2016年05月22日

Next Grass Network

13221670_766545400149150_3246547049237038636_n

coita1983 at 15:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月05日

FOREVER

IMG_3033

coita1983 at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月19日

Booze Riot

IMG_6874

IMG_1163

coita1983 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月18日

Grass Network.4/17

ありがとうございました!Nextは5/29です!

IMG_8877

IMG_7391

IMG_8190

IMG_6824

IMG_6591

IMG_6132

IMG_4462

IMG_3992

IMG_3602

IMG_3108

coita1983 at 14:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月12日

muuさんがpartyやるって。

12993448_838944182878690_2691149794768176316_n

coita1983 at 12:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月09日

SLOW LIGHTS

2

coita1983 at 10:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月07日

JMR×Bittebeat presents 『SLOW LIGHTS』

JMR×Bittebeat presents 『SLOW LIGHTS』

日時:2016年04月22日(金)
時間:23:00 OPEN&START
場所:heavysick ZERO(中野)
料金:【DOOR】2500YEN(1D込)【W.F】2000YEN(1D込)
【24時までに入場の方】1500YEN(1D込)
---------------------------------------------------------------
HIPHOPレーベル"JMR"と西海岸系アンダーグラウンドサウンドを
PUSHしつずける"Bittebeat Records"が各月ペースでお届けしているPARTY!!
---------------------------------------------------------------

RELEASE ACT:
Budamunk & ILLSUGI
STUTS
Bugseed
DJ TOZA-ONE

B1F LIVE&DJ:
TAJIMAHAL
madrob
ChildMidori
JUNON KOALA+matatabi (MADKANNON)
FAT SLIDE
MIZUBATA (BAD SUN RECORDZ)

B2F DJ:
BLACKMOOD
FLOAT
Funcky Doughnuts
Shin
YAGI
デニロウ

SHOP:
Bitterbeat Records
DELTA CREATION STUDIO

-------------------------------------------------------------------------
■INFORMATION
heavysick ZERO
http://www.heavysick.co.jp/zero/
〒164-0001
東京都中野区中野5-41-8 カースク中野B1,B2F
TEL: 03-5380-1413
※JR中央線・総武線/地下鉄東西線:中野駅北口下車。
中野通り直進・早稲田通り右折。mos burger過ぎた先、『1000円カット』の地下。
TWITTER: @heavysickZERO

coita1983 at 20:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

MADKANNON MEMBERS

IMG_0143























JUNONKOALA PROFILE :
群馬県生まれ、東京在住。MADKANNONを主催するMC.Represent #dopetown

Discography:
2011「March of Junonkoala」
2012「ConcreteJungle Smile EP」
2012「Here to There Feat.White Mic & Equipto(Bored Stiff)」
2014「Two beast shadow - Junonkoala Remixies.All beats by Matatabi」
2014「Return of the Kannon brothers」
2014「Opio & Equitpo - Red XX - Feat」
2015「Sun Runner with.EELMAN」
2015「Two Beast Shadow pt.2 with.Matatabi」Orikami Records from Paris

IMG_8220
























ROGUE PROFILE :
からッ風の群馬県前橋出身、WITNESSGREENとのSWAMPLANDSのMC。Buddhist。
MADKANNONに初期より参加。生粋のGRASSNET WORKER。小さな幹にぶっとい根っこ。
自然体でいてやたらに土の匂いがするFLOW。
あらゆるカルチャー、ミュージックを掘って、掘って、吸って、掘って・・・生活の中へ。
JUNONKOALA率いるMADKANNONより1st EP「SL THIRD TELLER」をリリース。

IMG_5160

























ASAHI PROFILE :
MADKANNON、PLAYERS from 新潟上越 土臭野良MC。
日常をキレギレにRAP
酒を愛し転がり生きるWALKING STONE
腹空かしたHEADSに腕振るう
GRASSNETWORK観音食堂料理長

2014MADKANNONより1st.EP”SHININ”release

IMG_5865
























SAKU THE SOUL SON PROFILE :
埼玉県朝霞市出身のRapper / 20年選手 / アニキ。
15の夜より自分達の街をRepし続け現在はindependent label MadKannon所属。

口癖は『生きてりゃそりゃあ色々有るからね』そして『色んな人間が居るからね』でアル。

このともすればいい加減とも取れる柔軟な思考で見て来た、感じて来た、そして捉えて来た経験を
突発的に湧いて出るFlowと『重みが違う』と賞されるRhymeに乗せ今なお貪欲に深化の速度を
緩めないSkillで吐き出す一見ユルめな漢

ちなみにこの漢の好物は『Dopeな音と家族と仲間達の笑顔』と
北区赤羽に有るラーメン店『夏海』の塩ラーメンでアル
嫌いなモノはSNS上で良く見かける自らのファッションを自撮りしてひけらかし
イイネ!を買い取る所謂プロレスのポスターの様な写真でアル

そんなStreetに根ざすB-Boyのconsciousを保ち、
不器用だが自然体でこの息苦しい世の中の片隅を生き抜く漢 『Saku the Soul Son』

彼のStyleを誰よりも深く理解する盟友
Beat Maker 『ssg1200』(track職人)との固い信頼関係が
産んだFull Albumの発表も近づく中、
この漢の発信する泥クサい表現に是非とも注目すべきであろう。

IMG_5384

























SSG1200 PROFILE :
1991年高校2年、楽器屋でAkai MPC60に出会いトラックメークに興味を持つ。
学生のため当時高価なMPCは買えず、ドラムマシーンとカセットMTRでブレイクビーツの製作を開始。
その後、AKAI S1000とRoland MC-50でサンプリングをスタート。AKAI Sシリーズ6台とSP-1200を所有。
サンプリングを主体としたスタイルは当時から変わらず、
骨太でRare Groove感を大切にした擦れたBEATSを作り続けている。
相棒Saku the Soul Sonのトラックを担当。





coita1983 at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月04日

Next Grass Network

1

coita1983 at 14:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月02日

上野で立ち飲み

IMG_8318

先日のSLOW LIGHTSありがとうございました。
毎度のことながらNiceなPartyです。
楽しんでて、唯一写真撮ったのが、Blackmoodさんのこの写真のみ。
お疲れ様でした。酔っ払い過ぎました。笑

今日は休みだったので、レコード見にいって、Rogueと上野で立ち飲み。
なぜか最近はぜんぜん関係のない上野で呑んでます。
RogueにHappyなことがあったんでお祝いだね!

IMG_6462

Next Grass Networkは4/17いつもの夕方からです!!

coita1983 at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)