2012年09月

COLNAGO CLXとFOCUS Izalco Teamに乗ってホームの別府から街なか、山、海へ出かける2サイズワイドの七蔵(ななぞう)です

いつもの場所、知らない場所を自転車で散策、走り終えたらメインテナンス
初心者自転車乗りが自転車ライフとブログを楽しんでいます

気軽にリンク、コメントお願いします!(リンクしたよ~!とコメントいただければ幸せ)

ライド先の景色、食べ物、楽しさが、読んでいただいた方に少しでも伝わればと思っています。
これからも応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

生まれ育った土地(大分県)を走る


拙ブログをご覧いただいている皆様へ

今日から一週間、 ロードスターにCLXを積んでフェリーで大分県に帰省しています


生まれ育った街を自転車で走り、故郷の自然を楽しむのが目的

しばらくの間留守にしますが、帰阪したらポタリングの様子をアップしますので、お楽しみに!

この一週間、みなさんも楽しい自転車ライフをお送り下さい!


m(_ _)m 今週は返事ができないので、この記事はコメント不可設定にしています

ポチっていただけると、この一週間を存分に楽しめそうです!

にほんブログ村へ
にほんブログ村

リベンジのご褒美はマンゴーミルク味


ここ最近、自転車キャリアの取り付けや試走で自転車に乗っていませんでした。自転車キャリアと一緒にポチったものも届いたので、それを使いたかったってのもあるんですけど・・・

新しく購入したのはパールイズミのコールドブラックサイクルパンツ。ショートパンツを使うにはそろそろ季節も移り変わりつつありますが、まだまだ汗をたっぷりかくこともあるので、思い切って購入

今日から一週間九州へ帰省するので、その前にひとっぱしりというところです(^Д^)


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. ここからは9月22日(土曜日)の記事です ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

朝10時に自宅を出発。猪名川沿いをノンビリとルートを考えながら北上していると、目の前に見えてきた山が・・・

おお、そうだ。我が家から一番近い激坂があった!

最寄りの激坂
猪名川から五月山


五月山ヒルクラ・・・、いやハイキング(;´Д`)」(9月3日の記事です)で途中下車した五月山。ここ最近のLSDの効果を試すのにもピッタリ(ホントか?)

五月山リベンジ!



最初のポイントは五月山幹線道路の料金所です。今日は祝日ということもあり、車が多いですね。自転車は無料なので、ゲートの左端をすり抜けて進みます

DSCN0486


ここ最近の北摂の山中は、秋の訪れと共に雑草処理作業が頻繁に行われています。それに伴って交通整理が行われているのですが、上り坂の途中、しかも激坂の途中で停止させられるとリスタートが非常に辛い・・・

で、なんと、先日途中下車したポイントで作業実施中・・・工エエェェ(´д`)ェェエエ工

この時点で息も上がり切って既に (:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

その姿にビビったのか旗振りおじさんが通してくれました。自転車なので自動車との離合にも問題無いですしね。でもクリート付けたまま力尽きて転んだら確実に踏まれるな・・・

自転車ブロガータカヲさんに教えてもらったように、序盤約2kmにある激坂を乗り越えれば何とかなる!と坂に耐えながら少しでも進みます

途中の緩斜面にある秀望台でパチリ
DSCN0487


序盤の激坂をほぼ止まりそうな勢い(?)で上りました。ほんの少しだけある緩斜面やヘアピンカーブではなるべくシフトダウンすると同時にシッティングで速いペダリングを心がけます

シッティングが辛くなるとダンシングに切り替えますが、このダンシングは
「前に進む」でも、「脚を休める」でもない、「息を整えるダンシング」(てか、立ち漕ぎ(^_^;))です

呼吸に合わせて右、左と踏み込んで、少しずつ息を整え、170bpmまで上がりきった心拍を140bpm程度まで下げます。心拍が下がり呼吸も落ち着いたところで、再びシッティングに切り替えて前へ進み、心拍が上がったら再び立ち漕ぎです

なんとかこれで2kmの激坂をクリア!!そして、最初のピークで喜びの記念撮影です!

撮ったど~!(あれ?)
DSCN0488


その先にも続く急坂の波状攻撃もこれでしのぎ、ようやく箕面川ダムへの下り坂へ到着。気持ち良い風を受けながら達成感に浸りました

やったった感満点の風は気持ちいいですな~!

ダムを抜けてそのまま箕面駅方面へ下ります。途中、勝尾寺との分岐点にある気温計が秋を示していました

コールドブラックアーム/レッグカバーだと寒い位です
DSCN0489


箕面山TTコースでは数人のローディーが上っていました。頑張れ~!
相変わらず箕面山は人気が高いですね

市街地を通って帰るのは信号が沢山あって煩わしいので、五月山入口方面のちょっとしたアップダウンを走って再び猪名川沿いへ戻りました

リベンジを無事達成したのでここは自分へご褒美でしょう!
最近のお気に入りは最寄りのダイエーのかき氷。4種類あるかき氷を今シーズン中に制覇しなければ!

冷凍フルーツとパウダー氷が美味しいです
201209221520000

先週食べたイチゴブルーベリーミルク味
201209191219000

今回食べたマンゴーミルク味
201209221522000


残るは抹茶2種です。果たして今シーズン中に全種類制覇できるのか??


激坂区間でのシッティング、緩斜面でのペダリングが少しスムーズになった気がします。LSDの効果でしょうか?

五月山リベンジ 

走行時間:02:27'51 
走行距離:46.65km 
平均速度:18.9km/h
高度上昇:602 m
最高高度:503 m

心拍数
平均心拍:123 bpm
最高心拍:171 bpm

ケイデンス
平均  :70 rpm
最高  :150 rpm


次のリベンジは大野山?それとも六甲山逆瀬川ルート?

クリックしていただけると次のリベンジも成功しそうな気がします!
にほんブログ村へ
にほんブログ村

初めて物語Vol.10「マツダロードスター(NC1)に自転車を載せる:積載試走編」


2人しか乗れず、積載容量も最小限しかないオープンカーのマツダロードスターに自転車を載せて、フェリーで九州へ帰るプロジェクト(え?いつからプロジェクト化?)が始まりました

前回の記事、
初めて物語Vol.10「マツダロードスター(NC1)に自転車を載せる:準備編」で、TERZO EC16がロードスターのリアトランクに固定でき、自転車を載せられることは検証できました。次は実際に自転車を載せた状態で実走行に支障をきたさないかどうかの検証です


1. ホイール収納方法

自転車をキャリアに載せる際には前後共にタイヤを外した方が空気抵抗が減る上に、自転車が左右にはみ出さずにすみます。ただ、外したタイヤをどこに収納すれば良いのか???

ロードスターのトランクはとても小さいので、700サイズのホイールは収納不可です。となると、車内に載せるか、空いている方のキャリアに載せるしかありません

基本、ソロライドなので助手席に載せることができますが、さすがに裸のままでは傷が入ったり汚れたりするのが嫌なので、ホイールバッグを買いました

TIOGAホイールバッグ(2本用)
DSCN0440


TIOGAのホイールバッグの構成はホイールバッグと菱形の中仕切りです
それとは別に輪行袋用のスプロケカバー等を使用します

スプロケットにシャワーキャップ、いやスプロケカバーを着けます
DSCN0446

2本のホイールに中仕切りをはさみます
DSCN0447

上下左右のバランスを取りながら固定
DSCN0448

スプロケは外側に向けました
DSCN0449

 ホイールバッグに収納
DSCN0450

いい感じじゃないですか
DSCN0451

助手席に載せても左バックミラーの視界は確保
DSCN0452


2. 自転車本体積載方法

リアのスキュアーでチェーンマスターを挟み、チェーンの位置を固定します

OSTRICHチェーンマスター


チェーンがピンと張る位置で固定
DSCN0442

フレームは3点で固定。それぞれにパッドをあてます
DSCN0443

ハンドルはベルトで固定(フレームに一度巻いて固定するとずれない)
DSCN0444


TERZO EC16 SARIS BORNS2は2台の自転車を積載できます
どちらのホルダーを使っても良いのですが、前方のホルダーを使うとペダルがバンパーに干渉してしまうので、後方のホルダーに載せました

しっかり固定できました
DSCN0445

自転車を載せた状態での後方視界
DSCN0453

左側バックミラーの視界
DSCN0454

右側バックミラーの視界 
DSCN0455


ルームミラーの視界は予想通り。タイヤを外したこともあり、左右のバックミラーの視界はまったく問題ありませんね

さて、実走行へ出かけましょう。目的地は北摂の自転車乗りにはお馴染みの箕面山です。山道を走ることで、横G、加速減速Gによるベルトの緩みを検証します

途中の道でのショット
DSCN0457


ブレーキを踏むとフロントディレイラーがハイマウントストップランプの明かりを受けて赤く輝いています

20分程で箕面山の麓へ到着。箕面山TTコースは車で走ると4分位の好タイムです(苦笑)。しばらく走って滝上の駐車場で休憩し、キャリアの緩みを確認しましたが特に緩みはありませんでした

後ろ側に積載
DSCN0460

やっぱりロードスターはオープンが似合う
DSCN0461

右後方から見た図
DSCN0462

左後方から見た図
DSCN0463

ハンドルはしっかり固定しましょう
DSCN0458

ロードスターにはオープンがよく似合うな~
DSCN0464

オープンにすると少しだけ後方視界が良くなりました
DSCN0466


峠のアップダウン、数々のコーナーを走ってみましたが、特にキャリアの状態には変化なし

さあ、これで日曜日の出発を待つだけとなりました


にほんブログ村へ
にほんブログ村

初めて物語Vol.10「マツダロードスター(NC1)に自転車を載せる:準備編」


来週一週間は自動車で九州へ行くのですが、せっかくなので自転車での「九州横断道路(通称:やまなみハイウェイ)走破」を企てています。走破といっても日帰りなので、全行程ではなく別府から湯布院のちょっと先くらいでしょうけど・・・

行程は名門大洋フェリーで大阪南港から新門司港。新門司港から下道で別府まで。さんふらわを使うよりもかなり安くなるのがポイントです

タイトルにもありますが、ワタシの愛車はマツダロードスターです。ミニバンやSUVなら自転車を車内に載せられるんでしょうが、ロードスターはそうもいきません。そこで、自転車キャリアを付けることにしました


まずはロードスター専用の自転車キャリアを探しましたが見つかりません。その昔、MINOURAから販売されていたらしいのですが、既に絶版です。そこでネット上で調べたところ「みんカラ」で「TERZO SARIS EC16」をロードスター(NB、NC)に装着している記事を見つけました

そこで早速ポチ!

通販で購入したのは

TERZOEC16 SARIS BONES2(2台積み用)
DSCN0421

LIFETIME WARRANTYらしいですw
DSCN0422

本体は樹脂製で剛性面でちょっと不安ナリ~
DSCN0423


そしてトランクリッド前部の固定用にハッチハガーも購入

これだと傷がつきにくいかな?
DSCN0420


そしてホームセンターで買った200mm×200mm×5mmのゴムシート

200円弱也よ
DSCN0419


さっそくキャリアをトランクに載せてみました

なるほどこんな感じになるわけね
DSCN0424

リアビュー
DSCN0426


ハッチハガーは端にある小さな樹脂製のダンベルみたいなヤツをトランクの中に引っ掛けて使用します

○で囲ってあるところをトランクの中に引っ掛けます
DSCN0427


UPPER、SIDE、LOWERのベルトを固定します

UPPERベルトのハッチハガーはトランクリッドの前方、ハイマウントストップランプの両端辺りから引っ張り出します

SIDEベルトはトランクリッドにあるMAZDAとROADSTERのエンブレム辺りにある斜めになっている部分に掛けます

LOWERベルトはトランクリッドの後方、ナンバープレートの両端辺りに掛けます

本体はトランクリッドとリアバンパーの3点支持
DSCN0430

右後方から見た図
DSCN0431


ホームセンターで購入したゴムシートは適当な大きさに切ってフックや本体の脚にあてがい、車の塗装面を擦れ傷から守ります

UPPERハッチハガー部分
DSCN0432

SIDEベルト部分(5mmだと厚すぎるようです)
DSCN0433


SIDEベルトを引っ掛ける部分は他の部分よりもクリアランスが少ないため、引っ掛けた状態でトランクを閉めようとしてもちゃんと閉まりません。今度、3mm厚のゴムシートを試してみます

LOWERベルト部分(ベルトは幅の広いUPPER用を流用)
DSCN0434

トランクリッド前方の脚部分
DSCN0435

リアバンパーの脚部分(左側)
DSCN0436


各部の位置決めが終わったので自転車を載せてみました
ペダルが干渉するので2台載せられるうちの後方部分に載せる方が良さそうです

タイヤは外したほうが良さそうですね
DSCN0437


実際は前後のタイヤを外して前方に本体を載せ、2台目部分にタイヤを載せると収まりが良さそうです

横から見た図
DSCN0438

前から見た図
DSCN0439


タイヤを助手席に置くこともできるかな?

今日はキャリアを固定する方法を確認できました
次は実際に自転車を載せて走った時の視界と走行時の揺れに対する緩みの検証です

あと、各部のベルトのテンションがきちんと架かっていなければ、ベルトの位置を変更する必要があります

出発は日曜日。それまでに間に合うのか???


ミニバンかSUVを買ったほうが早いんじゃない?
と思ったらポチってくださいませ

にほんブログ村へ
にほんブログ村

時代劇でお馴染みの橋へ100km LSD


LSDの目的は人それぞれだと思いますが、今のところワタシは減量がメインです
まずは軽量化して、その後にペダリングスキルの向上を目論んでいますが、さて、どうなることやら・・・

一度出かけると有酸素運動領域でのロングライドを最低でも2時間行うようにしていますが、LSDにぴったりな場所といえば川沿いですね。川沿いのサイクリングロードはアップダウンが少なく、信号によるストップアンドゴーが無い上に、車からプレッシャーを受けずに安全に走れるのがいいですね。難点といえば、車止めがあることでしょうか?


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. ここからは9月12日の記事です ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

朝7時、ソロソロ日差しも緩んできたようなのでアームカバー、レッグカバーを着けずに出発します。今日のルートは「時代劇でお馴染みの橋」、京都府八幡市にある流れ橋です。往復100km位なので、LSDも兼ねてノンビリ川沿いを走ります
 
時代劇でお馴染みの橋へ100km LSD風ポタリング
ルートラボを開いてお楽しみください



まずは神崎川のなにわ自転車道を経由して淀川右岸に乗ります。枚方までの淀川右岸は道幅も広い上に路面が走りやすいです。車止めが少し面倒ですが・・・

まだ柔らかい日差しの中の淀川

DSCN0272

淀川下流方面も快晴です
DSCN0273

広くて綺麗な淀川右岸を遡上
DSCN0278


河原の運動公園やゴルフ場の横をひたすら漕ぎます
いつ来ても走りやすいな~!

動画はこちら


今年になって大山崎までの舗装が完了しました
阪急京都線大山崎駅付近の200m位(?)だけが未舗装ですが、ロードバイクでもなんとか走れるので、ほぼ全面開通と言ってもイイですね

大山崎地区ピクニック広場までほぼ全面舗装完了
DSCN0279

R478へ上がるとすぐに流れ橋の標識(でも自転車は右折不可です)
DSCN0280


御幸橋を渡った交差点に到着。左に曲がると流れ橋。右に曲がると淀川左岸CRに接続します

御幸橋を渡った交差点の看板
DSCN0297


信号を左折すると左の路肩にサイクリングロードの入口があるので、そこからCRへ入ります。そのまま木津川を左手に見ながら進むと遠くに見えてきたのは・・・?

時代劇のメッカ、流れ橋!
DSCN0282

ここは木津川
DSCN0293

休憩所の前にある看板 府道京都八幡木津自転車道路
DSCN0294

この「流れ橋」は日本最長級の木造の橋です
DSCN0283

雄大な眺めですね
DSCN0284

反対側からの眺め
DSCN0286

反対側の橋脚は流されたようでコンクリート製になってます
DSCN0287

この橋が流される程の流れって・・・
DSCN0288

幅も広い!
DSCN0289

橋の上での超ローアングル撮影
DSCN0290

木津川の上流方面
DSCN0291

う~ん、今にも斬り合いが始まりそうだ 
DSCN0292


この眺めにはやっぱりこの曲ですね

ええぃ、暴れちゃうぞ~!



以前から行ってみたかった流れ橋。淀川CRと木津川CRを乗り継いで簡単に行けます。時代劇好き、橋フェチの方は是非とも行ってみてください

帰路は淀川左岸を枚方まで走って、枚方大橋で右岸に乗り換え、来た道を引き返しました

八幡から枚方までの淀川左岸はほとんど車止めがないので、京都方面へ行く時は淀川右岸で枚方まで行き、枚方で左岸に乗り換えるのが一番楽なようですね


走行時間:04:41'10 
走行距離:102.20km 
平均速度:22.5km/h 

平均心拍:121bpm
最高心拍:161bpm

平均ケイデンス:72bpm
最高ケイデンス:100rpm

LSD風味もまずまずといったところでしょうか?

帰りに寄ったひらかたパークは臨時休業でした・・・
DSCN0298

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

LSDが減量にどれだけ効果があったのか知りたい!
と思ったらポチっていただけるとますます減量が加速されます

にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
自己紹介でございます
にほんブログ村のランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけると明日もブログを書けそうです!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
ようこそいらっしゃいました!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

探し物は何ですか?
コメントありがとう!
オススメのブログ
今日も走れるかな?
みんなのブログランキング
楽天市場ポチっとな
Amazonポチっとな
  • ライブドアブログ