2018年05月12日

女性の嫉妬する心理

こんにちは

昨日の京都はとても朝は寒かったのですが
昼間は逆に暑くなったので

急きょ 買ったばかりの薄手の服を着て出かけることに

出先でふと立ち寄ったお店の店員さんに
「お客様 服のタグがついたままになっていますよ。。。」



親切に教えてくださいました

後ろの髪の毛でほとんど隠れていて
あまり目立たなかったようですが
「きゃーあわてて服を選んだから。。」


恥ずかしかったけれど
店員さんの親切に感謝です

家に帰ってから気づくことほど
恥ずかしいことはありません


ご親切にその場でタグを切っていただき

心からありがとうとお礼を言って店をでました


そういえば
20代前半の頃 朝の通勤時
バス停で待っていたら

ふと髪をかき上げたのですが
「あら?」
なんかある・・・

ぎゃー 前髪にピンクのカーラー巻いたまま~

さりげなく 取り外しましたが

誰も注意してくれなかった
のか?
わざと巻いていると思われていたのか

ふと そんな昔のことを思い出しました(笑)



*~*~*~*~*~*


女性の嫉妬する心理


生まれてから今日まで

誰しも一度は嫉妬されたことがあるでしょう



嫉妬心は
心のなかで思うのは
個人の自由です


中にはその嫉妬心を
エネルギーとして
努力し向上していく場合もあります


自分だけの心で思い、エネルギーにする場合
他人に嫌な思いをさせなければ
それもありかもしれません


多くの場合
嫉妬・ねたみ・そねみの感情は
かもしだす雰囲気が外に伝わりやすく

ついつい嫉妬が行動にもでてしまうもの


相手に嫌な思いをさせたり
あなたにしかわからないような陰湿な嫌がらせをしたり
あなたを陥れて優位に立とうとします



女性の嫉妬は

うらやましい という心理から現れます


成績が良い
運動が得意
きれい
スタイルが良い
家柄に恵まれている
親の愛情をたっぷり受けている
あなたの収入が良い
社会的地位が高い
仕事ができる
成功している
才能がある
まわりから一目置かれている
自分より幸せそうにみえる
ご主人が高収入、イケメン、経営者、愛妻家、家庭的、子煩悩
持ち家がある
子供が優秀
いるだけで目立つ(人が寄ってくる)


嫉妬の材料はみつけようと思えばいくらでもあります



女性は私のほうが優れていると思われたいようで

比べている人に張り合おうとするのです



自分が相手より劣っているところにフォーカスしてしまう心理が働きます

いわゆる自信がない人
優越感にひたりたい人
劣等感の塊


誰しも
比べようと思えば 
劣ったり優位なところがあります

すべてにおいて相手が劣っているなんてことはありません


同じ女性として
同じ年齢 職場 職種などの環境にいると
比べやすいし
他人が賞賛されている姿を見る機会があります


それが自分は相手より優位だと思っているのに
相手が評価されているのを目の当たりにすると
つい嫉妬していることでしょう


初めから相手を認めていれば
相手が褒められる姿をみても
なんとも思わないものです


女性は普段から
あの人には勝っている
または同等と思っている人が


まわりから評価を受けているのが
許せない
自分を否定されているような
劣等感を感じるのです


誰かと比べることでしか
自分を認めることができないのです




嫉妬深い人は相手に反応し
憎み ねたみます

これ見よがしに嫌がらせをしたり
変な噂を流したり
陥れたり
ずっと行動をきにかけて
張り合っています


幼い頃から
人と比べられて生きてきたのかもしれません



ひとはよいところもあれば
苦手なところもあります

誰しも生まれ持った得意な能力があるんです


嫉妬する人は
自分を認めることができず

他人がうらやましくてしょうがないようです




以前 職場でお子さんの話をしていたんですが
ある女性は自慢に聞こえるのか面白くないようでした

私はへ~すごいね って話を聞くのが楽しかったのです

同じ話なのに反応の違いに驚いたことがあります



ママ友って子供で繋がっていますが

それゆえに 子供や夫などへの嫉妬 ねたみで
陰口、うわさ話…
聞くに耐えないと、その場を用があるからと
立ち去るようにしていました




この業界にもあるようで
癒しやセラピー・カウンセラー、霊視などの業界で
とても信頼の置ける実力のあるかたが

口コミでひどい嘘を書かれていました
実際セッションを受けたことがあるので
こんな根も葉もない嘘をよく投稿するな~
営業妨害じゃないのかしら?

と感じていました

これも同じ業界の人が人気に嫉妬して
誹謗中傷していたのです


心を扱う仕事をしているのにびっくりしたことがあららます

しかし実際 同業者からの
嫉妬による嫌がらせは耳にします


ひどい人は うまくいかないように
商売としている祈祷なりなんなりに
ネガティヴなお願いをしているとか


陰で悪口を言っていたり


うらやましくて相手を陥れたいという
嫉妬心からの行動なんです




セラピーやカウンセリングなりセッションをされている方で
自分と同じジャンルのセラピストに対して

張り合って
これみよがしに
自分を誇示しようとしている方がいらっしゃいました


その方は 能力的に自分に自信がないから
実力と関係ないところで
優越感を得ようとしているのが
手に取るようにわかりました


私はひとの感情が憑依しやすい性質なので

その方がどう思っているか
伝わってきて

言ってることと行動が異なる場合
すごく違和感を感じて
本音がみえてきます


心口意が一致していないのです


癒しや人の悩みを解決する仕事には向いていない
この人は人の悩みを聞いて
優越感を味わっている人なんだな

と思っています


実際 うまくいってないから
他人が気になり
嫌がらせや陥れようとするのです




逆にカウンセリングをお受けになった方が
いいんじゃないかなと思うほど


そういった方
この業界 案外 みられます


クライアントに嫉妬して
わざと悪く言ってみて
自分が上に立ちたいひと


人格的にまだまだ未熟な人なので

そういったセラピスト、カウンセラーに出会ったら
関わらないように
そっとフェイドアウトするのが一番です


下手に言い返すと
イヤな念を送られても嫌ですから



どこの業界 職場にでも同じようなことがあります


あなたが嫉妬されたと感じたら

あの人は
満たされていない人
幸せじゃないのだな


と俯瞰していればいいのです

その人に否定されても
動じることはありません


あなたが幸せならよいのです



わたしはわたし
あなたはあなた


相手にしない



そうすればそのうち
あなたの波動に近づけなくなります



自分を高めてまいりましょう






cocoronocafe at 10:00│Comments(0)ふと思う 

コメントする

名前
 
  絵文字