2018年07月02日

novel_illust_c1



1 :名前が無い程度の能力を持つVIP幻想郷住民:2016/07/01(金) 19:13:30 ID:1bfcR2jI0

うにゅほと過ごす毎日を日記形式で綴っていきます 


ヤシロヤ──「うにゅほとの生活」保管庫
http://neargarden.web.fc2.com/



764 :名前が無い程度の能力を持つVIP幻想郷住民:2018/07/01(日) 20:54:01 ID:d9SQe22o0

2018年6月16日(土)

「◯◯、ばんごはん、なにがいい?」
「あー……」
思案する。
この場合、「なんでもいい」は御法度だ。
「……肉かなあ」
「にく」
「たしか、豚肉あったろ」
「うん、ある」
うにゅほがひとりだけで作れる料理のレパートリーは、実を言うとよくわからない。
たいていの場合、母親と肩を並べて台所に立っているからだ。
「××、豚肉だったら何が得意?」
「うーと、しょうがやきかなあ」
「生姜焼き……」
そう言えば、何度か作ってもらった記憶がある。
「しょうがやき、きらい?」
「好き」
「しょうがやきでいい?」
「お願いします」
「はい、わかりました」
父親も、弟も、生姜焼きは好物の範疇だ。
勝手に決めたが、文句は言うまい。
「生姜焼きの生姜って、チューブでいいんだっけ」
「うん」
「切らしてないかな」
「びちくあるから、だいじょぶとおもう」
「なんか手伝おうか?」
「んー……」
「キャベツの千切りとか」
しばし小首をかしげたのち、うにゅほが答える。
「てつだわなくていいけど、ちかくにいてほしい……」
なるほど。
ひとりでできるけど、ひとりは寂しいらしい。
「じゃあ、食卓でテレビ見てるな」
「うん」
うにゅほ謹製の生姜焼きは、文句なく美味しかった。
明日は何が食べられるかな。
 








765 :名前が無い程度の能力を持つVIP幻想郷住民:2018/07/01(日) 20:54:37 ID:d9SQe22o0

2018年6月17日(日)

父の日である。
今年は、うにゅほと弟と三人で、父親に似合いそうな服を一着ずつプレゼントした。
還暦を過ぎた男性のファッションショーの様子は、割愛する。
「いやー、ありがとうな。大事に着るわ」
父親が笑顔でそう告げる。
「喜んでもらえたなら、よかったよ」
「うん、うん」
去年はネット通販でトレーナーを購入したんだっけ。
このぶんなら、来年以降の父の日も、服を贈れば間違いはなさそうだ。
「よし、ペヤング食うか」
「ペヤング?」
「ぺやんぐ……」
うにゅほと顔を見合わせる。
何故ペヤング。
「名古屋から送ってもらってな」
「ペヤングを?」
「ペヤング、食べたことないべや」
「まあ、うん」
北海道のカップ焼きそば市場において、ペヤングの占めるシェアはゼロに近い。
北海道には、やきそば弁当があるからだ。
「それにしても、わざわざ送ってもらったのか……」
物好きな。
「ぺやんぐ、おいしいかな」
「どうだろ」
「ひとくちたべてみたいかも」
「俺はひとりでひとつ食うから、お前らはふたりで食え」
「何個送ってもらったのさ」
「ダンボール一箱で、十八個あったな」
「そんなに……」
日持ちするものでよかった。
「ふたつ作るから、お前ら待ってろ」
「はーい」
「わかった」
弟は弟で、あとで自分で作るだろう。
初めて食べたペヤングは、思ったよりあっさりめの味付けだった。
悪くはない、悪くはないが、やはり食べ慣れたやきそば弁当のほうが舌に合う。
うにゅほも同じ感想のようだった。







766 :名前が無い程度の能力を持つVIP幻想郷住民:2018/07/01(日) 20:55:14 ID:d9SQe22o0

2018年6月18日(月)

「ふー、食った食った……」
「くったー、くったー」
ほどよく膨らんだ腹を撫でながら、自室へ戻る。
「まさか、お好み焼きで来るとは思わなかったなあ」
「おいしかった?」
「美味しかった」
「うへー」
うにゅほがてれりと笑う。
「おこのみやき、たのしいよね」
「わかる」
家族でわいわい言いながら、自分で自分のぶんを焼くのが楽しい。
自分の裁量ですべてを決められるため、食べ過ぎてしまうのが玉に瑕ではあるが。
「あした、なにたべたい?」
「うーん……」
チェアに腰を下ろし、思案する。
「いま、満腹満足状態だからなあ。あんまり食べたいもの思い浮かばない」
「そか……」
「強いて言うなら、アイスが食べたい」
「アイスあるよ」
「おー」
「スーパーカップと、ジャイアントコーンある」
「極楽じゃないか……」
「どっちがいい?」
「今日はチョコな気分」
「じゃあ、わたし、スーパーカップにする」
「ひとくちくれ」
「◯◯も、ひとくちちょうだいね」
「交換だな」
「うん、こうかん」
お好み焼きをたらふく食べて、デザートのアイスに舌鼓を打って、今日はもう何もしたくない。
「あー、こら太るな……」
「えあろばいく、しないの?」
「──…………」
「──……」
「明日、明日乗る……」
「そか」
明日から頑張る。
古来より伝わる先延ばしの言葉に身を委ねる俺なのだった。
 






767 :名前が無い程度の能力を持つVIP幻想郷住民:2018/07/01(日) 20:56:27 ID:d9SQe22o0

2018年6月19日(火)

「あづー……」
パソコンチェアの上で、でろりと溶ける。
「──…………」
うにゅほに至っては言葉すらない。
「……いま、何度?」
フローリングの床と蜜月の時を過ごしていたうにゅほが、本棚最下段の温湿度計を覗き込む。
「にじゅう、きゅうど……」
「マジで」
「まじ……」
「いま、午後五時なんだけど……」
「うん……」
「窓全開なんだけど……」
「うん……」
「──…………」
網戸を開き、右腕を外に出してみる。
「……あれ、外は涼しい」
「ほんと?」
「なんか変だな……」
そう言えば、昼間はさして暑くなかったような。
チェアに戻り、本日の最高気温を調べる。
「──午後一時に、24.4℃。それから少しずつ下がってる」
「?」
うにゅほが小首をかしげる。
「へや、なんであついのかな……」
「わからん」
輻射熱だろうか。
「窓際はすこし涼しいから、耐えきれなくなったら窓際で凌ごう」
「──…………」
うにゅほがむくりと起き上がり、よろよろと窓際へ向かう。
「あ、ふぶふぃー……」
風と呼ぶのも烏滸がましい程度の空気の流れが、うにゅほの髪をかすかにそよがせる。
「六月でこれなら、真夏になったらどうなってしまうんだろう……」
「うん……」
「意外と冷夏になったりして」
「あるかも」
29℃でへろへろな身ではあるけれど、夏は暑くあってほしいものだ。







768 :名前が無い程度の能力を持つVIP幻想郷住民:2018/07/01(日) 20:57:06 ID:d9SQe22o0

2018年6月20日(水)

「はー、疲れた疲れた」
母親が、五泊六日の旅行から帰宅した。
「この大量の荷物って……」
「ぜんぶ、お土産」
「すごい」
うにゅほが目をまるくする。
どこの誰にどれだけ配るのやら。
「豪華客船、どうだった?」
「それがね、船なのに17階まであって──」
西郷どんのクッキーを開封しつつ、母親の土産話に耳を傾ける。
「ちょっとだけど、韓国の釜山にも寄ったのよ。ちゃんとキムチも買ってきた」
「そう言えば、パスポート取ってたね」
「生まれて初めて海外へ行きました」
「すごいねえ」
「××も来ればよかったのに」
「わたしは、うん……」
うにゅほが、困ったように笑顔を浮かべる。
「××が残ってくれないと、男性陣は生活力ないから」
「情けないなあ……」
自分でもそう思う。
「◯◯、そのうちどこか連れてってあげなさいよ」
「日帰りなら……」
「うん、ひがえりでいいよ」
「夏のあいだにツーリングかな」
「たのしみ」
「出不精ねえ……」
「旅行とは、家がいちばんであることを確認するための作業である」
「誰の名言?」
「いや、適当言った」
「めいげんぽい」
「じゃあ、俺の名言で」
「まあ、ちょっとわかるけどね。旅行先で食べ過ぎて太ったし」
「おかあさん、ばんごはんいらない?」
「食べるけど」
「食べるんかい」
「わたしつくるから、おかあさんやすんでてね」
「いい子いい子」
「うへー」
うにゅほは、このあとも、母親の土産話をとても楽しそうに聞き続けていた。
つくづく聞き上手である。







769 :名前が無い程度の能力を持つVIP幻想郷住民:2018/07/01(日) 20:57:40 ID:d9SQe22o0

2018年6月21日(木)

久方振りに晩酌をすることにした。
台所からくすねてきた父親の焼酎をタンブラーに注ぎ、ペプシで五倍程度に希釈する。
お手製コークハイの完成だ。
「──あれ、コークハイってウイスキーとコーラだっけ?」
うにゅほが小さく首を横に振る。
「しらない……」
そりゃそうか。
「おさけ、おいしい?」
「美味しいけど、お酒だから美味しいってわけじゃない」
「?」
「この、コロコロ名前の変わるペプシって、安い焼酎と相性がいいんだよな」
「そなんだ」
「普通に飲むより、焼酎を割ったほうが、単純に味がいい」
「へえー」
うにゅほが、うんうんと頷く。
「そもそも、俺、お酒の味嫌いだもん。ビールとか最悪。苦くて酸っぱくて……」
「わかる」
「××、飲んだことあったっけ」
「ちょっとだけ……」
「××が不良になった!」
「ちがうよー」
あわあわするうにゅほの頭を、ぽんと撫でる。
「わかってる。覚えてる。父さんに飲まされたんだろ」
「もー……」
「ははは」
「◯◯、よってる?」
「まだひとくちしか飲んでないんだけど……」
「そんなすぐよわない?」
「スピリタスとかならすぐ酔うかもしれないけど、これたぶん3パーとか4パーくらいだし」
「すぴりたす」
「ウォッカの一種で、度数が95度くらい」
「よくわかんない」
「えーと──」
消毒用エタノールのボトルを手に取る。
「これよりアルコール度数が高い」
「え」
「消毒用エタノールは80度くらいだからな」
「……これのむより、すごいの?」
「単純に言うと、そうなる」
「うへえ……」
うにゅほが軽く引いている。
「消毒用とか無水エタノールは有毒物質が入ってる可能性があるから、飲んじゃダメだぞ」
「のまない」
そりゃそうだ。
読者諸兄も気をつけるように。







770 :名前が無い程度の能力を持つVIP幻想郷住民:2018/07/01(日) 20:58:35 ID:d9SQe22o0

2018年6月22日(金)

「だるい……」
ホコリひとつないフローリングの上で、ぐでーと横になる。
「だるいし、暑い……」
「だいじょぶ?」
すんすん。
うにゅほが、俺の首筋で鼻を鳴らす。
「かぜじゃないとおもう」
「原因はわかってるから、大丈夫……」
「げんいん、なに?」
「エアロバイク」
「えあろばいく……」
「さっき、久し振りに漕いだじゃん」
「うん」
「久し振りだから、気合い入れて、たくさん漕いだせいだと思う」
「どのくらいこいだの?」
「二時間で、40km」
「いつもは?」
「一時間で、20km」
「ばいだ」
「倍です」
「◯◯、いつも、きゅうにたくさんする……」
「そうなんだよなあ」
久し振りなら久し振りで、半分くらいから慣らしていけばいいものを、いきなり普段の倍にしてしまう。
こればかりは性格としか言いようがない。
「極端から極端に走るというか、ゼロとイチしか存在しないというか」
「なんぎだねえ……」
「自分でも難儀だと思います」
「あしもむ?」
「お願いします……」
うにゅほのふわふわマッサージなら、既に確定している明日の筋肉痛を、少しは緩和できるかもしれない。
そんなことを考えながら足を揉んでもらっていると、いつの間にか寝落ちしていた。
相変わらずのリラックス効果である。







771 :名前が無い程度の能力を持つVIP幻想郷住民:2018/07/01(日) 20:59:22 ID:d9SQe22o0

2018年6月23日(土)

「よし、今日もエアロバイク乗るぞ!」
「がんばりすぎないでね」
「はい」
運動不足はよろしくないが、運動のしすぎもよろしくない。
「きんにくつう、だいじょぶ?」
「思ったよりは痛くない」
「そか」
「××にマッサージしてもらったおかげかも」
「うへー……」
てれりと微笑むうにゅほを横目に、エアロバイクを漕ぎ始める。
「いちじかん?」
「時間じゃなくて、距離で決めてる」
「にじゅっきろだっけ」
「そうそう。平均時速が20km少々だから、だいたい一時間弱かな」
「すごいねえ」
「××もやる?」
「いい……」
一度漕いで懲りたらしい。※1
「運動不足はよくないぞ」
「う」
「ペダルの重さを変えれば、××でも漕げると思うんだけど……」
「そかな」
「あとで試してみよう」
「わかった……」
うにゅほが、渋々ながらも了承した。

一時間後──
「いまは重さが5だから、ひとまず3にしてみよう」
「にーがいい……」
「はいはい」
ダイヤルを2に合わせ、サドルを適当に下げる。
「どうぞ」
「──…………」
エアロバイクにまたがったうにゅほが、緊張しいしいペダルを踏んだ。
「わ」
ぐるんとペダルが一回転。
「かるい!」
「軽すぎない?」
「うん、だいじょぶ」
「十五分くらい漕いでみようか」
「うん!」

十五分後──
「ふー……」
「どうだった?」
「ちょっとあせかいた」
「悪くないだろ」
「わるくない」
うにゅほが、うへーと笑う。
「じゃあ、明日から××もエアロバイクだな」
「がんばる」
やる気だ。
負けないように、俺も頑張ろう。

※1 2017年2月27日(月)参照
 







772 :名前が無い程度の能力を持つVIP幻想郷住民:2018/07/01(日) 20:59:49 ID:d9SQe22o0

2018年6月24日(日)

「◯◯、◯◯」
「んー……」
ベッドに寝転がりながらiPhoneをいじっていると、うにゅほが俺の名を呼んだ。
「えあろばいく、こいでいい?」
「お、やる気だな」
「やるき」
ふんす、と鼻息荒く頷く。
「廊下にあるから、自由に漕いで──」
「──…………」
言いかけた途端、うにゅほの眉尻が目に見えて下がる。
わかりやすい。
「部屋で漕ぎたいのか」
「みててほしい……」
「はいはい」
苦笑し、ベッドから下りる。
「待ってて、いま運ぶから」
「おせわかけます」
「いいよ。××が漕ぎ終わったら、俺も使うし」
「うん」
廊下からエアロバイクを運び入れ、自室に設置する。
「きょうはね、にじゅっぷんやる」
サドルにまたがりながら、うにゅほがそう宣言した。
「できるかな」
「できるよ」
「じゃあ、タオル用意しとくな」
「ありがと!」
「暇つぶしはどうする?」
「ひまつぶし……」
「ただ二十分漕ぎ続けるのは、つらいぞ。テレビつけるか、動画見るとか」
「じゃあ、まいんくらふとのやつみたい」
「好きだなあ……」
PCのロックを解除し、動画サイトの視聴履歴から、うにゅほの好きなシリーズを再生する。
「準備万端整った。あとは頑張れ」
「がんばる」
うにゅほが、エアロバイクのペダルを踏み込んだ。

二十分後──
「はー……」
「お疲れさん」
うっすらと汗ばんだうにゅほに、タオルを手渡す。
「ありがと」
「記録更新だな」
「うーとね、まだいけそう」
「××さん」
「?」
「俺と同じ病気だぞ、それ」
「!」
うにゅほが目をまるくする。
「まだ行けそうは、もう危険。筋肉痛になりたくなければ、頑張りすぎないこと」
「はい……」
「では、交代しましょう」
「うん」
うにゅほが率先してエアロバイクを漕いでくれれば、俺もやる気が出るというものだ。
ふたり一緒に運動不足から抜け出そう。







773 :名前が無い程度の能力を持つVIP幻想郷住民:2018/07/01(日) 21:00:43 ID:d9SQe22o0

2018年6月25日(月)

「──…………」
うと、うと。
マウスを握りながら、幾度か意識が途切れる。
「……◯◯?」
「!」
うにゅほに名前を呼ばれ、はっと意識を取り戻す。
「ねてた?」
「寝てない、寝てない……」
「ほんと?」
「──…………」
「──……」
「いや、寝てた」
「やっぱし」
「うたた寝してるときに寝てたか聞かれると、なんで反射的に否定しちゃうんだろう……」
「あ、わかる」
「××もか」
「うん」
万人共通のあるあるネタなのだろうか。
「なんか、今日、眠りが浅くてさ……」
「そなんだ」
「毎度のことだけど、変な夢見たし」
「どんなゆめ?」
「母さんが車で川に落ちて、救急車を呼ぼうと思ったんだよ」
「おかあさん、だいじょぶだった?」
「擦り傷くらいだったけど、いちおうな」
「そか」
「その夢の中では、手が携帯電話になっててさ」
「てー?」
「指の付け根がボタンになってて、左手の親指が1、右手の中指が8って感じ」
「おもしろい」
「それで、一所懸命119番に掛けようとするんだけど、なかなか上手く行かないって夢だった」
「へえー」
夢の話を楽しげに聞いていたうにゅほが、ふと尋ねる。
「わたし、でなかった?」
「今日は出なかった」
「そか……」
「普段はよく出るけどな」
「どのくらい?」
「まあ、二日に一度くらい……?」
「そか」
うにゅほの見る夢に、俺は出演しているのだろうか。
すこし気になる俺だった。







774 :名前が無い程度の能力を持つVIP幻想郷住民:2018/07/01(日) 21:01:27 ID:d9SQe22o0

2018年6月26日(火)

「……んー?」
iPhoneのメモを開きながら、首をかしげる。
「どしたの?」
「話せば長くなるんだけど……」
「うん」
「俺、日記書いてるじゃん」
「かいてる」
「でも、書くことが毎日あるとは限らないから、二、三日ぶんくらいネタをストックすることがあるのよ」
「?」
うにゅほの頭上に疑問符が浮かぶ。
「えーと……」
言葉をまとめ、口を開く。
「すごい充実した一日で、二個も三個も書くことがあったら、日記に書き切れないだろ」
「あー」
「そんなとき、一日で起こった出来事を、二日に分けて書く場合がある」
「にっき……」
「長く続けるためには、ある程度の妥協も必要なの!」
「そか」
「基本的に、二、三日過ぎたらメモから消してるので、大目に見ていただきたい」
「わかりました」
「では、これを見てください」
iPhoneを差し出し、画面を見せる。
「消すとは言ったけど、消し忘れがけっこうあって、何年も前のネタがいくつも残ってるのよ」
「みていいの?」
「いいよ」
うにゅほが、iPhoneの画面をスワイプする。
「うーと、いきなりだんごをたべる……」
「熊本名物、いきなりだんご」
「いものやつ?」
「そうそう」
「おいしかったねえ……」
「こんな感じで、日記に書き損ねたことがズラリと羅列してあるわけだ」
「おもしろいね」
うんうんと頷くうにゅほを横目に、メモのいちばん下までスクロールする。
「で、問題は、いちばん最近に書かれたことなんだけどさ」
うにゅほが、その一行を読み上げる。
「べんざまで、あげてしまう……」
そう。
メモの最下段に、"便座まで上げてしまう"とだけ書かれている。
「自分でメモしたはずなのに、意味がわからないし、書いた記憶もなくて」
「べんざって、といれだよね」
「他にないと思う」
「いつかいたの?」
「履歴によれば、一週間前らしい」
「いっしゅうかんまえのにっきに、なにかかいてるかも」
「書いてなかったんだよなあ……」
「うーん……」
しばしのあいだ、ふたりで頭をひねったが、納得できる答えを導き出すことはできなかった。
迷宮入りである。







775 :名前が無い程度の能力を持つVIP幻想郷住民:2018/07/01(日) 21:02:07 ID:d9SQe22o0

2018年6月27日(水)

「ふー……」
エアロバイクを漕ぐ足を止め、右手でパタパタと首筋をあおぐ。
「はい、タオル」
「さんきゅー」
うにゅほが手渡してくれたタオルで、上半身の汗を拭う。
「つぎ、わたしこいでいい?」
「サドル下げるから、ちょっと待ってて」
「ありがと」
サドルの位置を調節しながら、ふと気になったことを尋ねる。
「部屋、汗臭くないかな。大丈夫?」
「──…………」
すんすん。
うにゅほが鼻を鳴らす。
「うーと、まだだいじょぶ」
「部屋でトレーニングしてると、においが気になるよな」
「そだねえ……」
「換気できればいいんだけど……」
窓の外を見やる。
あいにくの雨模様で、風向きも悪い。
窓を開ければ、雨粒が、すぐさま部屋を濡らしてしまうだろう。
「きーつけてれば、くさくならないよ」
「そうかな」
「ゆかにおちたあせ、ちゃんとふいてー」
「うん」
「シャツきがえたら、したもってってー」
「うん」
「まいにちおふろはいったら、だいじょぶとおもう」
「なら問題ないな」
「うん、もんだいない」
うにゅほが、うへーと笑う。
「サドル調節したから、乗っていいぞ」
「はーい」
よじよじとエアロバイクにまたがったうにゅほが、軽くしたペダルを揚々と漕ぎ始める。
「今日も二十分?」
「うーとね、きょうは、ごキロこいでみる」
「距離にしたのか」
「うん」
「頑張れ」
「がんばるー」
なかなかいい調子だ。
このまま一週間、一ヶ月と、続けていければ良いのだが。







776 :名前が無い程度の能力を持つVIP幻想郷住民:2018/07/01(日) 21:02:57 ID:d9SQe22o0

2018年6月28日(木)

ふと、カレンダーを見やる。
「──6月28日、か」
「どしたの?」
「夏だなあと思って」
「そだねえ」
「夏だなあ……」
「なつだねえ……」
「夏だなあ……」
「なつだねえ……」
ふたり、しみじみと、「夏だなあ」「なつだねえ」を繰り返す。
「夏だなあ……」
「なつだねえ……」
「──…………」
「──……」
「ナッツだなあ……」
「なっつ?」
「××は、どのナッツが好き?」
「うと、マカダミアナッツ」
「美味しいよな」
「うん、おいしい」
「──…………」
「──……」
「茄子だなあ……」
「なす?」
「××は、どの茄子が好き?」
「どのなす……」
「昔から、秋茄子は嫁に食わすな、などということを申しましてな」
うにゅほが小首をかしげる。
「なんで?」
「いや、知らん」
「そか……」
「××、賀茂茄子って知ってる?」
「かもなす」
「まーるい茄子」
「まるいの?」
「丸い。××が思ってるより、倍は丸い」
「そんなに」
キーボードを叩き、"賀茂茄子"で画像検索をする。
「ほら」
「まるい!」
「思ってたより丸いだろ」
「ばいはまるい……」
「ヘタ取ったら野球できそうだよな」
「よくまがりそう」
「たしかに」
どんなに内容がなくとも、うにゅほと話しているだけで楽しい。
そんな相手がいつも傍にいることを、感謝すべきなのかもしれない。
誰にかは、よくわからないが。
 







777 :名前が無い程度の能力を持つVIP幻想郷住民:2018/07/01(日) 21:03:44 ID:d9SQe22o0

2018年6月29日(金)

「あぢー……」
室温より、湿度が高い。
蒸し暑さが服の内側をダイレクトに蝕んでいく。
そろそろ扇風機でも出そうかしらんと、思案を巡らせていたときのことだ。
「◯◯、たいやきたべるー?」
紙袋を持ったうにゅほが、廊下から顔を出した。
「食べる食べる」
「クリームしかないけど、いい?」
「あんこもチョコもクリームも好きだから、なんでもいいよ」
「そか」
冷蔵庫から取り出した烏龍茶をタンブラーに注ぎ、うにゅほに手渡す。
「◯◯のおちゃは?」
「回し飲みでいいかと思って」
「いいよ」
紙袋から、たい焼きをひとつ取り出す。
「あ、粉砂糖まぶしてあるやつじゃん」
「ほんとだ」
「これ、ちょっと好き」
「わたしも」
小さな幸せに微笑みあって、たい焼きを口に運ぶ。
「──…………」
じー。
「?」
うにゅほが、俺をじっと見つめている。
微妙に食べにくい。
「どした」
「◯◯、あたまからたべるは?」
「頭から……」
たしかに、いま口をつけようとしていたのは、たい焼きの頭側だ。
「いや、どっち派とかないけど」
「ないの?」
「しっぽから食べるときもあるし……」
そのときの気分次第である。
「おかあさんは、しっぽはだって」
「××は?」
「うーと……」
うにゅほが、自分の手元に目を落とす。
「……しっぽは、かなあ」
「常に?」
「わかんない……」
「そんなもんだよな」
「そだねえ」
たい焼きの食べ方に、さほどのこだわりもない。
どちらから食べたとしても、美味しいものは美味しいのだから。
 







778 :名前が無い程度の能力を持つVIP幻想郷住民:2018/07/01(日) 21:04:46 ID:d9SQe22o0

2018年6月30日(土)

「ただいまー」
「──……んが」
昼もはよから昼寝と洒落込んでいた俺の目を、帰宅の挨拶が覚まさせた。
「ただいま、◯◯」
「おかえり……」
よだれをすすりながら、上体を起こす。
「えいが、おもしろかった!」
「映画?」
「うん」
そう言えば、母親と映画を見に行くだのと話していたような。
「◯◯も、きたらよかったのに……」
「なんて映画だっけ」
「まんびきかぞく」
「あー」
タイトルからして興味ないやつだ。
「おもしろかったよ?」
「よかったな」
「うん」
うにゅほが楽しめたなら、何よりである。
「◯◯も、きたらよかったのになあ……」
「何回言うねん」
「えいが、きらい?」
「嫌いじゃない」
「すき?」
「好きか嫌いで言えば、好きなほうじゃないかな」
「んー……」
難しい顔をしながら、うにゅほが小首をかしげる。
「なんて説明すればいいかわからんけど、映画を観に行くってことは、俺にとって、けっこう大きなイベントなんだよ」
「おっきなイベント……」
「観に行く映画を決めて、何日も前から予定を組んで、その日までわくわくして過ごすのがワンセットなのだな」
「あ、わかる」
うにゅほが、うんうんと頷く。
「だから、前日とか当日に"映画行こうぜ"ってなると、つい反射的に断ってしまうというか……」
「そかー」
「まあ、今度また行こう。次は、何日か前から予定組んでさ」
「うん!」
何か、面白そうな映画を探しておこう。
うにゅほと一緒に観るのだから、エンタメ寄りの作品がいいだろうか。
 






779 :名前が無い程度の能力を持つVIP幻想郷住民:2018/07/01(日) 21:05:41 ID:d9SQe22o0

以上、六年七ヶ月め 後半でした

引き続き、うにゅほとの生活をお楽しみください
 



18:00|この記事のURLコメント(22)したらば | このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

  • 1  Name  名無しさん  2018年07月02日 18:34  ID:rlQ7GkJy0
    東方界隈のやべーやつ(褒め言葉)


  • 2  Name  うにゅほ  2018年07月02日 18:41  ID:TSGTRV4o0
    へぇ


  • 3  Name  春風魔理奈  2018年07月02日 18:56  ID:kFD6YBy50
    うにゅほ?
    なんかかわええ


  • 4  Name  名無しさん  2018年07月02日 19:11  ID:snpJXtWy0
    永遠のモノローグ


  • 5  Name  冬の名無し  2018年07月02日 19:18  ID:DpKe.8.L0
    5 とりま…お疲れ様!


  • 6  Name  名無しさん  2018年07月02日 20:11  ID:XzcZpZce0
    これ俺が好きなキャラだったらよかったかも
    正直地霊殿あんま好きじゃな((


  • 7  Name  名無しさん  2018年07月02日 20:15  ID:yhr9wr770
    毎回思うけど管理人はこいつのファンか何かなのか


  • 8  Name  名無しさん  2018年07月02日 20:25  ID:LvgliboQ0
    ちょっとした怪文書だよぬ。頭の中を覗いてみたい


  • 9  Name  名無しさん  2018年07月02日 20:30  ID:oM77EZId0
    陽だまりの彼女読んだ後にこれ読んだから胸が痛くなった


  • 10  Name  名無しさん  2018年07月02日 20:51  ID:Bh4N1Bwa0
    がおーが書いてたりして


  • 11  Name  名無しさん  2018年07月02日 21:11  ID:O8id5go60
    つまらないのはいいんだけど、読みづらい。
    チラシの裏にでも書け、と書いている人に直接言いたい。


  • 12  Name  名無しさん  2018年07月02日 22:52  ID:NbMqzlVN0
    気持ち悪い
    けど終わって欲しくない これは何だ


  • 13  Name  名無しさん  2018年07月03日 03:15  ID:Mt.GNGxi0
    まだ会話ログ残ってんのかよ


  • 14  Name  名無しさん  2018年07月03日 12:40  ID:pVwOSoDN0
    本にして売って欲しい


  • 15  Name  名無しさん  2018年07月03日 16:18  ID:A9D5Yqdz0
    何年続ける気なんだ


  • 16  Name  名無しさん  2018年07月03日 20:22  ID:I828VrJh0
    なんでこいつは毎日書き続けられるんだ?


  • 17  Name  名無しさん  2018年07月04日 00:10  ID:2.Wm.Ilz0
    定期的にまとめられてるが、何が面白いのかサッパリ分からん


  • 18  Name  名無しさん  2018年07月07日 00:12  ID:whg2ae1u0
    初めに見たのがいつなのか思い出せないくらい続いてる…


  • 19  Name  名無しさん  2018年07月08日 22:14  ID:dIkgAIQq0
    タルパ習得者の末路


  • 20  Name  名無しさん  2018年07月10日 20:13  ID:5HMkmPA.0
    チラ裏も6年続けたら文学だと思う。
    普通考えてみ?考えてみ?汗


  • 21  Name  名無しさん  2018年07月12日 18:40  ID:jraC88tj0
    ここの空は他のどこのより好き
    でも作品自体が怖い


  • 22  Name  名無しさん  2018年07月12日 19:34  ID:QlmgRE2G0
    嫁正邪みたいなもんだ
    こっちのが先だけど


  • この記事にコメントする

    名前:
     
     




    2ch東方スレ観測所

    このブログについて

    当サイトは、2ちゃんねる・ふたばちゃんねるの東方関連のスレや画像をまとめています。

    Twitter
    RSS
    このブログについて
    メールフォーム

    よくある質問
    東方Projectとは?
    二次創作って何?
    登場キャラクター
    キャラ解説

    コメント欄規制リスト


    ・今までに頂いたTOP絵
    皆様、ありがとうございました!

    木炭様より

    真霜とうろ様より

    流羽菜様より

    H-utr様より

    G-Ape様より

    yuki58様より

    柊梓音様より

    あめ様より

    W istaria様より

    ジオ様より

    かに様より

    ECHE様より

    大根様より

    JIGSAW様より

    おぬこ様より

    フーバー様より

    ky-sp様より

    もっつ様より

    huronto様より

    福心漬様より

    おたま11様より

    マルセ様より

    ウララ様より

    美海様より

    有希様より

    あさくろ子様より

    ラムディア様より

    starforest様より

    千扇様より

    ECHE様より

    明松様より

    ザキ様より

    白嵐様より

    サラダ様より

    kanon様より

    様より

    みりん様より

    阿部ちゃん様より

    史花様より

    うどんこ様より

    ゆゐネット様より

    あきみかん様より

    dollar@\(^o^)/様より

    miruyuana様より

    鍋島 ろょ様より

    ななじゅうく様より

    はる様より

    ところ心太様より

    上白沢生足様より

    VIP東方スレ避難所様より

    TOP絵随時募集中です!
    (900×230)

    ・MAIL
    toho2chあっとyahoo.co.jp
    最新記事
    記事検索