イムレフ日記3

もう10年!しがない中年サラリーマンのブログ

2018年のGWは瀬戸内海の島を巡り、そのあと大阪城ホールでオザケンを観に行きました!
今回は小豆島と豊島という島を巡った後、高松に移動してそこから高速バスで大阪というプランでした。

2018 GW 旅行

フェリーと高速バスの3泊4日の旅でした。4月は慣れない仕事でかなりストレスフルでした。
なので、ほとんど宿や新幹線などのチケットの手配やプランニングは奥様に任せきりでした。
ほんとうに大変感謝しております。

DSC_0212
日差しは強いけど風が冷たくて、フェリー内もとても気持ちよかったです。


DSC_0240
小豆島の棚田です。夕日にきらめいてとても綺麗でした。

DSC08166
小豆島の名所、風車です。オリーブの森?畑の中にありました。
小豆島はほかにも24の瞳の撮影村に行きました。
エンジェルロードに行けなかったのが心残りでしたが、とても綺麗な棚田が見られたので良しとしましょう。


次の日に小豆島から豊島に移動しました。
豊島ではレンタルバイクを借りました。瀬戸内カレンというやつです。
https://www.setouchi-karen.com/
DSC08213

豊島は原付でも1時間くらいで1周できるほどの島でした。

DSC08244
島からの景色が見放題でした。バイクだと車で行けないところも行けたりしてとても便利でしたね☆

DSC08241

他にも豊島はアートに力を入れていて豊島美術館にも行きました。
http://benesse-artsite.jp/art/teshima-artmuseum.html

残念ながら撮影禁止だったのですが、母型と大きな空間があります。
そこはぜひ行ってみてほしいと思えるポイントですね。不思議な空間でした。

DSC_0285
そのあと、豊島からフェリーで高松港に移動しました。
高松の夜景も素晴らしかったです。

DSC_0286
高松といえば恒例のうどんです。高松駅前のがいな奴というところに行きました。
このうどん、超美味かった。梅が3種類あって全部味が違うやつでした!これはマジでうまい。


次の日、高松から大阪へ移動しました。高速バスです。
大阪城ホールでオザケンを観ました。満島ひかりが全曲参加してしました。
個人的には満島ひかりよりましろさんのほうが好きでしたが、そこは人それぞれでしょう。
オザケンのライブは行けばいくほど次は何をしてくれるんだろうというワクワク感が増していきます。
最近の曲も聞きなれてきてどんどん引き込まれていく夜でした。

DSC_0310
次の日は大阪を観光しようということになって、どこ行く?ってなりまして
阿倍野ハルカスに行ってみました。ベタなんですかね。

DSC_0305
調子に乗って、あべのハルカスの最上階のさらに屋上のヘリポートまで行きました。
あいにく、ちょっともやがかかっていたのですがかなり遠くまで景色を見ることができました。

そういやスカイツリーもランドマークタワーも行ったことないような気がするな、、、

DSC_0311

そのあとはたこ焼きを食べて新世界?を歩いて新今宮の駅をみてなんかすげぇ駅だなと思ったら、
ああそういうことかと思って帰りましたとさ。

いやぁ、ほんと今年から仕事ががらりと変わってわずか1か月で頭の中がストレスで凝り固まっていました。その凝り固まった頭がかなりほぐされました。

旅はいい。ほんとうにいい。この旅を無事に終えることができて本当に感謝です。



前回の更新からだいぶ時間が経ってしまいました。
去年は割と激動だったのと気分的に自分の心情を日記に書きたくないという思いが強かったからでした。

明日から新年度ですね。
僕は超めんどくさい感じになってしまいました。
組織職という重圧に耐えきれそうにないので、一度気持ちをリセットしたいなぁと思い、桜の咲く都立大に来てみました。今は首都大だけど。

DSC_0201

久しぶりに来てみたけど、相変わらずの風景で全然時間が経ってないのかと思った。
でもやっぱり、容赦なく時間が流れてるんですね。
2018年度新歓ってwかつて自分の居場所だったところが別の誰かの居場所になっているのを実感して、寂しくもあります。

DSC_0203


この景色もとても懐かしくて、愛おしい気がします。

徹夜明けの麻雀とかライブ明け後の飲み会で酒が足りなくなって駅前まで買いに行くときとか、
学祭前の11月の冷たい風を受けられるあの感じとか。

あの頃がなかったら今の自分はいないよね。なんて思いながら明日からも仕事をしようと思います。

DSC_0204

それにしてもここ2年でかなり人生ゲームのイベントを消化したな。
結婚して、母親が亡くなって、家買って、昇進しました。あ、その前に痛風もあったw

ちょっと今の気持ちを吐き出しました。支離滅裂な文章ですねw
人生は続くんです。

今年も行きました。フジロック。10回目です!

要約としては、今年の個人的な感想としてはYUKI、レキシ、オザケンが印象深いです。雨もすごい大変でした。
あと、最近はSNSの目覚ましい進歩で昔よりも動画をアップしている人が多いのが気になりました。
もう動画のアップデートを規制する時代じゃないですよね。
ライブがこんなに楽しいんだ!って個人がどんどん宣伝してくれるんだから。すごい世の中になったもんですね。

毎年毎年、休ませてくれる会社にも感謝しないといけないですね。ああ、明日から仕事頑張らなきゃだわ。

DSC_0001

今年は3日とも天候に恵まれなくて大変でしたね。
今年のフジロックは木道亭のReiから始まりました!川本まことをさらにとんがらせた感じのギターリフですごくかっこよかったです!ドラムの人もすごい!
Reiが終わったら大学のロック研の後輩のりょうこちゃんに遭遇しました!毎年フジロックで会うなw
なんか里帰りって感じがしました。ってこれ毎年言ってるな。

そのあとはグリーンでまったり。Ragn’Bone Manを聴きました。
ひげのおじさんがとても透き通る声でロック研の大先輩のかおるさんを思い出しましたよ。

この日はやっぱり移動が大変なのもあって省エネで行きました。豪雨だったしね。
雨の中のグリーンでのRadwimpsはかっこよかった。去年のイリオンはそうでもなかったんですが、やっぱりバンドはいい。ギターとベースのメンバーがかっこいい。
Radwimpのメンバーは2006年のレッチリのグリーンを見てたらしく、同じ舞台に立てることに関して感謝してました。11年の歳月を経てのグリーンのステージ。感慨深いですね。
正直言って、君の名はの大ヒットでフジロッカーから敬遠されるんじゃないかと思ってたけど、受け入れられる素晴らしいステージだったと僕は思いましたね。

そのあと、スチャダラパーにレッド行ったけど全然入れなかった。ブギーバックはめちゃくちゃ盛り上がってましたね。
Gorillazを見る体力もなく、1日目は終了。

2日目も1日中雨で、とても体力的きつかったですね。
でも雨の中でのグリーンステージのCoccoのRainingがとても心地よかった。
ほかの曲ではどんなパンクバンドだっていうくらいのヘッドバンキングしてたなw
ほんとすいません。こんなにすごいと思ってなかったです。

ホワイトに移動して、オザケン前のDeath Gripsを見る。体が震えるくらいの低音。もしかしてあの低音でも体調が悪くなってるんじゃねって思いました。今。

Death Gripsのあとに同じステージで小沢健二ってすごくないですか?
Death Gripsファンとオザケンファンって絶対相容れない感じだと思ったんですがフジロックだから会いまみえてしまうんですね。
そして、オザケン。1曲目からブギーバックで大盛り上がり。ホワイトの人の多さが注目度の高さを表していますね。僕らの少し上の世代をわしづかみにしているそのポップさは健在でした。進化する40代って怖いw
ライブが何よりも楽しいアーティストでした。メッチャ歌った!

そのあと、ホワイトからピラミッドガーデンというめちゃくちゃ遠いステージまで歩いていくのでHPを持っていかれました。ただでさえ雨のフジロックはどこもかしこも毒沼みたいになってますからね。

ピラミッドガーデンの2回目のオザケンはゆったり見てました。でもゆったり見ると寒い。
夏休みに関する考察をつらつらと語っていましたね。

そんなこんなで2日目終了

3日目は雨は降ったりやんだりでだいぶ過ごしやすくなっていました。

この日はルーカスグラハムから。
すごいポップスなんですが、上半身裸にならなくてもwと思ってしまいました。

そして、ホワイトのレキシへ。
DSC_0030

いつものライブでは3時間ぶっ通しでやったりしてたので1時間足らずで終わってしまったのが物足りない!
稲穂グッズをもっているファンがたくさんいて楽しかったです。

オザケンもレキシもライブに来ないと楽しめないアーティストですよね。

グリーンのYUKI
DSC_0040

YUKIがフジロックのグリーンに来るなんて本当に信じられない感じでした。
ロッキンオンとかRSRとかだと思ってたんでw
昔、横浜アリーナや東京ドームで見たYUKIとはけた違いに素晴らしいステージでした。
やっぱりドームとかアリーナは音響のせいもあって楽しめない気がしますね。
いや、むしろフジロックのグリーンステージが日本で一番最高のステージなんじゃないかと思いました。
晴れても雨でも朝でも昼でも夜でもその時々の天候さえもステージの良いスパイスとなるのがいいところですかね。

YUKIの写真は遠目で撮ってます。自分が好きなアーティストほど少し離れたところで見たくなるんですよね。
自分と同じかそれ以上にそのアーティストのことを好きな人がいるってことがすごくうれしい気持ちにさせてくれますよね。YUKIのプリズムを聴いていてそんなことを感じていました。
YUKIかわいいっていうつぶやきをよく見ますが、かわいいをアイコン化して演じているんだなっていうの感じます。45歳であれは魔女だなw

ThunderCATを観て不足しているテクニック面を補ってフジロック終了。

このページのトップヘ