我のブログですぞ><。

見てたもぉ><。

究極の形から入る男

 私がYouTubeのバイクレストアおじさん(まーさんガレージ)を見始めて、物事のメンテナンスに面白みを感じてから1年経っていた。バイクなんて移動の為の道具なんだから綺麗にする必要なんてない。と思って高校の時に買って貰った原付を一度も掃除することの無かった僕を改心させてくれました。
 日々メンテナンス動画を見ることで、やるべき項目だけは目に入る、これはやらないとと部品を買う。それには道具が必要だと道具も買う。これまでに、Vベルト、ユニバーサルホルダー、ドレンワッシャー、ギヤオイル、クーラント液、バッテリーテスター、エアクリーナー、などなど、挙句の果てにそこそこメンテナンスをやってる人でも中々買う踏ん切りがつかないトルクレンチ(4000円)まで買ってしまった。薄々気づいていたがこれだけ買って何一つ手をつけてないんです。飽きるのが怖い。。。
IMG_20170611_232958

男女どちらが頭が良いのか。【結論:今は分からない】

 皆さんは男女どちらが頭が良いと思われますか?
こういう話題で、私の思考を聞く上で一つ誤解をしないで欲しいのは、どちらかを馬鹿にしたい訳ではないという事です。今回であればどちらが頭が良いのかというただの事実を話合いたいだけなのです。
トヨタ車外車の話もそうですが、トヨタ車に乗っているやつはクズと言っている訳ではありません。ただトヨタ車外車の奴らは障害者優先駐車場によく停めていて、その思考はこうだ、と推測しているだけの話です。
 話が逸れました。私がネットで目にしたのは「女性の方が頭が良い」という話題でした。発明家や偉人の男女比、東大の男女比等、男の方が頭が良い説は一見有力そうで一瞬私もそちらに傾きそうでしたが、私は一つの事を知っていました。それは女は発明とか学問に興味が無いということです。
27歳で学生の私は若い女の子達のことを少しだけ知っています。彼女達の興味があるものは、まずファッション、次にイケメン等自分をドキドキさせてくれる存在、インスタ映えする物、放課後のスケジュール、学校で誰が可愛いか、芸能人で誰が可愛いか、彼氏の話等なのです。
つまり、発明や研究等、人類の繁栄に繋がる物には興味がないという事です。となると、そこで優劣を決めるのは早計でしょう。まだ同じ場で戦っていないといえます。逆に男がファッションのレパートリーの薄さやインスタ映えする写真をUPする力の無さで頭が悪いと決められるのは間違いでしょう。同じことなのです。
 よって、今の段階では双方の興味、意欲の先が異なっているので判断できないという事が正解ではないかと考えました。十分女の方が賢い可能性はあると思います。

ギリギリ無駄じゃない買い物シリーズ

 皆さんは買い物の流儀をお持ちでしょうか?私は「必要な物は買う、欲しい物は買わない」というどっかで見た言葉を心の片隅に置いて日々を過ごしています。その必要と不必要の間スレスレで迷った末に買った物がコレです。ギリギリ無駄じゃないと思ったので買いました。計量米びつ6kgです。(1800円)
これまでは5kgのただの入れ物としての米びつを使っていました。計量できることにより、いちいち何回も計量カップで米をすくっては入れをしなくて済みますし、6kgの容量があることで、米の追加も溢れないで済みます。また、これは食器棚に置いておいても違和感がなく、腰を曲げることなく米の準備ができます。(これは筆者のさじ加減) また内部が分解できて洗えるので清潔!(商品にも書かれている何の工夫もない2番煎じの売り文句)
 これはギリギリ無駄じゃない買い物シリーズの第一弾にふさわしい物だと思います。(満足)
IMG_20170321_175707
































   

現世における最大被ダメージ

 私はそうとうダメージを受けない。ブラック企業での苦行のおかげか、今通っている学校で子供達だけでなく、大人の生徒達まで文句を垂れるような仕打ちを受けても、私はほぼダメージ0でストレスを感じる子供たちを観察していた。
 そんな私がこれまでで最もダメージを受けたかもしれない出来事が起きた。
クラスの2歳年上のおじさんが学校の女の子4~5人を家に呼んで餃子パーティー からのお泊り会を決めていたのだ。(以下2歳上のおじさん、略して2コおじ)
 何故それを知ったのか、最初はSNSでその内の一人の女の子があげていた画像の背景に見覚えがあったことから始まる。その間取り、その冷蔵庫は、信じたくない私の気持ちを抑えきれない程に、事態を一瞬で把握させた。時は見つけた当日、 学校帰りに皆で、丁寧に揃えられた餃子の具材、テーブルの上のチューハイ、2こオジのベッドで仮眠を取る女の子たち、お風呂上りの2こオジと女の子1人(推定)、楽しげな食べ終わる所の風景、その後のDVD観賞。翌日の楽しかった感想SNSアップ。あそこには、今しか出来ない、人生における最高の思い出になりうるその空間があった。その現実にありえるが故、私がそこにいたかもしれない、居る可能性があったが故のダメージだろう。
 その様を見た私が、ここ最近の2こオジへの対応を死ぬ程後悔したことは言うまでもないだろう。 私は、前前回の記事(http://blog.livedoor.jp/coffeenewgyu/archives/8765528.html)からも懲りずに2こオジに対し上から目線の態度を取っていた。もし2こオジに絶交されても特に困らないとすら考えていた。2こオジは女の子達にここ最近ずっと学内テストの勉強会を開いてあげていた。それも2こオジの自己満足ではなく、女の子達からの要望でだ。2こオジは私を誘わない空気を出していたし、私自身、自分には勉強会は必要ないと思っていた。その結果である。因みにテストの点数は全て私の方がいい(現在返却された中では)。
  私は2こオジへの態度を変え、軍門に下る決意を固めた。

この世最大の苦しみを受けた私の目にふと入った書籍のタイトルがあった。
『縁は苦となる苦は縁となる』(坊主著)
全く持ってその通りだった。私は相手への気遣いという苦から逃げて、餃子パーティーお泊り会という最高の縁を逃したのだから。
リンク




↑神いただきものの絵たち



↑我のコミュですぞ><。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ