Web全般

2008年12月21日

IE8:カスタムアクセラレーター作成サンプル公開

 今週の金曜日にFuture Technology Daysというマイクロソフトのカンファレンスに参加して、IE8のアクセラレーターの機能が面白かったのでサンプルを作成してみました。

 既に価格.comではIE8がβ版にもかかわらずカスタムアクセラレーターを公開しているなど、Webで商業サイトを公開している場合などは結構良さそうな機能ですね。

 価格.comの場合、他のサイトで紹介されている商品の名前を選択してその商品のプレビューをみたり、一足飛びで価格.comでの検索結果が見れるなど、今までの検索より使いやすくなっています。

 サンプルは以下(動かしてみるにはIE8βで閲覧する必要があります)

 サンプルを見る

2008年12月10日

native clientに期待

 GoogleがNative ClientをひっさげてRIAの世界に参入してきた。

 まだまだVer0.1ということで、顔見せ程度なのかもしれないが、ネイティブのバイナリファイルを快速にブラウザ上で起動できるDemoとその可能性の衝撃はかなり大きいと思う。

 セキュリティの問題とか、色々課題はありそうだけど、今後に期待。

 どんなものか概要を知りたい場合は、
 MOONGIFTのこの記事が説明してくれています。

 動かしてみたい方は、Googleの該当ページIT戦記の記事-out of date- ブログ版mootoh.logなんかを参考にしてみれサンプル起動までは簡単にできるはず。

 Mac OS Xの場合pythonなどがデフォルトで入っているので、すぐにサンプルを試すことができた。

 これから色々試してみるつもりだけど、quakeのDemoの起動方法がわかるかた教えてください(真っ黒のまま動かない・・・)。

2008年11月10日

Subversionの学習に便利なサイト

 今更Subversionかよ、という感じですが、CVSのままでようやくSuversion入れてみようなんて方は多いのではないでしょうか?

 今はGitが熱いようですが、それでも情報量が多いSubversionの方が導入はしやすいですよね。ということでSubversionの情報サイトを調べた結果をまとめてみました。

 Subversionの基礎練習

 結城浩さん作成の入門ページ。
 Windows版での解説ですがわかりやすいです。

 Subversion によるバージョン管理

 わかりやすいです。
 情報量も多いのでここを一通り読めば基礎はOK?

 Subversionで攻めの開発を (いまさらだけど)

 ライブドアの事例もわかる実践的なぺージ。

 10分で作る、Subversionレポジトリ

 色々嵌って2時間ほど費やしました自分。BSDなんか・・・。

 CVSユーザのためのSubversion TIPS

 Geekなページです。
 CVSからSubversionに移行なんて考えている方はぜひ。

 PHP開発におけるSubversionを用いたバージョン管理

 PHPer向け?(このページは実はまだ読んでないです・・・)

 リーナス・トーバルズ「Subversion ほど無意味なプロジェクトはない」

 リーナスとかいう生意気な奴が、Subversionをdisっています(笑)。
 Linuxの開発ではGitを使っている(というか発祥?)ようで、そこらへんの言及もあります。Subversionの問題点などを知りたい場合に良いかも。


 【書籍も紹介】
 WEB+DB PRESS Vol.39

 

 バックナンバーですが、Amazonではまだ手に入る模様。
 特集でかなりSubversionについてページを割いてあります。


Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)
 

 紹介というより、備忘録。確か会社にあったような・・・。探して読んでみよう。

 以上、他に有益なページや書籍がありましたら教えてください。

2008年09月14日

本日の気になるサイト(2008年9月14日)

 Flex + LL連携(Ruby、Python、PHP)

 Flashからサーバーサイドのスクリプトを呼び出すTip紹介。
 FlashというよりFlashCommunicationServerにAMF以外で外部サーバーと通信する手段がなかったのでamfphpなんかを利用していたが、そのときの感想は、

 php側でシンタックスエラーとかDBエラーを起こした場合にAMFで出力できないから開発し辛い(Flash側ではエラー出力を取得できず形式が違うという警告がでる)

 この感想は今も変わりませんが、
 AMFを用いることで数値型が数値型のまま渡せたり、ByteArrayで画像が送れたりするのは便利そうです。AMF形式で通信することの価値を見直す必要がありそう。

 [JS]jQueryのプラグイン33+1選 -2008年9月
 まじで使えるJavascriptライブラリ75選

 Javascript系2つ。
 Javascriptは便利なライブラリを使えば大概の表現は実現できてしまう(しかも、自前実装よりよっぽどいいものが)のでしっかり基礎を学ぶ動機形成が難しい・・・。

 Railsでよく使うものをまとめて提供「Bort」
 Ruby on Rails プラグイン

 Railsが他のRails系フレームワークより優れている点の一つとして、豊富なプラグインがあげれると思う。豊富すぎて把握仕切れないのだけど・・・という悩みを解消してくれそうなプラグイン集と、ニフティが公開したプラグイン。ありがたいですね。

 『iRinger』で音楽ファイルや動画ファイルからiPhone着うたを作成!

 iPhoneネタ。
 便利そうですが著作権とか法律とかどうなるんでしょ・・・

2008年06月28日

Eclipseからフォルダーを開く

 (情報提供:タケポンに感謝)

 Red5はJava、
 FlashはFlex、
 CVS管理やPHPのエディタとして、
 とみにEclipseを使うことが多くなってきました。

 Eclipseを使っていて、
 ナビからWiondowsのエクスプローラーを開けたら便利だなぁと思うことが多いです。
 Eclipse標準ではできないのですが、
 プラグインを用いることで実現できることを教えてもらいました。

 Easy Explore for Eclipse

 便利っ!!

2008年06月17日

DB考

 データベース(以下、DB)がボトルネックになることが往々にしてあることは認識していた。
 DBに注意するように指示してきた。

 それでも自分のやらなければいけないことは、
 FlashとFlashMediaServerを用いたサービスを模索することであり、
 Flash技術者を養成(他力的なポジションから)することだと考え、
 DBについて本腰を入れてこなかった。

 まさにこれ、慢心である。

 自分がDBについて注視していたのは、
 あくまで通常の使い方におけるスケールの問題でしかなかった。

 本気でサーバーを破壊しにくる存在について、
 そのもたらされる結果について、
 無知であったと認めざるを得ない。

 DBと正面から向き合おう。

 プログラムはトレースすることが第一の足がかりであるように、
 DBはベンチマークを取れることが、最初の一歩のように思う。

 さぁ、方向はあっているかな?
 とりあえず前(と思っているだけ?)に進もう。

2008年06月05日

IE46FireFox39

 つくり始めて、早2ヶ月。
 まだまだβ版の域も出ない私のサイトですが、

 レンタルサーバーの基本機能で色々なアクセス解析を見ることができます。

 その一つがブラウザの割り合いで、
 記事のタイトルに書いたように、

 IEが46%
 FireFoxが39%

 技術系のサイトではありますが、
 ここまでFireFoxがシェアを取っているとは思いませんでした。
 かなり拮抗しているじゃありませんか!?
 
 ちなみにRed5に走ってばかりですが、
 FlashMediaServer2も利用できるヘテムル
をレンタルサーバーとして利用しています。FlashMediaServerを使ってみたい方のお試しにおすすめです。





2008年06月02日

FlashCommunicationServer開発のコツ

 いまさらFCSもないですが、
 FCSの場合でもFMS2以降のアドミンコンソールで接続可能です。

 アプリケーションをインスタンスで分けている場合などは断然こっちのほうが楽チンです。

 リファレンスは以下のPDF(英語)参照。
 http://www.adobe.com/support/documentation/en/flashcom/

 FMS2以降と違って、
 ファイルに書き出しできないのでロギングは、
 http://www.adobe.com/jp/support/flashcom/ts/documents/flashcom_logging.html

 ↑こちらで、すっごい使いにくいですけど。

2008年06月01日

memcachedについて

 色々調べようと思っていたら、
 あっさりよくまとまったサイトがヒットしたので、
 終了。

 http://tech.feedforce.jp/memcached.html

 メモリにキャッシュを保持するだけに、
 失われてはいけないデータとかは持たせにくいですが、

 頻繁に更新のあるデータなどを複数サーバーで扱う場合の、
 キャッシュヒット率向上などには便利そう。

 以前、会社で開いた勉強会では、
 PHPやOSのバージョンに注意といっていた気がするから、
 そこらへんも含めて有効利用を模索していきたい。

 バイナリ変換して、画像をキャッシュとかできると面白いかも?

2008年02月13日

こまった会議

 午後丸々費やした挙句、
 ほとんど決定することができない会議というのは、
 非常に不毛というか疲れます。

 何を話すのか、
 何を決めなければいけないのか、
 どのようなメンバーが必要なのか、
 何時間使うのが妥当なのか、
 そして最後に、何が決まって、誰がいつまでにやるのか、

 こうしたコミットメントの無い会議というのが多い気がします。
 我々プログラマーや、デザイナーといった技術者は、
 大半の時間参加する必要が無い話題であることが多く、
 予め、プログラムのようなものを渡されていたら、
 この会議は出なかっただろうなぁ、と後悔することもしばしば。

 後悔なら良いのですが、
 一方で進行中のプロジェクトを抱えながら、
 無為に時間を浪費するのは、
 遊んでいるに等しいと思います。

 今回は参加者に、
 筋が通ったことをすごく明確に言葉にする方がいて、発言毎に勉強になったことが救いでした。
 将来的な救済には何ら貢献しませんね・・・。

Profile

シーラカンス

Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)