2011年08月19日

750SHORTER メインベアリング

Imola73-011Imola73-013画像 200







画像 199画像 198画像 192






画像 147画像 195画像 172






ようやく少し秋かなっといった空気が差し込むようになってきた、今日は、組み込み前にメインベアリングの紹介である、左上2枚の写真は、ヨーロッパで撮影されたワークスユニットの写真、ベアリングの写真がありおそらく普通ではなんでこんな写真あるんだろう?となるだろう、実はSHORTERメインベアリングは、数値にして1mmと1/100薄く加工して組み込むのであるおそらくそれをこの写真は言いたいのであろうが、このエンジンを扱った人間じゃないとわからない部分でもある、なんで薄いのか?クランクの設計ミス?(違うだろう)なんか理由もありそうだが、設計者はもういないわけで、こんな謎に包まれたところが、ワークスユニットには多々あるとだけ言っておこう、我々はそれを忠実に再現するのみである、スタッドボルトも特殊加工転造仕様の強度あるものを投入されているのが写真でもわかる、やはりスタッドは重要なきもの一つであることは言うまでもない、ステンとかチタンとか聞くが、何考えてんだろうということに結果としてはなる話でもある。というわけで、73SHORTERの重要な部分、数値までも紹介したが実際ここまでの回転域で走らせるところまで来るにはかなりに時間がかかったとだけ言っておこう。というわけで、シェイクダウン(何回目?)も近くなってきた、自分自身とても楽しみなことである。  終わり

collezione at 22:04コメント(0) この記事をクリップ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Categories
Recent Comments
QRコード
QRコード