東京・高円寺のイベント&ショップ&喫茶スペース「円盤」発行の季刊誌、「ミツザワ通信」。
今号より、ラルゴと1F豊文堂書店北大通店で取り扱いを始めました!
IMG_20190125_184219


「円盤」店主の田口史人さんが、2017年11月と2018年10月にラルゴで「出張円盤レコード寄席」を開いたのが縁となりました。

01ba3e52c5b35e5a979e60f6d0bf1b98d80d600626


「円盤のいろいろなことや、どーでもいいことがいろいろ判る謎袋雑誌」(「円盤」HPより)で、袋を開けて中を見てから買うことはできません…

バックナンバーの中身はこんな感じです。
IMG_20190125_182608


今号「鬼天冬号」は…
・円盤/リクロ舎の最近のあれこれが判る「円盤営業中」(冊子+CD-R)
・店主の全国中古レコード探訪行脚の記録「枕元レコード」(冊子+CD-R)
・円盤の2018年業務報告
・村上巨樹のミャンマー音楽探訪録
・鳥取のtori labelタナカの漫画
・三村京子画のポストカード
・「正午の庭」店主・矢崎翔太の「熱海に住んでいます」
・佐渡島南書店/タガヤス堂の身辺情報紙「大崎通信」
・「へろへろ」「ヨレヨレ」の鹿子裕文の「鉛筆ラフ」
・喫茶アオツキの純喫茶REPORT「純喫茶LOST & FOUND」
・クラモトイッセイの連載小説「老いてなお」
・大橋裕之のおみくじ四コマまんが
・湯浅学の名盤句
・ロック漫筆家、安田謙一のコラム「ろっこうおろち」
・札幌の台湾料理店ごとうのレシピ
・仙台よしぎの「だがしや新聞」
・「四度の飯と本が好き」
・雑誌内雑誌「ハロー通信」
・犬風の音源連載
etc…です。


北海道では今のところ札幌の「台湾料理店ごとう」さんと、喫茶ラルゴ、豊文堂書店北大通店のみでの取り扱いとなり、通販もありません。
バックナンバー(非売品)は喫茶ラルゴでご覧いただけます。

ラインナップを見て「おっ」と引っかかった方には、たっぷりお楽しみいただける「福袋」だと思います!
価格は1,000円(税込)です。
扱い部数が少ないため、ご希望の方はどうぞお早めにご来店ください。


本日のランチ「ポークシチュー パプリカ風味」。
DSC_1668
サラダには厚岸産ワカサギのマリネを添えました(写真ではわかりにくいですね…)。


久々の雪で足元が悪くなってしまいましたが、皆さまどうぞ良い週末を!


(スタッフS)