2008年09月

2008年09月30日

全てがEになる・・・なればいいなぁ

 Eclipseの頭文字のE。
 入社しててのころはノートPCゆえのパワー不足で、Flash8+Eclipseはかなりきつかったのですが、昨年、デスクトップ環境に移行して以来Eclipse漬けの毎日です。

 viマスターとかemacs使いは憧れますが、自分のスキルだとEclipse(およびインクルード製品)が丁度良いです。

 きっかけはPCスペック向上に加え、FlexBuilderでしたがRoR開発環境としてのAptana、WowzaIDEとローカル環境ではほとんどEclipseでコードを書く毎日。

 コード補間の無いエディタでは、どの言語ももはや書ける気がしないという駄目プログラマーと化してしまいました。

ステークスホルダーは積極的に巻き込め

 エンジニアであるなら、自分の周囲のステークスホルダーに傍観させてはならない。
 その報いは(残念なことだけど)、現場の開発者に降りかかってくるのだから。

 彼らは、最初は"自分たちは開発チームに全てをゆだねた優良な顧客だ"という態を装いながら、土壇場(そう、一番忙しいときに)で、その姿勢を覆して仕様変更や、機能追加を求めてくると相場が決まっているから。

 強引にでも意見を求めよう。
 積極的に検証に参加させよう。

 
早期にテストして、早く失敗する


 の原則も満たせるじゃないか。

 迷惑がる彼らに仕様の理解を求め、操作させなければいけない。
 今後そんなことが無いように成果物に対する無知を詰るのも良いかもしれない。

 いや、笑いながらこんなことを書ける自分は、幸せなんだと思う。

他社追従か、新しいニーズか

 ゆっくりと、じっくりとリーン開発の本質 ソフトウエア開発に生かす7つの原則という本を紐解いている。
 考えされられるテーマが豊富にあり、久しぶりに時間をかけても良い本に出会った気がする。

 「masayangの日記(ピスト通勤他」の記事などで、
 http://d.hatena.ne.jp/masayang/20071213/1197534511
 狩野モデルの話はなんとなく頭にあったけど、開発手法、チームとしての方向などに頭を悩ませながら、リーン開発の本質を読み進め、そのくだりに出会い、今日はそのことについてじっくり考えてみた。

 
ものの価値について、機能追加による性能の向上の価値は線形に比例していき、顧客が気がつかなかったニーズを提供することは指数的に伸びる


 という(意訳)。

 Webコンテンツの開発固有の問題かは寡聞ですが、他社追従、どこかがやっている似たような機能を素早く実装するような案件が多い。
 それはもちろん、間違いではないし、必要なものなのだが、間隙を狙って、新しいニーズを発見し、提供するための方向性を育てていかないといけないと思う(第一面白く無いしね)。

 まだ萌芽であり、もう少し大きな視野で見れば前例は無数にあるのだが、それでも今、大事な一手を打とうしている。この一手はたいした価値は生まないかもしれないが、チームにとって大きな一歩になると信じている。

 そして、それを創り出すのが自分でないということが悔しいけれど、嬉しくもある。

 一日考えた割にはまとまってないなぁ・・・。

2008年09月29日

FlashTracerの限界とTraceRabbitとの出会い

 サーバーにアップしたFlashのtraceをする際などに便利な、FlashTracer
(FireFoxのアドオン)ですがマルチバイトの文字化けに悩まされることも多々ありです。

 というわけで、ちょっと調べてみたら、

 TraceRabbitというのがありました、他にもlog.txtをUTF-8で保存したら文字化けしなくなったという情報もありましたが、自分の環境では改善されなかったので、TraceRabbitを使ってみようと思います。

2008年09月28日

Wowza Media Server:Linux(CentOS)環境にインストールする

 blog.katsuma.tvに書かれたことほぼまんまでインストールできました。
 http://blog.katsuma.tv/2008/02/wowza_media_server_tutorial.html

 ただ自分の環境ではJavaのバージョンが古かったのでWowza起動時にエラーが出てしまいました。
 というわけでアップデート。
 http://it.kndb.jp/entry/show/id/908
 よりJDK 6 Update 7をDLしてインストール。

 Javaのアップデートは
 http://urobonyu.u-andme.net/index.php/2007/06/26/199
 ↑このページを参考にしました。

 Wowzaサーバー起動後は、
/usr/local/WowzaMediaServerPro/examples
 に移動して、examplesのどれかをインストールして稼動テスト。

 Windows版でもお世話なった
 BWChecker
 を同名ディレクトリ内のinstall.shでインストール。

 サーバーを再起動して、
 Windows版のBWCheckerクライアントを起動して、

 rtmp://192.168.24.54/bwcheck

 で接続、うまく行きました!!
 ちなみに192・・・のところは自分のサーバーのIPに合わせてください。

 WowzaMediaServer開発のその他記事を
 サイトで紹介しています。

CentOS:Apacehの接続でいきなりはまる

 メインのサーバーOSはFreeBSDですが、何かとLinux環境が必要なことが多くなってきたので、VMWare上にCentOSを構築してみた。

 なんとなくインストールもできて、ためしに

#php -v


 とか、

#apachestl -v


 なんかを実行してみると、デフォルトでインストールされている!!

 というわけでトントン拍子でブラウザから接続すると

 "サーバーが応答しません"

 的なエラー。おろ、ページが見つかりませんとか、権限がありませんならFreeBSDでも初回に良く見ますが、ここまで無反応は珍しい。

 
#ps -aux | grep httpd


 プロセスは立ち上がっていました。

 
#netstat -a


 httpはちゃんとLISTENだ。

 
#telnet localhost 80


 ローカルからtelnetも接続できる・・・。

 別VMからtelnetはやはり駄目。なぜか外からの接続ができない状態ですねー。

 というわけでネットを調べてみると、

 SELinuxと
http://park1.wakwak.com/~ima/centos4_selinux0001.html

 ファイアウォールが邪魔をしていた模様。
http://blog.goo.ne.jp/freebox_tk/e/f6790830435cfba1bcac1eaefc5dcbe6

 上記二つを無効にしたら、ブラウザからの閲覧が可能になりました。
 最初から色々入っているのは便利だけど、こういうはまり方をするんだなぁ。

 [参考書籍]


見える化と、仕様決定の遅延

 トヨタの開発システムに、

 集合ベースのコンカレントエンジニアリング


 というのがある。
 書籍「リーン開発の本質」によると、それは、

 
絶対に下さなくてはならないタイミングまで決定を下さないように注意することであり、できるだけ多くの情報をもって、できるだけ遅い時点で決定が下せるように、選択肢を持ち続ける努力をすること


 だという。
 それに関するメリットは用意に予測できるし、アジャイルな姿勢にも即している。

 ただし、デメリットもあると思う。

 決定しないことで、作業全体の把握や、作業工数の把握が困難になる。

 見える化という視点にとっては、マイナスであり、複雑さの増加も招きかねない。

 上記のようなデメリットを内包しながら、集合ベースの開発手法を導入するためには、見える化から過剰のムダを取り除くことが必要であり、そもそも見える化できた上で行えるプラクティスであるのだろうと思う。

 まずは見える化を極めるべしと、とらえたり!!

 違うかな・・・。



PHP:QRコードを生成する

 久しぶりにPHPについて。

 今更だけどQRコードを生成するライブラリを触ってみました。
 QRcode Perl CGI & PHP scriptsというのを利用したのですが、静的な文字列をQRコードに変換するだけなら4行ほどのコードで書けてしましました。

 サンプルはITProの以下のページが参考になると思います。

 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061110/253264/

 実際に生成したQRコードは以下



 QRコードの内容は、このページのURLです。


2008年09月27日

AIR:自動アップデートの方法

 AIRアプリで自動アップデートと、
 自分のバージョンを調べる方法を紹介しました。

 ページを見てみる

 FlexBuilder3だと、バージョンアップする際の比較対象である、現時点ののバージョンが取得できず、ちょっとはまったのでその辺の調査内容も記載しておきました。

 [参考]
http://d.hatena.ne.jp/haru-komugi/20080713/1215955004
http://www.libspark.org/wiki/AirAutoUpdater
http://d.hatena.ne.jp/sukesam/20080506/1210075556

2008年09月25日

CS4と10

 FlashCS4とVisualStudio10の情報が出始めました。

 ・・・ちょっとリリースのペース速くない?

 前のバージョンを使い続ければいいだけなんですが、もうちょっとゆったり行こうよ。と思ったり。

 VS10は発売日すら未定なんですけどね・・・。

Profile

シーラカンス

Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)