2011年11月

2011年11月27日

FACTORYエンデユーロークイックリリースキャリパーピン

画像 170画像 166画像 168





画像 164画像 169画像 163





というわけで、いよいよ年末も近ずいてきた、パーツ販売も好調、予想どうり、80%くらいは海外にEMSで飛んで行ったというわけである、やはり感じるのは、日本と海外とでは、趣味としてまた、BIKE−車等の位置付けが全くといって違っていることをまじまじと感じ取ることができる、地球上ではそれこそ今この時も、750SS系パーツを血眼になって捜している人たちがいるのも本当の事であるから、この閑散とした感じの日本と比べると、アクセスしてくる人たちのテンションもまったく違ったものさえ感じてれるのである、KAWASAKIテストドライバーもここで少し休憩である、やはりDUCATIここまで来たら、世界相手に要望通りいくところまでいってやろうと言った感じだ。今回は前々から気にはなっていたが、本物のからくりや、ディテール等が正確ではなかったのでつくらなかったが、ここにきて情報が入手したので作製した、エンデュランス用クイックキャリパーピンである、ワークスの初等に使用された写真だがこのころはまだ差し込むだけで、スプリングをひっかけているパーツである、こののち改良されボルドイスあたりは、差し込みロック型になる、今回は、ステンの丸棒からマシニングで削り、さらに曲げる冶具まで作って作製する気合の入ったものである、勿論ロックリングも入っていて、ここに多少グリスを塗り込めば、スパスパと出し入れができる代物、後はパッド2枚にワイヤリングをかけて引き上げられるようにすれば、1-2といった感じで取り外しができる、さすがにクイックな代物である、写真は、自前のNCR等用のものだが、MHR用ブレンボキャリパー用も現在製作中である、あまり多くはつくらないので、希望の方は連絡いただければ販売することにした、(詳細はサイトのスペシャルパーツにて)おそらく海外の数々のNCR関係者にも送る展開になるであろう、最終品はご覧のようにキンキンにポリッシュされたものとなる、これで叉1点自分の中で完結したような感じだ、溶接なんかではなくやはりワークスは一品モノの芸当であった。しかしそれをここまで作りこむ、MR-マツオカも今では海外でも名前がとうるようになってきたことも事実である。 終わり
PB190149PB190150PB190151






PB190152PB190153PB190148






PA_Ducati08_261画像 172画像 171

2011年11月23日

KAWASAKI RS-750

画像 055画像 052画像 053





画像 057画像 058画像 059





遠方から、帰ったと思いきや、休みもさながら、叉BIKEの1日であった。KAWASAKI RS-750、所有のBIKEのブレーキシステムは、純正のものであるが、中身には毎度のように小細工が仕掛けてあるのである、もともと、鉄製キャリパーピストン&バックプレートは鉄むき出し、気休めのブリキ板らしきものがリベット止めしてある水準、これでは共振音がローターに伝わり、聞きなれた路面電車仕様のブレーキになるのである、叉けっこう突っ込んで奥で効くパッドになると、かなりあれこれ試したが最終的にAPロッキードパッドしか今のところないと言った感じだ、勿論、町をてれてれ音だけ出しながら走って止まるレベルだと選択余地はいろいろあろうが、そこそこ楽しむレベルになるとこれまた話が変わってくるのである、パッドの裏には、銅板を貼り、ブレーキメーカーがリリースしている、カッパーグリス、これは有効的である、勿論キャリパーボルトのOリングの状態や、グリスアップなるものは、ひととおりはメンテナンスを施し、カシマテックがかかった、アルミピストン、以前は普通のハードアルマイト仕様を使っていたのであるが、今回から、四国高松のトレッセルが作ったものを投入。この組み合わせでかれこれ使用しているが、スーと止まり路面電車はもはや昔に廃線になり、時はリニアモーターカーとか言った感じである、勿論このパッド&純正ローターの組み合わせは良いように思える、最終的には、ローターとパッドの相性に尽きるのである、また現在タイヤは、英国本国AVON-RACINGを使用しているのでより効いているのであろうが、いずれにしても、やはりこのあたりの仕様は自分としてはパーツ変更せずに、内容をアップして使用したいことからこんな感じになってくるのである、ブレンボパッドでも以前からバックプレートは銅の熔射が施されているので、この辺もリプレイスメントパーツはコストは上がるだろうがやれば効果は出るであろうと思われる。といったところで、昔ながらの古い持ち物の今日もメンテナンスであった。

トレッセル
087-821-8473
画像 008画像 023画像 020

2011年11月12日

POWER-HOUSE NCR860 TT-1

画像 177画像 178画像 179





画像 180画像 181画像 182





さて結構難航した、1979POWER-HOUSEフロント回りが、長年の夢かなって出来上がった、なかなかである、ボルドイスコンティションの移植のようなものだが、ここで本でも出ていない1979ファクトリーマルゾッキの中身をお見せしよう、アルミ削り出し品のスペシャルインナー、リバウンドスプリングもなく、普通のものとはちょと違った仕掛けでもある、ダイヤル減衰は無段階なくらいに調整が効き、最強にするとけっこうな硬さにセットできる、もう1台の1979NCRと同じフオークでコースで乗っても今でもそこそこいけるものである、これで2台ともに、FACTORY-NCR 79になったのである、以前から、このPOWER-HOUSE号のフロントセクションは気になっていたがここ10年くらいは、あれに変えこれに変えという感じで、理想のものをなかなか見つけることができなかった代物である、というわけで、また1つ完結したという感じである。勿論言うが横山やすしこと私だが、やるは難し、MR-マツオカであることは言うまでもない。いつもながらに素晴らしい仕事内容である。 おわり
画像 183画像 184画像 193





画像 189画像 210画像 191





画像 196画像 198画像 190

2011年11月10日

Sale Result&New Sale !!

usedparts_topといったところで、自分のもののメンテナンスや、管理もいいが、15年近く商売としてOLD-DUCATIにかかわってる以上やはり、いろんなものがガレージ、ファクトリーにはあるものである、新車のようにレストアした、MHRや、750モデルも今わすべていろんなところに旅立っていった、日本はおろか、スイス、オーストラリア、チェコ、香港をはじめ世界に当社のスッテカーを貼ったバイクが走ったり、デスプレーされていることはほんとに喜ばしい、台数にして150台近くを数えた、すべて書類のバックアップは残っているので車種すらすべてわかるものでもある、それこそ、ベース車両を買ってきて、バラバラにして、豊富にあるパーツをどれもこれも使い、再生新車とばかり作っていたころが昨日のようにも思える、パーツもイタリアからかなりの数量を輸入したものでもある、販売一例はコンティマフラー今では製作もしてなく欠品状態だが、それでもトータルで全種類合わせて500SET以上販売しているから、はてどこに行ってるのだろう?といった感じだ、最初のころは200SETくらい輸入してさっぱり売れず、売れんかったら、コンチ持ってバッティングセンターでも行くか!とか言っていたが、ある日突然売れ始め、追加追加で今日に至ったということである。これぞまさしく!満塁ホームランである。ミレウインカー、IMOLA750タンクもけっこうな数が出ているものである、もともと当社クライアントは、個人より圧倒的に業者が多くそう言ったこともあるだろう、といっても、今でもパーツ出荷はつずいているし、BIKEは良いものは、どんどん買い取りもするが、出て行くのも早く以前のように数十台のストックはしてないし、これからはあまり抱き込むこともしないであろう。というわけで、そのレストア等で、純正のパーツを外したものをこれまたすべて捨てずにストックしていたものである、いつか使うだろうとか、それこそ、ボルト1本まで箱に入って眠っている、ガレージ掃除とか何とか言ってもこの辺で、USED-PARTは捨てることもできないし、引っぱり出して、この辺もぼちぼちいる人に販売することにした、並行して、すでに海外班は、ヨーロッパをはじめあっちこっち、数十点の写真を露出しSaleを始めたようだが、国内も今週末くらいにはアップしてくる予定である、それこそ、小さなボルトから、USED-カウルや、EGパーツなんか、出てきて整理がつけば片っぱしから見れると思われる、(当サイトオールドレーシングの中にUSED-PARTコーナーがアップされる)、勿論オークションとかに出す気はさらさらなく、当サイトを見て買ってくれる人に販売のみである、おそらくふたを開けると、ほとんど海外のような気もするが、といったことで、集大成=掃除、年末は、外国製高級非鉄屋といったところだろう。 終わり

2011年11月08日

R-107SL スペシャルブレーキ

9991111158741





画像 220画像 214画像 210





ということで、本日は107-SLのスペシャルブレーキパーツ類が、待ちに待って出来上がり、ファクトリーも空いたことだし、取り付けの一日である、フロントパッドが特にスペシャルで、アクセルあけたまま左足で踏み込む自分にとっては、純正はおろか、市販のものではおまけにこの馬力をブレーキだけで確実にボトムするのは不可能に近かったものである、デクセルもともとロッキードジャパンである所に相談を持ちかけ時間はかかったが、理想的なパッド&ローターが出来上がった、リアキャリパーは純正ながら、フルオーバーホールメッキ処理後、ピストンはアルミで作製しハードコーティングを施している、鉄ピストンでは動きも悪く叉熱引きも悪いしさびやすいと来るという感じでパッドもレースUSEのものである、フロントは以前からローター&キャリパーは当時といっても1990初頭にこれくらいの組み合わせが主流だった、今日ではなんかホイールのようなベルハウジングの付いたローターキャリパーは草履のような大きいものが付いているがこの辺もスタイルを崩したくないものである、パッドはGTやエンデユーロー用のカーボン系である。これがブレンボのこのキャリパーのものがどこにもないのである、なんとか出来上がること数カ月、ブレーキオイルも以前は、ブレンボ#600を使用したが、ほとんどのらない上、温度の加減や湿気関係で、バイクで説明したとおり焼結ができたりするので、今回はデクセルRACING328フィールドを使用してみることにした、#4規格でドライ沸点が328度といったすぐれたものである、ホイールの裏側も忘れず洗浄し、ブレーキホースもすべて新品勿論純正品、(この辺はやはりメルセデス品にこだわる)各部グリースを塗り込む、ブレーキにはブレンボのグリースその他ホイールボルト等関係はすべて今はオメガ製グリースを使用している、勿論、EG,AT,デファレーションすべて現在はオメガオイルである、とりあえずオイル好きの自分にとって、だいたいのものは使用してみたが、今日現在では最高なレベルといえるだろう、時間がたち、どこかのようにだんだんおかしくなるメーカーもあるようだが、この辺はクオリティーを維持してほしいものであもある、といったわけで完成後、慣らしをするように言われていたので軽くあたりを付け、うどんでも食べて自然冷却と来る、その後、九州縦貫をぶっ飛ばしフルボトムをかけるとなかなかうならせるものがある、調子こいて異次元のスピードから、左で100KMまでフルボトム後半に強烈さがあり、シートベルトが作動したのにはびっくりした、説明どうりのフィーリングで踏む力加減で効き方がコントロールできる、奥のエンドがすごいのはびっくりである。これでブレーキはことドライに限って自信が持てたので、アクセルはちゅうちょせずあけていける感じだ、しかしこの車いつのっても加速した時なんかのスピードののり方叉、パワーデリバリーが普通でない感じなのでいつも心臓が口から出てきそうに緊迫感がありこういったのがなんかいい感じでもある、ほんといつまでたってもおかしなおっさんであった。 おわり

画像 175画像 173画像 174





画像 194画像 193画像 192





画像 196画像 197画像 198

2011年11月02日

2001RS748

画像 238画像 239画像 240





画像 223画像 241画像 242





というわけで、748RSシート編はとりあえず完結した、ご覧のようにクロスバーをひっくり返してあるものが2001F01パーツだ、748RSシートフレームは純正が使用されているので、加工する必要があった、前回も言ったと思うが何もこんなにしなくてもといったような、手法、加工、パーツ構成だが、実際取りつけてシートにまたがってみると、少々なるほどと思える、まずまったくシートが左右にしならないし、センターロックがあるためずれることもないのである、F98#2もそうだが、フロントのヒンジに丸棒の上にゴムックションくらいでは、座りが悪いのは当たり前、シートも左右に少しだがよじれるし、何よりも、ファクトリー系につく、ビックサイズのテルミに当たってシートにクラックが出てくるのである、実際シート上部にクラックの入った写真はよく見かけたし、ここにある#2F-98にもクラックが入っている、ワークスもそれこそ仕事ながら、毎日一日中あれこれやっているだけに、叉ワールドコンストラクターチャンプがつずいていた時代だけに、細かな開発や、モデファイにも余念なしといったところだったのだろう、外から見ると、ダクトがなくなりスッテカーが変わっただけと、普通は感じるが、実際本物を裏から、その年その年まじまじと見ていくと、材料、パーツ構成、ボルト類、そしてクオリティーや内容がアップして行っているのがよくわかるものである。ひょっとして、シートが左右にコーナーリングでずれていると乗っていた人が注文付けたかもしれない、いずれにしてもさすがにワークスマシンパーツといったところで、理由もはっきりわかることも感激であった、完成してシートを取り付けると何の話でっか?といった感じだが??ついでにブレーキマスターレバー調整システムのメンテナンス、ブラケットにクラックが入っていたのでそこもアルゴンで補修だ、このパーツは社外品等もよく見かけるが、これはDUCATI-CORSE純正品#2F-98スペアーパーツで748RSには普通付かないパーツでもある、748RSモデルのマスターはレギュレーションの関係で、ブレーキ&クラッチともに純正仕様でラジアルは付いていない。てなことで#21 748RS-IMOLAシリーズ編はひとまず終了といったところである。  終わり
画像 215画像 220画像 222

collezione at 19:56コメント(0) この記事をクリップ!

2011年11月01日

2001SBK-IMOLA #21

画像 229画像 228画像 230





画像 233画像 232画像 231





画像 234画像 236画像 235





なんか一つのものを扱いだすと、すぐこんなことになる、あれやらこれやら出てきて、一通りばらしたり、組んだり最後は乗る段取りまでも始まったりするが、、、748RSにこの外装を着せたのは、写真のように、F-01マシンのクラッチカバーに、748RSパーツを付けいかにもTT-1750マシンに見せていたかように自分の目には映ったからでもある。1972IMOLAウイニングは、ご存じのとおり#16−F750マシンである。IMOLAイコール750TT-1とも感じ取れるものであるが、写真のカウルは勿論決勝で、大破して、ラコーニが踏みつけ吹っ飛んだカウルである、VTRで見るとすさまじいクラッシュだが、やはりケブラーの恩恵でこれくらいのダメージで済んでいるのもすごい、カーボンだとおそらく、バリバリだと思う、実際メルテンスのハイサイド出飛んだノーズコーンもガレージにあるがけっこうバリバリにわれている。フロントフェンダーも決勝の吹っ飛んだバイクからはずしたもの、これは案外無傷に近かったパーツだ、フェンダー裏側にはフルボトムでタイヤがヒットした跡もある。決勝で大破したタンク、ノーズ、シートはいずれもお釈迦になっていた、タンク、サイドカウル、アンダーカウルは、スーパーポールに使用したもの、雑誌の写真と比べればわかると思う、ポジポリーニTITがエクゾーストで焦げているのが分かる、雑誌の状態から、数ラップすると、今の状態になったのであろう。しかし、削れているのが、右側がほとんどで、左も、少すれているものの、IMOLAサーキットは、右バンクがけっこうきついようなのが感じ取れる、とはいえこの角度までBIKEを寝かせてみたが、はっきり言ってこけているのと同じ状態である。やはりこの人たちは、普通の人たちではないようだ、おまけにVTRで見ても、50CCBIKEレースのような乗り方、フロントはプルプル状態、斜めにドリフトしてコーナーに入ったり、全開でけつを流して高速ストレートで向きを変えたり、見ているほうは楽しいが、走っているとどんな感じなのだろうとか思ったりする、話は変わるが、今年もIMOLAクラシックは9月に開催されたが、今年は90%くらいが、2ストロークレーサーのオンパレードだった、おそらくカテゴリーは1980Sといったところだろう、そのうち10年もしたら、この辺をおっさんになったベイリスが出てきて走らせたりするのだろうが、といっても、ご覧のように、予選、決勝のオリジナルパーツはだいたいここにあり、ムゼオも含め、後年つくられたものばかりである、こればっかりは、オンタイムでいた自分ははっきり言えるものである、あれからすでに10年がたつ、年も10歳増えたというわけだが、10年後ははっきり言って、やっているかどうかも分からないものでもある、ブログもある意味集大成のメモラビリア化するような感じでもある。 おわり
画像 218画像 217画像 219








collezione at 22:21コメント(0) この記事をクリップ!
Categories
Recent Comments
QRコード
QRコード