November 18, 2005

後場終了  閉店です5

後場も面白い動きとなりましたね?僕は14:20頃からの反発には全く付いて行けませんでしたが、15:00頃からの下落には今日の前場利益の半分までを原資として勝負してました。

15:25、転換線が下がったのでストップを@52410にしました。

15:26、ストップを外しました。

15:27、下落と同時に成行で仕切りました。


大引けはもっと下がりましたけど、ま〜、こんなもんでしょう。満足です。それにしても14:20頃からの反発にはちょっとびっくりしました。のんきに鉄アレイなんかあげてる場合ではなかったです。以後のの時間帯は丁度@52690〜@52870で大きく出来高があるのですが、僕もこの価格帯で何度か買いに出ました。理由は屁理屈抜きに強いと思ったからです。しかし+10円に置いたストップに全てかかってお仕舞いでした。14:50頃から前から使っていたけど最近特に信用している5分足のSTが売りシグナルとなったことで売りスタンスに気持ちを切り替えることが出来たことで最後の下落に乗れました。又、もっと書くと、1分足一目でスパン,縫織奪舛靴燭箸海蹐蓮何時もなら買うところなのですが、↑に書いた価格帯の出来高が異常に多いことから「最後に投売りが出ても不思議ではない」との思い込みからここは買わずに逆に再びここへ下がってきた当たりから売り始めました。スパン△録緤燭任垢諭これは僕の解釈では「非常に強いサポートとなる」のですが、しかしこれがサポートされないとき、その時は逆に「非常に強いレジスタンスになる」わけです。ですから、最初にスパン△魍笋蟾んだ下ヒゲの2tick上でも珍しく新規のストップを入れました。(←僕は新規はリミットが中心)滑りましたが結果オーライです。約定したら速攻でストップを入れて利益を確保。FAでは小さなGAPが表示されてますけどこれを埋めたらお仕舞いだったのですが、思惑通りに下落したという感じです。



いよいよ閉店です。これを書き始めた頃はガソリンもピン張りが中心でした。今では一瞬にして儲けられる金額(←逆の場合もあるけどね.....)を一日中モニター見ながらバタバタやっていたんだよね。やり方も色々と変わりました。今でも特に1分足チャートはアイデアが思いつくと夜中に検証して利益の範囲内で直ぐに実行したりしてます。以前にも書きましたけど、相場をやっている人は二種類です。プロなんて存在しません。同時にアマチュアだって存在しません。立場が異なって、使用する端末が異なるだけです。勝つ人、負ける人、この二種類がいるだけです。職業としている人だって常に勝っているわけではありません。だから僕は「勝てる方法」を追い求めたいと思います、永遠に。それではまた。

Posted by cojitoshi at 16:14│商品先物取引