2011年01月

2011年01月17日

FOGGYーBIKEのPOINT NO-1

画像 495画像 494画像 498





寒さも少し一段落したところで、フオガッティーが916RACING-BIKEにおいて、こだわったポイントを解明してみたいと思う。まずステップ&プレートこれはおそらく本人が一番こだわった部分だと思われる、1994年のみ、エキセントステップを使用したが、そのあと1995年から引退までの2000年まですべて同じステップとプレートを使用していることも見逃せないところである。1997年はなにも加工せずに左右使用していたようだが、1998年になって特に右側のステップ加工が主に施されている、自分も1998年BIKEを受け取った時に右のみが短く加工してあり、クレームを言って新品をもらったものだ。今となっては持っていたこの短いほうが本当だったことが、いろんな資料からわかったものである。叉左はシフターがありステップこそ加工が施されてはいないが、写真を見ればわかるがプレートのステップ付け根の部分がよりインに足が寄せられるようにマシニング加工が施されている、さらにその上からブラックアルマイトがサイド施されてもいるのである。左はより内側に違和感なく寄せたかったのであろう。右のプレートは未加工であるが試しにまたがり右足をイン側に寄せると鋭角にエッジした部分が気になることが分かった、さらに右のブーツ底の加工のほうが際立っていることを見ると、おそらく非常に右足のスッテップワークが非常に重要だったのだと思われる。寸法にして10mmくらいの左右違いがあるがそう思いながらまたがって足をかけるとこれが案外いいのであるこれが1998年の真相である。次に1999年になるとこのステップも左右さらに短く加工されている、寸法にして15mmは短い。(この辺は八代氏がインプレッションした写真を見ればよくわかる。また1999DUCATI-CORSEの写真集でもわかる)仕上がり方はテーパー加工&カットといった1998右側と同じ内容だ。ほとんどこの状態だとつま先だけを乗せて敏感に走らせたのであろう。さらに引退の年の2000年になるとテーパー加工なしでストレートに短く左右カットされているのである。(これは本当に異様に短い)といった具合で近年ではあまり見なくなったポイントでもある、このステップは自分も乗って思うがスライドするにも余り引っかかりがなくスムーズにスライドできる、2000年CORSEのステップは748RSについているがよく食いつくがスライドはエンドの出っ張りもありしずらいと言った感じだ、1998ADVF-TEAMではこれに少し似たタイプでエキセントタイプをコーサー、キリともに使用している。いずれにしても一貫してDUCATI時代にこのステップやホルダーにこだわったのはやはり本人が一番しっくりきたからであろう。なんかこの辺は神経質さもさながら、今にはない人間臭さが受け取れる。つずきは、特にフオガッティーがこだわっていたフューエルタンクの形状、シールドの形状なんかを事細かに紹介していこう



collezione at 22:31コメント(0) この記事をクリップ!

2011年01月09日

1998 F-98 MF-3S TEST

画像 466画像 467画像 468





画像 469画像 470画像 470





画像 475画像 476画像 477





相変わらず、寒い日がつずくが、パソコンも絶好調に復旧したところで、マニュアルや、記録を引っ張り出しての、MF-3勉強である。いかんせん、年をとってくるととりあえず記憶力が非常に衰えるものだ、ガレージに来て、鍵を忘れるくらいならいいが、一体何しに来たんだと、思い出すまでに時間がかかる、思い出せばまだしも、帰りがけに思い出し引き返すなんかたまにある、おそらく脳味噌が、ビンテージ状態に年をとるごとになるのであろう。と、ほんとや、冗談や話は戻るが、MF-3の動態TESTの1日であった。内容としては、MF-3モードと、GTB365EXモードとがあり、いずれもDOSで動くようになっている、DOSのほうが、固まることなくまた、非常に動作自体が速いので、このモードを使用したのだろう。デスプレーも写真のように、かなりのセクションがある。TRIMERモードで各セクションのTESTができる、キーをたたくと、各バンクのインゼクターから、ガソリンが噴射するテストや、コイルの点火状態、ETCである。TABELLEは,写真のように2テーブルが存在し、A&Bで管理される、マップを2種類メモリーして、気に入らなければ切り替えるとか、何かの問題で、Aテーブルがトラブッた時に使用するものである。勿論テーブルごとに、インストールしたり、吸い上げてマッピングを確認することも可能だ。1998前半のマッピングは基本的に、1997をベースに使用してMF-3によりより繊細に作りこまれているのが確認できる。マッピング作製が1998の初頭にどれも集中しているのが分かる。この仕様は南アフリカ(キャラミGPまで)で後期は、いわゆるエボリユーションモデルで、マニフオールドが短くなり、エアーBOXがマニの根元から展開するいわゆるディープエアーBOXとなり馬力としては8PSアップとなるのである。この後期型1998 F-98CORSE-BIKEは、FOGGY本人が所有していて自宅のエントランスにデスプレーされている。叉これと同時に1998FOGGYーSPSがホモロゲの関係で200台発売されたが、実際ほとんどがイギリスにわたった、残念ながら、このCORSEクロモリフレーム付きのSPSは日本には上陸していない。とまた、うんちく話で話がそれてきたが、今日はあくまでもMF-3のTEST勉強あるのみである。GTB365には、ご覧のようにモノクロのまんまDOS表示のソフトウエアーである。ここでデータロガーから落としたものを解析し、叉書き換えたり、作製したりしてファイルにする場所でもある。いろんな、グラフが事細かに表示されるが、どこが何のものかくらいで、内容がどうだのこうだのさすがに、マッピング屋ではないので、講釈も展開しずらいものである。MONZAと、DAYTONAのマップを表示してみたが、素人がショートコスとロンドコースとで燃調関係や点火系を見比べただけでもえらく違うのが分かる内容である。しかしメーカーの開発者も走らせては叉、訂正し書き換えたり、、、この繰り返しを途方にもない時間を費やし、仕事とはいえ誠に恐れい言ったものである、いやはや私には到底無理な話でもある。DUCATI-CORSEはフルコンデビューイヤーのこのマッピングから今日のマッピングまで展開したのは明らかな話と思うが、今日のフルコンは勿論どのメーカーでもすごいが、13年前にこんなことをしていたとは重ねて恐れい言ったものである。やはり98,99,00激戦時代、発展途上のこの時期が一番エキサイティングな時代だったと私自身振り返ると思うのである。というわけで、忘れかけた記憶を取り戻した1日であった。   終わり
画像 478画像 479画像 480





画像 481画像 482画像 483





画像 484画像 485画像 486





画像 487画像 489画像 490





画像 490画像 491画像 493







collezione at 19:14コメント(0) この記事をクリップ!

2011年01月05日

2011 メンテナンス F-98

画像 421画像 422画像 423





画像 424画像 428画像 437





画像 442画像 441画像 440





画像 464画像 456画像 455





画像 460画像 458画像 462






2011年があっと言う間にやってきた。福岡は年末から、寒波到来玄海地方はやっぱ冬は寒いのである。雪が降る日が多く、その他は雨、晴れの日がほとんどなく、天候としては新春いいスタートではない。年末かたずけばかりかと思いきや、パーツがどんどん出てきて座り込んで眺めたり、合わせてみたりといっこうにかたずけが終わらない日々を過ごした展開である。888、748、996CORSE-PARTSが結構な勢いで箱から顔を出したのでこれまた頭の中は、水冷一色になったものである。何しろ扶養家族が多く人気の子供ばかり面倒を見てるので、時間と労力がかなりかかるものである。とここまで引っ張りだしゃ、ついでにメンテをやるかということになる。F-98FOGGY-BIKEのMF-3関係のメンテを手始めにやってみたが、いかんせん専用パソコン(バックアップも含め3台あるが、、、)すべて、内臓バッテリーがだめだったり、こんなところからOHである。このころのマネージメントマレリーMF-3はドスモードで動かすようになっている、ソフトウエアーもウインドーズ95だ、98はウインドーズ部分が重くよく固まったりするので、やはり95になるのである。パソコンも、シリアルポートの付いた、オールドモデルになるが、中古でも近年なかなかいいものがないようだ、6年くらい前に秋葉のマニアックなショップを見つけ、新品パーツをふんだんに組み込み専用に設定してもらったスペシャルパソコンである。近年もたまに連絡をして、何かあればここに限ると言った感じだ。これに、DUCATI-CORSEのシリアルコネクターケーブルを取り付け本体と連結するのである。初め久々に動かすので、電池切れやその他もろもろは出てきたが、再インストールや、メンテナンスをやると、完璧な状態に戻ったのである。これで丸1日つぶしたことになる。何をやってんだと言った感じだが、ここは忍耐であった。写真でもわかるようにシステムON状態になると、インジェクターの状態、ガソリン温度や、気圧まで出てくる仕組みだ。こんなカテゴリーが、何十画面もあるのである。FOG A&Bテーブルが出てきて、読み上げてみてみたり、点火時期なんかや、レブリミットなんかも、数秒で書き換えられるのである。その他、GTB365システムというソフトがあり、この中でマップを書き換えたり、作りこんだりするのである、FOGGY98データーがすべてあり、選択してコースマップの変更も簡単にできたりするのである。今でこそフルコンといえばモーテック、2Dなんかでこんなことも当たり前になってきたのだろうが、13年前初めて見たときは、それこそカルチャーショックのようなものだった。叉、DUCATIフルコンもこの年がデビューイヤーであり、ここからハイテク戦争がはじまったといっても過言ではないと思われる。現在見ても色あせた感じは一切なくむしろいつみても、ハッとするような美人さんである。BIKEの液晶ボードも、ウォームアップ、プラクティス、レースと3カテゴリーが表示される。ここでも一発うんちくを語れば1998年DUCATI-FACTORYでこのバイクを受け取った時の話だ、FOGGYの神経質でこだわり性分は有名だが、このマレリーの液晶のタコメータのラインが上がる所に市販品は2本か1本のラインが引いてある、叉フェイスにもブルーもマレリーの文字があるのだが、本人曰く目障りでおまけに見にくいとクレームをつけたためこのようなスペシャル液晶パネルをFOGGY専用で作ったようだ。これは当時そのままのBIKEにしかついていないと思う。また、ミルスペックといわれるマグ製カップラーが、びっしりひかれていて、今回1本ずつはずし通電材をかけてすべてプリペアーを行った。これだけハーネスがあると、一つおかしくなれば特にマネージメントラインともなれば致命傷にもなりかねないので、定期的に管理する必要があるだろう。インゼクターは、写真でもわかるように、3インゼクターシステムだ、TOP-1本、ポートに左右穴が見えるのがその他2本のインゼクターである。この辺もマネージメントで、F&R吐出量が管理されている。この辺もデスプレイONで、スロットルをあけると、リアルに表示されて状態が確認ができる、また、TESTモードを使えば、キーボードを押せば、各インゼクターからガソリンを噴射できTESTできるモードもある。また、シフターも近年は当たり前になったものだが、このデバイスを使い、シフトタイミングを見るのである。深くしたり、浅くしたりなど、自分のいいようにセットできるのである。そしてそのすべてを動かす頭脳がノーズコーンのインナーに隠されているビレッド製の赤い箱にCPUが一括してあるのである。走行するとなれば、フオーク、ブレーキ、サスはメーカーに送ってOHし、EGもバラバラにすることも可能であり、勿論ちゃんとして、走らせるわけだが、マレリー関係がおかしくなればお手上げなので、まめにみる必要が今後も重要だ。過去おかしくなったことは一度もないしマップを書き換えて遊ぶ機会もなかったものだが、とわいえ実際イタリアから持ち込んですぐ自分で走って、A1リンクマップと、ホッケンハイムマップとで、比べたことがあるが、わかりやすく説明すると、その辺のおっさんに、ハイオクと、レギュラーで走らせて、なんか違うか?と感想を聞くのとレベルこそ違うが、内容は同じことであり、また答えも同じことである。やはり極限まで乗りまわせる人が乗って、感想を聞かないと、その辺のおっさんの回答しか聞けないのであろう。そのうちプロに乗り比べを頼んで具体的な内容を聞きたいとも思うが、、、、なんやかんや言いながら当事者もここで調子こいて、今年は、3代の水冷を動かすかと思いきや、叉深い沼に沈むような物思いにふけた正月から新年2011は、始まった。
画像 414画像 452画像 448





画像 447画像 450画像 429





画像 435画像 401画像 426





画像 443画像 465画像 444








collezione at 19:52コメント(0) この記事をクリップ!

2011年01月01日

2011新年明けましておめでとう

画像 412






2011年、本年もよろしく申し上げます。

collezione at 23:08コメント(0) この記事をクリップ!
Categories
Recent Comments
QRコード
QRコード