トレッキング

2010年10月31日

    ― ウキウキ・浜歩き・山歩き ―5






荷物第一弾










楽しかったオータムミーティングから数日後、会場の赤礁崎オートキャンプ場から送った荷物が届きました。


左2個はテントとキャンプ道具。




グローブ聖輝の結婚








右の小さな箱は、大阪のTさんにいただいたグローブ8個。


緩衝材の新聞記事は・・・“聖輝の結婚”




ああ、懐かしいぃ・・・








そして大き目の箱は、ミニアウトレットで買った品々、懐かしい・・・


レザーランタンケースは、625さんがサマミでGETしたものを、わざわざお持ちいただき譲っていただきました。




第2弾








そして翌日、更に2個。




ああ、懐かしいぃ・・・








神戸三田で買ったものが。


またレザーランタンケースが・・・


懐かしい・・・


北海道や、四国、九州にはColemanのアウトレットショップが無いので、四国、九州からご参加の皆さんの買いっぷりも凄かったです。




???








さて、ここからが本題。


遊んでばかりでブログの更新が追いつかず、記事が溜まっているので、少しまとめて書きます。


タイトルは、数年前に浜歩き(Beachcombing)に出会ったきっかけになったブログのタイトルを  パクら 使わせていただきました。


5年前にブログを始め、ランタングローブの加工からサンドブラスト、ワタベ先生との出会い。


そして、サンドブラストの素材として、漁師さんからいただいたガラスの浮き玉、浮き玉のサンドブラスト彫刻作品を手がけているやまきさんから紹介された、Shigeさんkanataさんのブログとの出会い。


その後はご存知の通り、坂を転がり落ちるように・・・・・?


というわけで、まずは浜歩きです。




漂着ゴミ








先日、打ち合わせで訪れた海岸で、次の約束まで間が開いたので、束の間の浜歩きをしました。




足跡だらけ








ここは以前に何度も歩いていますが、釣や海水浴、キャンプ、散歩の方等々、割と人気の海岸なので、ガラスの浮き玉は過去にたった1個見つけたことがあるだけ。


この日も沢山の足跡が残っていました。




ウニ殻








まぁ、ウキウキ気分を味わうだけでもと思い、とにかく歩きました。


秋とはいえ、まだまだ草が生い茂り、地面がよく見えません。




あったぁ~~~!!!?チビ








と、突然、あった~~! ありました!


網付きのチビが。


全く期待していなかっただけに、嬉しい♪




何してんのかニャ?








このオジサン、何してんのかニャ?




またあったぁ~~~!!!?チビ








そしてまたまた~! もう1個、ありました♪




ウキウキ








思いがけずにウキウキの打ち合わせとなりました。


さて、草が枯れて雪が積もるまでの間に浜歩きへ出かけなくては!




準備OK








そして、俄かにマイブームの山歩きです。


オータムミーティングの翌週、午後から雨予報でしたが、朝に山へ行こうと前日に準備。


神戸で買ったカモフラのザックやウエストポーチ。




新兵器








そして、今回実践投入の新兵器。


ブランドはKIRIN!?




夜明け室蘭岳








6時起床、車で30分の室蘭岳へ。




ログのトイレキャンプ場








登山口付近は『だんパラ』という総合公園で、スキー場もあります。


ちなみに、『だんパラ』とは何ぞや?と思い調べると、どうやら「家族だんらんパラダイス」の略の様です・・・・・


駐車場から登山口へはキャンプ場内を通っていきます。


一人だけ利用者がいました。


無料で、水洗トイレ、炊事場、BBQも出来て、雰囲気のいい林間サイトですが、常駐の管理者がいないので、夜は最悪らしいです・・・




登山道入り口白鳥ヒュッテ








テクテクと歩いていくと、10分~15分くらいで白鳥ヒュッテが見えてきます。




頂上まで2,176m








ここには71歳になる管理人さんが、もう15年も生活しています。


電気は来ていないんだそうです。




息子と








さて、入山届けを記入。


前日準備していると、大学1年の息子が珍しく行こうかな?というので、今回は親子2人での山歩きです。




・・・?








しばらく登ると、左手に何やら・・・





鳥居がただですいません・・・・・








鳥居をくぐると神社がありました。


お財布持ってなかったので、賽銭無しで手を合わせました・・・


大丈夫かな・・・? ^-^;)




・・・














・・・光が・・








細い道を登っていくと、先のほうに光が射してます。




ちょっと開けた








ちょっとだけ下界が見えました。


小休止して水分補給です。


「どうだ?山は」


「うん、少しナメてたかなぁ、結構キツいんだね」


「そうか?」(内心、「そうだろ、父ちゃんも結構キツいよ・・」)




ここからは白樺林を行く








その後は白樺林が続きます。




小さい秋








小さい秋見つけた。




・・・・・・







雑木林だと紅葉等の様々な広葉樹が色をつけている頃なのでしょうが、熊笹と白樺の独特の景色が続きます。




爽やか








これから崩れるとは思えない爽やかな天気です。




500m!!








と、足下に500mの文字が!




この先に?200m!!








そして200m!


息子ダ~ッシュ!








ここで息子ダ~~ッシュ!!


ああっ!ずるいぞ~!


結構キツいねぇなんて言ってたくせに・・・




わははは、まだだった








わははは! 残念でした、まだ頂上じゃなかった。 ^-^)




あ・・・・








あ!




やっぱり・・・








あぁあ~~っ!!




鳴らされた~








ああぁぁぁ・・・・・


やっぱり鐘を鳴らされてしまいました。




どれ私も








どれ、それでは父ちゃんも。




カラン♪カラ~ン♪












カラン♪カラ~ン♪




頂上登頂








というわけで、室蘭岳登頂です。


息子にいいカッコしたせいでしょうか、1時間半くらい掛かるかと思いましたが50分で登ってました。




やってみろ初点火








せっかくなので、息子にお湯を沸かしてもらいます。


KIRINストーブにアルコールを注ぎ、点火。




アリゾナストーブ








アリゾナストーブを乗せて、立派な?ストーブに。




予想外に高火力








予想外の高火力で、あっという間にお湯が沸きました。


このアルコールストーブ、私は某クションで手に入れたのですが、私のリスペクトしている木村東吉さんは自作されています。


自分の作った道具を山で使うというのはいいですよね。


私も是非作ってみようと思います。


POPEYE、MEN's CLUBのモデル時代からずっと憧れの木村東吉さんについては、また別の機会にたっぷりと紹介させていただきます。




ダバダァ~♪チタンの焼け色








ダバダァ~♪ダバダァ~♪


チタンのアリゾナストーブも、いい色に焼けました。


今年3度目の山歩き、なかなか楽しめました。




絶品!ユリ根たっぷり








そして10時半には帰宅。


シャワーを浴びて、家族でドライブです。


まずは真狩村の小川屋食堂で絶品のゆり根入りハーブ豚丼を。


家族全員納得の味で大満足♪




真狩








道の駅へ立ち寄り、




熊太郎細川たかし








熊太郎と細川たかしさんにご挨拶し、またまたゆり根とハーブ豚のクレープを食べました。


食べていると、いよいよ雨が・・・




ニセコかぼちゃ







雨の中ニセコへ移動。


写真はありませんが、道の駅へ。


雨にも係わらず、凄い混雑でした。




アイス屋








それから、洞爺湖経由で紅葉を求めてオロフレ峠へ。




黄色肥料








昭和新山麓には、毎年恒例のミニヒマワリ畑。


これ、実はこの後畑の肥料になります。




霧のオロフレ峠縮毛?








目的地のオロフレ峠は生憎の霧。


少し悔いが残り残念でしたが、さすがに疲れたので、大人しく帰りました。


家族はすでに車中で爆睡です。


今年は綺麗な紅葉を楽しむ機会が無く残念でした。



↓応援してくださいね!




ポチ!っとお願いします!人気ブログランキングへ



目指せTOP10入り!! フジテッコウ ポチっ!とお願いします。











colemansolus at 13:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年09月20日

- 2010山歩き -5






今朝の紋別岳










 今朝の紋別岳です。


 稲が黄金色に色づき、秋らしい景色になってきました。


 今後、徐々に紅葉していくのが楽しみです。




一年ぶりの山にウキウキ♪










 ちょうど一年ぶりに、山へ行ってきました。


 春から登ろうと思いつつ実現していなかった紋別岳です。


 以前登ったのは、もう15年近く前。


 その時は7合目までしか行けなかったのですが、その後頂上まで登れるようになったそうで、楽しみです。


 

想い出のHOPEのコッフェル珈琲セット










 キャンプもそうですが、あれこれ妄想しながら準備をしている時が楽しいですね。


 初めて行く頂上で、お湯を沸かして珈琲を飲むという目標を立てました。


 子どもの頃、ファミリーキャンプで使っていた想い出のHOPEアルミコッフェル。


 一番小さな鍋を持って行きます。


 水を持っていくため、コールマンのSIGG風?ボトルを買いにホームセンターへ。


 大きいサイズが1個¥500になっていたのでラッキーでした♪


 熊さん除けの鈴も買ってきました。




五時半起床夜明け










 準備後も遠足前夜の子ども状態で何だか落ち着かず、夜更かししてしまいましたが、結局5時半起床。


 紋別岳の夜明けです。




駐車場より










 コンビニで飲み物とおむすび、おやつ(¥200以内)を買って、7時に出発。


 数日前まで雨の予報だったのですが、外れました♪


 登山者の駐車場から歩き出します。




いざ!二番手でした。










 登山道入り口から入山届け記入箇所までで、すでに息切れ!


 こんなにハードなルートだったかなぁ・・・?


 先が思いやられます・・・・・




いきなりの急斜面









 濡れていたらずるずる滑りそうなくらいの急坂が続きます。


 大丈夫か?私。




ありがたや・・・・・










 ぜぇぜぇ言いながら進むと、私の前を登っていたベテランのおじさんに追いつきました。


 今年92回目の登山だそうです。


 「随分早いねぇ」と言われてしまいました。


 登山ド素人の私、ペースがよくわかっていませんでした。


 息切れもするはずだ・・・・・


 ありがたい事にベンチがあったので、しばし休憩です。




一望台パノラマ










 ベンチに腰掛けると、一望台という表示板の向うにこんなパノラマが。


 有珠山、昭和新山、洞爺湖中島に羊蹄山、向うに見えるのはニセコ連峰の稜線です。


 なんと贅沢な景色じゃありませんか。


 もう、頂上へ行かなくても・・・・・


 いやいや!休憩したし、頑張ります!




いくらか楽にやっと五合目










 一望台を過ぎると、少しだけ歩きやすくなってきました。


 やっと5合目に。




何か見えてきた










 更にしばらく登ると、何か見えてきました。




ガンバレ岩・・・










 近くまで行くと、「ガンバレ岩」?


 赤い文字が何だかなぁ・・・・・


 でも、せっかくだから「ガンバリ」ます。




期待が










 何だか林の向こう側が明るく見えてきました。


 期待が高まります。




昔のゴール










 林を抜けると、そこは7合目いっぷく広場。


 昔のゴール地点でした。


 勿論ここで「いっぷく」します。




開放感















 尾根へ出たので、頭上に空が開けてとても開放感があります。




確実に季節は秋










 例年と比べ、気温は高いですが、季節は確実に秋ですね。




先は長い・・・・・










 さて、ここから先、私にとっては未知の世界です。


 まだまだ先は長そうです。




エゾヤマアザミとキアゲハ










 エゾヤマアザミとキアゲハ。


 

尾根沿いを行く時々ご褒美










 尾根沿いを行くアップダウン。


 先が見える分長く感じますが、時々見えるご褒美に退屈しません。




 ? ?










 あの丘は











 そうこうしているうちに、この丘は?




もしかして!?










 もしかして?




前?










 ま、前?ですか・・・・・


 更に歩を進めましょう。




実はまだまだ・・・のんびり行きましょう










 実際は頂上まではまだまだでした。


 ま、景色を楽しみながら、のんびり行きましょう。




9合目










 いつしか9合目。




白樺白樺林を行く










 9合目を過ぎ、白樺林を行きます。





あれが頂上?










 更にしばらく行くと、あ、あの真ん中に見えるのがもしかして・・・・・?




多分、頂上?もうすぐ?










 多分頂上?




いよいよ?ドキドキ♪










 この上は、いよいよ!?


 ドキドキドキ・・・・・




あ・・・・・・・・・・










 あ・・・・・・・・・・




 いや、でも今度こそ頂上が見えます。




こんどこそ間違いない










 あれこそが・・・・・


 あの看板こそが・・・・・




登頂!










 着きました!


 ついに紋別岳登頂です!


 吊鐘をカランカラン~♪と鳴らしました。


 が・・・・・


 登頂の写真が無い・・・・・TーT)ふふふふふ・・・・・




湯沸し♪










 大先輩としばしお話をし、念願の湯沸し。


 手馴れた先人は、カップ麺を食べて、ササッと下山していきました。


 程なく3人目の登山者がやってきました。


 やはりベテランの女性です。


 登山の事をいろいろと伺いました。


 私は綿シャツ、綿パンにストローハットというふた昔位前のスタイルだったので、ザックを降ろすと背中がびしょびしょ。


 ウェアは最新の化学繊維がいいですね。


 お湯はなかなか沸かず、終いには風で火が消えてしまいました・・・・・


 風防は必須ですね。(懲りてない)




帰りましょう景色を楽しみながら










 さて、珈琲は心残りですが、そろそろ下山します。


 帰りは景色を楽しみながら歩きましょう。




膝が・・・・・










 ・・・なんて思っていましたが、下りは膝にきます。


 一年前も書きましたが、下山靴というものがあればなぁ・・・




帰りの一服










 やっとの思いで一望台に辿り着いた時にはもう、膝がガクガクです。


 ここから距離は大した事ないですが、一番勾配がきついルートなので、景色を眺めながら、ゆっくりと休みます。




ガクガク・・・・・










 さぁ、最後の下りです。


 多分、操り人形の様な変な動きで下っていたと思います・・・


 下り終えると先ほどのご婦人がストレッチをしていました。


 挨拶を交わし、ヒョコヒョコと何とか駐車場へ。


 7時半に登り始め、家に着くと11時50分。


 約4時間の山歩きでした。


 懲りずにまた、今度は室蘭岳にしようか?それともオロフレ山?なんて考えてしまうから、山は不思議ですね。




午後より頑張りました!










 1時間ほど横になりましたが、午後からは筋肉痛の体を鞭打ち、枕木デッキの作業をしました。




自分を褒めてあげたい










 ついでに玄関前の枕木も塗装して、本日の作業は終了。


 塗り終えると真っ暗に。


 自分を褒めてあげたいです。 ^-^;)


 これから紅葉の季節。


 次はどこへ行こうか?




↓応援してくださいね!




ポチ!っとお願いします!人気ブログランキングへ



目指せTOP10入り!! フジテッコウ ポチっ!とお願いします。





 


colemansolus at 13:21|PermalinkComments(10)TrackBack(0)