今日の工事日記

  コラボハウスの現場監督日誌

カテゴリ : 小笠原

こんにちは! 現場監督の小笠原です。
前回の「地鎮祭って何?どうする?前編」から約5カ月もあいてしまいました。
「現場監督って、どんなことをしているの?」とご興味のある方は、こちらを是非ご覧ください。

今回は、「C歪炭廖廚療日の流れについてご紹介します。
ちなみに、地鎮祭は絶対必要というものではありません。
されないお客様もいらっしゃいます。
しようかどうしようか悩んでいる方は、ご相談ください。

地鎮祭当日は式次第にのっとって進行します。
神主さんや宮司さんが指示してくれますので式次第については覚えなくて大丈夫です。
神社によって異なりますので参考程度にご覧ください。

<地鎮祭の式次第(手順)>

―ゃ院覆靴紊个帖
  地鎮祭が始まる前に、参列者やお供え物を祓い清める儀式です。
 IMG_0123



降神(こうしん)
  祭壇に立てた神籬に、その土地や地域の神様(氏神)を迎え入れる儀式です。
  神職である神主が声を発して降臨を告げます。

8ヱ臓覆韻鵑擦鵝
  氏神に祭壇のお供え物を食べていただく儀式です。
  酒と水の蓋を取って行います。

そ忙豼嫋紂覆里蠅箸修Δ犬腓Α
  その土地に住宅(建物)を建てることを氏神に告げる文句です。
  工事の安全を祈る旨の祝詞(のりと)を奏上します。 

セ擁祓(しほうはらい、しほうばらい)
  敷地(土地)の四隅をお祓いし、清めます。

γ歪叩覆犬舛鵝
  お客様が盛り砂に鍬入(くわいれ)をし、現場監督がすき入れをします。
  ぜひ、気合を入れて大きな声で「エイ、エイ、エイ!」と掛け声をかけてください。
  僕たち現場監督も良い家を建てるために大きな声で行います。
  あまりの大きさにお客様が驚くことも。
  これが工事の始まりです。現場監督も真剣です。
bb4f8d93
 

Ф牟奉奠(たまぐしほうてん)
  神前に玉串を奉り拝礼すること。
  参列者もこの時に拝礼(お辞儀)します。
  

撤饌(てっせん)
  酒と水の蓋を閉じお供え物を下げることです。

昇神(しょうしん) 
  神籬に降りていた神をもとの御座所に送り返す儀式です。

およそ30分〜1時間程度が目安です。

地鎮祭は、工事の始まりを告げる大切な儀式。
お客様も、これから建つんだなと実感される記念になる日。
工事が無事に安全に行われるように
そして、いい家を建てられるように僕たち、現場監督も祈念します。


地鎮祭当日の流れをお伝えしたのは、小笠原でした。

BlogPaint



こんにちは!現場監督の小笠原です。
今回は、お客様と現場監督が初めてお会いする「⊇蕾鸞任噌腓錣察廚砲弔い討款匆陲靴泙后

なぜ、△ついているのか?
不思議に思われた方は是非、
「現場監督の仕事って?」「B.C.って何?」からご覧ください。

初回打ち合わせとは・・・

設計士、CAD設計士、現場監督がB.C.で間取りや仕様を最終確認したものを
今度はお客様と最終確認する作業のことです。

外壁から壁紙、床の素材、色など、
これまで設計士と決めてきたことを1つ1つ確認していきます。
その中には、お客様自身も「これ、選んだっけ?」と思われるようなl細かな部分も。


なぜ、そこまで細かく?と感じるかもしれませんが、
この初回打ち合わせが済むと実際に家が建ち始めます。 
その際に、細かな部分が決まっていないと資材の発注も工事もできません。

ということは、家が建たないということ。
お客様の思い描いた通りの家を建てるためにも、およそ2〜3時間かけてお客様と確認していきます。

この確認作業は、 現場監督が主導で行います。
それは、お客様の目の間で設計士から現場監督へ家づくりを引き継ぐことを表しています。
また、お客様の「どんな人が現場の担当なんだろう?」という不安を払しょくする役目もあります。
現場監督の知識と経験から生まれる話しぶりを目の当たりにすると、きっと信頼していただけるはず。現場のプロである僕たちに安心してお任せください!

なので、初回打ち合わせでお客様にしていただきたいことは1つ。
担当の現場監督の電話番号の登録をお願いします。
机上から現場へ、設計士kから現場監督へ、打ち合わせの場所も相手も変わります。
今までは設計士に連絡していたことも、これからは現場監督にご連絡いただくようになります。
どんな些細なことでもご連絡ください。

IMG_8368

以上、ラーメン大好き小笠原(右)でした。
そして、奥にしらーっと映っているのが検査の鬼、白形です。
白形の紹介は、また後日。では、次回もお楽しみに!
 

最近打合せ中、汗ダクダクな現場監督の小笠原です

特に今の時期、現場での打合せはタオルが必需品です

さて、話は変わるんですが先日S様とお家の中の扉を一緒に塗装しました

塗装名は『ポーターズペイント』です。

始まりはご主人様の工程の確認から始まりました。
工程はコーシャさんに伝授してもらってます
20160715_3549

工程確認後、いよいよ一回目の塗装スタート!
塗装は段階を分けている模様です。

20160715_2484

20160715_9174

続いて二回目の塗装がこちら。
20160715_7242

20160715_4611

最後に錆をだす液体を使用し完成です
20160715_7474

いざ室内に扉を付けると、ものすごく綺麗に仕上がりました
20160715_9377

これぞ、、、、 世界で一つの扉 
自ら手をかけたものは愛着も湧き、
年月がたっても大事に使い続けたいですよね


お客様との思い出も、大事にしたいと思います


コラボハウス一級建築士事務所
現場監督  
小笠原 祥 


こんにちは。現場監督の小笠原です。

めっきり秋らしく過ごしやすくなりましたね。 


今日は先日棟上げしたK様邸をご紹介します。


 1442210058656



よく晴れて寒くもなく暑くもない、いいお天気でした



1442210055027



1442210061843




K様邸はリビングが一部吹き抜けでスキップフロアになっている

とてもこだわりのあるお家です。

こだわりがあるということは現場管理や施工が難しい部分も多いのですが、

逆にやりがいや達成感もあります

これからも精一杯務めさせていただきます。

K様、よろしくお願いいたします。 





こんにちは。小笠原です。暑い毎日が続きますが、みなさん体調は大丈夫ですか




こんな暑い毎日ですが、ただ今北井門事務所を改装中です



北井門事務所は他のオープンスタジオと違って馴染みが薄いかもしれんませんが、

現場監督などが仕事をしています。



1438306360236




解体中です。工事はほぼ現場監督のみで進めています。


1438306354416



外観もコラボハウスらしくなります




DSC_0121



だんだんと形になっていくのは楽しいです。


お盆前には新事務所で業務開始予定です。


無事出来上がったらまたこちらでご報告します

このページのトップヘ