2011年07月28日

1973-SHORTER750

画像 050画像 042画像 040





画像 044画像 046画像 048





毎日暑く、元気のいいのはうちの木に群がる蝉の軍団くらいか、朝から数十匹まとめてギンギン鳴いているからたまらない、頭の中は、2ストレーシングエンジンを朝から全開で聞いているようだ、先週は、関東に久しく遠征していた、なんとなく、全体的に元気がないようにも見えるがそれでもやはり人だけは多く空気が悪いのは、いつのときでの常というものか、サンダンスにも久しぶりにより、芝崎氏とも久しぶり話をした、1800CCインジェクションに試乗させてもらい、環八を乗ってみたもののやはりいつものごとく、超ハイパフオーマンスマシンであることはいうまでもないここまでハーレーも来るとちょっと魅力的でもある、コルベットのようなバイクといったほうが正しいかもしれない、音もこりゃもうの世界である、そのほか、今年輸入したCOBRAは無時シェイクダウンまだ慣らしでおまけに都内は渋滞であまりいいところが見れないが、岡本氏が運転するところを最後に少しお見せしよう、と遠征話もさながら、SHORTER-OHの続編、今日はサスペンション等である、写真のようにだんだんセットしていくうちに、こんな状態になってきた、インナーも勿論スペシャルで、ピロマウント、バネがどうしても柔らかすぎるので、今回はマルゾッキのRACINGスプリングを投入である、オイルも固くして減衰を聞かせカラー、アジャストもすべてワンオフここまで来るとチェリアーニではないようだが、やはりチェリアーニ305MMのこだわりである、クエランクケーススタッドボルトは、冶具を使っての加工12mm、これでばっちりしたシリンダーテンションが期待できる。もうすぐスペシャルベアリングや、DLC加工も上がってくるようだ、それから、結構今回は、マグネシオパーツを調達し、現在あのぎらぎらするビクロマート処理に出しているので仕上がりがたのしみでもある、その他さらなるブレーキローター肉抜きや、究極のホイールバランスの外注とまだまだ細かな煮つめ作業はつずく、あくまでも1973にこだわっての話だ、現在検討しているのが、オイルライン、リアカムフオルダーからケースの腰に落とす方法、これはギアカウンタシャフトベアリングを冷却するシステムだが実際投入されたのは、77-78くらいのNCRくらいからだ、1973には使用されてはいないが、ここがあまり冷えなくベアリングが痛むのはわかっているので、頭の痛いところでもある、勿論コンペティションに限っての話でもあるが、まだ時間はあるので考えてみるとしよう、というわけで着実にSHORTERは前進していると言ったところである、次回コースで走るのはある意味いろんな経過を通過しての最終に近いところまで来ているようなので、非常に自分にとっても楽しめである、おそらくMR−マツオカはこれを作って今日まで開発した自信と満足感があることは言うまでもない。下の写真はイタリアの友人のSHORTERだ、NCRを借り切って作っていたものだ、EGは故ネポッテーが組み上げた最後の作品となる、いつの日かシェイクダウンの日が来るであろうがその日が楽しみだ、というわけで、最後は1965 COBRA-CSX4204の映像で終わりにしよう。岡本氏の楽しそうな笑顔が印象的である。
FERDI 006FERDI 005FERDI 002








collezione at 21:55コメント(0) この記事をクリップ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Categories
Recent Comments
QRコード
QRコード