薄皮のコレがだいぶお気に入り。
画像1


恵比寿の「たいやき ひいらぎ」
画像1


週末は行列できてたりします。
売り切れ次第終了だそうで。
恵比寿に来た時は是非。

※ブログ更新テスト

買いました。
収録されてる横浜アリーナのライブをまさに現場でも見ていたので、ああ、こんな感じだったと思い出しました。
ほかのライブDVDってMCはカットされたりすると思うんですが、これはほとんどそのまま入ってますね。
楽器を変える曲間はある程度カットされてる気がしますが。

現場でDVDになるってことは知ってたんで、途中でおもっきり歌詞間違えたりとかがどうなるのかと思ったら、そのままでした。いいね!

個人的にライブは、CDと同じにやってもらうのが良かったりして、あまりアレンジしすぎると困るんですが、ワンオクは、CDママと、ライブ用アレンジの按配がちょうどいいですね。演出力あるってことなのかしら。
#ちなみに Dream Theater はそのまますぎて笑う。ほかのバンドのカバーとかもアルバム一枚そのままとかやるから、それは困る。

ワンオクってなんぞ、と思ってる方は、このDVDから入ると割といい気がします。「完全感覚Dreamer」以降のベストっぽい。「Rock, Scissor, Paper」「欠落オートメーション」あたりがほしいですけど。
歌詞もMCもちょっと青臭いところありますけど、きっと本気で思ってると思うんで、それもありかなと。「69」がすごい。

「Be the light」のときは、もうちょっと左右のスクリーンにでてた歌詞を入れてもらったほうがよかったかなあとは思いましたね。あと、「完全感覚Dreamer」も。歌詞とのシンクロが好きなので。

レビューでは、声が出てないとかかかれてますが、あのときの雰囲気をそのまま、って意味ではいいんじゃないでしょうかね。

ところで、「Whenever you are」の手拍子は、ちょっとね。。日本人手拍子しすぎですね。。
私は、昔「いいとも」かなにかで、タモさん似たような趣旨のこと言ってたのをずっと覚えてて、「オモテ打ちの手拍子ダサい」という認識、なのですよね。気をつけたい。

DISC2はまだ見てないのですが、こっちもだいぶいいらしい。前回のメイキングは、ちょっとはっちゃけすぎてて引いたんですが、そういう感じではなく、マジメにドキュメンタリーになっている模様。楽しみ。

DVD
ONE OK ROCK 2013“人生×君=
アミューズソフトエンタテインメント (2013-10-09)
売り上げランキング: 114


Blu-ray
ONE OK ROCK 2013“人生×君=
アミューズソフトエンタテインメント (2013-10-09)
売り上げランキング: 423

週末(土曜)に『BEYOND:Two Souls』買いまして、昨日(日曜)一週目クリアしました。ボリューム的にはそんな感じ。
映画を見てる気分でした。エイデンの謎が明らかになるところはちょっとグっときました。
メインのお話の部分は、うーん、まあ、割と王道な感じかなと思いましたね、特に最後とか。
そこで、自分で選ぶといろいろ変わってくるんだと思うんですけどね。

で、基本的には、ボタンのタイミングと選択肢だったので、アンチャーテッド的な自分でなんとかする楽しみは少なかったなと。選択肢でメインストーリーを最初に選んじゃうと、サブがまるごと読めないのは……まあ、そういうものですね。
あと、ちょっと細かなバグ? っぽいところ(「急に全体的に音が小さくなる場面がある」、「選択して一瞬ストーリーが進行したのに、再度別のボタンを押したらそっちが有効になった」)があって気になりましたが、基本的には良作という感じでしょうか。

メイキングとかがすごくてそっちも興味深く見ました。すげえよ、ハリウッド。
画はずっとキレイなので、気持ちがいいですね。そのせいか、読み込みが多くて PS3 ずっとガコガコ言ってましたがw
『The Last Of Us』といい、今後はこのレベルが基本になっていくんでしょうか。すごいですね。


↑このページのトップヘ