2018年03月07日

仏の顔も三度まで

暖かくなってきたとたん
風も強くて花粉が飛び始めたのか
花粉症の症状がでてきました

春は花粉と黄砂やpm2.5が飛来しはじめ
これらが空気中に混ざり
さらに症状がひどくなるようです


pm2.5は粒子がとても細かいので
安価な使い捨てマスクでは防ぐことができません


なるべく室内は閉め切り
洗濯物も外に干さないようにしています




*~*~*~*~*


仏の顔も三度まで

どんなに慈悲深い仏さまでも
3度も顔を撫でられれば
腹が立つ

という意味で
類義語では
堪忍袋の緒が切れる

などがあります


どんなに慈悲深い仏さまでも
2度3度と同じような過ちを繰り返したり
改善しようとしない時には
これ以上は許さず 情けはかけられない
もう限界ということ


最近 このフレーズが
浮かんでくるので
ハワイ旅行編はお休みして
書いていきたいと思います



身体の症状において

例えばお酒が大好きで
毎日 大量のお酒を飲んでいるとします

それを続けていくと
肝臓が悪くなったり痛風になったりと
なんらかの症状がでてきたとします

そこで病院で薬をもらって症状を抑えます

症状が減ったからと
また大量に飲み始め
病気の症状が出始め
病院に通い症状が軽くなった


するとまた飲み始める

たばこや甘いお菓子の食べ過ぎなど
過剰に摂取を繰り返すことで
身体に負担がかかり
やめられない

もう身体も悲鳴をあげてしまうのです


以前 気功や通力などで
病気を治していた方が
治ってもしばらくしたら
また同じ症状になって戻ってくるので
簡単に治ってしまうと
食生活など改善しようとせず

また治してもらえば と思っているので
これはよくないと気づいてからは

むやみに治さないようになった と

何度も同じことを繰り返して学ばないと
手をさしのべられなくなるのです




人間関係においてもそうです
以前から
何度も何度も同じような失敗を繰り返し
困ったら相談しにきたり助けを求めてくる


その都度 話を聞いて
アドバイスをしたとします


10年20年経っても
同じようなことばかり繰り返していると
さすがにもう情けもなくなります

乗り越えようとせず
同じような壁にぶつかったら
毎回逃げだす


こういう人が身近にいると大変

家族や友達の場合でも
少し距離をおいて付き合うことが大切


何度も何度も繰り返して頼ってきても
本人が乗り越え成長し変わろうという気持ちがないのなら

あなたが責任を負う必要はないのです

逆に成長をする機会を奪うことにもなります



家族だから 仲良しだからと何度も繰り返してきても
距離をとり 見守る ということも立派な愛ですから



仏の顔も三度まで










cocoronocafe at 09:00│Comments(0)ふと思う 

コメントする

名前
 
  絵文字