2011年12月15日

Windows Phoneのタイルをアプリケーションでも利用する

こんばんはようやく我が家のPCにもSSDを導入で「VisualStudio起動早ぇー」という恩恵を満喫しているcoelacanthです。

 久々のエントリーは本日終了したWindows Phone Holiday Apps コンテスト用に作成したアプリから、

 Windows PhoneのUIといえば下の画像のようなタイルですよね。

Screen Capture-20111215232304496
(タイルUI)

 アプリケーションでもそのタイルを利用する方法を紹介します。

 必要なのはSilverlight Toolkit for Windows Phoneです。

1.参照に追加



 Silverlight Toolkitをインストールしたら、プロジェクトの参照に追加します。
 追加するのはMicrosoft.Phone.Controls.Toolkit.dll

 dllファイルは64bit Windows 7の場合

C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows Phone\v7.1\Toolkit\Oct11\Bin\Microsoft.Phone.Controls.Toolkit.dll

 にあります。

001


2.xamlを編集



 参照を追加したら利用したいxamlファイルに以下を追加

xmlns:toolkit="clr-namespace:Microsoft.Phone.Controls;assembly=Microsoft.Phone.Controls.Toolkit"


 これでタイルを追加する準備ができました。

<toolkit:HubTile
Title="TileSample" // タイトル
Notification="タイルサンプルです" // 通知
Message="タイルメッセージ" // メッセージ
Source="/HubTileSample;component/Images/Chrysanthemum.jpg" // 画像も使える
/>


 上のようなタグを追加するとアプリ上でタイルを利用することができます。

002
003
(OSのタイルのようにくるくる切り替わる!!)

 サンプルをダウンロードする

3.作成したアプリはこんな感じ



 結局審査を通すのが締め切りに間に合わなかったのですが、作成したアプリはこんな感じ。

004


 100枚のタイルを表示するので起動が遅いw
 (SSDだと高速なので実機に移すまで気がつきませんでした・・・変なところでSSDのすごさを実感。ためしにHDDで起動してみるとやはり遅かった)

 タイルは反転していたりするのでゲーム的にはかなり無理ゲーになってしまいました(苦笑)

4.宣伝



 12月17日のWeb Touch MeetingでWindows Phone 7について話します。
 興味がある方一緒にWindows Phone 7について交流しましょうー。

coelacanth_blog at  twitterでつぶやく  23:51コメント(0)トラックバック(0)WindowsPhone  この記事をクリップ!

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

シーラカンス

Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)