のんべんだらり

ほぼ更新ナシ。多分年に数回(笑) 書く事はその時ハマってる何かか日常の愚痴。読んで楽しい日記は書けないダメ人間の愚痴綴りになる予定

2011年09月

電化製品のありがたみ

日曜日の朝、我が家の冷蔵庫がご臨終あそばされた。

14年の生涯でした。


なんの前触れも無く、突然冷凍庫が機能しなくなり。
続いて冷蔵機能がストップ。

まだまだ夏の暑さが残る9月にコレは大ピンチ。
しかも日曜日は電気屋さんは休みなんだぜ。


とりあえず電話したらお届けは火曜日(ようは今日)になります。と言われ・・・


言わずもがな冷凍庫の氷や冷凍食品は全滅。
冷蔵庫に入れておいたマーガリンなどのある程度の低温管理が必要なものもコレマタ悲惨なことに。


バターは溶ける前に二軒隣のおばちゃんに預かっていただきました。



まぁ、そんなワケで2日間ほど不自由な生活をしたわけですが、この状況になって初めて今の日本で冷蔵庫というのは無くてはならない電化製品癸韻覆里任呂覆い・・・と思ったわけです。


そして、今日新しい冷蔵庫が到着したわけだが、今朝飼っているメダカの水槽を3回倒したり壊したりする夢を見た私は廊下に出していたメダカの水槽をあらかじめ冷蔵庫を運ぶに関係ない部屋へと避難させておきました。

まぁ、プロならどこかにぶつけるとか無いだろうなと思ってはいたけれど、一応保険として。


したら、・・・・やってくれましたよ電気屋さん。
ものの見事に今まで水槽を置いていたところをひっくり返してくれました。

よかったぁ。メダカ避難させといて・・・・



・・・・・・・・これって予知夢ですかね??


そんなわけで、我が家のメダカは元気です。
あ、それと先週卵を5日連続で産み続けていましたが、稚魚も続々孵化しており現在10匹ほどちっちゃいメダカがバケツの中を泳ぎまくっております。

最終的にはどのぐらい孵るかな?wktk

9月・・・・だと?

早いもので、もう9月だよ・・・・・


あ〜、もう・・・時が過ぎるのは早いなぁ。



ここ最近仮想戦記小説に目覚めた熱は未だ覚めやらず。
去年、ふとしたことで火のついた軍艦萌えは、今年になってだいぶ落ち着いたというかいい感じにこなれて自分の中で地位が確立された感じ。

とりあえず、日本海軍に所属していた戦艦と空母(は、まだ全部覚えてない)重巡洋艦・軽巡洋艦はだいぶ言えるようになった。(駆逐艦は数が多すぎて・・・)
小説を読むに至って不自由ないくらいにはなり申した。

長編シュミレーション小説なので、長いものは全10巻以上というのもあるけれど、今はいろんな作家さんのものや、設定のものを読みたいので大体全3・4巻のものをチョイスしております。
でも、やっぱ「大和」は多い。

「大和」好きにはたまらないけどね。

「長門」「陸奥」主役ものも1つあったけど。
やっぱり、戦艦や空母が花形なんだな。

巡洋艦主軸はないのだろうか。(史実のものなら、駆逐艦・雪風とか軽巡洋艦・神通とかあるけど、仮想戦記となるとなかなか)


今、読んだのは4・5シリーズかな。
だいたいが、未来からのタイムスリップした自衛隊とか科学者が日本の勝利にちからを貸すというストーリー。

史実が結構悲惨な感じなので、小説くらいは・・・日本無双でもいいじゃない。
未来の関与なしもいいけど、実は未来人のキャラクターってオリジナルなので感情移入しやすいんだよね。


よしよし、まだまだ読み漁りますよ。
主に「大和」ものを。

でも、「大和」を空母に・・・ってヤツはちょっと私的にはアウトなんだよ。
「大和」は戦艦がいい。例え役にたっていなかったとしても!!
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ