2012年05月

COLNAGO CLXとFOCUS Izalco Teamに乗ってホームの別府から街なか、山、海へ出かける2サイズワイドの七蔵(ななぞう)です

いつもの場所、知らない場所を自転車で散策、走り終えたらメインテナンス
初心者自転車乗りが自転車ライフとブログを楽しんでいます

気軽にリンク、コメントお願いします!(リンクしたよ~!とコメントいただければ幸せ)

ライド先の景色、食べ物、楽しさが、読んでいただいた方に少しでも伝わればと思っています。
これからも応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

初めて物語Vol.8「ボトムブラケット分解整備編」


ども、肩こりと首の痛みに耐えかねて久しぶりに整体へ行った七蔵です

敵はこっちが油断した隙にバキッと攻撃を加えてくるので油断ができません
ま、少し楽になったから許してあげるけどね (⌒-⌒)

この肩こりと首の痛みは自転車に乗っていることからくるのは判っています。ポジションがまだ決まってないんでしょうね。一度BG FITに行ってみようかな~?

DSC_0024


さて、今回はボトムブラケットの分解整備に挑戦します

実は以前
から左ペダルを踏み込んだ時にキシキシと鳴っているのが気になっていました。今回の200kmライドでもやはり音がしていたので、定期整備のついでにボトムブラケットも分解整備します

ボトムブラケットは部品にも「分解すんなよ~!」と書かれており、なかなか手を出せなかったのですが、自転車ブログのブロガーさんの記事を読んで挑戦してみる気になりました

「毎日がヒルクライムに挑戦してみるよ」の旦那様、よしぞ~さんの記事

汚ねえ、ボトムブラケットだなあ。
http://blog.livedoor.jp/inaba3102-dolceelite/archives/6218165.html

実はこのブログ、ワタシは勝手に「毎ヒル」と呼んでいます。旦那様のよしぞ~さんと奥様のいなばさんの記事が更新されるのをいつも楽しみにしています

この作業を行うにあたって工具等をいくつか揃えました

TL-FC18(キャップ脱着用工具)とアダプター脱着用工具
NEC_0027

リペアスタンド MINOURA RS-1600
DSC_0003


よしぞ~先生の記事を頭に叩き込んで作業開始~!

リペアスタンドにバイクを固定しますDSC_0002


まずは左クランクから作業開始です


キャップを外します(ちょっと固いので力一杯回します)
DSC_0011

外したキャップ(見づらいですが、グリスはそれほど汚れていません)
DSC_0012

中にはグリスと削りカスのようなモノが(汚れはない模様)
DSC_0013

クランプボルトとワッシャを抜きます
DSC_0016

外れ止めプレートを抜きます(結構汚れてました)
DSC_0019

左クランクのグリスは真っ黒・・・
DSC_0020

左アダプターにも真っ黒なグリスが・・・
DSC_0021

左アダプターを外します

固いので反時計回りに思い切って力を入れます
DSC_0022


外したアダプターは綺麗に掃除します

ネジ山には削りカスが・・・
DSC_0023


左クランクを外すと、右クランクは簡単に抜けます

グリグリっと引っ張って右クランクを外しました
DSC_0024

右アダプターにも真っ黒なグリス
DSC_0025

インナーカバーにはグリスが付いているくらい
DSC_0027


画像はないですが、ハンガーの中は綺麗でした

分解終了!

外した部品を綺麗にし、グリスを塗って取り付けます

余分なグリスはしっかり拭き取って・・・
DSC_0032


右クランクから取り付けます

さて、ここで問題です。次の画像にはひとつ間違いがあります

どこでしょ~!
DSC_0034


正解は「チェーンがかかっていない!」でした

これ、仕込みなしで間違いました・・・(/TДT)/ オロロロ

ちゃんとチェーンをかけ直します
DSC_0035


左クランクを取り付けますが左クランクには軸とクランクに幅広部分があるので、これを合わせて組み付けます

軸側の幅広部分
DSC_0036

左クランク側の幅広部分 
DSC_0038


どのパーツもそうですが、組み付けるときに間違わないような工夫がされていますね。やはり世界中で使用される部品はユーザーに優しくなければ!


キャップにもグリスを塗って取り付けます
DSC_0039


これでボトムブラケットの分解整備終了です!

アダプターの締め付けトルクの推奨値が35‐50N・mというとんでもない値だったのですが、手で目一杯締めただけなので適当な距離でまた整備するようにします

よしぞ~先生、感謝、感謝です!

さて、次は何をいじろうか???

みなさんの記事はとても勉強になります!
(゚д゚)(。_。)ウンウンと思ったら
下のバナーをポチッとね☆
↓ ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村へ
にほんブログ村

自己最長走行距離に挑戦!改め「姫路城200kmライド」


ども、今朝は7時から1時間半程走ってきた七蔵です

朝方はまだ涼しいですね。それでも5分も走ると汗が滲んできます

タイヤ、ホイール、ブラケット高、サドル高、クリート位置・・・
短い距離ながらも色々なことを試すには十分です

より良いセッティングを見つけて、それをロングで試してみるのが楽しみです


DSC_0026


さて、5月29日日曜日にでかけたロングツーリング
なんとなく西へ向かって走り始めたものの、明石海峡大橋のたもとで目的地を姫路城に決定。レポートのタイトルも
「自己最長走行距離に挑戦!」改め「姫路城200kmライド」になりました!

山陽電鉄本線大塩駅の手前にそびえ立つ姫路城みたいなお家を後にして、目指すは姫路城!


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

R250を山陽電鉄本線沿いに走るものの目指す姫路城がどこにあるのかが判りません。こんな時には携帯でネットを検索するか、地元の方に聞けばいいのに、そのまま自力で辿り着こうと足掻きます

白浜の宮駅の先に「姫路市街」の看板を発見!ここは素直に曲がります。小高い山に沿って走っていくと姫路バイパスをくぐって川を渡りました。その先に新幹線が走ってます

「おぉ!新幹線!速度が落ちてるから姫路駅も近いぜ!」

5分程で姫路駅に到着。姫路駅の北側にある姫路城を目指して快走。そして見えてきたのが保存修理中の国宝・世界遺産の姫路城

なんだかビルみたいですが、姫路城です
姫路城


ようやく着いたので、まずは一休み、一休み

アクエリアス補充とコーラ注入
NEC_0016

お城の前には立派な表札が・・・(笑)
NEC_0014


そして入城
自転車に乗ったままでも入れますが人が多かったのでクリートをカチャカチャ鳴らしながら押して入城 

小兵や忍者がお出迎えしてくれました

NEC_0012


見上げるとそこには姫路城大天守修理見学施設
「天空の白鷺」

ど~ん!
NEC_0010

天空の白鷺
NEC_0007

賑わっていたので入口の看板を見てみると・・・

ここはTDL?USJ?スカイツリー?いえいえ姫路城です
NEC_0009

振り返るとそこには観光客に囲まれた丸い物体が・・・

最近あちこちで出没している「ゆるキャラ」でした
NEC_0008

お名前は?

しろまるひめちゃんでしたか
NEC_0005


城内には動物園もあります。子供達が楽しんでいました!


姫路市立動物園(立の字がキリンですw)
NEC_0006


さてさて、そろそろ帰るとしますか!
ここで走行距離は全行程の半分の約100km。復路はR2を行けるところまで行ってみます

往路は向かい風だったので復路は追い風!かと思ったら、微妙な向かい風

走り出して10分程してコンビニでトイレ休憩とエネルギー補給です

本日のエネルギー
NEC_0003


ここからはただひたすら漕ぐべし、漕ぐべし、漕ぐべし!

100kmを超えた辺りからは、ただただ無心で漕ぐようになりました

おぉ、もしかしてこれが噂の
「ペダリングハイ」

気が付けばそこには加古川がありました

加古川です
NEC_0001

ここの河川敷も走りやすそうだ
NEC_0002

加古川を越えてなおひたすら漕ぎ続け、ようやく明石海峡大橋が遠くに見えてきました

滝の茶屋駅の辺りで前方にミニベロ発見!これが速い!
微妙な上りにも拘らずまったく追いつきません!脚の差か・・・

うちひしがれて、神戸の港付近に到着。自動販売機でアクエリアスを買おうとボタンを押したら出てきたのは水・・・。ここで自動販売機に裏切られるとは・・・

体力とともに心も削がれつつも150km到達。体は正直なもので未知の領域に入ったとたんお尻が痛くなりました。ちゃんと距離を覚えているんですねぇ

R43
に入った頃にようやく追い風に変わってくれました。夕方になって日も傾き涼しくなったので袖を外して半袖にして走行。やっぱり涼しいな~!

復路もそれほど車は多くなく、順調に走って無事帰宅

疲れたけど
自己最長距離ライド(200km)を達成して大満足な1日でした!
これで今年の目標のうちの一つを達成。後は月間走行400kmです!

姫路城200kmライド 

走行時間:07:58'37 
走行距離:200.02km 
平均速度:25.0km/h 
5月積算 :609.4km 

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

次回はもっと楽に走れるハズ!
(゚д゚)(。_。)ウンウンと思ったら下のバナーをポチッとね☆
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村へ
にほんブログ村

自己最長走行距離に挑戦!


ども、今日は午後4時頃からのゲリラ雷雨の中ビショビショで帰宅した七蔵です

5時半にはもう晴れてきた・・・
近畿地方は雷の被害が多かったようですがそちらは大丈夫でしたか?

これからの季節、突然の雷雨に備えてレインウェアを携帯した方がいいのかも?すぐに晴れてくれれば走っている間に乾くかもしれませんが、ダウンヒルだと風邪をひきそうですね


DSC_0033


さて、今回は5月29日日曜日の話です

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

朝5時に起きて、朝7時からさくっとチューブ交換

今日はちょっと遠出してみるか!ということで、初めて100kmライドを経験した明石海峡大橋へ行くことにしました。ウェアに着替え、飲み物と補給食を準備して8時に出発。西を目指します

あれから約半年、何度かの100kmライドを経験して少しは成長しているはずですが・・・?

神崎川を下ってR2に合流。しばらく西進すると道路沿いに
「おおものこうえん」なるものが現れましたw(゚o゚)w オオー!

大物になれそうな予感
NEC_0025


ここで遊ぶ子供たちはもれなく大物になれるのか?と思ったら
だいぶつだいもつこうえん」らしいです。公園の中には懐かしのD51が静態展示されているのだとか。蒸気機関車は今の子供たちの目にどのように写っているんでしょう?D51はまた今度じっくり見学することにします

尼崎の先で左折してR43へ。そのままR43をひたすら西進してまずは須磨海浜水族園へ

今日のR43はそれほど交通量が多くないので走りやすいですが、そのせいか、みんな飛ばしてます。ふと、バーエンドミラーを見ると、後ろから一台のローディーがつかず離れずの距離で追ってきます

R43がR2へ合流するオーバーパス手前の信号待ちで「こんにちは!」と声をかけられました。話を聞いてみると加古川まで行くとのことなので、一緒に走り出します

このローディーさん、がっちりした体つきで青いSAXO BANKのジャージを着ていました。いつもは仲間と一緒に走っていて、ソロライドは久しぶりとのこと。後ろに付いて走ってばかりなので、何度も通ったR2なのに道がよく判らないらしい・・・。で、ここから何故かワタシが前を曳くことに・・・

♪風はいつでも向かい風~♪

結構キツイです。Campaglolo BORAのラチェット音「はよ行けや~!」とばかりに迫ってきます(かなり被害妄想・・・)。ちょっと遠回りながら柳原IC辺りで車が多いR2から和田岬を通る道へ逸れます。この道は和田岬を経由して須磨海浜公園へ抜ける車通りの少ない道です。ここを30~35km/hで向かい風の中を一生懸命曳きました(/TДT)/
須磨海浜公園前でR2に合流。信号待ちで息を切らしながらもちょっとお話タイム

「どこまで行かはるんですか?」(SAXOさん)

須磨海浜水族園で休憩・・・、と言いたいところを

「どこってこともないんですけど、淡路島へ渡るジェノバラインを見に行こうかと」(七蔵)

「あぁ、ボクも何回か使ったことがありますよ」(SAXOさん)

「へ~、そうなんですか~(^∀^)」(七蔵)

信号が青になり、再び曳きます・・・ヽ(TдT)ノ

須磨海づり公園を左手に見て、垂水駅の前を通り過ぎ、舞子公園の上に架かる明石海峡大橋をチラっと見つつ朝霧駅に到着。ここでワタシはR28へ、SAXOさんはそのままR2を直進することになりました。ではまた~!と挨拶して別れます。とても人懐っこいSAXOさんは普段北摂の山の中を走っているらしいので、すでにどこかで遭遇しているかもしれません。またどこかで会えるといいですね~!

当然ながら、大蔵海岸公園で休憩です。息が上がってこれ以上は漕ぎ続けられまっせ~ん!

眺めのいいベンチに座ってここで最初のアクエリアス補給


明石海峡大橋と淡路島
NEC_0022


ちょっと霞んでいるものの、淡路島も良く見えました。今日は風も涼しくて走りやすいな~!

R28はたこフェリーを介して淡路島へ上陸している国道なんですね。現在は休業中かと思ったら正式に会社解散が決まったようです。残念、一度乗ってみたかったぜい!

現在休業中のたこフェリー
NEC_0020


その先にあるのが現在運行中の淡路ジェノバラインです。この日もロードバイクが2台乗船を待っていました。今度来る時には淡路島に上陸するぞ~!

淡路ジェノバライン
NEC_0019


ここで時間は10時過ぎ。まだ日が高いのでどこへ行こうか考えます。前回明石海峡大橋へ来た時に比べ、体力的にも余裕があるので、このまま淡路島に上陸して上半身3分の1位を走るのもイイかも?などと考えましたが・・・

そうだ、今年の目標だった200kmライドに挑戦してみよう!

はい、ここで今日のライドに正式名称がつきました

姫路城200kmライド



以前から200kmライドをやるなら姫路城と決めていました。この200kmライドのために山越え込みの100km、150kmライドを重ねてきたので、ここはちょっと頑張るよ!

行き先が決定したので頭の中で一生懸命ルートラボ画面を思い出します。たしかR2は途中で自動車専用道路になって・・・。でも、R2と平行に走る道があってそれで西に行けば姫路城・・・??

ま、なんとかなるでしょ!と、いつも通りにポタポタし始めました

道なりに走っていると
「姫路方面R250」の標識が出てきたので素直にR250に乗ります。人間素直が一番。R250沿いに「コベルコ教習所」の看板が出てきました

ん?コベルコ?教習所?んんんん?

そう、ここは特殊機械(車両)専門教習所でした。クレーン、高所作業車、デリック、フォークリフト等々の免許を取れる教習所でした。なるほどね~。こんな教習所もあるんだね~、と感心させられました

ふと前をみるとスクーターが走っています。女性が運転しています。ずいぶんとゆっくり走ってます。35km/h位かな?(てか、法定速度30km/hだからいいんじゃね?)

普段見慣れたスクーターとは何か雰囲気が違うので、よく観察してみると「電動スクーター」でした

電動スクーター
電動バイク


初めて見たよ!YAMAHAの電動スクーター

http://www.yamaha-motor.jp/ev/ec-03/ 

ゼロエミッションという意味では自転車と同じですね。とても静かで「うぃぃぃぃぃぃ~ん」と唸りを上げて走っていきました

R250はめちゃくちゃ快適な道です。片側3車線で路肩はちょっと狭いけどスムーズな路面で走りやす~い。微妙な向かい風の中でもすい~っと走れます

やがて姫路バイパスと合流する交差点を過ぎると片側1車線の細い道へと姿を変えました。しばらくすると見えてきました~!姫路城!!!???

姫路城???
姫路城みたいな


山陽電鉄本線大塩駅の手前にそびえ立つ姫路城みたいなお家でした。お殿様が住んでるんでしょうね、きっと(⌒-⌒)

そして今回唯一の峠「高坪山@標高106m」を越え、姫路市街を目指します!

次回へ続きます(多分)

 *:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

さすがに200kmライド、1話では終わりませんでした。もう少しお付き合いください


と、峠ってアンタ・・・
(゚д゚)(。_。)ウンウンと思ったら下のバナーを
ポチって頂けると沢山のブログを楽しめます
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村へ
にほんブログ村 

パンクの原因を探る


ども、朝5時に起きて朝早くからゴソゴソ活動している七蔵です

日曜日の昨日も朝から洗濯しようと思ったのですが朝6時から洗濯するのは他の部屋の住人に迷惑になりそうなので遠慮させていただきました・・・

朝の時間帯、特に日曜日はせめて7時からが行動時間なんでしょうか?

DSC_0025


さて、先日ピンホールのパンクが発覚したリアチューブ(Panaracer R'AIR)ですが、当然そのままでは走れないので、以前使っていたAKSIUMのチューブを移植しました。そのついでにパンクの原因も探ることに・・・

Panaracer R'AIR
R'AIR

さっそく
AKSIUMからチューブを取り外しました
AKSIUM


AKSIUMで使っていたチューブはPanaracerの質実剛健ブチルチューブです

Panaracer CYCLE TUBE(質実剛健)
Regular tube

さくっとタイヤを外して

ひっくり返して


先日見つけたピンホールがあった位置を再確認

チューブの接合部のような厚くなっている場所です
DSC_0004


この部分はリムに接しているんですが、そのリム部分にはやはりリムの接合部らしきものがあります

ココんとこ
DSC_0008

結構な段差ですねぇ
リムアップ


改めてタイヤの内側と外側をチェックしましたが問題はありません
やっぱりこのリムの段差が原因なのかな?

タイヤパウダーを塗布し、無事作業が終了したので、フレームポンプの動作チェックも兼ねて空気を入れてみました。結構頑張ったのですが、ワタシの力では
5barが精一杯 (/TДT)/

イザという時のためにたまには動作チェックしましょう!
ミニポンプ


ワタシのミニポンプはポンピングを続けているうちに握力が無くなり疲れてくるのでミニフロアポンプタイプがイイですね

こんなやつ
TOPEAK-PPF04000-m (1)


KSYRIUMの売りのひとつは「リムテープが不要なのでその分軽量になる」ことですが、もしも同じようなパンクが続くようであればリムテープを装着することも考えなければならないですね

乗らずに置いておけばほとんど空気漏れはないのですが、乗ると空気が少しずつ抜けていくピンホールによるスローパンクチャー。パンク箇所が見つけづらく原因の特定が難しいですが、異常動作には何か原因があるもの。原因が判らなくても、安全に走るためにはとりあえずの応急処置は早めに行うことが重要ですね


ボンベ式のフレームポンプもいいな・・・
(゚д゚)(。_。)ウンウンと思ったら下のバナーを
ポチって頂けると沢山のブログを楽しめます
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村へ
にほんブログ村

雨なので部屋の中でステム交換


ども、ポタリング先の撮影用にコンデジが欲しい七蔵です

ヨドバシカメラで見てきましたがずいぶん安くなってますね
ハイビジョン撮影(Fullじゃないけど)ができる16MピクセルのNIKON Coolpixが実売10000円強。32Gのメモリカードが8500円位なので、メモリカードとそんなに変わらない値段です

う~ん、消費者には優しいけど、メーカーには厳しい時代ですね・・・


さて、今日は朝から一日中小雨で、夕方のライド計画は結局中止。なので、今日買ってきたステムを取り付けることにしました

先日割ってしまったカーボンステムにサヨナラ (o・・o)/~ して、新しいアルミステムに交換です

FSA OS-190 Carbon Stem :100mm、6°
Carbon stem

から

FSA OS-190 Alloy Stem :100mm、6°
OS‐190


へ交換です

4mmと5mmの六角レンチがあれば作業できます

まず4mmの六角レンチでヘッドキャップを外し、ハンドルを外しました

本体はアルミです
Stem top


5mmの六角レンチでトップキャップを外して4mmでステム本体を外します

トップキャップ
top cap


コラムが汚れていたので綺麗に掃除

コラムとヘッドセットスペーサー
ヘッドセットスペーサー

新しいステムを取り付けました
NEW 

新旧ステムの比較
DSC_0011NEW


ボルトにはあらかじめグリスが塗ってあるので、そのまま使用します

青いグリスが塗ってありました
NEW Grease


ハンドルバーを取り付けて、ブラケットトップの高さを955mmに設定

ハンドルを取り付け終了
Handle set

サイコンを取り付けて、作業終了です!
DSC_0023


今回はトルクレンチで推奨トルクで取り付けました(笑)
日曜日に走るのが楽しみです!


カーボンもいいけど、こっちもなかなかいいね!
(゚д゚)(。_。)ウンウンと思ったら下のバナーを
ポチって頂けると沢山のブログを楽しめます
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村へ
にほんブログ村

自己紹介でございます
にほんブログ村のランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけると明日もブログを書けそうです!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
ようこそいらっしゃいました!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

探し物は何ですか?
コメントありがとう!
オススメのブログ
今日も走れるかな?
みんなのブログランキング
楽天市場ポチっとな
Amazonポチっとな
  • ライブドアブログ