こんにちは。現場管理兼図面作成の白形です。 

この3連休は台風がこちらにやってきそうですね

コラボハウスでも現場や周辺に風で物が飛ばされないように

現場監督や職人さん達が細心の注意を払って台風に備えています


さて、コラボハウスでは公共的な機関での検査だけでなく独自の

社内検査を6回実施しています。



‥尚妓〆

ブログ用検査写真_170915_0004

後ろ姿で失礼します

検査項目はたくさんあるのですが、主に敷地の状況・地盤調査の結果通りに工事出来ているか

などをチェックします。

ブログ用検査写真_170915_0001

気になることがあったらその場で職人さんと話し合いをします。

職人さんとコミュニケーションをとるのもいい家づくりをするための

大切な仕事です

(右側にいるのが僕です。ヘルメットをかぶっているのが基礎屋さんです。

真ん中で座っているのは高松事務所の現場監督の平見です


配筋検査

そのものズバリ配筋の検査です。基礎工事の重要な部分なので数え切れないほど

検査項目があります。

図面通りに施工出来ているかだけでなく、図面におかしなところがあれば設計士にも指摘します。


6睚検査

棟上げが終わって家の形が出来た後検査します。釘打ちの間隔から

釘がめり込みすぎていないか、金具が正確に取付けられているかだけでなく、窓の高さや基礎の強度まで検査します。


に豹綯杷検査

ブログ用検査写真_170915_0008

こちらは新人監督の山君です。勉強の為に検査にも参加です

この写真は防水シート関係を見ていますが、部屋内では断熱材が規定通り

施工できているのかも検査していきます。そしてこの後、室内はボードを

貼っていき壁内が見えなくなってしまいますので、配管や配線も

合わせて見ていきます。



ヂご宛〆

大工さんが終わった後の検査です。

下地材の貼り方や造り付け家具の使いやすさ等をチェックをします。





セ転紊恩〆

ブログ用検査写真_170915_0014

工事が終わってお引渡し前に行う検査です。

目に見えることはもちろん床下や屋根裏までくまなくチェックします


喜安 庸平様邸_170726_0012

このように施主様にいい家を建ててお引渡しできるように

スタッフ一同、一丸となって仕事をしています