INFP型 うびです

きのうのホリエモン祭に参加してからの余韻で、興奮して寝れなかった!!

ホリエモン祭には、わたしが今まで生きていた人生では出会えないような個性たっぷり(笑)の方が多くいて非常に刺激を受けたのと同時に、自分が経験してきた世界はごく一部でしかないんだと。

そして時代も変わってきている。

若いからどう、年齢を重ねたからどう、という時代はもうとっくの昔に過ぎ去っている。

なぜならば『スマホ』があるからである。
画面1つで世界と繋がれる、自分をタイムリーに発信できる、最先端の情報をいつでも受け取れる。

本当の意味で年齢を言い訳にできないんだと、つくづく感じた。


言い訳を始めた瞬間に人生はつまらなくなる。
わたしがサラリーマンを辞めようと思った理由の1つ、というかこれが辞めようと思い始めたきっかけ。

仕事がうまくいかない、楽しくない、どうしてわたしがやらなきゃいけないんだ、こんな仕事本当はやりたくなかった。全部わたしがサラリーマンをやって感じてきたこと。

こんなマイナスの感情を感じたままだと仕事はやっぱりうまくいかないくて、うまくいかない理由を環境や上司、先輩、会社のせいにしていた。はじめは全然そんなつもりがなくても、小さな言い訳をした瞬間からあっという間に人生が陳腐なものになる。

嘘つきは泥棒のはじまりというけれど
自分自身に言い訳をする、つまり『出来ないことを自分のせいではない、と嘘をつく』瞬間から不本意で泥棒になってしまったような、生きることに主体性のない人間になる。

こんなことを約2年働きながら思いつづけ、どんどんダメな自分になっていくのが目に見えて感じるようになっていた。人間というのは慣れの生き物だから、ダメな方向に進むとどんどんそっちの方向に進む。

だから早いうちに仕事を辞めて、言い訳人生を辞めようと思った。


資金調達をするべくクラウドファンディングを始めた!
ソーシャルファンディングってなんやねん!とツッコミたくなるツイート。興奮しすぎてホリエモン祭中のツイート誤字脱字だらけ...笑

ホリエモン祭でクラウドファンディング講座を聞いたのをきっかけにさっそく始めてみた!
CAMPFIREのメンバーの方が講座を開いていたのでぜひCAMPFIREにしようと思ったんだけどReadyforというサービスの方が「ソーシャルグッド」というプラットフォームを多く扱っているということでこちらに登録。

こういう情報を得られるのは「生」で参加することの醍醐味。

さっそく今日、担当の方から電話がかかってきた。
約15分の電話上でのクラウドファンディング講座を開いて頂き...昼休みが潰れて少しイライラしたのは内緒で。爆
メールでも良かったんじゃないかな、と率直に思った。


クラウドファンディングの進捗状況をまたブログやツイッターで報告できればいいな。


脱サラ後の構想。
このブログを読んで下さっている方の多くがMBTIファンだしINFP型が多い。だけど、自分の性格はこうだから仕方がない、という風に諦めることはしないでほしいなと思ってる。

もちろん人生苦しい時期には自分に優しくすることはすごく重要、だけど目的を見失わないでほしい。

どうしてわたしがMBTIが好きかというと『自分という人間」「誰かという他人」を理解するのにとても良いツールだと感じるし、その人がその人らしく生きるヒントになると思ってる。

だからこのブログを読んでる方はMBTIの結果を言い訳にしないで活かす方向に考えてほしいし、わたし自身もそうなれるようなアイディアをこれからも出していきたいと思う。