日本植民地教育史研究会

日本植民地教育史研究会のサイトへようこそ。本研究会は1997年3月29日に設立されました。

ワークショップのお知らせ(九州大学、金珽実会員からのご案内)

金珽実会員より、九州大学で開催されるワークショップのお知らせです。
要申し込みですので、ご関心の向きは、記載の連絡先にお願い致します。

植民地満洲・間島における日本人教師の役割に関する研究
中国朝鮮族の日本語教育の過去・現在・未来

2017年7月29日(土)9:30-17:00
入場無料、要申込
場所:九州大学伊都キャンパス伊都ゲストハウス多目的ホール
申し込み・お問い合わせ先:jin.tingshi.349[AT]m.kyushu-u.ac.jp ([AT]を@に変えてください)
7月26日までのお申込みをお願い致します。

プログラム
開会の挨拶 郭俊海(九州大学留学生センター・副センター長)
10:00-10:40 槻木 瑞生(同朋大学名誉教授)
  日本列島の住民から見た間島朝鮮人教育史-日高丙子郎を事例として-
10:40-11:20 金 珽実(九州大学)
  満洲事変以前における間島地域の日本語教育
11:20-12:00 花井 みわ(早稲田大学)
  満洲国の「国語」としての日本語普及政策
13:30-14:10 朴 仁哲(北海道大学)
  1人で語る朝鮮人「満洲」移民の多様性-ある民族教育に携わった「安全農村」体験者を事例として-
14:10-14:50 本田 弘之(北陸先端科学技術大学院大学)
  文革以降の中国朝鮮族の日本語教育の推移-その今日的な意義を考える-
15:20-16:00 李 東哲(延辺大学)
  改革・開放以降の延辺地域の日本語教育について-延辺大学を中心に-
16:00-16:40 永嶋 洋一(大連外国語大学)
  日・朝・中三言語使用による日本語教育の可能性-和龍市第三中学校における現地調査をもとに-
閉会の挨拶 松永典子(九州大学大学院比較社会文化研究院・教授)
17:00-19:00 総会

19679387_1714636538565621_1812501147975170244_o

ワークショップ 東アジアの戦争と歴史認識(2017年6月3日(土))

ショート・ノーティスではございますが、田中寛会員からの情報を転載致します。

ワークショップ

東アジアの戦争と歴史認識

 

◎主催 大東文化大学大学院アジア地域研究科

◎日時 2017年6月 3日(土) 午後13:30~17:45

◎会場 東松山校舎 管理棟3階大会議室

                                   

 

プログラム

開会の挨拶と出席者紹介(13:30~13:40)

第1部 研究発表(13:40から  5名×25分)

(1)黄自進(台湾・中央研究院近代史研究所教授)

「和解への道の模索――台湾歴史学界の試み」

(2)内田知行(大東文化大学国際関係学部教授)

「重慶爆撃をめぐる訴訟の現状――法廷闘争から見る日本の動向」

(3)武田知己(大東文化大学法学部教授)

「戦争調査会と反省する日本人――敗戦前夜からのオールド・リベラリストの動向に着目して」

(4)鹿錫俊(大東文化大学国際関係学部教授)

「誰が抗日戦の指導者か――中国における公定史観の変遷と朝鮮戦争史観への波紋」

(5)中野亜里(大東文化大学国際関係学部教授)

「ベトナム戦争と中越戦争――ベトナムの中国に対する政策と認識」

 

第2部 コメントと討論(16:00から)

(1)コメント( 討論者5名×8分)

  井上貴子(大東文化大学国際関係学部教授)

  岡本信広(大東文化大学国際関係学部教授)

  福家洋介(大東文化大学国際関係学部准教授)

  岡崎邦彦(大東文化大学東洋研究所教授)

  田中 寛(大東文化大学外国語学部教授)

 

(2)総合討論(教職員および大学院生)



第37回定例研究会のご案内(2017年6月24日(土))

下記の通り、日本植民地教育史研究会第37回定例研究会を開催致します。
会員・非会員を問わず、多くの方のご参加を歓迎致します。

日時:2017年6月24日(土) 13:30~17:30
会場:こども教育宝仙大学131 教室(1号館)
〒164 -8631東京都中野区中央2-33-26
(東京メトロ丸ノ内線中野坂上駅 2番・3番出口より徒歩8分、都営地下鉄大江戸線中野坂上駅 A2番出口より徒歩8分)
交通アクセス
《プログラム》
13:00 受付
13:30 発表① 滝澤 佳奈枝会員(お茶の水女子大学大学院生)
発表テーマ: 日本統治期台湾における本島服をめぐる一考察一考察―教科書・服装調査・生活改善を手がかりとして―
14:30 休憩
14:45 発表② 田中 寛会員(大東文化大学)
発表テーマ:大東亜共栄圏下の異言語文化接触一断面―“大東亜語学”と南方日本普及工作実態―
15:45 休憩
16:00 発表③ 小林 茂子会員(中央大学非常勤講師)
発表テーマ:1930 年代後半南洋群島の警察制度にみる「巡察」役割と教育―朝鮮、台湾の日本人警察官に対する現地語奨励策を参照しつつ―
17:00 諸連絡 / 報告
17:20 終了
※研究会終了後、会場近辺に場を移しての懇親会を予定しています。

《発表要旨》
発表①「日本統治期台湾における本島服をめぐる一考察―教科書・服装調査・生活改善を手がかりとして―」(滝澤 佳奈枝会員)

本島服はの衣服のです1937 までが裁縫科 の授業行わていました。本服は家事科でも取扱なさていました。本表で、日本統治期 台湾台湾よう書・服装調・ 生活改の3の視点から考察行いその一端を明らにしうと試みるものす。く会員の皆様 から指導です。


発表② 「大東亜共栄圏下の異言語文化接触一断面―“大東亜語学”と南方日本普及工作実態―」(田中 寛会員)

アジア平洋五年戦争の後半太平戦争期)には南(現南アジア諸地域への化輸出、文化工作が力にし進められ、そ過程おいて様々な異語文接触が展開されが、の内実の詳細についは未調査の領域が大き。本表では大東亜共圏下の、いわゆる東亜と意義づ けられ研究実際と、それと両輪関係にあった日語普工作の実態につて、らにそこから 産み触の姿に得聞史い。


発表③ 「発表テーマ:1930 年代後半南洋群島の警察制度にみる「巡察」役割と教育―朝鮮、台湾の日本人警察官に対する現地語奨励策を参照しつつ―」(小林 茂子会員)

『年19 論文『公習科1937 公民に連 なる政治済システてい一方じ頃、 南洋杉浦プ島調い(193741 年の 5 年間に5 なシて詳れた両 者のな意教材警察いるとか稿人警巡警」のに焦あて、朝や台湾のも参照しつい


2017年度研究例会の日程と会場

・第37回 6月24日(土)こども教育宝仙大学
・第38回 10月28日(土)東京家政学院大学

時期が参りましたら研究発表希望者を募集いたします。

韓国・朝鮮の教育と言語史(1875年−1950年)ワークショップのお知らせ

アンドリュー・ホール会員からの情報です。
ご関心のある方は、ぜひご参加いただきますようお願いします。 

韓国・朝鮮の教育と言語史(1875年−1950年)ワークショップ
https://isgs.kyushu-u.ac.jp/topics/view.php?noticeId=819&r_divi=
記事検索
  • ライブドアブログ