2007年01月

2007年01月30日

WindowsVistaとスケールの問題

 河馬がシマウマを食べている写真を見た、
 そして今日(日付的には昨日)、像が人を襲うというTV番組を見た。

 大型の草食動物は怖いという話はたまに聞きますが、
 食べちゃうんですか? 河馬さん・・・。

 さておき、

 1月30日、我々の期待をかきたてるだけかきたてた夢のOS WindowsVistaがついにリリースにこぎつけたようです。
 夢が現実に向かうにつれて、機能の幾つかが画餅と消えたわけですが、
 それでも当初の予定を大きく遅れたこの製品は肥大化していく恐竜が自重で膝をついていくようで、ソフトウェア開発者としては薄ら寒い思いがいたします。

 ソフトウェアは代を重ねるにつれて、
 機能が増え、コードが増え、そして複雑さが増加していきます。
 規模の拡大はそれまでの世界とはまるで異なるパラダイムシフトをもたらす程の影響があります。

 人員が増えることによる機動性の低下、
 バージョンアップ、修正を重ねる内に失われていく秩序、

 ハードの売り上げもさることながら、
 ソフトウェア開発費の高騰に苦しむPS3。

 大規模ソフトウェア開発の現場で流れるデスマーチ。

 開発が遅れて、なんだか新機能の多くがすでにMacで見たようなものになってしまった巨大なOS。

 ブルックスが人月の神話
で表現したようなタールの沼に沈み行く恐竜という状態がそここに溢れているよう。

 だからこそ、
 Vistaの次のOSでマイクロソフトがどういう策を打って出るかが楽しみでもあるのですが。

 ちなみに、

 新しいVistaでのプログラムはビューの部分をXMLのような言語で表現するようです。
 MVCもしっかりして、Webプログラマーとしてはなんだか、敷居が低くなった感じ。

プロとアマチュアの狭間にて

 先日紹介した日経ソフトウェアの
 Webプログラミング実力アップ講座、特集の頭が

 「初心者とプロはどこが違うのか」

 に触発されて、初心者だけど一応プロ(・・・)の立場から、
 ちょっと違うけど、プロとノンプロについて書いてみようと思う。

 雑誌中では、プロは作って終わりではなく、
 製作、修正、改良などを継続して行い品質を高めのだ、
 と書いてありましたが、

 プログラムは保守することを考えて書く

 という私が生きるために身につけた知恵と合致します。

 簡単に書く、
 小さく書く、
 考えてから書く、
 書き直す、
 依存しないように書く、

 これが一年目の新人が、失敗から学んだことです。

 話がズレましたが、
 アマチュアとプロの違いは、

 環境の違い

 これにつきると思います。

 1.規模の違い、

 一つのサイトを表示するために
 100以上のサーバーが稼動している環境を有している個人はめったにいないでしょう
 一台のLAMP(お金要らずの反小さな大企業サーバーセット)環境の悲鳴を聞くことも個人では難しいはずです。

 2.費やせる時間の違い

 一日8時間から9時間をシステムと向き合うことで過ごせる素人は大学生と職業プログラマーぐらいではないでしょうか。
 職業プログラマーは環境によってはこの倍近い時間を費やすことが可能だったりします。プログラミングを極めたい人にはもってこいの環境ではないでしょうか、人間には最悪の環境かもしれませんが・・・。

 3.圧力の違い

 責任ともいいます。

 お金を出してくれる人へ
 ちゃんとお金と見合ったモノを作らないといけないという責任。

 生きるためには作り続けねばならないという、
 趣味では得ることができない行動力も得ることができます。

 多分、私は趣味だったら3ヶ月もたなかったと思います。

 ようするに凄く受身です。

 向上心とか好奇心はアマチュアの方が豊富に持っています。
 そういう点では、仕事で必要とされる知識は桁外れでも、
 それ以外のことはからっきしという人も多いです。

 家ではPCも立ち上げないという人もいらっしゃいます。

 うーん、プロの幻想を損ねるようなことを書いたかもしれない。
 まぁ、本当に凄い人というのは言葉にできないくらい凄いのですが。

2007年01月29日

本の紹介「UMLによるオブジェクト指向モデリングセルフレビューノート」

 図書館で借りました。

 自費で購入となると、
 金額もそこそこで、サイズの小さい本なので、

 内容の薄い紹介的な本かなぁ

 と手にすることが無いような本ですが、
 実践よりの良い本でした。

 例えば、本書中で学習用の書籍を

  1.覚える本
  2.理解する本
  3.練習する本
  4.調べる本

 と分類しています。
 書痴の好事家としては成る程ナットクの分類ですが、
 その分類法に従うと、この本は

 2.理解する本

 入門書が覚える本だとしたら、
 その後に読むような本という位置づけ。

 とはいえ、分厚い理論たっぷりな本と違って、
 クラスは大きくなりすぎないように、という説明には必ず目安となる数字をだしてくれるなどと、理論的な本には無い良さがあります。

 なかなか掘り出し物な出会いでしたが、
 値段はやっぱり高いかなぁ・・・。

UMLによるオブジェクト指向モデリングセルフレビューノート


2007年01月28日

本の紹介「日経ソフトウェア2007 3月号」

 本というか、雑誌ですね。
 本誌特集と、小冊子でWebプログラミングについての記事があります。
 内容も、実例を交えたセキュリティの話もあり、
 私にとっては大満足の一冊。

 日経ソフトウエア 2007年 03月号 [雑誌]


 MVC、XSS、Ajax、フレームワーク、テスト駆動開発、
 Webプログラミングに興味があり、
 上に述べたような単語を良く知らないなら、
 読んでみる価値あり。

2007年01月24日

昔話

 UNIXについて学ぼうと、
 amazonで「UNIXカーネルの設計」という本が安かったので購入してみたのですが、裏表紙にのっている広告にビックリ。

 TOSHIBAのニューモデルの紹介なのですが、
 メモリ容量が40MBに、
 HDDが180M(CD以下)、
 にもかかわらずその価格が
 198万円!!

 年配の方から、
 紙に穴を開けてプログラミングしていた話を聞いたときも生きた化石を見たような感慨に教われましたが(失礼、でもシーラカンスをこよなく愛する私にいわせるとこの表現は賛辞以外の何者でもない!!)、

 こんな時代があったのですねぇ。
 たぶん、当時は40MBのメモリでも贅沢品だったのだろう、と思うと、
 平然と4GBのメモリをつんでいる環境の今のプログラマーはなんとしあわせものだろうか。

陳列しましょう

 新しい一年に向けて、
 随分おそくなったものですが、棚卸ししたものを再陳列しましょう!!

 アウトにはなったが、ゲームセットではないよ(by 機関車トーマス)

 今年の目標はプログラマーとしてのスキルアップです。

 大きなキャリアパスとして、
 情報処理試験でソフトウェア開発技術者をとること。
 あわよくば、アプリケーションエンジニアも狙って行きたい。

 データベースかUMLの資格も挑戦してみたいが、
 ベンダー系の資格は受験料が高いので、もうちょっと給料が上がってからですかね。

 個人の能力としては、
 先ほど述べたとおり欲張らないで、プログラマーに必要なスキルの充実に専念。
 「アルゴリズム」「デザインパターン及びオブジェクト指向」「データベース」「UNIX」「フレームワーク」「テスト駆動開発」「アジャイル開発」、欲張らないといいながらもプログラマーとして学ぶ指針は定まらないこと羅針盤の如く・・・。
 最近の表現を使うとスルー力が無い私。

 当面はソフトウェア開発技術者試験を視野に入れてアルゴリズムや、ネットワークに関する基礎知識の学習に重点を置いていくことにしましょう。

2007年01月23日

棚卸し

 例年は年末に行っていた自分の棚卸し。
 昨年はとにかく波乱の一年というか、一昨年に引き続き自分の人生の一つの転換期が続いていました。

 1月まで通っていた職業訓練のWebクリエイター科を終了し、
 気がついたプログラマーとしてWebの世界に飛び込んでいたわけですが、
 隣で仕事をしているデザイナーという人種を見るに、
 自分はプログラマーだなぁと、採用担当の明と自分の暗とをしみじみと感じます。

 3ヶ月の新人研修、その間に基本情報処理の資格試験勉強と、
 夏ごろまでは引き続き学生のような勉強生活を送り、

 夏にリリース直後の半炎上プロジェクトに銃の撃ち方もおぼつかない新兵さながらに投入され、世間一般の過酷なプログラマーから見ればぬるま湯かもしれないけれど、新人にとっては冷水の荒波の洗礼を潜り抜け、異世界の言語を用いるプログラマーさん達と片言なら会話できるようになりましたとさ。

 まだまだ、気がつけばシャツのポケットに卵の殻がひっかかっているような新人ですが、なんとなくこの業界というか人種のことがわかってきました。

 昨年の反省としては、
 あと一歩で秋のソフトウェア開発技術者の試験に落ちたこと。

 今年の春に再戦を誓う次第ですが、ここを運で乗り切れなかったのはかなりコストですが、同時に課題も見えました。

 最近の便利な言語に胡坐をかいて、基本的なアルゴリズムがサッパリだったこと・・・。

 点睛を欠いたものの、
 全体としては、家族健康、無職生活卒業と、及第点をつけられる一年だったと思います。

 とまとめたところで棚卸し終了。
 次は今年に向けての再陳列をしなければ・・・。
 

新年明けましておめでとうございます

 遅まきながら、新年明けましておめでとうございます。

 年末年始は我が子が風邪引き、
 連鎖状に母、父(私っ)と病に倒れて終わってしまいました。

 子供の風邪がうつると重症になる。

 の法則は3歳ぐらいまでの子供を持つ親の共通認識(?)であることを思い知った一年の始まりでした。

 まぁ、風邪を引きずっていたのは、
 会社が始まる8日前後までで、それ以降は
 病後のいまひとつ乗り切れない状態のまま今日ズルズルと仕事をして、

 ようやく出力モードというオプションが私のインターフェイスに追加されてきたようです。
 まだまだ、ユーザビリティは低いのですが、
 今年も新米プログラマーのぼやきと、Webの話を書いていきますので、

 温かく見守ってやってください。

Profile

シーラカンス

Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)