Red5

2011年03月21日

Red5:RC1でException java.lang.ClassCastException

 Windows環境のRed5 RC1で初回起動時に、

Exception java.lang.ClassCastException: org.slf4j.helpers.BasicMDCAdapter cannot be cast to ch.qos.logback.classic.util.LogbackMDCAdapter


 というエラーが出る場合は…\Red5\lib\以下(自分の環境ではC:\Program Files\Red5\lib)にある


com.springsource.slf4j.juli-1.6.1.jar
com.springsource.slf4j.log4j-1.6.1.jar


 を削除すると起動できる。

2010年04月13日

Red5:Red5の勉強会が東京で開催されるようです

 株式会社サイブリッジさん主催で東京でRed5の勉強会が開かれるようです!!
 Red5とかFMSとかひっくりめた勉強会を東京で開いてやるっ!! と虎視眈々と狙っていたのですが先を越されてしまいましたw

 Red5の話が皆さんとできるなんて凄い羨ましい!!
 
 平日の夜というのが地方者には厳しいですが何とか参加できないかなぁ・・・。


 申し込みはこちら
 http://atnd.org/events/4020

2010年04月11日

Re5:クライアントからサーバーのメソッドを呼び出す方法まとめ

 Hokuriku.NETの第三回は5月29日固まりそうです。
 正式に決定しましたらまたアナウンスしますのでお待ちください。

 あとFlexユーザーグループでも、もうすぐ大きなイベントが開催されますので、そちらもこうご期待!!

 宣伝終わり。

 という話とまったく関係なく、Red5サーバーに対してFlashからやり取りする方法をまとめてみました。
 本当はサーバーから呼び出す側も書くつもりだったのですが、量が多くなってきたので次回ということにしました。

 記事を見てみる

http://localhost/site/flash_red5/article_20

2010年03月17日

Red5からのストリーミング映像をFlash上でBitmapdataに変換しようとするとSecurity sandbox侵害が発生する

 FlashMediaServerでも同様の状態になるのですが、Red5でもセキュリティサンドボックスエラーになることを確認しました。

 Flash上で自分で自分のカメラ映像をBitmapData.draw()する分には問題ないのですが、自分のものであろうとなかろうと、一度Red5を経由して再生する場合はdrawすることができなくなります。

 Flashの場合はxmlファイル上で許可する設定するか、asc上でclientのプロパティを変更してあがれば回避することが可能でした。
 Red5でもxmlで回避することが可能のようです。

http://www.shell-tips.com/2009/08/30/flash-how-to-fix-the-security-sandbox-violation-bitmapdata-draw/

 途中のバージョンのRed5では回避不能だった気がするのですが、いつのまにか追加されたのか、自分が知らなかっただけなのか…

2010年02月16日

Mac OS X 10.5にRed5をインストールする

 次回のFxUG@富山のプレゼン作成用にMac OS XでRed5を動くようにする。
 Red5の最新版をインストールするにはJavaのバージョンが1.6以上必要だがMac OS X 10.5にはデフォルトで1.5がインストールされているので、まずはそれをアップデートしてあげる必要がある。

 Mac OSのJavaを最新版にするには

http://developer.apple.com/java

 よりファイルをダウンロードしてくる必要がある。

 現在(2010年2月16日)はJava for Mac OS X 10.5, Update1を選択する。

 インストール後に

#java -version


 すると、この時点ではまだバージョンは1.5のまま。
 ここは環境変数JAVA_HOMEに・・・とするところだがMacの場合、設定用ユーティリティがあるので

アプリケーション > ユーティリティ > Java > Java Preferences

 を起動。
 そこで実行時の設定をJava SE 6を選択。
 上部チェックボックスにチェックと下部一覧にあるJava SE 6をドラックドロップして優先度を変更してあげる。

 あとはRed5をDLしてインストールすればデフォルトのインストールはすんなり行くはず。

2010年02月02日

Red5+xuggleプラグインの導入方法紹介

 Red5+xuggleプラグイン導入で色々苦労したので備忘録代わりに残しました。

 今回は簡単な導入だけなのでFxUG@富山までにはある程度実装して紹介したいなぁと思います。

 記事を見る



 ちなみにLinux(CentOS)にインストールする方法はこちら。

2010年01月26日

久々Red5の記事追加

 Red5はフリーのFlashMediaServer互換サーバーです。
 フリーとはいえスクリプトがJavaで書けるために色々と連携できて便利なところもある製品ですが、最近さわらっておらずかなり忘れ気味。

 気がついたらバージョンも0.8(0.9RCもある)にアップしており、パフォーマンスの程を再確認するためにも色々調べております。

 というわけで手始めにEclipseプラグインの紹介。
 機能の方はまだまだチェック中という感じですが、デバック実行したら自動でファイルを反映してくれたり、Eclipseのコンソールで実行時ログを確認できたりと便利。

 記事を見る

2008年10月19日

Red5:Web版チャットアプリ公開

 ほとんど修正無しにWeb版が動作してしまったので、無鉄砲にもアップします。
 AIRアプリ⇔Webアプリ間でもチャットが可能でした。

 手元にWebカメラとかマイクが1セットずつしかないので、検証が不十分なところもありますが、デバックするつもりで試してみてください。

 Web版チャットを起動してみる(同じログインIDで2つのアプリを起動すればチャットが試せると思います。)

Red5:AIR版チャットアプリ公開 (微アップデート)

 Red5+AIRのチャットアプリを微妙に修正しました。

 修正点は音声の利用可能と、
 その他操作性部分の修正です。

 一応今回からバージョン0.8と開発バージョンを付与。

 今後の予定としては現状の動作で、Web版の公開。
 その後にAIR独自の機能を追加(ようやくAIRでやりたかったことに手が届く!!)

 ダウンロードは以下のページよりお願いします。

 ダウンロードページに行く。

2008年10月13日

Red5:AIR版チャットアプリ公開

 FlexBuilderの勉強も兼ねて、Red5+AIRの簡単チャットアプリを公開しました。
 今後はWeb版も公開して、PCにSkype等のメッセンジャーが入ってないけど、お手軽に軽くチャットで打ち合わせしたいなんて場合に使えるものを目標に機能を追加して行きたいと思います。

 現在はバグ満載状態なので、奇特な方限定で動作確認お願いします。

 公開ページを見てみる

Profile

シーラカンス

Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)