「こう」のお酒大好き!

「こう」のお酒大好き!へ ようこそ!
   自分で「飲んだ」、高くて買えないけど「見た、聞いた」ってお酒を記録として記事にしています
人気ブログランキングへ

鹿児島酒造

芋焼酎「一升五百文」鹿児島酒造

鹿児島酒造_一升五百文飲んだ瞬間は、さらっとしていて飲み易いかな?って思わせながらも
その後に、黒麹の香ばしさと辛味がどぉ〜〜〜んと残り、
甘みは弱めで香ばしさと辛味の余韻の長い焼酎です。

飲んでいると、香ばしさと辛味が前の後味の香ばしさと辛味の余韻と重なって、
口の中で香ばしさと辛味がどんどん膨らんできます。
芋臭さと辛口を好む方にはとっても旨い芋焼酎です。

−ネットより−
飲み口はとてもスムーズですが、口の中で広がる黒麹 の香ばしい風味、焦げ味が感じられます。
キリッとして安定感のあるしっかりした味わいに、総杜氏「黒瀬安光」氏の五十数年の経験と技が冴えています。
黒麹仕込みらしい癖になりそうなはっきりした原料本来の芳醇な味わいは、芋焼酎好きにはたまらない美味しさです!


購入価格 1800ml 2,259円(消費税5%時に購入)


〔品 名〕一升五百文
〔蔵 元〕鹿児島酒造             
〔所在地〕鹿児島県阿久根市
〔原材料〕黄金千貫
〔蒸 留〕常圧蒸留
〔 麹 〕黒麹NK菌
〔度 数〕25度

















芋焼酎「ちご櫻」鹿児島酒造

鹿児島_ちご櫻芋臭さがしっかりある通好みの芋焼酎です。
甘み控え目で、すっきり辛口の中に芋臭さが残ります。
甘みを強く感じたり、控え目だったり飲むたびになんだか異なる印象で不思議なお酒ですが
ロックで氷が解けて薄くなってきても、芋の香りとコクはしっかりしています。
お値段もレギュラー焼酎+αの金額であり、コストパフォーマンスがいいと思います。

−ネットより−
前向きで元気のあった昭和の頃、多くの人達に親しまれた焼酎「ちご櫻」。
二十数年の時を経て、復刻版として鹿児島県内限定で年二回発売されることになりました。
黒瀬安光総杜氏の技により、すっきりとした喉越しですが、スッと消えずに後々までしっかり主張してくる
本来の焼酎らしいコクの強さと香りの豊かさを復刻。

購入価格 1800ml 2,100円

〔品 名〕ちご櫻
〔蔵 元〕鹿児島酒造             
〔所在地〕鹿児島阿久根市
〔原材料〕黄金千貫
〔蒸 留〕
〔 麹 〕白麹
〔度 数〕25度











芋焼酎「元祖やきいも」鹿児島酒造

やきいも名前の通り、焼き芋焼酎です。
焼き芋焼酎として、こうの好きな「農家の嫁」を期待して飲んでみましたが
焼き芋の香ばしさが、思っていたより少なく、
焼き芋と知らなければ普通の芋焼酎と思ってしまいます。
甘みも控えめで、辛口でどっしりとした味わいのある芋焼酎ですが
焼き芋の香ばしさや甘みが弱いと思います。

−ネットより−
黒瀬杜氏黒瀬安光氏が世に送り出した逸品の焼き芋焼酎。
芋は焼いて食べたほうがうまいという発想をもとに誕生した元祖焼き芋焼酎。
焼き芋らしい香ばしい芋の香りと芋を焼くことで出る独特の濃い甘さが特徴です。
お湯割りにしていただくと更にその風味をお楽しみいただけます。
原酒を-4度から-5度迄冷却して精製することにより、不純分を取り除いてあるので二日酔しにくいそうです。

購入価格: 2,100円
蔵元 : 鹿児島酒造
容量 : 1800ml
度数 : 25度








芋焼酎「二兎不追」鹿児島酒造

二兎不追甘みとコクがどぉ〜んとあって、その後に芋くささが遅れてやってきます。
旨みと芋臭さが両立しており、甘いだけ、芋臭いだけでは、物足りない人にはうってつけの
インパクトのある芋焼酎です。


−ネットより−
コガネセンガンを原料に、『原料臭を和らげ、強い甘みを出し、キレの良い旨い焼酎ができる』と云われているS型麹を使用。
しっとりとした旨みがあり、爽快でキレの良い焼酎が出来上がりました。

購入価格: 2,730円
蔵元 : 鹿児島酒造
容量 : 1800ml
麹 : S型麹
度数 : 27度









芋焼酎「こいじゃが」鹿児島酒造

こいじゃがまろやかな口当たりとふくよかな芋の香りに続いて、
黄麹によるフルーティな香りと甘みが伝わってきます。
富乃宝山を思い出される味わいです。
富乃宝山に比べてコストパフォーマンスがいいですよねぇ〜
後味も、甘みと芋独特の香りがしっかり残って美味しいです。

−ネットより−
酒名は、鹿児島の方言で「これですよ、これ!」という意味を持つ、
「こいじゃが」から命名されています。
こいじゃがの最大の特徴は、芋らしい風味を持ちながら、
黄麹仕込みにより芋焼酎が苦手な方でも飲みやすいフルーティーな香りと
円やかな甘みを醸し出していることです。
立ち香には、黄麹仕込みらしい優しいフルーティーな香りと
微かに松茸のような凛とした香りが感じられます。
口に含むと、幅のあるふくよかな芋の旨み、
コクを感じられる厚みのある芋焼酎らしい味わいですが、
全体的にとても円やかでバランスよく仕上がっているため飲みやすいです。
芋焼酎の独特の香りが苦手という方にお薦めです。



購入価格: 2,100円
蔵元 : 鹿児島酒造
容量 : 1800ml
麹 : 黄麹
度数 : 25度






芋焼酎「弥作」鹿児島酒造<侍士の会>

弥作侍士の会が、「侍士の門」の開発の為に2種類の焼酎を試作し、
一方は、以前記事にした「侍士の門」として発売。
もう一方の試作品が、この「弥作」として発売になったそうです。
こちらも、「侍士の門」と同様に、
甘さ控えめで、しっかりした芋の香りがありながらもすっきり辛口に仕上がっています。
芋臭いのが好きな通向けの焼酎です。

こうには、甘みが少し足りないかな?って印象です。
この為、黒糖焼酎を少しプレンドして、甘さを少し加えて、
濃い目に前割りしたのを燗をつけて、美味しく頂きました。

−ネットより−
白玉米の香ばしさと厳選された大隈産上質の黄金千貫を用い
名人・黒瀬杜氏ならではの濃厚で深い味わいを、季節を問わずぜひ燗をつけてお召し上がり下さい。

1800ml 2,940円
アルコール度数 25度
鹿児島県阿久根市 鹿児島酒造
白玉米×コガネセンガン×白麹











プロフィール

coh_takaishi

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ