20160121_濱田健司
(写真:JA共済総合研究所主任研究員 濱田健司先生)

「農業と福祉の連携による障がい者の工賃アップの可能性」をテーマとしたセミナーが1月21日、ホテルサンルート白河で開催されました。主催はしらかわ地域自立支援協議会就労支援部会、共催は社会福祉法人こころん。参加者は企業・団体・個人事業者・学校関係者および白河地域における福祉就労系事業者など約40名。

 講演の演題は「我が国における農業と福祉の連携の取り組みについて」、講師は濱田健司先生(一般社団法人JA共済総合研究所・主任研究員/「農」ある暮らしづくりアドバイザー)。

(以下、講演要旨)

*       *       *

◆近年の農福連携の流れ
 2015年6月22日、農林水産大臣による農福連携キックオフセレモニーが行われ、全国各地から集まった農福連携を実践する事業者たちによる、それぞれの取り組みの紹介、パネル展示、マルシェ(市場)が開催されました。また「農福連携」については日本農業新聞やコトノネをはじめとする新聞や雑誌などでも紹介されています。

 農福連携は、平成27年6月30日に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2015について」(骨太の方針)でも取り上げられています。

 厚生労働省の平成28年度概算要求は次のとおり。

○障害者等の活躍推進
 ・障害者等の社会参加支援の充実【4.1億円】
 ・農福連携などによる障害者の就労促進【110億円】
 ・生活困窮者等の就農訓練・中間的就労の推進【20億円】

○「農福連携による障害者の就農促進プロジェクト【1.1億円】」の概要について
 本プロジェクトは「農業分野での障害者の就労を支援し、障害者にとっての職域拡大や働くことでの収入拡大、農業にとっての担い手不足解消につなげ、地方の創生及び経済の成長に寄与する」ことを目的とし、「(2020年までに)農業や6次化産業に取り組む障害者施設を支援するとともに、好事例の蓄積・普及を図りつつ、定期的にマルシェ(市場)を開催する。また、2020年には、外国人観光客や国民を対象に大々的なマルシェを開催する」とする事業です。

 (2016〜2019年)
  ・障害者施設へ農業の専門家の派遣、6次産業化の推進
  ・農業や6次産業化により障害者の雇用拡大や高工賃を実現している好事例の収集・普及
  ・農業や6次産業化に取り組む障害者施設によるマルシェを定期的に開催
 (2020年)
  東京オリンピック・パラリンピックで、障害者の働く力をアピール
  ・オリンピック・パラリンピック会場付近での大々的なマルシェの開催
  ・障害者が育てた農作物を使ったレストランやカフェテリアの展開
  ・農業分野での就業推進
    ↓ ↓
  ・農業分野の担い手確保
  ・障害者の職域拡大・収入増

◆農福連携の広がり
農福連携の里マチづくり
(書籍:濱田先生の近著「農福連携の里マチづくり」)

 現在、農業に関わる人口が昭和35年と比較し、およそ85%減少しており、高齢化および耕作放棄地が増加しています。一方、障害者福祉では働く場の不足や極めて低賃金という課題があります。

 しかもそれぞれ単独での課題解決は困難であり、「それでは、一緒にやれば良いのでは」としてこの2〜3年、農福連携が進んでいるという状況です。

「福祉と農業が輝き、地域が輝く」

 農福連携に商工連携を加えた「農福商工連携」、特に地域の多様な主体連携型農福商工連携が重要であり、その為には①意識啓発、②モデルづくり、③農福、農福商工のマッチング、④点→線→面とするためのシステムづくり(行政による支援、人材育成、中間支援組織育成、機械・施設整備ほか)が必要と思われます。

 また、地域主体間・地域外との連携や、企画・開発・生産・加工・販売にかかる連携なども考えられるところです。

◆白河地域での農福連携の可能性
 1)事業所内型農福商工連携
 2)地域型農福商工連携
 3)農福+教連携
 4)農福+観連携
 5)農福+介連携
 6)農福+点連携

 ある障害者施設では「障がい者の働ける場、ここは農業の町なので農業を関係させよう」として農福連携をはじめました。販路をしっかり決め、メリットを明確にする。そして特に重要なポイントは行政やコンサルが入ったことでした。

 いきなり雇用は難しいので、農家さんとの交流を大切にしながら、余った農産物を販売することからはじめ、少しづつ雇用へと結びつけ、段階を踏みながら自分で農業を始めるようにしたら良いと思います。

 そして、行政や外部の人たちとも連携をとりながら、地域内外のいろいろな人たちとつながっていただければと考える次第です。

(文責:高澤)

1| 2 | 3

◆社会福祉法人こころん
http://www.cocoron.or.jp/
◆直売・カフェこころん
http://www.cocoron.or.jp/store/