Eclipseプラグイン

2009年10月11日

FMS:Flash Media Server用Eclipseプラグインの改修

 先週ぐらいからEclipseプラグイン開発の本を読みながらFlash Media Server用Eclipseプラグインを開発しようかなと思っていたのですが、既存のプラグイン最大の不満点が解決できそう。

 ・ダブルクリック時の単語の選択がおかしい

 ちなみにFlash Media Server用のEclipseプラグインはこちらのサイトで配布
されています。

 先ほども書きましたがこのプラグインいくつか不満点があって


 ・ダブルクリック時の単語選択がおかしい
 ・FMS2までしか選択できない
 ・コード補完時の補完がおかしい


 特にダブルクリック時に単語選択できないバグは不便で、これが大きな原動力となり、プラグイン開発の勉強を始めたのですが、コードを読んでいるうちに問題が解決できてしまいそうです。

改行コードを判定できてなかった



 Flash Media Server用のプラグインのエディタの仕様ではエディタ上でダブルクリックを行った場合、

 1.ダブルクォートで囲まれた部分はダブルクォートの最初と最後までを選択する
 2.そうで無い場合は単語を選択

 この1の部分が問題で、ダブルクォートに囲まれた文字列だけでなく、文字列1と文字列2の間までも文字列と判定して選択してくれるという驚きの動作をしてくれます。

 ソースコードを読んでみると、文字を一文字ずつ判定して、改行コードがあれば文字列と判定しないことになっているのですが、どうも改行コードを判定できていない模様。
 というか改行コードは13、CR+LF(Windows全般はこれ)ですね。自分の環境ではWindowsOSにもかかわらずなぜかLF(10)でファイルが作成されてしまってます・・・。

 というわけで、文字コードの判定でLFを加えてあげると正常に動くのですが、これでも

 同じ行に文字列が2つあると意図しない動きをしてしまう

 という不具合が残ります。

 これ文字列でも単語選択するようにしちゃえば良いのにねぇ。

修正ファイル



 これ同じ問題にぶつかった人います?
 もしかしたら自分のデフォルト設定がまずいだけでみんな苦労してないのかなぁと思いつつ、ほしい人がいましたら修正ファイルを配布しますのでコメントください。






 

2009年10月04日

FMS:Flash Media Server用のEclipseプラグインを作成する

 Flash Media Server用のIDEとしてIgor Costaで公開されているものを利用していましたが、文字選択範囲がおかしい(これ以外とストレス)とかFMS2までの保管しか効かないという少々不便な面があったので、習作もかねてEclipseプラグインを作成しながら、そのメモを残して行きたいと思います。

 イメージとしては、上記サイトで公開されているプラグイン+α。

 ・FMS3.5対応
 ・ユニットテスト

 などがありますが、著作権だったり、プラグイン開発の規模が見積もれてないとか課題は色々ありますので長い旅になりそうです。

Profile

シーラカンス

Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)