2010年05月23日

DB-1 FACTORY RACING OH-NO2

画像 064画像 065画像 067





画像 066画像 069画像 070





というわけで、前回に続き、洗浄が終わったところと、細かい個所を若干紹介しよう。とりわけヘッドは、スペシャル加工が施されている。燃焼室や、プラグホール、バルブガイドホールなどは、一度埋めなおしたさらに加工が施されている、ポートの大きさも、普通ではないし、ショートストロークEGで説明したものと同じく、EXガスケットは、ポートに合わせた、カッパーガスケットが作って入れてある、この辺は、FACTORY-NCRも同様で、入れるのと、潰れるような安っぽいガスケットだと、ほんとに、フィーリングが分かるように変わる。また、インレットバルブは、背中の部分が、流速を変えるための、ドーム型加工が施される。その他、細かいところが多数あるが、そのうちギャラリーで、VTRも付け、アップしようと思う。今回は、ピストンリングは在庫で持っているので、各パーツを、軽く研磨し、クランクメタル交換、バルブフェースカット等その他、各クリアランスを適正地に戻す作業を施す。基本的には、この類のものは、オリジナル動態保存が常というものだろう。なんとなく、各パーツサイズ、加工等が、750ショートユニットに非常に類似している。次回は、おそらく完成し、EGをかけるといったところだ、今年の夏は、888RSとともに、コースで思いっきり乗ってみようと思う。勿論、この辺をやっているのは、マツオカヒトシ。現在も、ガレージには、パンタ、ベベル、修理、フルカスタム、フルOH等、多数作業待ちがある状態。年々、全国的に持ち込まれる台数が、おかげさんで増えている状態だ。何かあれば、直接問い合わせてほしい。TEL 090-1769-0099 マツオカR&D


画像 060画像 062画像 063

collezione at 16:33コメント(0) この記事をクリップ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Categories
Recent Comments
QRコード
QRコード