「こう」のお酒大好き!

「こう」のお酒大好き!へ ようこそ!
   自分で「飲んだ」、高くて買えないけど「見た、聞いた」ってお酒を記録として記事にしています
人気ブログランキングへ

佐多宗二商店

芋焼酎「角玉」佐多宗二商店

角玉「晴耕雨読」で有名な佐多宗二商店の定番の芋焼酎です。
芋の香り甘みは、共にやわらかく繊細ですが、後味すっきり辛口タイプの芋焼酎です。
飲み始めのインパクトが弱いので、芋臭い!香りのきつい焼酎を好みの方には、物足りないと思います。
芋焼酎初心者や軽いタッチの芋焼酎ファンの方には美味しく、またコストパフォーマンスのよい芋焼酎です。
ネットから調べたコメントとは、印象が少し違ってますね。<下記参照>

−ネットより−
朝早く収穫されたばかりの、鹿児島県揖宿郡頴娃(えい)町産の黄金千貫を100%使用し、黒麹で仕込んだ芋焼酎です。
濃厚な甘味が特徴です!最初発売になった頃は辛口でパンチのあるタイプでしたが、今は甘香ばしくどっしりとしております。


1800ml 2.050円
原材料名 黄金千貫、米麹(黒麹)
アルコール度数 25度









芋焼酎「不二才」佐多宗二商店

638f112c.jpg芋〜〜〜って感じの芋焼酎です。
「圏外人飲むべからず」のラベルの通りです。芋を飲みなれていないと飲みにくいです。
でも、こうも、これが飲めるようになっちゃったのね!いつのまにか。。。(ーー;)
白麹で、こんなに芋臭いのができるんだぁ〜って驚きました。
芋の甘みも香りも共に、とってもいい感じに仕上がっており
芋臭いのが好きな人には、申し分のない逸品です。
こうの芋焼酎のランキングでも上位に位置します。



−ネットより−
芋焼酎の本来のおいしさを思い出させます。
通のあなたにこそ飲んでほしい、薩摩の薩摩。
「不二才」とは、鹿児島の言葉で「不細工な男」という意味。
この由来のとおり、余計な飾りのない、昔ながらの芋焼酎の
濃厚な風味を前面に押し出した焼酎。
これぞ芋焼酎!といった強烈な存在感を持つ。
お湯割がおすすめ。

焼酎を極めた味わい。
 このラベルには「圏外人飲むべからず」と一言。
芋の旨味の純粋さを追求した焼酎のため、圏外人の方には受け入られない味と判断した。
しかし、芋焼酎の人気が高まりを受け、今が好機と判断し全国発売に踏み切った。
しかし造りが200石程度と少なく、県外15店程度の限定発売。
最低限の濾過のみで手で丹念に不純なものを掬い取る、そのために軽い”にごり”がみられるが、
非常に不純味の少ない芋の純粋な味わいを濃厚に感じさせる。

●原材料/さつま芋(コガネセンガン)、米麹(白麹)
●アルコール分25%
●1,800ml,¥2,520(税込)
●鹿児島県 佐多宗二商店






芋焼酎「晴耕雨読(黒麹)」かめ壷仕込み

a18a8d0f.jpg「晴耕雨読」そのものも手に入りにくい焼酎ですが、その中にあって、黒麹は、期間限定です。
黒麹による芋臭さは、芋好きな人にはたまらない一品です。
芋の香にインパクトはありますが、後味が まろやかですっきりしていて美味しいです。
お湯割りで飲むのがいいでしょうねぇ〜〜〜


−ネットより−
かめ壷で仕込み、かめ壷にてゆっくり時をかけ熟成させた限定酒です。
晴耕雨読の繊細さを残しながらもパワーを感じる薩摩酒って感じです。
黒麹を使い、1次、2次仕込ともにかめ壺で仕込み、
蒸留の後、さらにかめ壺で貯蔵・熟成させました。
黒麹ならではの香ばしく芳醇な香り、濃厚な味わいをお楽しみください。

1.8L  2,880円

容量 : 1.8L
アルコール: 25度
原材料: さつま芋(頴娃町産黄金千貫)・米麹(黒麹)
蔵元 : 佐多宗二商店







プロフィール

coh_takaishi

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ