2010年03月25日

レザースーツ

画像 028画像 029画像 035





叉冬に逆戻りの日本、4月が近いのにこんな気候では、話にならないといった感じで始まったが、こんな時こそレザーウエアーの点検や、改造するのもまた楽しい時間帯になる。今までにも、いろんなレザーを作り、コースへ出てみたものも、一発でしっくりきたものは、かつてダイネーゼ以外なかったものである。ダイネーゼも国内では、フルオーダーはほとんど難しく、以前DUCATI-CORSEの紹介を借りて、ダイネーゼITALY本社で作製してもらったことがある。これはさすがに、表革、特にインナーが良くできていて、体もスムーズに動くものであった。写真のレザーは、イギリス、LOOK-WELL製の、一応フルオーダー、何でも、1978に作った人がこれを作ったというものだが、それはさておき、着用してみるもの、なんかこうしっくりこない、というか、インナーのつくりが全く駄目で、快適ではなかった。そこで今回、インナーは、すべてパッド関係を、クシタニ福岡にお願いして、スペシャルにしてもらった、今回で3回目の改造である。足回りインナーも、ダイネーゼと同じ感じの作りこみである。これが今回うまくいき、とてもいい感じになった。やっぱ、外見よりも、インナーの完成度に尽きる。その他ワッペン、ロゴ関係すべて、1979 TT-クラシック仕様だ、(正確には、SCHWEPPES CLASSIC RACE1979)勿論SMCの代紋も背中に入る仕様、ほんとは、ここにマルボロマークが入るが、個人的に嫌いなので、1979のティームワッペンを貼りこむことにした、凝りだすとまったくきりがない性格は、ほんとどうにかして頂戴といった感じである。レザーの足回りは、98くらいのスーパーバイク仕様で、外だし仕様、ブーツはダイネーゼで、貼りつけたままファスナーを下ろすと、一発で、ブーツから脱ぐことができる仕様だ、これだ、足元がずれたりしなくて、結構いい感じだ、また、このころの、ダイネーゼブーツが、一番履きやすく個人的には非常に気に入っている、近年のブーツは、足首が変に固定され、自由感が少ない、オールドモデルを走らせる機会が多い自分にとっては、このくらいの年式のものが使用しやすい。というわけで、福岡ライトスポーツ 092-582-0898(クシタニ福岡)で無理な頼みばかりお願いしたという、話であった。


画像 030画像 031画像 032













画像 033画像 034

collezione at 18:45コメント(0) この記事をクリップ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Categories
Recent Comments
QRコード
QRコード