2011年10月

2011年10月31日

996F-98の裏側

画像 190画像 192画像 194





画像 193画像 195画像 196





画像 197画像 198画像 199





今日は小春日より一日終日半そでTシャツでOKのようだ、NYでは雪が降ったり、冗談置いてまさに映画のような世の中である、F-98 FOGGYマシン今日は、普段お目にかかれぬ裏側を紹介しよう、メンテナンスのついでに写真を撮ったというわけだ。タンクはご覧のように、2001F-01と比べラム圧ドームが大きく口径が大きいのが分かる、前期マシンはまだ、ディープフローインジェクションBOXではなかったのでおのずと、アッパーで容積を稼ぐしかなかったのであろうと推測される、この辺はおそらくワークスで風洞実験等を行いダクトの大きさも含め、この辺の形状を決定しているのだろう。キャップも万が一飛ばないようにワイヤリングでロックされている、それからスッテカーでわかるように、フューエルはF-98が21,5L、F-01が23Lとその差は1,5Lもあるのが分かるF-98ADVF−BIKEのほうはもっとタンクが大きくこのタンクよりさらにいびつである、外のタンクのラインは後日細かに紹介するとして、作りこみ補強は、市販品レーシングパーツとは比べようもない代物である、勿論CORSEの管理NOも入る、テプラーには消えかけているが、FOGGYネーム,コース名が書かれている、前方のはめ合わせのブラケットもこれまた叩き込まないとはめられない丈夫で密閉度に高いものが作りこまれている。シールドは一見市販品に似たようにも見えるが、SPSや、俗に言うFOGGYシールドなるものと比べてみると、ふくらみや、たっぱ、エッジの角度が全く違う代物である、全開域で伏せて走るフオガッティーはこんな状態でコースが見えていたのだろう、実際良い感じでヘルメットが入り込み、フオームに無理がかからない形状である、サイドカウリングやシート等は、このころはまだカーボン。といっても、バキバキのドライでぺランぺラン状態のものだ、ただここは随所にやはりケブラー補強が、貼りこまれている、ファスナー裏は、すべて一か所ずつ、サイドは斜めに2プライ方式が取られている、ただ残念なのはこのころはまだ、ペイントに丁寧さがなく裏側にマスキングをせずにペイントされているのが非常に残念である、赤の下には、軽く白のサフェーサーが吹かれ、赤の発色をさらによくしているところは、さすがにイタリアンである。というわけで、最近というかもう8年くらいのっていないF-98マシン、水も完全に切り、ブレーキもOHし、フュールドも完全に、ドライにしてご覧のように現在長い冬眠である。明日は、748RSシートの完結やその他をやる予定である、まさに管理も大変である、これでビルのように、家賃が入ればいうことなしではあるが、人生そんなに甘くありません、ということか。 おわり
画像 186画像 187画像 209





画像 208画像 207画像 206





画像 205画像 204画像 203





画像 202画像 189画像 211







collezione at 15:53コメント(0) この記事をクリップ!

2011年10月29日

オールブラックス NO-2

画像 035画像 034画像 038





画像 040画像 044画像 046





まだまだ九州は暖かい日がつずくようだ、この分だと、11月にはオートポリスで走れる感じだ、一昔前何年くらいか忘れたが、12月に半そででオートポリスのピットでうろついた記憶がある、今年もそんな感じだ、ブラックシリーズとか言っているが別にいまさらブラック仕様にしたわけでもない、昔から黒か赤に決まっているプライベートな乗り物である、MINI1300これは、ほんとはうちのが乗ると言ったので1994年に新型のミッションになったのを機会に新車で買ったものだ、クーパーなのでホワイトの屋根や、ボンネットストライプ、サイドにもクーパーストライプなんかがあったが、デリバリーのときにすでに、オールブラックスである。結局面白がってのっているのは気がつくと自分自身で、この夏11万キロをすでに突破した、といってもこれまた常にあーでもないこーでもない状態で、オーリンズダンパーなんか、すでに3SET目である、減衰セットなんかを含め、OHするより新品のほうが結局良いという話でもある、スタビなんか、ARC,デルタetcといろいろ使い現在は極太コンペタイプのタートル製に落ち着いた、ロッドや、スプリングレートの話を始め出すと、これまた長ーい長ーい話になるのでやめにする、AVON-048もだいたい8000KMくらいで使い切るので、何セット使い切ったかわからない、EGも圧縮を上げ、ロッカープッシュ、など下から上まで使えるEGであるこれも今となっては、幾度とないOHやプリペアーを行っている、ミッションはそうATミションこれには悩まされた、オイルは漏れるしすぐ壊れるし、しかしマニュアルモードで使用すると、2ペダルのシーケンシャルミションそのものである、しかしいかんせんハードに使うとすぐ壊れる、ということで、作り直すこと3回目であるが、現在は非常にベストな状態である、オイル漏れもなく滑りもまったくない、スペシャルミションに仕上がった、全国にMINI-ATミションOHと題していろんな業者がいるがこれまた、お粗末な物多しといった感じで、嫌な思いをけっこうした、気がつくと灯台もと暗し、佐賀県唐津に、岩崎自動車というところがある、行くとATミションOHしかほとんどやってなく、仕上がったミションケースが、山ずみされている、クラッチ板や、その他ないパーツまでもが、精度いいもので作製されている、叉ATミションには、ベベルギアが入っていてここが結構いたんでいるのだが、その辺の廃番パーツの段取りもばっちりである、OMNIガスケットを持ち込んで組み上げてもらい、すべて良いもので作製したのでOKだ。実際メータ読みでMAX160-170KMくらいが限界の世界だがいったんこのレンジに上がって落とさず巡航して走り込めば、足も決まってブレーキも6ポット&スペシャルパッド、ローターのおかげでけっこう面白い、アクセルはあけたまま、左足でブレーキングする方法、ポンとブレーキングしてノーズを沈めステアリングを入れるのり方、いわば公道のカートさながらである、失速すれば立ち上がるのに時間を要すので、アクセルはあけた状態ののり方であるこの辺の感じは、KAWASAKI RS-750,CB-400Fなんかのテイストによく似たものがある、結局このてのテーストが自分の好みのように最近やっとわかってきたようだ、作りこみだす際に、インジェクション、エアコン、オートマミッションで快適でなおかつレーシングテイストが十分にありあり、乗り込んで飽きない車といったところから始まった。しかしいかんせん、各パーツが純正時点で少々お粗末、シールや、ハブベアリングは自分ののり方ではほんとに長く持たない代物である、メンテナンス&OHで維持するしかやはり方法はない、この辺が少々BIKEに似ているように思える、ついでに何もかもが小さく整備性もいいものである、ステレオ関係は、といっても、最近FM以外はあまり聞かないが、仕様はナカミチシリーズの最高峰といっても1980年代初頭の話になる、TD1200SEカセットデッキ,B&W LM-1スピーカー、ナカミチアンプこのくみあわせが当時夢のような存在で、取り付けも合わせおおよそ100万円したものである、107-SLもまったく同じ組み合わせである、B&Wスピーカーはモニタースピーカーに使用されただけあり、本当にリアル感がある、カセットテープで今もたまに聞くがけっこういいものである、ノイズも叉いいものである。テープはそれこそ18才くらいから買ったミュージックテープが今もほとんどそのままで残っているのである、車を変えるごとに段ボールに詰めそのままなので状態も良く、ほとんどそのまま今でも聞ける状態だ、という話で叉なんかわけのわからぬ話でもあるが、いよいよ所有歴18年になる、事故やら何やら、ソリッドブラックも3-4回はオールペンしている、現在はウレタンRMペイント&ガラスコーティングでばっちりだ、細かなパーツ、気に入らないパーツ、ラインナップがないパーツそんなものは勿論、マツオカ製のワンオフパーツがふんだんに投入されている。まーこれからもあれがこうとか、これがこうなってとかもう少しこうとか言って、やっているのだろうが、とか言って後ろのシャターをあけると所狭しとばかり、現在は、数10年の時間を経て再び現在マイブームな、ブラック軍団が眠っている。結局今も昔もやっていることは同じといったところである。誰かが最近言っていたが、完成しないから物語はつずくし、完成すると物事は終わるとか言っていたような、、、、スーパーカーもあれこれさんざんのっては見たが、案外この辺のほうが飽きなかったり面白かったりするのである。作りこんで、それから乗りこんで自分好みのところを出す遊び方、時間も金もかかるが出来上がったものは、理想のものとなるのだろう、それはBIKEも車も同じ話だろう。  おわり画像 048画像 030

collezione at 19:27コメント(0) この記事をクリップ!

2011年10月25日

1979-NCR.FACTORY MAGNESIO-FORK

Fork画像 090画像 099






画像 102画像 104画像 175












世の中、洪水やら、地震やら、インディー、MOTO-GPで死亡レースまでがつずき、経済もなんだかこのままでは、どう仕様もこう仕様もない状態のように感じる、世界的に、日本の政治家の集まりのような状態で、群を抜いた革命家が不在、やはり革命には、御意見無用の独壇場の人物がいなくては駄目だろう、足並みなどこうなったらどうでもいい話である、アメリカにおいてもこの先廃墟になる地域とか出てくるとも思われる、時代の終焉と、根本的に世の中が変わる時のように思える、時は堂々巡りで、最後は戦争かもしれない、とか物思いにふけサバイバルな時代を生き延びたこの時代が本当に面白かった時だったかもしれない、と少々世に対しての口でもこぼしたかと思いきや、DUCATIウイルスは体内からまだまだ消えないようだ、以前からほうぼう探していた、1979マルゾッキーマグネシオフオークが入手した、海外から送ってきたときはご覧のとおりの黒塗りの状態、おそらく防製処理は生きていると信じての輸入である、のちに全バラにして剥離剤にてペイントをはがす作業、かなり時間がかかったが、だいたい思惑のものに仕上がった、剥離してワックスで磨きこのまま、エイジング仕様で組むことにした、古いマグのためボルトフオールはすべてヘリサートを入れ、減衰システムのOH等を行えばあとは組み上げ、PH-NCRに搭載である、ご覧のローター&キャリパーでボルドイスマシンに仕上がる予定である、ローターもスペアーがあるので、16インチカンパを使ったセットも作り16インチスリックタイヤも新品でストックも数本あることだし、18、16インチ選択できるフロント回りを作り上げることがこれで可能になった、このBIKEも、78,79に引けを取らないものにこれで仕上がる予定だ、リアもレーシングタイヤの150/70-18インチサイズも入手済みだしこれでけっこう良い感じに走行ができるものと思われるが、後は一度走ってのサスペンションの煮つめと言ったところだろう、このフロントフオークは本当に当時生産がほとんどなく海外からも、持ってないかとリアサスを含め聞かれたことが記憶に新しい。ということで、1979仕様スクエアーユニットNCRももうすぐ完結に近くなった。画像 173

collezione at 21:26コメント(0) この記事をクリップ!

2011年10月22日

ブレーキフィールドメンテナンス

画像 028
今週は、メンテナンスの1週間だった、調子に乗って週末には888RACING−BIKEのブレーキ関係のメンテナンスをやった、写真のブレンボレーシングLCF600は以前から長く愛用している、コース上で使用した時にマスターの安定性が非常にあり気に入っているフィールドでもあるが、良いものにはやはり欠点もあるのである、連続で使用している分はこれ以上のものはないが、こと保管となると話は180度変わってくるのである、まずこのフィールド水分をまったく吸収しない代物、普通の#4フィールドくらいだと水分も吸収し多少保管しても、次回抜き替えるだけでOKだが、600フィールドで少々保管するとこれが大変なことになる、砂糖の塊のような結晶のものがカップの中や、キャリパー、ホースいたるところで分離して固まるので、次回抜き返どころか全バラOHしかない状態になるのである、やはりRACING物になるとこの辺はお決まりのようで、1回使用するとすべて抜きとり保管といったところである、今回もすべてばらし、ホースの中のクリーニング、キャリパーOH等ひととうり行って、冬眠準備万端といったところだ、しかしこの辺のRACING物の管理はほんと手がかかるものである、1回走ると、ガソリン、水、ブレーキフィールド、エンジンオイルなんかの抜き取りはたまた、乾燥作業エアコンはいるしサスペンションも気にして管理したり、万全の状態で、所有したり走らせるには少々手間だ掛かりすぎる、わしゃムゼオの責任者じゃないとでも言いたいところか、やはりこの辺はまさしく生き物で、ショーに出すDOGを維持してるようなものであろう。最近少々嫌気もしてきたとか思いきや、そこにDUCATI関係では、有名人からプレゼントが届いた、888RACING-8耐BIKEはそこにあるから、面白いものが出てきたからBIKEと一緒に持っといてくれ、というものである、しろものとは、1991SAGAWA-8耐の本社SAGAWAの企画書、写真、サイン、888-RSの初頭のデザインのパース、ルッキネリ監督のキャップなんかである、888BIKEにしてはこの上ないものである、まったくありがたいものである、企画書をまじまじと見ると当初は、ダグポーレンも含んだ、フルワークス以上のライダーラインナップであった、その他、BIKE スペックの詳細、スタッフのプロフィール、はたまた、ピッドガールの詳細(この辺は20年もたつから、きっとおばさんになっているだろう)プロフィールまでこと細かく、さすが本社の企画書だけあるものである、これで叉このBIKEのヒストリーにまつわるものが増えたと言った感じだ、今週は2日前くらいまではそれこそ抜けるような秋晴れがつずいたが、昨日今日は雨だんだん冬へと変わっていく時期なのだろう。  おわり
画像 073画像 072画像 071

collezione at 20:53コメント(0) この記事をクリップ!

2011年10月18日

IMOLA-BIKE

99984121588画像 185





というわけで、今年熱が入り、手を入れた2台、約40年前のTTF-1,10年前のTTF-1ふときずくとこんなに長い時間がとうりすぎたことになる、2001年IMOLAなんか先週のような感じさえするが、、、,しかしこれが、いわゆる、男のDUCATIナナハン(750cc)である。個人的にナナハンという言葉は親しみがある、ストリートバイクも、レーシングバイクも750ccが好みである、ぎりぎりの状態のパワーバンドで回るのが、非常にエキサイティングだからである、タイムがどうとか、スピードがどうとか、いろいろあるかもしれないが、所詮五感をくすぐってナンボの道具である。世は変なもので、寒くなったり、暑くなったり、桜が開花したとかニュースに出たり、蝉が鳴き出したとか、尋常ではない感じだ、おそらく世は末期だろう、もう少し詰めて整備したら、2台でコースに今年最後で出てみようと思う。 終わり4679画像 148

collezione at 17:58コメント(0) この記事をクリップ!

748RS-IMOLA NO2

画像 157画像 154画像 155





画像 159画像 160画像 163





前回につずき748RS編である。久々に扱うと、パーツの整理やら、何があったかとか、叉座り込んでこんなんもあったんか?とか、まずい展開になってくる。それこそ、2001シート取り付けパーツは入手して10年くらいたつ、いつか付けよう付けよう思って、年をとるほど忘れがちになるのは、人間の常か?この辺は、ファクトリーで確認していたし、国内にRS-03 998に同じものがゆいつ一台同じパーツ構成車両があり、まじまじと見て頭に入っていた、L型フックはチタニューム製で外周は恐ろしいことにビレットで削られている、受けのほうは、アルミ製でアルマイトが施される、ただ受け側は、クロスバーを裏返しに付け替える作業が必要で、アルゴンがいるのでこれは後日、アール側を下向きにし、フックがスムーズにかかりやすくする仕掛けだ、それにセンターを出す、アルミ製受けがボルトでつくという展開である、何が面倒かは、スポンジにうまく縦穴が開けられるかということだろう、案外うまくいって、取り付けると、シートはがちがちに固定された状態だFACTORYも古典的ながらよく考えたものだ、写真の通りシート裏にもフックの逃げが最初からあるのが分かる、2001FACTORYでこのタイプを使い、RSではパーツリストを見る限り2年後の03にこのパーツを使用しているようだ。ついでにFACTORY2001のタンクの裏側や、ブラケット、フューエルホースのジョイント等をおまけで掲載しよう、#2号車より明らかに裏側の形状が完成されてえぐれ方も大きくラム圧をより意識していたのが分かる、このタンクがこの辺のモデルの最終形状となる。これで、この辺も10年越しの話が終わる、アルゴンも忘れないうちにやるとしよう、とまた、普通の人が読むと、どこの国の言葉か?というような、変な話の1日だった、午後からは、NCR-SHORTERと、叉いたらぬことばかり思い出し、整備整備の毎日よ!状態である。終わり
画像 164画像 165画像 169








collezione at 00:37コメント(0) この記事をクリップ!

2011年10月15日

2001 748RS-IMOLA

画像 112画像 111画像 110





画像 108画像 003画像 007





画像 011画像 012画像 014





画像 113画像 121画像 122





週末は、天候悪しというわけで、今回は、2005年ぶりに748RSのメンテナンスをやった、というか、8年くらい預けっぱなしの、RSスペアーエンジンがガレージに戻り、思い出しパーツやその他もろもろ、叉これが案外あるじゃないよの世界で、見ているうちにバイクもメンテするか状態である、EGは写真のように、OHしたばかりといってもいいほど状態は非常にいい、何しろ、今搭載のEGは、ピストン、バレル、ロッカー、コンロッドをはじめ、ほとんど新品パーツで組み上げたユニット、このスペアーEGも250KMくらいしか走っていないが、JDWモテギに行くために、新品のほうを積み込んだ、結局暖気して、空ぶかし程度でまだ未走行である、それからは水も完全に切っての保管状態、今回は前から気になっていた、ブレーキフィールドを抜き、さらにキャリパー等をOHし、ホース関係やその他の消耗品を交換した、スペアーパーツは今でもRS−CORSE純正品がまだまだ、レースティームレベルであるので、この際どんどん使用するしかない、話は変わるが、そもそも600SSクラスのこのバイク、748Rとは実際全く違う内容、写真のEG,まずヘッドは996RSごとく、5軸加工でポートや燃焼室を削り込んでいるスペシャルヘッドが搭載され、バルブはすべてナイモニック製、カムはRSカム、ピストン&バレルは別に材料が違うというわけではないが、重量合わせや、精度の均一、レントゲン検査等を施されたものが、RS品番になっているそうだ、その他、996RSと同じ、フルクロスミッション、チタニュームコンロッド等でRSユニットとなり、純正の3個のロムが付属し、これにより12700rpmリミットまで一気に吹け上がる、自分自身水冷ではこのバイクが一番おもしろかった記憶がある、そのほかのパーツは、RSスペシャル6mmローター、それからショートリーチスイング(純正アーム)用、RS専用リアサス、これがコースに出て思ったのが非常にいい仕事をしているということである、さらにリアロックナット&ロックピン、スロー調整ユニット(タンクの前から出ているアイドル調整ノブ)これは、アイドルを上げたり下げたりしてエンジンブレーキやスリッパーのかかり方を調整するもの、この辺がRSのスペシャルパーツだ、最後にフレームは何と996用が使用されている、マレリーデスプレーは、アナログタイプではあるが、デジタル同様の情報を見ることができる、フルデジタルより案外見やすいものである。とまあこんな感じだが、はっきり言ってレギュレーション違反じゃないの?とか許されたのがエキサイティングな90年後半から2000年初頭だからの話だろう、外装は、2001年IMOLA最終戦でファクトリーから実際譲ってもらい、ベイリスにすべてサインをもらったそのもの、ファクトリーは、99年後期くらいから、ドライカーボンではなくケブラーを使用している、カーボンはレースでクラックも入り、転倒するとバリバリにわれる、この下敷きのような弾力のケブラーのほうがコストはかかるが持ちがよかったのだろう、市販品や、RSは最後までカーボンのようだ。補強もけっこう入れてあり、ペラペラに軽くペイントにクラックが全く出てこない、その他996F02のステップや、リアホイールもBIKEは16,5インチスペシャル品、勿論17インチ純正品もある、エクゾーストは996RS初期同様54mmフルエキこの辺はRと違う、ノーマルのRに54mmフルエキを付けいくらロムを変えても抜けすぎてむしろ遅くなるのである。とか何とか、ウンチクをたれながらメンテをやっていたらもう夕方、すべて組み込みついでに掃除機でもかけるかといった感じの一日だった、何しろ大型犬がいっぱいいる感じで、あれこれ面倒みだして10数年けっこう大変だが、久しく1台、また1台眺めながらメンテナンス、一丁、SHORTERと、748RS2だいを今年は一緒に走らせるか、とか思った1日だった。最後に748RS-BIKEは、DUCATI JAPANに、2000年、2001年、2002年と三台が輸入され、この01年と、02年の2台が日本には、コンプレッドで残っている。  終わり
画像 117画像 150画像 152





画像 129画像 135画像 118





画像 134画像 146画像 119





画像 115画像 138画像 125





画像 127画像 143画像 144





画像 149

collezione at 20:55コメント(0) この記事をクリップ!

2011年10月14日

すべて仕上がったSHORTER

画像 289画像 303画像 295





PICT0732PICT0733PICT0736











というわけで、とうに完成わしているSHORTERではあるが、写真は、最後に何か仕掛けを仕込んでいるように見える、MRマツオカであるが、今回エクゾーストはけっこう気合の入った作りだ、普通サスペンションの逃げの部分は、Uの字にカットして貼り付けてある物が大半だが、ファクトーり物は決まって、ハンマーなんかで手でたたいて加工が施されているのである、NCR,BIMOTAすべてがそうで、この辺は前々から気になっていたところである、要は自然に叩き潰されているのでおそらく、排圧も自然にかかると思われる、勿論理由もあるだろう、MV500時代のマフラーの裏を見るとそれはたたき込みが激しく、ぎりぎりのところまでいっている感じだ、手間も時間もかかる所からやはりメリットもあるのだろう。ということで徹底的なハンド仕上げの上、左右寸法もばっちり取り、テーパー角やすべて納得のいくところまで今回は仕上がった、こうゆう時に限って、ハイサイドで飛んで潰れてもうた!!とかなるんじゃないか???とか縁起でもないことはやめにして、勿論材料は、0,5mmハイテン板である。マウントも今回クラックが出ないよう、防震ゴムが入った仕様になっている。この辺は、クックニールソンのデイトナホットロッドが、かなり気にして試行錯誤していた記憶がある。1973 F-750はリジットマウントだが、今回はこの辺は仕様変更であった。仕上げは、いつものホンダ純正耐熱ペイント半艶仕上げである、前にも言ったが、カンスプレーレベルでは、これが群を抜いている、10数年愛用である。というわけで、すべて仕上がりEGもすでに、火を入れいつでもテストに行けるように、トランポに積んだままの状態である。

画像 305画像 308画像 306





画像 329画像 326






画像 309画像 310画像 313





画像 321画像 338

collezione at 20:36コメント(0) この記事をクリップ!

OKAMOTO-GARAGE

画像 025画像 026画像 027





画像 029画像 028画像 030





今度は、岡本ガレージで叉ひと遊び、ナックルから、ポリス、キャプテンアメリカに、はたまたエルシノアコンペテション、写真は今一番熱が入っている、ブラックアウトのクロスボーンズカスタムといっても、早い話がサンダンススペシャルである、EGも1800CC仕様、最近は2070ccとかもできる話ではあるが、勿論、ブラックコブラも今日はこのガレージで休んでいたようだ。二人であーでもないこーでもないとか言ってるうちに、今度はサンダンスに行こうということになりこの後、環八にあるサンダンスに遊びに行った。というわけで、結婚式や、遊びやらとにかく多忙なここ最近であった、というわけで、叉DUCATI編も再開することとしよう。

collezione at 20:00コメント(0) この記事をクリップ!

フリーダム

画像 001画像 013画像 016






てな訳で、住み慣れたTOKYO久々に、ビンテージハーレーのはしりでもある、フリーダムに岡本氏とともに訪ねてみた、堀光一路氏、約8年ぶりくらいの再会である、昔はそれこそ、ナックル30Sや、ナックルレーサーなんか多数所有して楽しんでもいた自分だが、ある日突然熱が冷めたというか、ハーレー自体をやめてしまった。そのころは、頻繁にデイトナのスワップミートとか、精力的に動き回っていたころである、それこそ、自分がとうればペンペン草も生えないとか言われるくらいに、買いまくったころである、そのころ、堀氏ともいつもあっていたので、その頃の話なんかで久しぶりに楽しい1日であった。ショップには、相変わらずナックル、パン、ショベルなんかの、程度のいいものがごろごろしていた、写真のナックルは1946現在フオーセール中である、EGも1340ccなんかに、芝崎氏が組んだもので、バリバリ走れる内容だ、という感じだ、話は変わるが、後から見ると、昔はおっかない感じだったように思えるが、近年写真は結構いい感じに味が出ているように思える、ナイスガイMR堀さんである。


http://freedom-vintagecycles.com/

collezione at 19:47コメント(1) この記事をクリップ!

アーカンジェル代官山 2011/9/4

画像 047画像 040画像 055






9月の月というと、人生50を過ぎると何とやら、ここ最近は、何やら感やらといった感じであった、最愛の娘が結婚した、年にして26歳とわ言え、うれしいやら、何とやらといった感じだ。
いろんな人たちに祝福され、東京代官山にて式を挙げた、いつまでも幸せにいてほしいものである。というわけで、お父さんは若干気が抜けた感じで、今日くらいから、さてぼちぼちいこかというところである。

collezione at 19:25コメント(0) この記事をクリップ!
Categories
Recent Comments
QRコード
QRコード