yokeijo

(写真:ウィンドウレス方式の平飼い新養鶏場)

白河市田島地区に新築したこころんファームの平飼い養鶏場。
2018年5月、これまでの中島村鶏舎からの移行が完了しました。

それにともない卵の名前は、これまでの「海源卵」から「ここたま」へ。
これは「こころんの卵」「ここだけの卵」という意味で名付けられました。
tamago-sara
(写真:産みたての「ここたま」  盛り上がった白身は新鮮卵の証です)

〇平飼いの鶏
yokeijo-naibu
(写真:元気に走り回る平飼いの鶏たち)
yabe
(写真:従来のケージ飼いの様子)

鶏の健康を考えた平飼いは、鶏が自由に運動し十分な飼料を得ることが
できますので、ストレスが少なく自然に近い状態で卵を産むことができます。
健康に育った鶏が生んだ卵は、生命力が強く鮮度が長持ちします。

〇こだわりの餌

tamago-kara
(写真:健康な鶏が産んだ殻のかたい「ここたま」)

養鶏の飼料は、海の産物であるカキガラ、ポストハーベストフリーの
トウモロコシ、大豆等、鶏の健康に必要な栄養を考えた自家配合飼料を
与えておりますので、臭みやクセがなく美味しい卵です。

〇卵の特徴
kimi-tsumami

(写真:新鮮な「ここたま」は黄身を箸でつまむことができます)

お米が中心の安全な飼料と森に囲まれた静かな環境で育ったこころん鶏の卵は
美しいオレンジ色の黄身と、やさしい味わいが特徴です。

〇こだわりの水

こころんファーム養鶏場では、鶏のために深さ200メートルの地下水を
 くみ上げて使用しております。


〇こころやカフェの「卵かけごはん」
tamagokake-gohan

(写真:こころやカフェの人気メニュー「卵かけごはん」)