のんべんだらり

ほぼ更新ナシ。多分年に数回(笑) 書く事はその時ハマってる何かか日常の愚痴。読んで楽しい日記は書けないダメ人間の愚痴綴りになる予定

競馬

ブエナが負けた・・・・だと?

宝塚記念でブエナビスタが負けたことが軽くショック。

ダスカ・ウォッカに続き最強牝馬の春のグランプリ制覇を期待していたのに・・・・
彼女は、秋も牡馬路線なのかしら?
それともエリ女路線?

個人的には、秋の天皇賞とか頑張っていただきたく・・・
牡馬に負けるな女の子!


あ、続きはぼくなつ2です

続きを読む

梅干し

dfce1ac4.jpg

 昨日買ってきた南高梅4圓鯔榮つけ始めました。

 

母と2人、「ヒーコラ」言いながら遠出して買ってきた梅。

結構いいお値段。

1kg、980円也。

 

でもでも、近くのスーパーなどで売っているものより全然大きさが違う!近所のスーパーだと、同じお値段でこの二周りほど小さいものしかないので、わざわざ遠出してでも買ってくるのが毎年の通例行事となっております。

 

 

昨日一晩水につけた4kg梅を、今日は焼酎で消毒して、水気を拭き取って塩(母の土産モンゴル岩塩)を3kgに対して300gと少々の焼酎を投入。

 

瓶2つ用意したけど4kgじゃ全然足りなかった・・・。

あと、2kgぐらい入りそう。

 

でもでも、2人じゃ4kg持って返るのがやっとだったんだ。

 

ほかにも、本を買ってたし、猫の餌(2kg)も買ってたし・・・・。

 

 

これで、数日つけておくんだって。

 

毎年つける母特製「南高梅の梅干」はなんだかんだと好評であります。

 

今度、彼らに会うのは天日干しの時だ。

 

続きを読む

驚きの結果でした

1年最後を締めくくる競馬の大将格レース。

「有馬記念」

 

今年は、外人騎手4人と、G鞠錬尭というなかなかの豪華メンバーになったのでけっこう楽しみにしておりました。

だって、現在の日本大将馬のメイショウサムソン、中距離王者のダイワメジャー、今年の変則三冠牝馬ダイワスカーレット、牝馬にしてダービー馬ウォッカ、海外でG犠,舛靴織灰好皀丱襯やデルタブルースなどなど。

どの馬にも勝つ要素ありで確かに誰が勝ってもおかしくなかったんだけれど・・・

 

けれど・・・・

 

 

マツリダゴッホは予想してなかったなぁ〜

ってか、地味ーに一番いい位置にいたね。最初から最後まで彼がただ一頭理想的なレースを展開していたように見えました。

そうかぁ、マツリダゴッホかぁ〜

 

そうかぁ・・・・

 

 

なんだろうこの盛り上がらない感じ・・・orz

落とし物?

902400fa.jpg  コンビニに行った帰り、家の前で発見。

 ・・・・オレンジの丸い物体・・・

 

 

 ・・・・みかん?

 


9059ed35.jpg ちょっと拡大。

 うん。やっぱり、みかんだね。

 

 これ、行くときはあったっけ?

 てか、なんでみかんが落ちているのかしら???

 しかも一つだけ。なにかのメッセージ?


d73b06ff.jpg 地面じゃ誰かが踏んづけるか、車に踏み潰されるかもしれないぞ。

 というわけで、隣の家の塀の上に置いてみた。

 これで、みかんの運命は悲惨な結果にはならずに済む筈。誰か優しいヒトに拾ってもらうといいね。

 



 

不定期な競馬感想話

本日は、エリザベス女王杯。

今年の最強牝馬決定戦のこのレース。出走メンバーも名だたる牝馬たちで目移りしてしょうがない・・・

しかしその当日、いきなりの本命馬出走取り消しというハプニングにかなり意気消沈。

今年は、最強3歳牝馬の“ダイワスカーレット”とダービー馬“ウォッカ”、今年度のオークス馬で海外遠征もした“ローブデコルテ”、古馬牝馬の筆頭である“スイープトウショウ”、先日3000勝達成した天才・武豊の乗る“ディアデラノビア”などなど、他にもJip犠,素呂いてかなりレベル高かったんじゃないでしょうか。というメンバー。

 

そんな中、主役のうちの1頭のウォッカには結構注目していたのに〜

と嘆きつつ、ラジオを聴いていたところ。

 

エリザベス女王杯のレース予想のコーナーで解説者のキタムラさんという方のお話がえらい面白かった。

いつもはラジオを聞かなかったので分からなかったけど、このキタムラさん。

かなりイケます。

関西弁で、「まったく競馬知識のない人間にも丁寧でわかりやすいをもっとーに」を前面に押し出したような解説。

話し方のテンポもよく、聞いてて何となくでも納得してしまうカリスマ性。

解説者というより通販番組の司会者っぽいノリ。

そんな彼のファンになるのに時間はかかりませんでした。

素晴ラシイデス、キタムラサン。アナタノ話、トテモ面白イ・・・

と思わず片言で感想を漏らしてしまうこと請け合いです。

 

そんなわけで来週から、私は競馬はニッポン放送にします。

日曜競馬の井崎先生の予想も好きですが、それにキタムラさんも台頭してきました。

また来週が楽しみでしょうがありません。

楽しかった〜

すっごい久しぶりの渋谷。

相変わらずの人人人・・・。相変わらずにぎやかな街でした。

しかし、渋谷も久しぶりだけど、カラオケも久しぶり。いとこ殿のオススメカラオケ店は曲数も値段も、トイレの綺麗さも素晴らしかった。

部屋内では、マイクの場所がわからなかったりテレビ画面の主電源はどうやって入れるのか分らなかったりと微々たるトラブルもありましたが、まぁ概ね楽しい2時間を過ごさせて頂きました。

あとは、まんだらけで本買ったりアニメイトで新刊買ったり、帰りにケーキ買ったり。これまた、そのケーキが美味かった。

えーっと、チョコムースの上にマンゴーのゼリーと兎の形のチョコクッキーが乗っかった“うさぎ”というケーキと、“柿と柚子のなんちゃら”というやつ(もうすでにうろ覚え)

どちらも大変おいしゅうございました。

 

 

今週の競馬

>史上最高価格4億云千万円の良血馬“ザサンデーフサイチ”が復活してきましたね。まぁ、結果はゴール前クビ差差されての2着だったらしいけれど・・・。

デビュー戦が3着でそのあと、骨折が分って休養に入り今日(正確には昨日)10ヶ月ぶりの復帰戦。また勝ちきれなかったんだなぁ・・・。

いくら、血統が凄くても健康面でひ弱だったり、脚が弱かったりすると自分の力を出し切れずあまり大成出来ないのは良くある話だし。この子も、そんなタイプなのかしら?

たしか、お母さんが天皇賞(秋)馬のエアグルーヴで、お父さんがサンデーサイレンス産駒の菊花賞馬ダンスインザダークだったはず。父違いのお姉さんにはアドマイヤグルーヴがいる超良血。しかもオーナーさんがあの有名な関口会長。

名前の「ザサンデー」は毎週日曜日の日テレのTHEサンデーからでしたっけ?

これからもぜひ頑張って欲しい競走馬の1頭です。

手に入りにくいものって無償に欲しくなる・・・

先日、古本屋で気まぐれに購入した本が意外に面白く嵌ってしまったって言う話。

川唯東子先生の“胡桃の中”という本を暇つぶし程度で買ってみたんだけど、読んだらその日購入したどの本よりもツボに嵌ってしまってさぁ大変。一気にその先生の作品群が気になりはじめる。しかし、どこの本屋にも、最近出た新刊は扱っていてもそれ以前の作品はない始末。家に帰ってインターネットで調べてみればほぼ全ての作品が絶版。これには、ショックを隠しきれず・・・。

アマゾンを最後の頼みの綱としたところ、何とか在庫があった。それもあと6冊。最低価格で800円、最高なら1800円・・・。(正規の値段は590円)

高っっか・・・。いや、しかし背に腹はかえられん・・・・

と、買いました。

とりあえず、嵌った“胡桃の中”の関連シリーズが掲載されている“形而上なぼくら”全2巻。

一度嵌ってしまうとどうしても手に入れたくなるよね、人間。

とりあえず、今日注文して返事をもらいました。数日中には届くみたい。

本当に売ってくれた方には感謝感謝です。

 

土曜・日曜と遊びに来てくれたいとこ殿。本屋はしごに付き合ってくれてありがとう。また、遊びに来てくれろ。(^▽^)/

 

8日開催のメインレースに見事勝利していた後藤浩輝騎手。どうやら前のレースで落馬したらしい。しかも、足を馬に踏まれていたとか。

それでも、その後勝ってしまうあたり本当に騎手って仕事は精神力が強くなくちゃやっていけないんだなぁと実感。井崎先生も鉄人だと言っていた。

勝利ジョッキーインタビューでは佐野アナウンサーの質問に「足が痛い、早く帰りたい、薬飲みたい、帰って寝たい、明日は寝込みそう」と返している浩輝が本当、痛々しくて「あぁ、もうその辺で勘弁してあげてぇ。彼を早く病院へ連れてってやってくれ〜」とテレビの前で佐野アナに懇願してしまった・・・。

 

二日連続のサヨナラ勝ち?

昨日、遊びに来た従姉さんとハマスタに行ってきましたよ。今年二度目の観戦です。(一度目はコテンパンにのされたので今回は勝利を!!と意気込みつつ)今度は外野で応援。

指定席だったけれど、前も横も後ろも攻撃時は立ち上がってハッスルしておりました。

試合は川村対佐々岡。

佐々岡ってまだ頑張っていたんだなぁ、と失礼極まりないことを感じたのは内緒の話。

この日は風がやたら強くて強くて・・・温度はそんなに寒くないんだろうにこの風のせいで体感温度は低く、じっと見ているのはかなり辛い状態。そんななか、向かいの広島ファンを見れば独特のスクワット応援で皆さん暖かそう。普段はあんな次の日絶対筋肉痛になるだろう応援スタイルにちょっと引いていたのだけれど、この日ばかりはうっかり憧れそうに。

試合自体は2回裏に横浜に1点はいり1−0でゲームは進んでいたけど、別に投手戦というわけじゃ決してなかった。

5回以降はホセロ劇場ですよ、フォアフォアフォアとまぁストライクが入らないこと。何しに出てきたんだ!とみんな言っておりましたよ?しかも、ダブルプレーの間に1点取られ同点に追いつかれ川村の勝ちは消え、その後の木塚が広島倉にホームラン打たれ逆転され・・・。

また?また負け試合なの?こんなに寒い思いをしているのにぃ!!

と従姉と二人でがっくりしていたところに、9回裏の劇的サヨナラタイムリー。

私たちのテンションは尚典の代打時に最高潮に達しましたとも。

 

種田の逆転打の時は、全然知らない後ろのお姉さん達と一緒になって大喜び。

ちょーっと寒かったけど、それさえフッ飛ばしてくれるような勝ちに感謝!せっかく池袋から遊びに来てくれた従姉さんもご満足のゲームでよかったよかった。

2200円も払ったのですし、やはりそれ相応のゲームじゃなきゃ、ファンは納得しないって。

昨日はカープ陣がウチらの好きな選手ばかりでそれで6割がた満足。

前田さんに東出に嶋さんに倉に横山、ウッチーに森笠!!まさか、横山・河内が見れるとは・・・ラッキーでした。

21日はそうした感動逆転劇を見れたので22日は勝てないものだと覚悟していたし、途中経過で3−2で負けていたので「ああ、やっぱりね」と思ったのだけど、なんと、2試合連続逆転勝ちとは///

う〜ん、ミラクル。

 

そして本日の競馬感想は続きで

続きを読む

ハルウララを越えた馬!?

名古屋競馬のブラックハーロックという馬がハルウララの連敗記録113を抜いたとのニュースをニューストピックスで読みました。

ちょっと興味を引かれて詳しく読んでみるとブラックハーロックは現在7歳で114戦114敗。一度も先頭でゴール板をくぐっていなかった。

さらに詳しく見てみれば、父親はメジロディザイヤー、母親はウインザーレイ。

母馬はともかく、父馬も聞いたことないなぁ。

と思ったら!!!

びっくり。

メジロディザイヤー号!

あのメジロラモーヌの子供だった!!!

メジロラモーヌといえば初代牝馬三冠をなしえた女傑。

自身は名馬なのに子供はあまり強いところを勝っていなかった、そういえば。

しかも、驚くのはまだ早く、父親はかの有名なサンデーサイレンス!!

もう2度びっくり。

これ以上の良血はないという配合じゃないでしょうか。

数々のG気鯀蹐覆瓩砲靴討たサンデー血統ですよ?

しかも、三冠馬メジロラモーヌの子供・・・・。

だから、繁殖あがれたのかなぁ。

馬は血統スポーツだものねぇ。まぁ、そんな血統はすばらしいメジロディザイヤー君の子供だったわけですよブラックハーロックさんは

記事によると、このブラックハーロックもハルウララのような人気者になって欲しいと、名古屋競馬さんは思っているらしい・・・。

無敗ではなく無勝の彼が、ハルウララのような人気者になれるのでしょうか?同じ柳の下に泥鰌はいないような気はしますが、でも、114戦も走れるという体の丈夫さは褒め称えたいとおもいます。正直に!

そんな、彼の初勝利が早く来ることを祈り続けようと思いました。

GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ