20220102144536_001

 
雷門音助
 (かみなりもん・おとすけ)
 静岡県藤枝市出身。
 2011年10月、九代目雷門助六に入門。
 2012年1月、寄席(定席)の楽屋入り。
 初高座は浅草演芸ホール2012年2月下席
 (演目は「たらちね」)。
 2016年2月、二ツ目に昇進。
 公益社団法人落語芸術協会所属。 

2015年7月~2016年1月の「赤坂ミニ寄席」(出演:雷門音助)に続き、音助さんが二ツ目になってからは、「赤坂ひとり寄席」と題した音助さんの勉強会(落語会)を、赤坂の「カルチャースペース嶋」を会場として、2016年3月~2021年7月の約5年半に亘って隔月で開いてきました。

そして、「赤坂ひとり寄席」の会場であった「カルチャースペース嶋」の閉場(2021年7月)にともない、「第三十三回」からは会場を「新潮講座神楽坂教室」に変更し、会の名称もさしあたり「神楽坂ひとり寄席 雷門音助らくご会」と改めました。

そんな「神楽坂ひとり寄席 雷門音助らくご会」の“第三十六回”の開催予定が決まりましたので、ご案内申し上げます。
(なお、「新潮講座神楽坂教室」も2022年3月末に閉場することになりましたので、それにともない、この会も、神楽坂での開催としては2022年3月が最終回となります。5月以降の「~ひとり寄席 
雷門音助らくご会」の開催予定については、決まり次第、このwebページ等でお知らせしてまいります)

“神楽坂最終回”となる第三十六回「神楽坂ひとり寄席 雷門音助らくご会」への皆様のご来場をお待ちしております。

新型コロナウイルス感染再拡大が懸念される情勢をふまえ、このページの下のほうに、ご来場予定の皆様へのお願いを記しております。ご来場の前にあらかじめお読みいただき、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。



神楽坂ひとり寄席
雷門音助らくご会 (第三十六回)

出演:雷門音助

      
日時:2022年 3月6日(日) 
      午後2時開場 午後2時30開演    

木戸銭:
1000 (予約・前売無し。当日受付のみです。全席自由)

       問い合わせ先 eメール cyd@dp.rmail.ne.jp
                      〔「神楽坂ひとり寄席」臨時事務局

会場:新潮講座神楽坂教室 

      〒162-0805 東京都新宿区矢来町109 神楽坂ローズビルディング3F      
   img_map_kagurazaka



新潮講座神楽坂教室」は、 

東京メトロ 東西線神楽坂」駅2番出口から地上に出て左方向へ徒歩数10秒。 
1階と2階に「カフェ ベローチェ」が入っている建物(神楽坂ローズビルディング)の3階です。 


    

googleの地図はこちら




● 
開催にあたって、以下のように、
新型コロナウイルス感染拡大防止策を継続します。ご来場の皆様にご協力をお願いいたします。

会場入口にアルコール消毒液を備えます。入場の際に手指の消毒をお願いいたします。
・ご来場の皆様におかれましては、マスクの着用をお願いいたします。
発熱、咳などの症状がある場合は、ご来場をお控えください。会場でも非接触型の体温計で検温をさせていただきます(発熱等の症状が見られる方にはお帰り願います)。
・会場の座席数を本来の収容人数の半分以下に減らします(およそ40名様分で“満席”といたします)。「満席」の節にはお帰り願うこともございます。あらかじめご了承下さい。
・開場前に会場の入口前の通路や階段でお待ちになる際には、混雑を避け、間隔を空けてお並びください。
・お金の受け渡しにおいては、なるべく接触を避けるため、手渡しではなく、トレー等を使用させていただく場合がございます。木戸銭は1000円です。できるだけ釣り銭の要らないようにあらかじめご用意ください。
・開演中もできるだけ窓を開け換気に努めます。
・終演時には、出口が混雑しないよう、後方から順番にご退場ください。

諸々ご不便をおかけいたしますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。