ワタシが持っている大物自転車グッズの一つ、自転車キャリアTERZO EC16 SARIS BONES2です

今年の夏から始めた車載輪行。そろそろまたどこかへ遠征したいな~

自転車載せて走ると自転車重量と空気抵抗でリアヘビーになります・・・
DSCN0645


今まではTOPEAKのサドルバッグ(
TOEAK エアロウエッジパック クイッククリック Lサイズ)を使っていましたが、KABUTOのツールボトル導入に伴い、使い勝手を考えてTIMBUK2グッディーボックスを購入しました

重量配分を考えて、工具等の重い物はシートチューブのツールボトル、軽い物はトップチューブ上のフレームバッグで携行します

全体のイメージに合わせて白をチョイス(でも右側は黒いメッシュポケット)
DSCN0978

右から見た図
DSCN0977

左から見た図
DSCN0980

上から見た図
DSCN1026


それではバッグのサイズを測ってみましょう

全長:約180mm
DSCN1025

前端の幅:約80mm、高さ:約90mm
DSCN1023

後端の幅:約70mm、高さ約75mm
DSCN1024


バッグの蓋にはスマートフォンが入るよ~!というのがウリの一つのようです
ワタシは持っていないので、代わりにDoCoMo FOMA906iμを入れてみました

かなりキツい・・・
DSCN1029


透明の樹脂製窓が携帯にくっついて出し入れが大変です
(荷物をパンパンに入れなければ少しは出し入れしやすいかもしれません)

スマートフォンの画面を確認するには問題なさそうです


前回のポタリング時の中身を見てみましょう

2段重ね収納(上にはウィダー in)
DSCN0981

下にはタイヤチューブ2本、サコッシュ、一本満足バー
DSCN0982


荷物を出し入れするのは非常に楽です(除く、携帯電話)
本体はベルクロテープによって、シートチューブに2箇所、ヘッドセットスペーサーに2箇所で固定するので、よほど重いモノを入れない限り走行中にズレることはないと思います
(注)CLXはヘッドセットスペーサーの位置が遠かったので、追加のベルクロテープを使用しています


しか~し!走行中のペダリングに対して少し問題がありました

前述したようにバッグの形状は高さ、幅共に前方に向かって広がっています

前端
の幅:約80mm、高さ:約90mm
後端の幅:約70mm、高さ約75mm

ワタシの場合、このサイズはダンシングをする時に膝が当たってしまうのです・・・

ちなみにCLXのトップチューブの幅は以下のようになっています

前方:約40mm
DSCN1027

後方:約40mm
DSCN1028


つまりバッグを着けるとトップチューブから左右に15mm~20mmずつ、高さ75mm~90mmの出っ張りができることになります

加えて停止時にサドルから前に降りると股間がバッグに、お尻がサドル先端に当たってしまいます。スリム体型なら大丈夫なのかな~?

サドル先端からバッグまでの距離約180mm
DSCN1022


う~ん、これは実際に使ってみないと判らないことですね

これから購入を検討されている方は、ダンボール等で同じサイズの箱を作って干渉するかどうかを試してみることをおすすめします


ポタラーのワタシにとっては携行品の収納が第一なのでこのまま使いますけどね~!


追記:非常に大まかに言うと500mlのドリンクボトル(SHIMANOはぴったり)位のサイズです。
もっと細かいサイズやこんなものを入れたらどうなのか?を知りたい方はコメントいただければ試してみますよ~!

日本ブログ村のランキングに参加しています
記事の内容がお気に召したら下のバナーのどれか一つを押していただけると、ブログ更新のモチベーションが上がります!!

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへにほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ