2018年03月02日

お店の口コミの広がり方

みなさん こんにちは
春一番が吹いて 昼間は暖かく
もう春の日差しです

暖かくなると 外に出かけたくなったり
新しいことを始めたくなり

気持ちの流れに従ってチャレンジすると
楽しめます


~*~*~*~*~*

先日あら こんな感じで
お店の評判て広がるんだと実感したことをお伝えします


ある日 京都の町を買い物がてら散策していました
途中で気になるお店を発見

陶芸体験もできる陶器も販売しているお店

なにげにふらっと立ち寄り
工房では2人ほどが陶芸体験しされていました


店にいるとお店の方が
お店の紹介をしてくれました

こちらの店には
東京や遠方の方がいらっしゃってて
海外からのいらっしゃるお客様も多いそうで


店内にあった雑誌にも載っていますと
2冊ほどお店が紹介されている雑誌を見せていただきました

初めて知ったお店ですが
有名なところなんですねと話していました


工房に体験している20代くらいの女の子達が
この店をインスタで見かけて気になっていましたと

その子達にも
遠方からや海外からお客様がいらっしゃるんです
と紹介していました

そしてお店のインスタに載せる写真を撮っていました
また お客さんの陶芸体験の写真も撮ってあげていました

お客さんも当然 インスタにあげるでしょうし
このお店のことを
海外からもわざわざこの店に来るんだって!

というようなコメントとともにこの陶芸体験を載せるんだろうな


ちなみに私は京都から来ましたと言ったら
あきらかにテンションが下がっていましたが



ここで陶芸体験した子は

東京や他県 海外からこの店を訪れると聞き
 ↓
わざわざここのために来日したり旅行にくるんだ
 ↓
すごい有名店なんだ
 ↓
そこで私も陶芸してきました
すごいでしょと

SNSなどを使って
宣伝する

無意識に誘導されている感じ

なんだか私はとても違和感を感じてしまいました


お店のお客は私だけで
雑誌は掲載するのに広告料払って載せてるんだろう



京都という土地柄
全世界から年中観光客が訪れます
最近は買い物より体験型の旅行が流行っているとも聞きます


そこで京都に旅行するのが先に決まって
何か京都っぽい体験したいな
と検索するのでは?

または 以前から気になっていたから
旅行ついでに体験してみようかなという

後付けなのでは?と

お店の方から
海外や東京や他県から来ていただいている

と聞くとわざわざここに来ているんだ
と聞いた方は思うのが普通だと思います


実際は遠くから来た
というのは事実

でもこの店にくるために
京都に来た

という人は
どれくらいいるのかな
と思ってしまいました



来店するお客さんに
ここの店は海外や他県からのお客様が多いです
と言えば

あーここはわざわざ遠くからでもお客さんがくる店なんだな
と印象付けられます
 ↓
そして口コミやSNSにそう載せる
 ↓
そんな有名なら立ち寄ろう


となるのです


なるほど そういったコンサルのやり方
と納得
お客さんは遠方から来るという
事実を伝えているだけなんですが

聞く方は
わざわざここを目当てに海外や他県から来るすごい店
ととらえるでしょう


京都の観光地にあるお店だったら
「世界中からお客様がいらっしゃるんですよ」

という宣伝方法ができてしまうということ

ですから特別すごい という訳ではない場合も多々あるのです


そうしてそれを聞いたお客さんが口コミに投稿され拡散し
それを読んで来店するという流れができるのです


たまに 料理店などの口コミで海外のお客さんが多いとか
並んでいます
などと書いてあり
そんなにおいしいのかな


と実際行ってみると
そうでもなくて
もっと安くて美味しいところはいっぱいあるけどな

と思うことも観光地あるある

お店のコンサルティングとしての手段としてはありなんでしょう
こういう広がり方が多いのかもしれません

セラピーやヒーリングの世界もそうですが


なんでも体験してみないと
実際のところはわからないということです


自分の目で見極めるよう心がけましょう







cocoronocafe at 09:00│Comments(0)ふと思う 

コメントする

名前
 
  絵文字