちろん大作でも目を瞠り、ハラハラドキドキもさせられたものもありましたが、どちらかというと静謐で、せつなく、それでも激しく情感を突き動かされるものに心魅かれました。

それではいってみます。

続きは以下からどうぞ。



息もできない [DVD]
さて、いきなり選外作品からなのですが……。
実質マイベスト1位は『息もできない』です。
が、劇場で観たのは2011年ながら公開が2010年……!
ということで泣く泣く除外しました。
これは未だレビューも書けないくらいの衝撃と感銘を受けました。
韓国映画はときどきこうしたバケモノ的な傑作が現れますね。
で、こうした除外作品が非常に多かった年でありました。それはまた後述します。

では、マイベスト作品です。

1.イリュージョニスト
イリュージョニスト [DVD]
せつなさ、美しさが秀でた逸品。
そこかしこに散りばめられたユーモアも良。
少女に対する無償の愛、手品の小道具と相棒のふたつの役割を果たすうさぎの存在、イリュージョニストが最後に残した言葉、どれも苦しくなるほどにせつなくて素晴らしい。


2.英国王のスピーチ
英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ジェフリー・ラッシュがとにかく素晴らしかった。
紆余曲折を経て最後に堂々と王がスピーチをするところはカタルシスあふれるクライマックス。
映画はこうでないと!と思わせられた。
アカデミー賞受賞に納得。


3.未来を生きる君たちへ
In a Better World Poster Movie Spanish 27 x 40 Inches - 69cm x 102cm Mae West Victor Moore William Gaxton Lester Allen Alan Dinehart Mary Roche Lloyd Bridges
人の愚かさと、やさしさと、時にはポリシーが打ち砕かれてしまう過酷な現実と、でも最終的には人間性の本質を鋭く見つめたスサンネ・ビアらしい傑作。
今回も子役がめちゃくちゃ上手い。


4.ソーシャル・ネットワーク
ソーシャル・ネットワーク - 映画ポスター - 11 x 17
スタイリッシュでいっときも飽きさせないテンポの良さ、なのに薄っぺらにならなかった人間ドラマ、成功者の本質的な孤独感、ここまで仕上げてくるのは凄い。
俳優陣も好演ぞろい。
もっともっと評価されても良い出来だと思う。特にアカデミー賞。


5.わたしを離さないで
わたしを離さないで - 映画ポスター - 11 x 17
せつなさのどツボにハマった。
哀しい瞳をした“コピー”たちの、生への希求と普通に人を愛する姿に涙が止まらなかった。
アンドリュー・ガーフィールドの絶叫は映画史に残る名シーン。


6.ブルーバレンタイン
Blue Valentine (Special Edition DVD & CD Set)
誰もがいつかは失う重さ。
それは死ぬ前の21gだけれど、ここでは夫はもっと重いものを失ってしまう。
修復しようとピースを操る手が、ふるえて結局全てを壊してしまう結末に涙。
並行して二人が結ばれるまでを描く手法はダメージを増幅。
主演の二人、上手い。


7.ラブ・アゲイン
Crazy, Stupid, Love
いやもう好きすぎて心が躍った恋の物語。
意外な人間関係、愛すべきキャラクターたち、ユーモアラスなエピソード、クセがある役者が多くいながら見事に全員が調和した絶品。


8.スリーデイズ
スリーデイズ [DVD]
ポール・ハギス、やっぱり好きだなあ。上手いなあ。
オリジナルの方を先に見ていて、しかもそちらの出来が良かったのに、このリメイクの方を評価できるくらいに素晴らしかった。
オリジナルの肉付けがまた功を奏してドラマに厚みを増している。


9.X-MEN: ファースト・ジェネレーション
X-Men First Class Poster - Teaser Flyer 11x17 - 2011 Movie James McAvoy XMEN X Men BPC
燃えた!萌えた!
何この面白さ!主演男性二人の妖しさ!
シリーズを観ている人へのお楽しみもしのばせ、でも単体でも充分惹き付けられる面白さだった。
体中のアドレナリンが噴出。
アクションも人間ドラマも兼ね備えたこの年の娯楽作品1!


10.名前のない少年、脚のない少女
名前のない少年、脚のない少女 [DVD]
最初のつかみどころのない居心地悪さが、徐々に人間関係が解きほぐされていくにつれてエモーショナルな少年譚に変わる。
ゲイ的なクライマックス、画面の中だけの儚げな少女、死への甘い誘惑と拒絶、どれももの凄く好み。
心に浸透するせつなさがたまらない。

*************************************************************************************************

さて、冒頭にも書きましたが、観たのは2011年、でも公開日が2010年ということでマイベスト選外になってしまった素晴らしい作品がいくつかあります。

白いリボンエグザムキック・アス


白いリボン』 ハネケ独特の不穏な空気がたまらない!美しいほどに不気味で悪意に満ちている。
エグザム』 アイデア倒れにならなかった密室劇の傑作。
キック・アス』 このヒットガールに魅了されない人はいないでしょ。
川の底からこんにちは』 号泣と大笑いがいっぺんに来た。ある種の人生賛歌。
パリ20区、僕たちのクラス』 学生たちのリアルが詰まっている。
彼女が消えた浜辺』 ミステリーと群像劇がうまく重なっていて見ごたえ充分。

*************************************************************************************************

話は戻って2011年の他の良作を。

ファンタスティック Mr.FOX』 ウェス・アンダーソン作品に共通する家族の絆、そして今回はダンディズムに溢れていてたまらなかった。キャラ造形も可愛くて良!
ミスター・ノーバディ』 ラストにあふれる幸福感はなかなか見られるもんじゃない。
ミッション:8ミニッツ』 見せる、泣かせる、考えさせられる。短い中で様々な感動が敷き詰められて凄い。
光のほうへ』 どん底にありながらラストに見える一筋の光に涙する。
アリス・クリードの失踪』 たった3人の登場人物でここまで面白くなる展開は凄い!
八日目の蝉』 メインの女優さん3人の演技、文句なし。母性について考えさせられた。
メアリー&マックス』 ほのぼのした造形からは想像もつかないようなヘビーな人生模様。でもラストシーンは号泣必至。
ジュリエットからの手紙』 こういうラブストーリーは映画では絶対必要。なんてきらきらとした作品。
猿の惑星:創世記』 なんてよくできた作品。
白夜行』 すっごいお話!主演二人も良い!
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』 単純にもの凄く面白かった。シリーズ中で一番好きかも。
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』 一作目をワーストに挙げたわたしがまさかこのシリーズを評価することになろうとは。でもあの3Dの効果は血わき肉踊った。

*************************************************************************************************

ではワースト作品も。

1.セカンドバージン
なんだか全体的に気持ち悪い作品。内容もつまらなさの頂点。

2.カーズ2
まさかピクサー作品をワーストに挙げる日が来るとは。とにかく面白くなかった。

3.DOG×POLICE 純白の絆
出来は凄く悪いけれど、バカすぎてなんだか憎めない作品でもある。

4.グリーン・ホーネット
どうしちゃったんだ、ミシェル・ゴンドリー。3Dの出来もトホホ。

5.ウォール・ストリート
何の巻き返しもできないままに終わる若造が赤ちゃんに救われる。ってアリか?

6.ジーン・ワルツ
途中まではまだ良かったのに。クライマックスのドリフコントは何なの。

7.パラダイス・キス
容姿端麗な人たちがわんさか出てきて、ファッションも色とりどりでありながら、「いやん、素敵!」って感情がちっとも湧いてこない。悪い意味での少女マンガ的ラストもひどい。

8.RED/レッド
豪華キャストの無駄遣い。

9.もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
演出がひどすぎ。

10.テンペスト
面白いところがまったくなくてびっくりした。『プロスペローの本』と比べると力量の差がはっきりする。

それでは、今年も良い作品にめぐりあえますように。


cocoroblue at 00:03│Comments(16)TrackBack(5)││【番外】雑記 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. [年越し! <ナカデミー賞 2012’> おませで、おしゃまで、ひたむきな! ^^v(前編)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2012年01月03日 00:41
☆・・・男(ひと)はなぜ、幼女が好きなのだろう・・・?    ・・・男(ひと)はなぜ、幼女を愛さずにはいられないのだろう・・・?    私には、幼女から、愛することを許諾してもらう資格があるのだろうか・・・。    ◇  「ロリコン許可証」を持つ男・・・.
2. 2011年度劇場公開作品マイベスト7  [ 虎猫の気まぐれシネマ日記 ]   2012年01月03日 16:35
2011年も,はや終わりに近づきました。 年末の慌ただしい日々,みなさんいかがお過ごしでしょうか。本年もこの拙いブログに沢山の方々にお越しいただき,ありがとうございました。今年は震災の影響もあって,劇場へ出かける回数が減り,数えてみたら14本しか新作映画を
3. 2011年面白かった映画マイベスト10  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2012年01月04日 18:03
今年も色々ありがとうございました(^○^)  また来年も宜しくお願いします!      2011年 面白かった映画ベスト10です
4. 2011 thinkingdays 映画(洋画)ベスト10 & 邦画ベスト5  [ 真紅のthinkingdays ]   2012年01月06日 11:50
 2011年、劇場鑑賞した映画は106本。うち邦画は24本。久々に100本超え です。しかし、自宅鑑賞がほとんどできなかった一年でもありました。タイトル クリックで感想記事に飛びます。 1. 未来を生きる...
5. 2011年ブロガーが選んだ映画ベスト10  [ 『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記 ]   2012年01月07日 20:03
年に一度のブログの更新時期が来ました。 鑑賞本数が年々減っていき、失敗チョイスが多かった2011年、私自身のベスト10は、なんとなく幼稚なベスト10となってしまいました。 2011年は、どの映画が面白かったんやろか? 8回目(2010年、2009年、2008年、2007年、2006年...

この記事へのコメント

1. Posted by shake   2012年01月02日 00:18
明けましておめでとうございます。
リュカさん、昨年は物凄い数の作品を鑑賞されたのですね(◎o◎)!
イリュージョニストはぜひ観たい作品でした。もうすでにレンタルが始まっているようですので、近いうちにtsutayaに行ってみます。

また色々お話させてくださいね。
本年もよろしくお願いいたします。
2. Posted by リュカ   2012年01月03日 00:06
shakeさん、あけましておめでとうございます♪

わたしは数だけはまあまあ観ているのですが、なぜか全然記憶に残らない作品もちらほらあって、雑な見方をしているのだと思います(笑)。
そんな中でも強烈に印象に残った作品がベストに挙げたものになります。
『イリュージョニスト』すごく良いですよ!
是非是非〜♪

それでは、こちらこそ今年もよろしくお願いします。
またそちらにお伺いしますね♪
3. Posted by なな   2012年01月03日 16:47
リュカさん あけましておめでとうございます。

リュカさんの挙げられた作品
未見のものも多いのですがぜひ観たいのばかりです。
スサンネ・ビア監督の作品は無条件で観たい〜〜
DVDを待ちます〜〜

「息もできない」は凄い作品ですよね。
DVD買いましたよ。圧倒されすぎて再見できてませんが。

「スリーデイズ」も観たいです。
やっぱりラッセル好きなので・・・・
「ブルーバレンタイン」は観ました。
痛々しい・・・けれど心に残る作品でした。

本年もよろしくお願いします。
素敵な作品に沢山めぐりあいたいですね!
4. Posted by 瞳   2012年01月04日 11:01
リュカさん、あけましておめでとうございます。
先日はご挨拶ありがとうございました。

リュカさんのベスト、楽しみにしていたんですよ〜♪
うわぁ・・・昨年もすごい!たくさんご覧になってますね。

「イリュージョニスト」「息もできない」が気になりますーーー。
これは絶対チェックだわ。
「ラブアゲイン」も絶対!
こちらでは、その年に劇場で鑑賞・・っていうのがなかなま難しいのでリュカさんの評価がとっても参考になります。

X=MENは、私もベストには入れてませんがすごく面白かったーー。燃えた!萌えた!に納得ですヨ。

「グリーンホーネット」は残念でしたよねぇ。
ゴンドリー監督大好きなのに・・。

あ、新春一番に見たのが「トランスフォーマー ダークサイドムーン」だったのですが(主人が借りてきて)実は前作まで全く見ていなかったので・・・登場人物たちの繋がりが掴めない・・というもったいなさでした(苦笑)
でも劇場で観たらきっと迫力あったのでしょうね。

今年もいろいろとお話できるのを楽しみにしています。
どうぞ、よろしくお願いします。
5. Posted by laifa   2012年01月04日 18:10
リュカさん、こんにちは!
息もできない、私も好きです。凄く良い映画でしたもんね。

で、ベスト10ですが、私が未見の映画も色々あります。
特に「未来を生きる君たちへ」は、大好きな監督さんの映画なので、劇場で見たかったんですけれども・・・残念。レンタルになったら速攻で見ます。

ワーストの方も楽しく拝見しました〜。
セカンドバージンは、再放送でドラマを見て、凄く面白かったのですが、映画は評判凄く悪いですよね〜。

リュカさんは本当に一杯映画をごらんになられていますよねー。いつも参考にさせて頂いています。今年もよろしくです!
6. Posted by 真紅   2012年01月06日 11:55
リュカさん、あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
昨年もすごい数の映画ご覧になってる、、すごい!
『息もできない』は私も打ちのめされ過ぎて、、うまく感想が書けなかったです。
忘れられない映画ですね。
今年は私も、もうちょっとDVDでいい映画観たいな〜、と思ってます。
今年もよろしくお願いします〜。
7. Posted by リュカ   2012年01月06日 16:36
★ななさん
スサンネ・ビアは裏切らないですね〜。素晴らしい出来でした。是非是非!ななさんの感想が楽しみです。

『息もできない』わたしもDVDほしいなあ。
でもやっぱり同じくなかなか見る事ができないかも。
あれは衝撃でしたね。
ラストシーンが今でも脳裏にこびりついています。

こんな作品が今年もたくさん現れるといいなあ。
今のところ『ドラゴン・タトゥーの女』 『ヘルプ 心がつながるストーリー』 『アーティスト』 『ヤング≒アダルト』が凄く楽しみです。

それでは今年もよろしくお願いします♪
8. Posted by リュカ   2012年01月06日 16:40
★瞳さん
体調を崩されていたそうで、今は完治していますか?
ぶり返さないようにお大事に!

『イリュージョニスト』 『息もできない』両方とも怖いくらいの傑作でした!
是非瞳さんの感想が知りたいです。

わたしも瞳さんのレビューとても重宝していますよ♪
わたしは新作に偏りがちですが、瞳さんは新旧、未公開も幅広くレビューされているので貴重です。

『トランスフォーマー』シリーズはたしかにシリーズを見ていないと把握しづらいかもですね。
そしてわたしも劇場で観ていなかったら高評価していなかったかも(笑)。

それではまた色々お話しましょうね♪
9. Posted by リュカ   2012年01月06日 16:45
★latifaさん
『息もできない』素晴らしかったですね。
2010年に色々な賞総なめだったことが納得です。

スサンネ・ビアは今回も外していませんでした。
レンタルが待ち遠しいですね。

『セカンドバージン』はドラマが評判になっていましたね。多分ドラマの方は面白いのだと思います。
それをスルーしていきなり劇場版だけ見てしまったからいけなかったのかも……。
やっぱりドラマ→映画作品は復習しなければ。

latifaさんは新作をいつもいちはやく観られているので羨ましいです。
こちらもいつも参考にさせてもらっています♪
それでは今年もよろしくお願いします。
10. Posted by リュカ   2012年01月06日 16:49
★真紅さん
あけましておめでとうございます。

『息もできない』凄かった〜……。
はじめ観るつもりはまったくなかったのですが(暴力的ときいていたので)、たまたま無料で観られる機会ができたので劇場に足を運びましたが、衝撃でしばし呆然としていました。これを2010年内に見ていればよかった!

真紅さんも劇場鑑賞100本越えですね♪
今年もお互い良い作品にめぐりあえると良いですね。

どうぞこれからもよろしくお願いします♪
11. Posted by aq99   2012年01月07日 20:01
今年のブロガーが選ぶ映画ベスト10が完成しました。一年に一度この時期だけのお付き合いとなりますが、今年もよろしくお願いします。

12. Posted by リュカ   2012年01月07日 21:10
★aq99さん
お待ちしておりました。
今年もわたしのブログを入れてくれて本当にありがとうございます。
とても興味深い結果でした♪
それでは集計おつかれさまでした。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。
13. Posted by みみこ   2012年01月09日 16:03
こんにちは。
今年もよろしくお願いします。
ベスト・・・1〜3&息もできない、すべて
未見という失態をやらかしています・・・涙
メモメモして今年中にはなんとかしたいな〜〜。
ちなみに1位はアニメなんですね。
なかなか多く作品が見れない分、リュカさんの
感想はDVD鑑賞時に是非とも参考にしたいところです。あ・・永遠の僕たちの感想が
意外でビックリ。賛否両論になる作品なのかな。
いつか確かめてみたいです。
ではでは・・
14. Posted by リュカ   2012年01月10日 19:45
★みみこさん
わたしも劇場で見逃して、翌年レンタルする良作がいくつもあります〜。おかげでマイベストに入れられないという……。
『イリュージョニスト』、アニメです♪
これがせつなくてとても良いんですよ〜。
機会があったらぜひぜひ。

『永遠の僕たち』、めちゃくちゃ期待して観たんですけどね。わたしは全然ダメでした。
でもこの作品のレビューや掲示板を見ると、賛否まっぷたつに割れている感じなので、みみこさんがどう思ったか知りたいです。感想アップお待ちしています。

それでは、こちらこそ今年もよろしくお願いします。
15. Posted by みぬぅ   2012年01月20日 23:15
リュカさん、こんばんは。
今頃になってしまいましたが、今年もどうぞよろしくお願い致します。<(_ _)>

昨年のベスト、ワースト、楽しく拝見しました。
リュカさんは、公開年をきちっと区別して評価していらっしゃるので、凄く分かり易いですね。
ベスト10の中では3作品しか観ていないので、他の作品は参考にメモって帰ります。
年度違いの中では『キック・アス』『彼女が消えた浜辺』、これは私もハマりました。

『ミッション:8ミニッツ』『ジュリエットからの手紙』『猿の惑星:創世記』『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』この辺りも観ましたが、どれも良い作品でしたね。
「ジュリエット・・」のリュカさんのコメントは、まさにおっしゃる通りだと思うわ♪ こういう映画、必要ですよね。

ワーストもあげていらっしゃるので興味津々!!
でも、幸いというか何と言うか、観たのは主人が借りて来たREDのみ〜。
本当に、キャストの無駄遣いだし、オチもつまらなかったし、正直言って時間の無駄したなぁ〜と思いました^^;

また今年も、サクサクっと鑑賞されて感想も早いリュカさんのエントリーを参考にさせて頂きますね。(^^)/
16. Posted by リュカ   2012年01月22日 19:27
★みぬぅさん、こんにちは♪

おお〜、『キック・アス』お好きですか!
あれは痛快でしたねえ。
他にも挙げていただいた作品、みぬぅさんと意見が合ってよかった♪
ワースト作品はかなり偏見が入っているので、人によっては良作かもしれないので、もし見られたら感想を是非是非〜。

みぬぅさんはマイベスト作品の発表はないのでしょうか。もちろん記事を書け!ということではなく(笑)、みぬぅさんのベスト作品が気になるので、また機会がありましたら教えてください。

それではこちらこそ今年もよろしくお願いします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔