aji中央卸売市場でおさかなを3枚おろしにさばく教室に行ってきました。
だいぶどきどきしました。
なにせ中学の家庭科で小さな鯵の3枚おろしを習って以来、まるままの魚は触ったことがなかったので、
だ・い・ぶ ひるみました。
先生に魚をさばくの初めての方?との質問にも手をあげれず(小心者?初めてに限りなく近いけど笑)
でもまわりの人たちの慣れた?スピードに合わせて、とにかく必死だったことは確かです。
案の定やっぱり、内臓をとるところで、せんせ〜〜い!と私たちは叫びましたが、
そこをなんとか乗り越えて、あっちゅーまです。(1匹目は練習、2匹目本番)

プロの先生の教えるさばき方は、
力をいれずにすばやくさばくプロのやり方だったので、
とにかく言われたとおりにやっているうちに、お造りになりました↓
ajiaji

わーーーい!ちょっと分厚く切りすぎたけど、新鮮ですごく美味しかったですよ〜
ちなみに、鯵のお刺身はちょっと苦手だったのですが、丸ごと1匹の鯵のお刺身はみごとに胃袋の中へ。

お魚熱が冷めないうちに友達と包丁を買ってさばこう!と意気込んでます。
いつか私たちの作った舟盛りが登場する日がくる かも?

年末年始

年末に日帰りで名古屋に行ってきました。
ジャクソンポロック展。
生誕100年の日本では初めての大々的な個展です。
名古屋→東京へと巡回するそうで、関西では見れないということで
18切符で行ってきました。

ピカソが何もかもやってしまった・・・
という言葉がとても印象的。誰もやったことのない新しいものを生み出す
ポアリングという新しい技法を生み出したポロック。抽象的な絵画の代表的な作家としてこれから
というときに事故で亡くなってしまったポロックですが、後には評価されて
今回の愛知県美術館では、ポロックの初期の作品から亡くなる直前までの作品を
見ることができました。
大きくて迫力のある作品は、一枚だけを椅子に腰かけて、ただ眺める。
それだけで、贅沢な時間を過ごすことができました。
この美術館で印象的だった、見に来ている人たちが ただただ一点を眺めている
光景。
大きな作品を美術館で楽しむことの醍醐味です。

kusama年始は国立国際美術館で草間彌生さんの作品展。
永遠の永遠の永遠。
白と赤の水玉。
私は年始からなんだが元気をもらいました。
とにかく描くのに忙しいそうです。
でもとにかく描くの!
とにかく頑張ろう!
そんな気持ちになれた作品展でした。

今年もいろんなことを楽しもうという気持ちを忘れずに
伝えていけたら と思っています。









この冬のおすすめいろいろ。 

ジャクソンポロック

生誕100年 ジャクソンポロックの日本初の回顧展。
日帰りで名古屋だわ、  と意気込んでいます 笑

月1くらいのペースでいい作品展をじっくり楽しみたい、と思っていて、
11月はとにもかくにも
駒井哲郎さんの銅版画が物静かで、ここちがよかったのです。(12/18まで)

心底楽しめること  ってなかなかないものです。
そのためには時にはじっくり忍耐も必要で。
それにしたって、伊丹市立美術館の作品展はすごく地味で骨太ないい作品展が多い。
そしてもっと宣伝をしてもよいと思うのですが(余計なお世話かな 笑)
私は心から皆さんにおすすめしたい美術館です。
来年は熊谷守一さんの作品展も。

この秋のおすすめ。

駒井哲郎駒井哲郎さんの銅版画展。
伊丹市立美術館で前期後期に分かれて開催中。
行くのを楽しみにしています。

18切符

shasouこの夏は2回、日帰り旅をした。
ただただ、電車に乗るだけの旅。車窓から風景を眺めるだけの旅。
ちょっとたいくつなくらいが ちょうどいい旅。
今回は友達と話がおおいに盛り上がった、竹田城跡に行くことになった。
地図を調べてみると、意外と近くにあったので日帰りで行くにはちょうどいいかもと思い
お弁当持参で、軽いハイキングのつもりで出かけました。
姫路で播但線に乗り換えて、駅の数は少なくて一駅一駅がゆっくりの電車に乗り、
和田山の一個手前の駅、竹田駅に到着。
意外にも降りる人は私たちだけ^^;;駅のすぐ裏手にある山道から、3〜40分くらいで登れる山の上にある城跡。

山に登りたい!と日頃から口にしてたけど、意外と急勾配な山にちょっとへこたれながら笑、
山頂に到着〜!!!

takedajo

山頂からみた風景。城下町っぽいきれいな街並み。
城跡の周りは田んぼと山しかなくて、広い とても広い空。

登ってみると城跡には人がちらほら。私たちがきたルートとは違った道を車であがってきた人も。
みんな絶景に大喜びしてました。やっほーやっほー叫んでる人たちがいました、
ほほえましい。

一汗かいて、お茶をごくごくごくっと飲んで!お昼の時間です。
山の上で食べるおにぎりのおいしいことといったら、
ほんましあわせ。


takedajo2城跡らしい風景。
日本のマチュピチュとも呼ばれる竹田城跡、昼と夜の気温の差が大きくなる季節の明け方、
秋から冬にかけては雲海が見れるそうです。
春は向かいにある山々に桜が咲くそうで、お花見もおすすめの場所。
山の上にお城作るなんて大変だろうな〜ここだけなのかな〜なんて思うけど、意外と山の上にお城を作っているそうです日本人は!(歴女談)

山の上を満喫し、ゆっくりコースで山を下る途中にたくさんみつけたキノコ。
その中でもとりわけ目を引いたのはこのキノコ。
kinoko

宇宙から来たっしょ!!

地球外生物だよ、これは。

でも食べれるのかな〜、すごい肉厚やけど。
どなたか知ってたら教えてください。

キノコやいが栗や、秋の気配を感じる旅でした。





ベトナム料理

ベトナム1ベトナム料理教室をされているガートゥハイさんで苔玉のホアマイさんのお誘いでベトナム料理の会が開かれました!
みんなベトナム好き!の人たちの集まり、そして食べることや旅をするのが大好きな人たちで、夕方から集まってみんなでお酒を飲みながら、わいわい。



ベトナム2生春巻に始まり、トマトの漬物や山くらげのサラダ、あさりのレモングラス蒸し、揚げ春巻etc...何もかも美味しくて、作り方を教えてもらいながらも、とにかく食べるのに夢中。 出されたら、出された分だけ全部食べます笑。



ベトナム7生春巻きも定番で美味しいけど、ベトナムに旅行したときに美味しい!と思ったのは揚げ春巻き。野菜に巻いて頂きます。ベトナム料理は野菜が多くて、味付けもあっさりでいくらでも食べれます・・・ベトナム料理に欠かせない味はニョクマム。

ベトナム4
辛い!ソムタム。
映画『青いパパイヤの香り』を思い出す。





ベトナム5空芯菜の炒め物2種類。日本でも最近は手に入りますが、ベトナムでは日本のもやし的存在!最もポピュラーな野菜だそうです。

飲んで、食べて、色々な国への旅の話、ベトナムの食文化、色んな話が飛び出し、帰りはすっかりベトナムの屋台で飲んだ帰りみたいな、異国へトリップしたみたいな気分になりました。
楽しい夜を過ごしてくれた皆さん、料理を全部作ってくれたガートゥハイのまみさん、ありがとうございました!





9089743e.jpgb9a84410.jpg







蛍が飛ぶのを見てみたいと何年も前から思っていた。
前々から飛んでいる場所は知っていたけど、天気によっては飛ばないらしく、わざわざ行かないと見れない場所だから、なかなか行けずにいました。
昼間は京都観光がてら、京都タワーにのぼり、絶好のお天気で遠くまで街を見渡せた。
夜に向かうであろう北の山の奥に目をやりつつ
南を見れば、伏見桃山城(元キャッスルランド?)が見える。近年に作られたとはいえ、山の上にお城ってすごいですね。なだらかな山の裾野にお城がしっかり建っていて、京都!って感じがしました。
タワーの後はお昼ご飯、美味しいラーメン屋♪(とにかくおすすめ!とのことで、女子3人で勇気を出して?入りましたよ、第一旭というお店です。)

653bf25c.jpgお腹をみたして、夕方まではアートめぐり。
行きたい展示をあちらこちらと地下鉄で移動しながら、京都の街をうろうろ。途中で水分補給も忘れずに、カフェでお茶もしながら。

ようやく夕方には目的地の叡山電鉄の鞍馬・貴船方面へ。6月の下旬だったので、蛍も京都では奥地の方まで行かないとみれないらしく、地元の人たちは車で来るみたいですが・・・(車で入ると車のライトで蛍の光も少なくなるので、電車で行くのがベターかも。排気ガスも蛍の環境によくありません(> <))
私たちもいるか飛ぶかわからない不確かな感じで、電車に乗っていきましたが、
ちょうど夕暮れ間際に、貴船口駅に到着し、暗闇の登山道を歩いていると、2匹の蛍が!
ふわ〜〜っと、私たちの前を飛んでいきました。
私たちはきゃーーーっと叫びました^^;;
ごめん、蛍も逃げていくと思うわ。

そこからは蛍を追いかけて、神社のある方へとず〜っと登っていき、辺りが真っ暗になるころには
下に戻りながら山を下ってきました。
清流の上を蛍が、山の方にめがけて飛んでいくのが、次々と見えました。

初めてやさしく飛んでいる蛍をみた京都旅でした。



カンディンスキー

7109dec1.jpg私が抽象画に出会ったのは多分小6のルーチョ・フォンタナの展覧会。その次にカンディンスキー。だったと思うのですが。
おそらく絵の展覧会と呼ばれるものに初めて行ったのが、この抽象画の世界だったのです。
好きとか嫌いとかわからずに初めて行った展覧会で、おもしろい!と感じたもの。
その衝撃が今も残っているから、なんだかすごいな と感じます。
そこから、たくさんの展覧会を見ては、わくわくする感情や心地よさや、複雑な気持ちが芽生えては
体をかけめぐって、通り過ぎて、いつかは忘れていくものもあり、
たくさんの余韻で私の身体は構成されているのだな〜と感じる。
あまり多くのものを見過ぎては・・・と思うのだけれど、本当にいいもの というのが世の中にはたくさんあって、
そのエッセンスを1滴でも自分の中にしみ込ませれたらいいなと思う。
両親は、私の何倍もの多くのものを見ているけど、毎回素直に驚いたり喜んだりしている。
芸術ってそういうもの、見る側も制作する側もどんどん磨かれていく、長い時間をかけて見る力と、時間をかけて制作していく芸術家との対話。
今改めてカンディンスキーを見ると、どんな風に抽象へと変化していったか、その過程が見れたのが今回の展覧会の見所。
1909年の変化がすごい!
と感じたのですが、どうでしょうか?
個人的には初期の風景画も、点描画のような、独特な色彩ですきでした。
兵庫県立美術館で6/26(日)まで開催中です。


今回の兵庫県立美術館のカンディンスキーのポスターは好きなデザイン。
字体がカンディンスキーぽくていいな !

ラディッシュ

3e4278b1.jpg4月に種をまいたラディッシュがついに
7e46e668.jpg

できました☆






ようやく収穫できました。
実る喜び
いただきます。

園芸部

b36a11d4.jpg今年もいち早く咲き始めたオダマキ。たくさん蕾がついて、他の花より少し早く咲く高山性の植物。こぼれ種でかんたんに増えます。
今年は震災の影響もあり、花より野菜の苗を育てる人は多いのだそう。都会に住んでいて自給自足はおおげさでちょっとできないかもですが、一人一人が意識して、どこから野菜を買うのか?どこからエネルギーをもらうのか?辿っていくと、もう少しわきをしめて、少し省エネ、なるべく無駄のない、でも楽しむことを忘れずに、そんな風につつましく暮らしていけたらいいな〜と常々思うのですが。

そんなこんなで、まわりに植物を育てる人が急にぐんっ と増えたような気がします。

3a2a7d16.jpg
小さな楽しみ、最近はまっているのが種まき です。
種を蒔いて、毎日乾かないように霧吹きして、
発芽した瞬間
嬉しくなります∞
ここから大きくなってくれるといいんだけど。ちなみにうちは西向きなので、野菜を育てるにはちょっと不向きかな〜と思いながら、今年はラディッシュを植えてみました。
理由はひとつ   
早く育つから  です。(せっかち?)
うまく収穫できたらまたご報告します。

e4c3866d.jpg去年植えてたコキアが秋に紅葉して、冬には枯れてしまったのですが(コキアの枯れた部分でほうきができるそうですよ、実はとんぶりとして食べれるそうです)刈り取った後に、こぼれ種で芽が出てきました♪雑草かとおもって抜いていたのですが、たまたま園芸店で見たコキアの種の袋に発芽したコキアを発見。あわてて、抜き取るのをやめました あぶない あぶない
この写真の中〜上部の小さいほわほわがコキアですね。さて下の大きめの葉っぱは何なのでしょう??
これもこぼれ種のようですが、わかりません。
鳥さんが落としていってくれたのかな〜
どなたかわかるかたいらしたら、ぜひ教えて下さ〜い。




南桂子展

60d4bfc5.jpg4/24(日)まで美術館「えき」KYOTOで開催中の南桂子展へ行ってきました。今回はお花見も少し楽しみながら、この時期の京都は一番いい季節なので、何度行っても楽しめます。ぶらぶら桜を見ながら歩いていたら、桜を眺めてるおじさんもちょっぴり涙目になりながら、
ほんまに、桜はええなあ
としみじみしていました。

29ea2ab5.jpg今回足を運んだ南桂子さんの作品は、図録やポストカードで見るより全体の色合いの深みが実物は違っていたので、原画がとても素敵だと感じました。
お時間がある方は、先日紹介したパウル・クレー展と南桂子展は両方巡るのもおすすめかもしれません。ふわっとした童話のような世界に少し寂しさが詰まっている感じがしました。言葉にだして言えないような、繊細さが銅版画の魅力かもしれませんね。

パウル クレー

61dd1186.jpg行きたかった展覧会を目指して京都へ。他にも何かおもしろい展覧会があればいいな〜と探していると、ちょうどパウル クレーを京都国立近代美術館で開催しているそう。
昼間は暖かな日だったので、1人で鴨川をぶらぶらしながら、近くで買ったパンをほおばる。
それだけでもう心地よい一日。
それから、友達と合流。パウル クレーをじっくり楽しんで、そういえば、クレーのような絵を描く知り合いがいて、作品を見ながらその人のことばかり、思いだした、コラージュだったり、墨で描いたり、とにかくおもしろい人。色んな描き方をするクレー、その描き方に焦点をあてた展覧会。

すごく絵を描きたくなった一日。

そのあとは、小山登美夫ギャラリーでシュテファン バルケンホール。これを友達におすすめしたくて。
ちょっと変わった木彫りの作品たち。

木も掘りたくなった 笑

芸術に触れるといろんな意欲がわいてきました。皆さんもぜひお花見がてら京都散策いかがですか?

京都

48bb3eb5.jpg
すてきな万華鏡を見つけました。

夜に風博士さんのライブがあるので、それまで雨降る京都の街をふらりふらり。
初めて訪れた「小さい部屋」さんで、一目惚れ。

外の景色がレンズから入ってきて、もう一気に気持ちがふわ〜っとあがるような
すてきな万華鏡。

そして、今日のメインイベント。風博士さんの3年間の風まかせ旅の締めくくりのライブ。最後は真っ白い衣装を見にまとって、さすが白い風博士さん。
愛に満ちあふれていた。
お疲れさまでした、でもきっとまだまだ旅は続くのでしょう。

0a73500f.jpg

風豆くんもお疲れさま。





帰りの電車の中からの流れる風景も心地よいライブの余韻も
万華鏡でくるくるかき混ぜながら、帰途につきました。

ルーシー リー

cc2e6f2a.jpg大阪の中之島にある大阪市立東洋陶磁美術館に行ってきました。初めて見るルーシー リーの展示。昔は器だけが飾られている展示って、見ていてもわけもわからずあまり興味がなかったりしたけど、料理をするようになったり、仕事でも色々な作品に触れるようになっていくうちに何かが目覚めたみたいで、土の器が放つ静かなエネルギーを少しでも感じとりたいと思うようになりました。
その中でもルーシーリーの器は釉薬が面白くて、科学好きの私はすごく興味深深でした。釉薬はふつうバケツとかにたっぷり入っていて、そこに素焼きした器などをつけて器の表面をコーティングするような薬品のことで、ルーシーリーはその釉薬を器を作る度に使いきりで作っていたそうです。
その釉薬も色々な調合で作られ、焼くとまた変化して・・・
どんな風に変化したかをノートに書きとめて、とても実験的
シンプルなフォルムで同じ形を形作る作業と、釉薬の調合の変化、すごく根の張った芯のあるところに遊び心のあるような、器はどれを見てもどんな風に作ったのかな〜と人に想像をさせたくなるような静かな面白みがありました。
とてもいい展覧会だったので、皆様もご興味があればぜひとも。

じわじわ

9b44a62c.jpg神戸の街にも急に師走の寒さがやってきました。まだ11月・・・とか思っていたらもう12月も半ば。毎年楽しみにしているリース教室も12月初旬に開催しました。今回は早めに作ったのでクリスマスまでじわじわと長く楽しんでいます。
ドライになる花ばかりを詰め込んで、作っている間は森林浴しているようないい香りに包まれながら3時間くらいの時間を要して、皆さんきれいに出来上がりました。今年も私のはグリーンがわさわさあばれてて笑、黒や茶色の木の実を混ぜながら意外と落ち着いた雰囲気にまとまりました・・・ほっ。あまりクリスマスっぽくならないのが良いところで、半年くらいは緑のまま飾れます。ぜひカフェにいらしたときにはご覧になって下さいね。せわしない年末ですがゆっくりじんわり過ごしましょう。
年末は12月30日(木)まで、年始は1月5日(水)からです。
ゆっくりとみんなとお話したいな、ぜひお待ちしています。

伊吹山

伊吹山3


伊吹山へ紅葉ドライブ。

山間の小さく見える田んぼや家屋。









伊吹山2

山の上はもうすっかり冬支度。
周りは晴れているのに、わたのように雲がもくもくと
山頂にかかっていて
イヌワシを撮影しようと大きなカメラを携えた人たちが
たくさんいた


ビューーーン

と飛んでいるイヌワシが見えた






伊吹山1


太陽のプリズム
山の上でも太陽を浴びているとあたたかい







風博士

28b4e9ac.jpg昨日は風博士さんのライブがBERGでありました。日本全国を弾き語りながら旅をしている風博士さん、いつも店内でも流しているのですが、生の声が素敵でした。最後のギターの響きまで、丁寧に。
みなさんもまたどこかでぜひ
ちなみに旅999日目は大阪千日前!でライブだそうです 笑

おでんのおいしい季節

3d3f5a91.jpgこの冬初のおでんを仕込みました。いつも甘辛が得意な母が作ってくれたおでん、これでもかと煮込んで味のしゅんだ煮くずれた大根、面取りとかめんどうなことはさておき味が1番なお人。そんななつかしい味も思いおこしながら、今回はちゃんと出汁をとったので、その味をそこなわないうす味にしてみました。
あらまあ、なんだか上品。
お酒飲めないけど飲みたくなるわ〜
こんな晩酌の夜もいいですね。

オリーブ色

c50f698d.jpgオーダーしていたデジカメケースができあがりました~
大好きなオリーブ色で作って頂きました。

島旅

久々の更新になってしまいましたが9月に行った旅のひとつ、瀬戸内国際芸術祭島メグラー旅。18切符の期限が切れるギリギリに行ってきました。
今回もいい歳して日帰り鈍行旅^^;;デジカメ画像男木島豊島 012
朝7時出発で快速を乗り継いで瀬戸大橋を渡るマリンライナーに乗って香川県高松まで。着いたところで早速うどんを食べ、船にコーヒーを持ち込みのんびり船からの眺めを楽しみながら女木島を経由して男木島へと渡りました。船からは瀬戸内の島々の眺めがきれいで、島へ渡るのにわくわくしました。

男木島に滞在できる時間は55分。
小さな島に家々が密集して立ち並ぶ集落の路地や空き家などを使って街中に作品が点在しています。
デジカメ画像男木島豊島 043狭い路地をうろうろしながら作品を探す楽しみ
気がつけば神社の上まで。
暑いけど吹き抜ける風が気持ちよくて、この島にこれただけでも作品に触れた充実感。自然にかなうものなんてないのかも・・・


デジカメ画像男木島豊島 020デジカメ画像男木島豊島 036


船の時間が迫り急いで神社から港へ。
男木島から船で20分の豊島へ。自然の恵みが豊かな豊島、男木島に比べるととても大きい島で、島中には棚田やオリーブや柑橘系の木がたくさん植えられていて、いちじくの木も。ここで目指すは安部良さんの島キッチン。ここでお昼休憩〜。デジカメ画像男木島豊島 052デジカメ画像男木島豊島 051

豊島で採れた自然の恵みをメニューに使ったカレーやままかりのマリネ。少し緑色をしたオリーブサイダー。縁側みたいな板の間で、お昼を満喫しました。
ゆっくりと休憩をしたあとは島を巡る無料のバスを乗り継いで作品を探しなから大きな豊島をあっちへこっちへ。
デジカメ画像男木島豊島 066

美しい棚田の風景。ここに美術館ができるそうです。風景を壊さないように地中に作っているそうです。





デジカメ画像男木島豊島 070


海辺の作品

そばに水母もいたよ







デジカメ画像男木島豊島 076


塩田千春さんの作品

小学校跡







島全体をめぐり、夕方には船に乗って帰路に。
アートに惹かれて来る事ができた島々。
心の豊かさ 
自然の豊かさ
すべてに感謝の気持ち




島メグラーの旅は続く
(部員募集中 笑 )








手鞠教室

531ea9d5.jpg以前からずっと気になっていた手鞠の作家布仁美さんのワークショップに参加してきました。
今年は刺し子とか織物とか布仕事を本格的に始めたいな〜と思っていて
初めての手鞠作りに参加できました。針で一針一針糸を縫いこんでいく手仕事
。先生の手作りのまん丸な手鞠の土台に、自分の好きな色の糸で縫っていきます。
とはいえ、初心者の私にはさっぱりわからないのですが  笑
とりあえず先生の手元を見ながら言われたとおりに針を刺していきます。とにかく言われたとおりに手を動かす、もくもくもく・・・・
たまにおしゃべりすると、手の動きがわけわからんことになるので
もくもく ちくちく・・・・

できた〜♪

ベージュとピンクで秋色の手鞠ができあがりました。
楽しかった〜思ったよりきれいにできあがって満足〜♪

皆さんもきれいにできあがってました。布さんの糸さばきが美しくて驚きました!糸がね〜1本1本見えるんですよ。綺麗なお仕事をされています。
手鞠の奥ゆかしい存在に触れた1日。
関西や東京で作品展を開催されている布仁美さんの手鞠展、ぜひ一度ご覧になってください。

U・S・B

サーフィン初めてヨーロッパ企画という劇団のお芝居を見てきました!
前々から京都の知り合いから聞いたりしていたのですが、お店を始めてからはゆっくりと舞台を見る時間もなかったので、今年は維新派に続いて舞台づいています。

今回の舞台のタイトルは『サーフィンUSB』
なんのこっちゃ?・・・です。
見たら納得。
サーフボードにUSBつけちゃうかね〜
人魚にUSBついちゃうかね〜


そんなアナログとデジタルなお話でした。関西人特有な笑いでした。
心の中でマクドに下りに長〜い!ってつっこみながら、
演じてる人たちも長い!!って思いながら演ってるなんて。
ほんましつこい関西人。

最近は完全にアナログな人間だな〜と自分では思ってるけど
何年も前からネットで買い物をするのは日常になっていて、特になにも買い物なんてしてないわぁ〜とか言いながら意外とネットでちょこちょこ買ってるやんってつっこみを入れられます。
友達はネットで買い物なんて、なんかこわい・・・
そんな話もよく聞くのですが、
ヤフオクだとかアマゾンで本を買ったりなんて当たり前、食洗機やガスコンロ、給湯器まで!・・・もうなんでも買えてしまうんですよ〜。いやまさかネットで給湯器を買うはめになるとは・・・って感じでしたが、(非常に個人的な話ですが家の給湯器が冬に壊れた時の話です)そんなことを思えばサーフィン体験をネットでダウンロード  ありえるんだろうな〜
ま、とりあえずアナログな私は友達のおうちでのんびりそうめんパーティーで涼を求めてゆっくりと夏の終わりを楽しみたいと思っています。
残暑厳しそうですが、皆様も涼しくお過ごし下さいね☆

犬島維新派

チラシを手に取るたびに気になっていた維新派の舞台を初めて見に行ってきました。今回の舞台は犬島の銅の精錬所跡に設置された丸太3000本で組まれた舞台で行われる演劇『台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき』デジカメ画像犬島 013
岡山への日帰りの旅っていうことでlepreさんとの2人旅。青春18切符で久々の赤穂線に乗ってのらりくらり岡山まで。岡山から港までバスで40分→船で40分→犬島へ到着
デジカメ画像犬島 002

島民60人の小さな島には、銅の精錬所と採石場、海水浴場、小さな診療所くらいしかなく、舞台の設置された場所には屋台村も作られていて、そこでご飯を食べたりできるのです。行く前に聞いていたおすすめの屋台モンゴルパン。麻婆なすとチキンのレモンソース味の2種類。うまい!!デジカメ画像犬島 009デジカメ画像犬島 008

今回のこの舞台は瀬戸内国際芸術祭のアートプロジェクトのひとつで、犬島では他にも家プロジェクトが見れたり(パスポートを買って他の島のプロジェクトも見たいかも)、丸々と太った犬島の猫たち(こちら無料)もみれますよ〜。(全然なついてこない犬島の猫たち)
デジカメ画像犬島 057



なんだかトトロでもでてきそうな












デジカメ画像犬島 051
デジカメ画像犬島 059










デジカメ画像犬島 072













島をぐるぐるかけ回った後、夕暮れのころに始まった舞台。
セリフの掛け合いや音や光がその瞬間瞬間で動く絵のような場面展開。銅の精錬所の煙突や夕焼けが借景となって舞台にすごく奥行きが生まれて、どこまでも引き込まれていきそうでした。
息をつくひまもない2時間、体中のすべての感覚を研ぎ澄ませて感じた2時間。
ずっとずっと気になっていたものが目の前にやってきた喜び、待ってました!

そんな犬島を満喫した1日でした。初めてようやく出会えた維新派の舞台これからもちょこちょこ見にいけたらいいな〜過去の作品も見てみたい気もするけど、こればっかりは生で見ないと感じられない感動がじわわ〜と余韻となって残りました。



   デジカメ画像犬島 037



9cbc51cd.jpg陶芸教室です。先月から久々に再開しました。
作りかけの小どんぶり鉢が気になりながら3ヶ月ぶりに仕上げを完成させました。この小どんぶり鉢は絶妙にいい大きさでできたので使うのがすごく楽しみ。
次はこの作品と同じデザインでお客さま用のカップを作ろうかな?と思い作り始めたら1個目は少し大きくなり、2個目3個目と作ったところで集中力が切れてきました・・・。いつもそうですが、1個目は手探りなのでなかなか思う形に作れず、時間もかかります。で、2個目はすんなりと手が覚えててくれてすーっと作れる。なので今回は2個目と3個目を採用して、容赦なく1個目はつぶすことにしました。
いいものに仕上げていけたらいいな・・・うん
cbac8491.jpgそして陶芸のあとのおやつタイム〜。今日はドラゴンフルーツを八百屋でみつけたのでお土産に。沖縄へ行ったときに食べたいな〜と思っていたけど、あまりフルーツに出会わなかったので、こっちで見つけてうれしくなりました。ドラゴンフルーツは中身が赤と白があって、おととしに初めて赤を食べたときに美味しい〜!ってなりました。乾季と雨季によって色が変わる?と聞きましたが、八百屋さんには9月くらいまではありますよ とのことでした。また夏の間に食べよう!

沖縄旅

デジカメ画像沖縄旅行 114

初めての沖縄旅行。旅の目的は沖縄へ引越しをした友人に会うこと、離島へ渡ること、やちむんの里へ行くこと。桟橋から海を眺めているとエイの群れが泳いできた。






デジカメ画像沖縄旅行 085

私、初めてやどかりを見た。って言ったらびっくりされた。貝が動いた〜 ってなりました。

デジカメ画像沖縄旅行 087

海辺で貝殻ひろい。

デジカメ画像沖縄旅行 090



オレンジいろのアダンの実。これ自体は食べれないけど、この実とパイナップルをかけあわせたものがスナックパイン。







沖縄旅行1


小さな阿嘉島では一日レンタサイクルでビーチへ行ったり山道登ったり。島にひとつしかない食堂でカレーかソーキそばの2者択一に迫られ、初めてのソーキそば。これめっちゃ美味しくて感動しました、あなどれない親父のソーキそば。






デジカメ画像沖縄旅行 033
デジカメ画像沖縄旅行 042
デジカメ画像沖縄旅行 056


外国人邸宅をお店にしている地帯。
古い家具屋さんやカフェ、ちょっと栄町っぽい。
平屋にあこがれます。





沖縄旅行2


友達おすすめのタコライスのお店。激ウマ激大盛りタコライス。テイクアウトにしたらパックのふたが閉まらないほど大盛り。1人じゃ食べれない量なので半分ずつしました、ここおすすめ。





読谷村やちむんの里へは那覇からバスで1時間半くらいの場所。けっこう遠いので不安になりながら、基地のある地帯もバスで通り抜けて・・・日本で2番目に大きい村?読谷村に到着。(1番はどこだ?)

沖縄旅行6


我が家へのお土産はコレ。やっぱり窯元によって絵柄とか全然違うので、いろいろな絵柄や色合いの作品をみれてわくわくしました。
たのしーー





友達にも大変お世話になってしまって感謝感謝の旅でした。
一緒に過ごしいい思い出ができました、ありがとう。

超抹茶

e0bc6d29.jpg今年もやってきましたこの季節、いちご氷に誘われて、またまた京都へ。(日記書くたびに京都へ行ってるような ですが・・・)桂離宮のそばにある中村軒へ今年もいちご氷!代わり映えのしない写真が多いので今回は練乳をかける途中を・・・・桂からスタートして、宇治で茶だんごを食べたいと友がいうので宇治へひとっとび。





65720023.jpgやってきました宇治です。15年くらい前に花火大会で来て以来です。茶だんごは宮本武蔵が食べたという?(ほんとー?)だんご、小さめ、うまい。
宇治川の眺めは京都平安って感じがします。この日は増水のせいか水の色も青と緑がまじった絵の具のようなまったりした色で、川沿いを歩いて、平等院鳳凰堂へ向かいました。





ec84e6c3.jpg
初めて中に入った平等院鳳凰堂、中の楽士のレリーフがなんともしなやかで素敵でした。またまた仏像には全く無知な私でしたが、友達いわく、シャンシャンシャンと楽器を鳴らしながら応援してくれる人たちらしいです。阿弥陀如来さまも立派なお姿。
その後も抹茶パフェや抹茶チーズケーキなどを食し、一日中抹茶づくしに。
抹茶味は飽きませんね〜宇治のお茶満喫の旅でした。

超京都

15015d40.jpg

古い町家を舞台に現代美術専門の画廊が集まったアートフェアを見に京都へ行ってきました。
アートフェアは烏丸の杉本家邸宅で3時からということで、それまでは3人でぶらぶらと京都散策。お昼ごはんはうっかり老舗の鶏屋さんに入り、それはもうなんとも美味しい軍鶏丼を食べ(卵が真っっ黄っきーです)、丸太町方面の器やさんやアンティークショップ、喫茶店に立ち寄りながら散歩しました。

大体何か大きな目的をひとつ決めたら、その周辺をぶらつく、というのが休日のコースで、美術の好きな父がお題をくれて、私が若者の店へ連れまわす?今日のプランでした。(あまりつれまわすのも悪いので気をつかったのですが、無邪気に喜んでおりました)
そして、辿り着いたのは烏丸にある古い町家杉本家邸宅に集まった現代美術のアートフェア超京都、一部屋一部屋がブースになっていて、ほんの4、5点ずつの作品が並べられていて、ぜいたくな空間です。好きな美術家の作品もあったし、若手の作家さんの作品も。私にとってはまだ美術は自分が楽しむことや探求することで精いっぱいだけど、いつか、うまく、アウトプットしていけたらな〜・・・と
考えている日々です。
なので今は自由に楽しもうと思います。

古本市

fcb9f4ea.jpg6月にコフクカフェとハニカムブックスさんとHugさんの3店舗をつないで雨の日の古本さんぽを開催致します☆
その古本市にむけてちょこちょこ本を整理しています。
各店舗の店主さんの好みのお茶や雑貨、手芸、旅関係の本を中心に持ち寄った本が並ぶ予定です。どんな本が集まってくるかわくわくしますね。コフクからも店内の本の整理したり、他から集めてきた本などを出品する予定です。
そして期間中に各店舗でお買い物・ご飲食して頂いて、スタンプを集めて下さったお客様にささやかなプレゼントをご用意しています☆なにかなー なにでしょう?3店舗はほど良いきょりにありますので、ぶらぶらと栄町をさんぽするにはちょうどよいかとおもております。6月の梅雨時期が楽しい散歩になりますように〜ぶらりお立ち寄り下さいね〜

今年の野菜

9a7e30c7.jpg
今年は何を育てようかな?と思っていたところに花屋さんでもらったチラシに載ってた野菜の苗、サントリーの本気野菜。今年はプチトマトを育てることに決まりました〜。
あとみょうが(やっぱり薬味ははずせない)あとバジルもまた育てよう。
トマトはうまくいけばたくさん実るかもしれないので、ちょっと楽しみに、がんばってみます!
c0fb0a2d.jpg


去年頂いた寄せうえ。植え替えたロータスブリムストーン?が異常に伸びて元気いっぱいです、なんだか嬉しい。葉っぱのかわいいのや色味とかいとおしい。




86823f62.jpg313cd2f7.jpg

花が咲くのはほんのひと時だから、
葉っぱの形や色で選ぶのもたのしいですね。

みルノ 知ルノ 感じルノ

bnr_renoir





初めてルノワールの作品をみました。なんとなくなんとなくで今まで見る機会がなかったのですが、百聞は一見にしかず。
いく時に気づいて驚きましたが、同時開催の現代美術作家荒川修作展もおすすめです。この対比がおもしろいです。どちらもすごい作品!

荒川修作・・・養老天命反転地!
なかなか思い出せなかった〜・・・
bnr_arakawa

迷子

21cc68da.jpg見に行きたかった展示があったので
散り際の桜を楽しみにまたまた京都へ。
ちょっとしたフリーペーパーを頼りに銀閣寺方面へ。
疎水沿いに散っていく桜がきれいで、
花吹雪をあびながら散歩。






49557dd0.jpg
たどり着いた喫茶迷子。この建物もヴォーリズ建築。
ここで開催中の型染の作家関美穂子さんの展示を見に行ってきました。
封筒やマッチ箱にすてきな型染がほどこしてあります。
恵文社などでも作品展をされているのでみたことがある作品でした。
喫茶のメニューはコーヒーのみで、カウンター席のみ。
ここにも桜が・・・♪


店内は店主の方のアンティークのコレクションや古本がならんでいて、古いレコードの音楽が流れてきて、時がとまったよう。
私たちは明らかにどこかからやってきました風だったので声をかけられました。しばらく話しているとあれよあれよとにぎわい始めたので店主さんも急に大忙しになって、作品のマッチ箱を手土産に買ってお店をあとにしました。またのんびりと立ち寄ってみたいな・・・

038866d7.jpg全くの余談ですが、平安神宮の近くにある美味しいうどん屋さんでお昼を食べました。
山元麺蔵さんです。並んでます。
でも美味しいのでおすすめです。
うどんのこしがすごい  
というか私の握力がなさすぎて?
麺をひっぱりだせずにいたら、
こんなやさしさまで・・・・(笑)
麺を切るはさみです。
かたじけない・・・
鍛えます・・・

ちなみに鶏ささみ天ぷらが5本も!
ごぼう天ぷらも美味しいです。
そんなこんなで京都の旅でした☆

待ちにまった

329c8423.jpg雨と寒さが長く続いて早くお花見行きたいな〜と楽しみにしてた恒例の京都のお花見。絶好のお花見日和に。
今年は新聞で桜が紹介されたらしく、平日でももうすごい人、人、ひと・・・・。
でも河川敷についてみればやっぱりのんびりできるくらい広くて安心、また今年もここに来れた。


b71f39e6.jpg暑いくらいのあたたかな陽射しの中、とりあえずはもちよりのお弁当をみんなで急いでせっせと開く。今回は若干みんなかぶり気味なおかずたち、ポテトサラダ、ハンバーグ、キッシュetc・・・完全にアテ的なおかずが満載で、なぜかご飯系がなかったけど、ちょっとずつ つまみながらゆらゆらのんびりすごす休日の午後。



08a2c8e7.jpg自転車で1時間かけて走ってきた人と自転車話でもちきり。
桜の咲くこの河川敷を嵐山の方までサイクリングロードが続いているらしいので今度は自転車で走ろうって話になりました。っていうか、去年もその話してたょ・・・。
あとクーラーボックス、こんどこそ忘れずに。
ここに書きとめておきます。


e1d8a02a.jpg夕方になるとめっきり人もまばらに。ゆっくり桜を眺めることができました。週末くらいまでまだまだ桜を楽しめそうですね。
みなさまもぜひ春のひとときを。

あざやか

16e83286.jpg今日は風が冷たい一日だったけど、空は雲がいきいきと動いてて青と白のコントラストがあざやか。
寒くて動きがにぶくなるけど、頭はすっきり。

先週からフリマや3連休やらキッシュ作りやらで大忙し。今週はエビアンクラブの部活動。
はぁ〜動きました。



そらまめやぶんたんやら皮向きの仕事が残りましたがむいて むいて むいて・・・
そらまめは素あげしてカレーに添えて、ぶんたんは食後に。
ぶんたんの皮はお風呂にいれましたょ〜。いい香りです、まだまだ寒いので保温効果によいですね。a00f9f9e.jpg

キッシュ

9b021e23.jpg久しぶりにキッシュを焼きました。
パイ生地から仕込みましたが、あまりに久々でおいしくできるか心配だったけどなんとか成功。パイ生地はスーパーなどで買ったらあとは麺棒と型があれば簡単にできますょ。具材はベーコン たまねぎ しめじ ほうれんそうを塩 こしょうで炒めたら、あとは卵+牛乳(あれば生クリーム)を流しいれて、200℃で15分〜20分。
この春はキッシュにはまりそうなので、花見やいろんな場面でしばらく作ってしまいそうですo(^-^)o

日帰り金沢

74bff0ba.jpg日帰りで金沢の21世紀美術館へ行くという父の提案にのっかって金沢へ旅してきました。サンダーバードに乗ってびゅびゅーんと金沢へ。滋賀の湖西線がすきなのですが、いい鉄塔地帯がありました。前日の雨雲が山々にかかっている風景を見ながらトンネル抜けて、雪が残っている山村を抜けて、あっというまに金沢に到着。

初めての21世紀美術館。
駅からも近くて便利。街と一体感があって入りやすい。

810d4859.jpg今回の展覧会はオラファーエリアソン。ドイツ在住の現代アートの作家の展覧会。体感するアートです。お客さんがいる方が楽しめる作品も多くて、ちょうど美大の学生さんたちがグループで見ている人がいっぱいいて一緒に楽しみました。同時にコレクション展や金沢美術工芸大学の卒展もみることができて、満足。来た人が展示を自由に行き来できる垣根のないかんじがいいな〜って思いました。


そしてうわさの回転寿司でおなかを満たし、その後は加賀温泉で途中下車して温泉にゆ〜っくりと入って、帰りの電車でうたたねしながら帰路につきました。

そうそう、わすれてはいけないお土産。
あまりに時間がタイトすぎてまったくお土産をみることができなかったけど、お留守番の家族に何もなし・・・ってわけにはいかない・・・かも
ってことで電車に乗る直前に駅弁!!(でも車内販売もあった・・・・)
を購入。
2f8bec31.jpg


むかしから ます寿司だいすき。
この葉っぱをきれいにひろげたくなる・・・




008e699d.jpg山代温泉で温泉たまごを購入。
きんぴら丼にしていただきました。

ちょとみてくださ〜い

MGMT Kids- heavenly Kiss OM

もっちり

91b02130.jpg水餃子と焼餃子です。
比較的がっつり中華が多い我が家です。
15年くらい前から周富徳と陳健一の料理本を手に入れてからちょこちょこ作っているのですが、これがめちゃ美味しくできるのです。
麻婆豆腐 チンジャオロースー ホイコーロー etc...
中華は調味料がいろいろいるからめんどうやわ〜って言われますが・・・、南京町で大きめの瓶の豆板醤と甜麺醤とウェイパー(ってどんな字でしたっけ?)のこの3つがあればなんとなく中華味です。あとはオイスターソースがあればばっちりです。
そんな大好きな中華ですが、久々に餃子にしようっと思い南京町に餃子の皮を買いに行ったのですが、あわてててまちがって水餃子の皮を買ってしまいました、なので薄くのばして焼餃子と水餃子両方作りました〜。もちっとしてうま〜〜い。
餃子パーティーしたいねぇ〜。


ふふふ−

8e863836.jpg陶芸教室でした。今年初です。
小皿5枚と梅干し用壷の絵付け。やっぱりなかなかむつかしい絵付け。急には描けないし、とか言いながら適当に描いてみましたが、まだまだ格闘中です。
陶芸のあとのお茶で出てきたnuni先生の手作りパンとお皿です。

絶妙−−−っ

だと思いませんか?お皿とパンの形(笑)。パンの形に笑いすぎましたが、ほんと芸術的で。
念願のホームベーカリーを買って毎日パンを焼いているそうです。毎朝焼きたてのパンっていいないいな〜 ってなりました。
今のホームベーカリーはコンパクトでいいですね。毎朝パン食なのでちょっとあこがれてます。

ゆ!!

923018c0.jpg近所の銭湯に通う毎日です。
我が家のガス給湯器が極寒の日に突然壊れてから、温泉の日々が続いてます。
でもちょっと嬉しかったりして・・・。家のすぐ近所に銭湯があるのです・・・子供の頃はよく見かけた銭湯ですが六甲山系のこのあたりは今も銭湯が何軒かあり、ここも老若男女大変賑わっています。温泉と露天風呂とジャグジー!
平日の昼間はすいててとても快適。昼間っから温泉なんて・・・幸せじゃ〜・・・
ひそかな休日の楽しみになっています。

ハンスフィッシャー

ハンスフィッシャー美術館めぐり。
朝イチ兵庫県立美術館のジブリの絵職人男鹿和雄展へ。
とにかくジブリ人気はすごい・・・です。そして職人技も!!
同じ背景でも色合いを変えることで天気や時間の違いを表現していく。
物語によって色調も全く違うので、風景ばかりでも色々な見方ができて楽しめました。あの場面だな〜って思い出したりしながら皆さん楽しそうに見ていたのが印象的でした。

お昼は岡本でランチしながら、ゆ〜っくり休憩して、伊丹へ行くか行かまいかどうする〜?と迷いながらも(なにせジブリで1時間半は集中して見ていたので)

午後からは伊丹市立美術館のハンスフィッシャー展へ。
子供のころ何度も読んでいた絵本、ブレーメンの音楽隊。ハンスフィッシャーが子供たちへ向けて描いた絵本の数々が、原画と供に楽しめる作品展。
くすっと笑える動きをする動物たち、話もえっ??って驚くような話もあって
決してきれいな線で描かれてるとかきれいに色が塗ってある という感じではないけど、子供たちへの愛情がたっぷり感じられる作品で大人でも楽しめる絵本たちでした。もうとにかくおんどりやめんどりにめろめろ です。大好きなふくろうもいっぱい出てきたし・・・ぜひ絵本やイラストを描いている人たちにおすすめしたい展覧会です☆ハンスフィッシャーの世界展は3/7まで開催しています。

ある日の昼ご飯

c54c6729.jpg去年hana ailaさん宅で仕込んだお味噌ができました、おすそ分けに頂いたお味噌でお昼から味噌汁と炒飯。空腹の時に飲む一口めの熱々の味噌汁が

うま〜〜い

我が家ではほぼ毎日味噌汁がかかせません。(汁気必須)
できあがったお味噌の味わいも深くて身体に染み渡りました。色も濃い色で大豆の粒粒が美味しくて濃い味がしました。自分でもチャレンジしたいところです。
ところで味噌汁の具  は何がすきですか〜?
子供の頃はわかめがもりもり入ってるのが好きで、次にほうれん草と卵でした。
今はかぶらとおあげさんが好きだな〜・・・最近ねぎも細〜いのが食感がいいので
これだったら具 なし でもいいーー ですね ☆

今年初の

fd8ccfc9.jpg美術館の展覧会は国立国際美術館。
『絵画の庭』現代美術の作品展です。私のあたまの中は見ている間中
『後世に残る作品』
というフレーズがまとわりついて仕方なかった。もっといろんな作品に触れたいという欲求、これは好きだ−っていう作品を何時間も眺めていたい・・・、
そんな出会いを今年も求めて。若手の作家さんの作品がここから後世に残るものへと変化していくかもしれない と思うと少しの期待と、展示のあり方などいろいろなことを考えさせられました。
『絵画の庭』図録 ぜひコフクで自由にご覧下さ〜い。

あみあみ

7f22f5ca.jpgこれ  足カバー なるものです。
椅子の足につけるすべり止めに埃がすごくつくので気になってたら、nuniさん家で椅子の足にカバーが付いてたので、なんとなく な大きさで作ってみました。
こんな地味なのに作るのに時間がかかります。
しかも4本足・・・。
レッグウォーマーも片足しか編めないのに〜
でも要領がつかめてくるとはまります。




装着!コレはめたらめちゃかわいいんですけど・・・。お馬さんの足みたいです。
はめても埃は付きますがね・・・
ae7ce529.jpg

スリッパ

bad61351.jpg夜中の強風で何かが飛んでいきそうとちょっとおびえていたら、我が家のベランダのスリッパが飛んでいった模様です・・・すみません・・・・。
そんな年始早々ですが、岡本でクリスマス会で食べたカレーの壷が手に入るとの情報をもらったので早速購入しました。たっぷりのトマトと鶏肉と、まるごとおおきなキャベツも頂いたのでそれも加えて、トマトカレー煮?のようなもの できあがりました。
スパイスはチキン用シーフード用やさい用と3種類あるのでうまく使いわけていろいろチャレンジしてみたいです☆
ところでカレーの残りはいつもカレーうどんになるのですが、ルーが薄くなり今回は中華麺でつけ麺に、これなかなかいけました。このカレーうまいっす。

年末年始

e3e64d49.jpg年末にもらったホットココアを飲みながら一息ついた年明け。年末はお店の大掃除に熱が入り年賀状と忘年会にあけくれ、とりあえず年始はずっときになってたテーブルクロスを作りました。青みがかったグリーンのクロスと、グレーのチェックのクロス、嵐を聞きながら、ダダダ−−っと勢いよく縫いました。そして映画とおせち三昧の日々です。
今年の年末こそはおせちを作りたい・・・っ
の前に料理のレパートリー増やすのが目標なのですが。
今年はいろんなことをすこ〜しだけいつもよりよく考えて創作していきたいと思います o(^-^)b
今年もいいご縁がありますように。

ケーキ三昧

324bec5f.jpg4家族が集まったクリスマスパーティー。家族で集まるってなんだか新鮮なひびき。
みんなが作ったご飯を持ち寄って、子供たちも大人に混じって最初はおとなし−−く様子を伺ってましたが、じょじょに本領発揮であばれだし、楽しい夜は一瞬の出来事で終わりました。カレーやらサラダやらディップやら麻婆やら・・・なにもかもが美味しくてみんな料理好きなのが伺えました。ここ数日毎晩ケーキ食べてます−・・・しあわせ・・・

29

35a71a1b.jpgここのところイベント続きで嬉しい毎日を過ごしています。先々週はbucatocafeでゆるりぐるりううじんさんライブ、一昨日はco-fuqueにてスライドショー。スライドショーは今年で4回目。このスライドを毎年みんな楽しみにしていて、一年の想いをそれぞれが振り返る、大切な夜。今回はwaterwatercamelの田辺玄さんを迎えて。
こんな都会の真ん中の小さな小さなcafeでぎゅうっっとたくさんの想いが凝縮される夜。
いつも以上に笑顔がいっぱい溢れてほんま嬉しかったです・・・。
スライドショーのチケットはだいすき鉄塔に部屋の番号とおんなじNo.29。今まで"にく−(肉)"と呼んでましたが"ふく"ですね。(カージーさんありがと)
ほどよい緊張感とその後のゆるやかであたたかな時間がずっと続けばなんて幸せなんだろうと思う年末の一日でした。

マジックアワー

91cb0a24.jpgくるりを聞きながら夕暮れ。
最近マジックアワーがきれいだなぁ・・・。冬に向かうぴりっとした空気が気持ちいい。
早くもなんとなくな感じで大掃除が始まり、あっちゅうまに片付けました。散らかすのも早いけど片付けも素早いB型。これをキープできればいいんだけどな〜・・・・ムニャムニャ

↓↓↓ゆるりっといえば、金曜のゆるりぐるりライブが楽しみ。

今年のリース

16f29a97.jpg今年も待ちに待ったクリスマスリース教室、今回も皆さん綺麗に仕上がりました。毎年作り続けていると上達してきたかな?と感じます。今回は暴走せずバランスを見ながら慎重に作りましたょ−ぶつぶつ独り言が多かったかもしれません(笑)
参加してくれた方の中にも何度か作ってる方もいてほんとに上手です。自分でいちから作りあげていく喜びもひとしおです。
今回もブルーアイスをベースにひのきやユーカリを織り交ぜながら森林浴をしている気分で作り上げました。
ここから少しずつドライになっていきます・・・
ゆっくりと心落ち着けて師走を楽しみたいと思います。皆さまもどうぞゆるりと・・・
hana aila
http://www.ailaweb.jp

緑の行進

b1fb6a6e.jpgライム レモン ライム レモン ライム アロエ
。商店街の本屋の前で売ってた国産レモンとライム。
たま〜にワゴンに入って売られてるのを見て、ライムってめずらし−−
と思って通り過ぎてたのですが、ピタリ足を止めました。おばちゃんとおじちゃんが、食べてェ−−と酸っぱいものいっぱいだしてくれましたf^_^;
苦味が少なくて輪切りのまま食べれました。レモネードがとびきり美味しかったので、家でも作ってみました−。
来年は2月にうりに来るそうですょ、愛媛の岩城島から、どんな島かな?気になります。
アロエの瓶はエビアンクラブで作ったもの・・・ウフフ。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ