2014年02月09日

【追悼】フィリップ・シーモア・ホフマン

フィリップ追悼

ベスト&ワースト記事がアップできないままですが。
フィリップ・シーモア・ホフマンの訃報という信じがたい現実にうちのめされています。

わたしが彼の死を知ったのは2月3日の午前4時。
ツイッターでまわってきた情報に心臓が跳びはねました。

もちろんショックを受けながらも、ごはんを食べ、人と談笑し、仕事をし、普通の日常を送りました。
ただ、その「日常」に組み込まれた「映画を観る」ときに、どうしても彼を思い出します。

だって、あれほど映画に愛された、不可欠な俳優は稀有な存在だったから。

代わりなんていない。
あなたじゃなくちゃダメなんだよ。
こんなに早く、逝ってはいけない人だったんだよ……。

ポルノ男優に想いを寄せる"I'm an idiot."なホモ、
イタ電に余念がない淋しい変態、
着飾ったオカマ、
死にゆく男の息子探しに奔走する心やさしき介護人、
高慢なトルーマン・カポーティ、
疑いをかけられた神父、
愛の歌をうたう新興宗教のマスター、etc.

枚挙に暇がないけれど、どの作品でもあなたに魅了されました。
大好きでした。
心から大好きでした。

ありがとうございました。

今は安らかに眠ることを祈るばかりです。

cocoroblue at 01:53│Comments(0)TrackBack(0)││【番外】雑記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔