きょうから2日間、
フォトリーディングの講座を受けるために、大阪に来ています。

フォトリーディングとは、
写真を撮るように、数秒感覚で本を読んでいく手法。
世界の20万人が学んでいるそうです。

「うちに本はたくさんあるけれど、なかなか読めていない」
「時間が少ないので、効率よく本を読みたい」
など、いろんな理由はありあますが、
本を速く読めて、内容もしっかり把握できていることに越したことはありません。

世界一周前から気になっていましたが、
時間や講座の費用などもすぐには確保できないので、
しばしの時間を経て、ようやく受けることができました。

2日間の講座といっても、1日が長いです。。。
講座は9時半から始まり、休憩を挟みながら、午後7時半まで。
まさに10時間、リラックスしながら集中力を高めていました。

きょうの授業で興味深かったことはいろいろありましたが、
衝撃だったのは、本を逆さまにしても本は読めるということ。
確かに読めるんですね。
私たちは先入観を持っているので、
「字は正対で読むもの」と思っていますが、
ページの最後のほうになって読みにくくなったら、
反対にして読めばページもめくりやすい…(笑)。
それだけの理由ではありませんが、
一番大切なのは、
「先入観を持っていると、発想はそこでとまってしまう」ということ。

また、読む前に、表紙や裏表紙、目次、前書きほどは確実に見ますが、
読み始めるときに、
目的を持って、キーワードを見つけたり、質問を考えたりして読むということを
これまで意識的にしていませんでした。
上のことを意識すると、理解度が変わるような気がしました。

そのほか、リラックスして集中する方法や、本全体を面として捉えて本を読むことなど、
いろいろと興味深い内容はありました。
まだ実感がいまいち、わかない感じですが、
きっと受ける前より、違う価値観が入っていることは確かなので、
明日もがんばってみます。
また、報告します。

↓こちらもよろしくお願いします♪
☆ここちよい旅〜ぎふ発夫婦世界一周〜HP
http://www.geocities.jp/cocotabi_cafe
★旅ごはん・たび宿ブログ http://blog.livedoor.jp/tabigohan
☆晃一郎の世界の新聞読み比べブログ http://blog.livedoor.jp/worldnewspaper