9月8日、ウルフルケイスケ。
IMG_0093
IMG_0095
当店7回目のケイスケさん。新曲やウルフルズの曲もまじえてたっぷり。
中盤にテレキャスターの弦が切れてしまい、普段エレキでやる曲も店のエレアコで演奏。今回のライブはびっくりするほどソウルフルなケーヤン。そしてケーヤンの歌にやられた。いまソロ活動に転向しているケイスケさん。変わってきたなあ。
IMG_0100
IMG_0109
ギターアンプの裏はケイスケさん(だけ)のサイン。どこまで増えるんだろう。
IMG_0110
終演後の夜霧。

そして翌9日はスラ酔い三人衆
IMG_0901
一番手はスラ酔い大臣、村重光敏(from福島/ミーワムーラ)
シブい。ギターもシブいけど歌はもっとシブい。
鈴木亜紀のカバーを中心に歌ってもらいました。村重さんは亜紀さんが大好き。
「旅人眠る」をしみじみと聴いていたら、かなりウトウト。なんだろうこの気持ちよさは。
IMG_0902

二番手スラ酔い姫、鈴木亜紀。師匠手作りの竪琴を抱えて一曲。北海道ツアー中に魚釣りしていたら、しこたま蚊にくわれたそうで鍵盤右手にはキンカンが。
IMG_0905IMG_0906
そしてスラ酔い大王、盛島貴男。どこからどこまで自然体な男。
自作の奄美竪琴を鳴らし民謡から浅川マキまでなんでも歌います。
IMG_0918
IMG_0920
3人でやったのは一曲のみ。もう少し聴きたかったな。
IMG_0923

9月19日、ハッピーくるくる北海道ツアー(白崎映美、猪野陽子、熊谷太輔)

OAは吉原伸(from八松庵)
久しぶりに聴くこの懐かしいようなこの歌声。ソロで2曲。
DSCN0029
盟友の熊谷太輔とも一曲。
DSCN0034
DSCN0042
DSCN0045
白崎映美(from 上々颱風)
映美さんがフランスなまりの山形弁で歌いだせばラルゴが一瞬でキャバレーに。
P1110891
P1110859
猪野陽子(from 上々颱風)
ご持参の電子ピアノを使うことも考えたのですが店のアップライトピアノを弾いてもらいました。
このピアノがラルゴに来てから10年経ったけど、いままでのあらゆるライブ中で今回いちばん良い音で鳴ってくれたような気がします。ピアノのコンディションやマイキングの影響もあると思いますが、猪野さんの腕によるところが大きいでしょう。素晴らしい演奏ありがとうございます。ピアノも喜んでいます。
DSCN0062
DSCN0068
ラルゴには中山うり、BARONのサポートでも来たことのあるドラム、熊谷太輔!
熊みたいに野性的なボーカルを披露してくれました。
DSCN0077
20190919_113633035_iOS
20190919_113633818_iOS
DSCN0081
終演後、片付しながら”中学生のころ上々颱風が大好きでよく聴いていました。初期の曲はいまでもだいたい歌えますよ!”って話に。大好きだった「ヨコスカ・バーニング・ナイト」を白崎さんが一緒に口ずさんでくれたのは良き思いで。みなさんまた会いましょう!
20190919_132132967_iOS
こうやって自分好きなミュージシャンを呼んでライブできるのは、お客さんあってのことです。お付き合いいただき、ほんとうにありがとうございました。皆さんと良い空間を作ることができて幸せです。

年内のライブは12月までありませんが、どうかまたよろしくお願いします!