2013年05月02日

オブリビオン

B00HY0CGSSオブリビオン [DVD]
2013年 アメリカ
監督:ジョセフ・コシンスキー
出演:トム・クルーズ
   オリガ・キュリレンコ
   モーガン・フリーマン
   アンドレア・ライズブロー
   メリッサ・レオ

by G-Tools


愛の記憶が残るということ。

ネタバレ有りです。

スカヴというエイリアンに侵入され、人類は地球を捨て、土星の衛星タイタンへと移住した。
ジャックとそのパートナー・ヴィクトリアは二人だけ地球に派遣され、偵察を続けていた。
あと数日でその任務も終了しようという頃、ジャックは飛行物体が墜落するのを目撃し、そこでカプセルの中で横たわる美女を発見する。
彼女はジャックが夢の中でたびたび見かける女性と酷似していた。
その後、彼はこの世の真実を知ることとなる。

これねえ。
観始め、どうも『月に囚われた男』に似てるなあと思っていたんだけど。
そのまんまでした。


いやそのまんまとまで言い切るのは乱暴だったかな。
でも途中でジャックのクローンが出てきた時は
「おんなじじゃん!」
と口をついて出そうになった。

実は人類はまだ地球上に隠れて暮らしており、タイタンにいるのはエイリアンのみ、ジャックとヴィクトリアのクローンを何体も作り上げたスカヴは彼らの記憶を抹消して地球を偵察させていた。

ジャックはカプセルの中の美女ジュリアと夫婦であり、彼が彼女にプロポーズしたエンパイア・ステートビルでのデートの様子をずっと夢に見ていたのだった。

と、まあ新鮮味のないプロットに、トム・クルーズのシャワーシーン(サービス)と、プールの中でのラブシーン(サービス)と、派手なドンパチ(サービス)と、初めは敵対していたのに後に頼もしい相棒になるバディ要素要員のイケメン軍曹配置(サービス)と、出てくるだけで重厚な映画と錯覚させるモーガン・フリーマンの無駄遣い(サービスか?)を加えたいかにもなハリウッド大作。

結局ジャックはモーガン・フリーマン扮する人類のリーダーと共にタイタンに突っ込み、自爆する。

数年後、ジュリアが一人娘とかつてジャックが好んだ池辺の小さな小屋で暮らしている様子が描かれる。
そこに軍曹に連れられたジャックが。
それはまた別のクローンであったけれど、彼らはすべてを分かち合ったように微笑みあう。

これがラストシーンなわけだけれど。
ここでちょっと興味深かったのが、クローンがすべて愛の記憶を持ち続けているということ。

『月に囚われた男』のサム・ベルも愛する妻の記憶を希望の糧にしていた。

それほどまでに愛というのは普遍的で、人も、クローンも衝き動かす原動力になっている。

そんなテーマは良いのだけど、いかんせん二番煎じ的な感が拭えないのが残念。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. [映画『オブリビオン』を観た(寸評)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2013年05月31日 16:40
☆初めは、なんかサイエントロジー絡みじゃないだろうな・・・、と予備知識なく不安になりながらの鑑賞だったが、  それとは関係ないようで、う〜ん、ハードSFとも言えよう地球全体を覆いつくした侵略者による大災厄を、少ない人間関係に集約し、その中でのラブストー...
2. オブリビオン  [ Akira's VOICE ]   2013年06月01日 17:01
驚きと興奮とツッコミ。  
3. オブリビオン /OBLIVION  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2013年06月02日 07:38
ランキングクリックしてね ←please click 楽しみだったトムちん主演のSF、初日鑑賞 「トロン:レガシー」のジョセフ・コシンスキー監督が自身のグラフィック・ノベルを基に映画化。 エイリアンの侵略によって破壊され、全人類が他の惑星へと移住し...
4. オブリビオン トム様的な映画で、なーんか消化不良なんですが・・・  [ 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜 ]   2013年06月03日 09:26
【=30 うち今年の試写会5】 予告編を観ている限り「宇宙戦争」的な香りを感じていたのだけど、うっかり観に行ってしまいましたとさ・・・。  エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。生き残った者たちがほかの惑星へと移..
5. オブリビオン  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2013年06月03日 20:58
評価:★★★★【4点】(P) 偵察機ドローンがなぜかお気に入り(笑)
6. 『オブリビオン』 その意味するものは?  [ 映画のブログ ]   2013年06月04日 01:23
 【ネタバレ注意】  TPP、すなわち環太平洋戦略的経済連携協定は、2010年代に話題になった言葉だが、それより以前からビジネスパーソンにはTTPが大切だった。  トリンプ・インターナショナル・ジャパン...
7. 『オブリビオン』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2013年06月08日 07:22
□作品オフィシャルサイト 「オブリビオン」□監督・脚本・原作 ジョセフ・コジンスキー□脚本 ウィリアム・モナハン、カール・ガイダシェク、マイケル・アーント□キャスト トム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、モーガン・フリーマン、       メリッサ・
8. 映画「オブリビオン」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   2013年06月09日 22:39
映画「オブリビオン」観に行ってきました。「ミッション:インポッシブル」シリーズや「アウトロー」のトム・クルーズが主演のSFアクション大作。先月の2013年5月は何故か公...
9. 映画『オブリビオン』を観て  [ kintyre's Diary 新館 ]   2013年11月11日 23:13
13-48.オブリビオン■原題:Oblivion■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:124分■料金:1,800円■観賞日:6月8日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) ◇トム・クルーズ◇オルガ・キュリレンコ◇モーガン・フリーマン◇アンドレア・ライズボロー◇メリッサ・レ

この記事へのコメント

1. Posted by ゆんじ   2013年06月09日 17:34
「月に囚われた男  オブリビオン」で検索して、辿りつきました。

全くもって、同感の感想です。って、そう言う人がいないか、探したいために検索したようなもんですが。

同じ感想もってくれてる人がいて、なんだかうれしいです。

私は「月に囚われた男」の方が、何か哀愁が感じられて、よかったです。

が、トム目当ての映画で、「月に・・・」のようなラストでは、観客が納得いかないだろうから、ああなるんでしょうね。。。

とにもかくにも、お邪魔しました。
2. Posted by リュカ   2013年06月09日 23:35
ゆんじさん、コメントをありがとうございます。

同じ感想をお持ちということで、こちらもとても嬉しいです!
わたしも『月に囚われた男』が大好きだったので、どうしても『オブリビオン』に新鮮味が感じられませんでした。

>が、トム目当ての映画で、「月に・・・」のようなラストでは、観客が納得いかないだろうから、ああなるんでしょうね。。。

たしかに……。『月に〜』のラストは顛末をナレーションで終わらせましたからね(笑)。わたしはその少し突き放した感のあるラストも含めて好きですが、ハリウッド大作でそれはできませんよね。

お邪魔なんてとんでもないです。
またよろしければ思い出した頃にでもお越しください。いつも過疎っていますが(笑)。
3. Posted by ゆんじ、改め、taro   2013年06月11日 10:57
リュカさん

レスありがとうございます。
そうですよねぇ、新鮮味感じられなかったですよねぇ。

あとあと、もう一つ、思い出したのが、「12モンキーズ」。トムの夢の中に、トム自身が知らない女性がでてくるってところも、「12モンキーズ」でありましたよねぇ。

まぁ「12モンキーズ」自体も「ラ・ジュテ」の再構築映画なんで、何がオリジナルかよくわからないですが。まぁ、映画が楽しけりゃなんでもいいですよね。

それにしても、たくさんの映画のレビューがされていて関心しました。知らない映画もたくさんあるので、参考にさせていただきますね。

ちなみに「ライフ・イズ・ビューティフル」は私も大好きです。
4. Posted by リュカ   2013年06月11日 22:48
こちらこそ丁寧なレスをありがとうございます。

『12モンキーズ』たしかにありましたね。マデリーン・ストウを見るシーンでしたっけ?

まあ本当に今までの色んな映画の要素を吸収している作品だと思いました。

あと、『2001年宇宙の旅』もけっこう似ているかなと。

あ、『ライフ・イズ・ビューティフル』お好きですか!それを聞いてなんだかとても嬉しいです。
ベニーニはあれが最高だと思っています。

それでは、最近はツイッターの方にハマってしまってこちらの更新が滞っておりますが、またお話させてください。
そちらのブログにも遊びに行きますね♪
5. Posted by なな   2013年06月17日 00:29
トムがいったいいつまでアクション映画の主役を張れるか・・・彼の「まだまだイケる」度の確認のために観てまいりました。
そっかぁ,「月に囚われた男」・・・たしかに似てますね。
あっちは予算的にも地味な感じがしたけど,この設定のお話が初めてだったので新鮮だったかな。こちらは名優を起用したり少々強引にハッピーエンドに持っていったりと,エンタメ色がありましたね。
私的には好きな作品です。雰囲気が。実はトムまだまだ若いじゃん!というのがポイント高かっただけかもしれないけど・・・・。
大量コピーされても愛の記憶は薄まらないのかなぁ・・・それはそれで幸せなのか切ないのか厄介なのか・・・どんな愛の記憶が残るのかによるでしょうけど。
6. Posted by リュカ   2013年06月29日 11:13
ななさん、返信が大幅に遅れて申し訳ありません!

トムはずっとスター街道まっしぐらで、今でもあの若々しさを保っているのは凄いと思います。

そうそう、エンタメ要素が強い作品でした。
多分『月に〜』を観ずにこちらを最初に鑑賞していたらもうちょっと感想が変わったかも知れません。

最後のもう一人のコピーがどれだけ彼に近いのか、愛の記憶はどこまで共有されているのかは気になりました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔