日本植民地教育史研究会

日本植民地教育史研究会のサイトへようこそ。本研究会は1997年3月29日に設立されました。

韓国・朝鮮の教育と言語史(1875年−1950年)ワークショップのお知らせ

アンドリュー・ホール会員からの情報です。
ご関心のある方は、ぜひご参加いただきますようお願いします。 

韓国・朝鮮の教育と言語史(1875年−1950年)ワークショップ
https://isgs.kyushu-u.ac.jp/topics/view.php?noticeId=819&r_divi=

第20回研究大会・総会のお知らせ

日 時:2017年 3月18日(土)19日(日)
会 場:宇都宮大学峰キャンパス8号館(教育学部棟)
〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350 3階 8A33 教室(両日とも)

【1 日目】全体会/シンポジウム
12:30 開場・受付
13:00~《記念講演》渡部宗助(第Ⅳ期代表)
「創設の頃とその後」
14:00~《シンポジウム》
「教育の植民地支配責任を考える」
コーディネーター:佐藤広美(東京家政学院大学)
パネリスト報告
1)松浦勉(八戸工業大学)
「福沢諭吉のアジア認識と植民地教育史研究の課題」
2)丸山剛史(宇都宮大学)
「満州国の職業技術教育と植民地支配責任」
3)三橋広夫(日本福祉大学)
「中学生とともに植民地支配責任を考える―困難と課題」
*報告90 分/休憩をはさみ、討論60 分の予定
17:00~《総会》
*総会後、懇親会を予定しています 

【2日目】自由研究発表
09:30~発表①
松岡昌和(一橋大学大学院言語社会研究科特別研究員)
「日本占領下シンガポールにおける
こども向けメディアと日本文化教育」
10:15~発表②
井上薫(釧路短期大学)
「日帝下朝鮮における日本語普及・強制政策
―1910 年代前半の憲兵警察による教育への関与―」
11:00~発表③
宇賀神一(神戸大学大学院)※非会員
「石森延男国語教科書編纂史」
11:45 終了予定 

 会場校の丸山剛史会員の計らいにより、2 日目プログラム終了後、「宇都宮大学附属図書館旧植民地関係資料室」
の見学をさせていただきます(当日受付にて参加の有無を伺います)。資料室には、満洲関連の資料が多く収めら
れているそうです。以下のリンクをご参照ください(YOMIURI ONLINE 2015 年12 月19 日)。

第36回定例研究会のご案内

日 時:2016115日(土)14:3017:30

会 場:東京家政学院大学

千代田三番町キャンパス 1304 教室     東京都千代田区三番町 22 番地         

市ヶ谷駅(A3出口)または半蔵門駅(5番出口)から徒歩 8

JR 市ヶ谷駅から緩やかな靖国通りをのぼって、右手麹町郵便局を過ぎ、直ぐに右折、突き当たって左手の建物 アクセス・地図⇒    http://www.kasei-gakuin.ac.jp/site/access.html

(キャンパス内)http://www.kasei-gakuin.ac.jp/guide/re_chiyoda.html

 

《プログラム》

14:00  受付開始

14:30  発表 田中寛会員(大東文化大学)

映画「起ち上る泰」と「泰國の全貌」大東亜共栄圏タイにおける南方映画工作の一断面

15:30   休憩

15:40  発表 藤森智子会員(田園調布学園大学)

         日本統治下台湾の「芝山岩精神」の研究 》

16:40  休憩

16:50  諸連絡 / 報告

17:30  終了 

  

※終了後、会場近辺に場を移しての懇親会を予定しています。

 

 

☆例年より、受付時刻が遅くなっております。ご注意ください。
 
36回定例研究会 発表要旨

 

発表①《映画「起ち上る泰」と「泰國の全貌」大東亜共栄圏タイにおける南方映画工作の一断面田中寛会員(大東文化大学)

戦争と映画、戦争と放送・ラジオ、戦争と美術、戦争と音楽、そして戦争と言語など、戦争の拡大は同時にさまざまな領域で植民地教育史に色濃く影を落とす。同時に新たな指向の実験場となる。大東亜共栄圏の拡大に伴って、映画の南方進出もまた喫緊の課題となった。本発表では戦時期に展開された産業映画、文化映画のうち、とりわけ太平洋戦争期において作製された二つの国策映画、すなわち「起ち上る泰」、「泰國の全貌」(以下、現代仮名遣いとする)について述べることにしたい。概要、キャプションなどを通して、また映画興行の実態などから、映画工作が文化戦としての戦争論でもあること、また当時の日本人のタイ認識、タイ国への日本語普及背景の検証にもつながることになろう。

 

発表②《 日本統治下台湾の「芝山岩精神」の研究 》藤森智子会員(田園調布学園大学)

 台湾領有直後の1895年、伊沢修二を中心として日本式の教育を行う「芝山岩学堂」が台北郊外の士林に置かれた。近隣の子弟を対象に日本語をはじめとした教育を施したこの教育機関は、後に国語伝習所や国語学校、そして公学校・小学校、あるいは師範学校等へと展開される基となった。18961月1日、伊沢の留守中に発生した「芝山岩事件」により6名の教師と1名の小使が死亡した「芝山岩事件」は、教師の殉職精神を説く「芝山岩精神」の起りとなり、その後毎年「殉職」した教員を合祀し祭典が開かれた。本発表では、「芝山岩学堂」の教育、六氏の経歴と事件後の待遇、祭典と合祀の状況、日本統治50年を通じての「芝山岩精神」の報道を検討し、「芝山岩精神」に関する基礎的研究としたい。

 

 



第35回定例研究会のご案内

日 時:2016 年 6 月 25 日(土)13:30~17:30 会 場:こども教育宝仙大学 1号館 131教室 〒164-0011 東京都中野区中央 2−33−26(東京メトロ丸ノ内線「中野坂上駅」2 番・3 番出口より徒歩 8 分 都営地下鉄大江戸線「中野坂上駅」A2 番出口より徒歩 8 分)

 《プログラム》
13:00 受付
13:30 発表者① 芳賀 普子
発表テーマ:「植民地教育から民族教育へ―朝鮮学校を守るための都立化」
【発表要旨】 植民地解放後の民族学校は、2 度にわたる朝鮮人学校閉鎖令を受けながらも教育を守る 闘いを続けた。55 年に在日朝鮮人総連合会傘下の民族学校として再編成されるまでには、 短期間であるが地方自治体によって公立化された学校もあった。その一つが都立朝鮮学校 である。49 年 12 月の都立化は、当時朝鮮人連盟(49 年 9 月強制解散)東京都本部文教部長 の李殷直が都教育庁の学務課長や都教育委員会教育長と折衝を重ねて採った措置である。 朝鮮人連盟の文化事業としての学校であり、文教部長であった李や、当時の一世たちの活 動を日本の公教育政治過程の中で再考察してみようとするものである。李殷直氏について は「年報 14 号」に「研究ノート」として取り上げている。
14:30 休憩(15分)
14:45 発表者② 旧科研国語グループ有志 (清水知子・合津美穂・北川知子)
発表テーマ: 「植民地・占領地教科書と国定教科書との比較研究(過年度科研)を基にし た研究発展の可能性」
【発表要旨】 約 10 年前の科研(宮脇科研)の研究成果を地域横断で俯瞰してみると、複数の地域で共 通する課があることが見えてくる。こうした視点からの研究には、どのような可能性、また 障壁、限界があるのか。本発表は、旧科研国語グループ有志による限定的なパイロット調査 の報告である。複数の具体的な様相を提供することで、今後の研究発展へ向けた議論の一 助となればと思う。 1
5:45 休憩(15分)
16:00 科研申請について
17:00 休憩(10分)
17:10 臨時総会

植民地教育史研究年報第18号の目次です

植民地教育史研究年報第18号 2016年3月刊行
特集: 
植民地教育支配とモラルの相克

 巻頭言:渡部宗助               
Ⅰ.シンポジウム 
植民地教育支配とモラルの相克 
 「発題」(佐藤広美)
 「朝鮮総督府学務官僚、大野謙一の植民地教育・植民地支配観を中心として」(井上薫)
「朝鮮ミッション教育時事業の展開と神社参拝問題―『信教の自由』を巡る総督府とミッションの葛藤」(李省展)
 「生き残ったもの(教師)のモラル―仲宗根政善の思想」(一盛真)
 「『満州』―戦争体験・記憶・責任 思索する言葉の力と想像力」(田中寛)  
討論: 
Ⅱ.特別寄稿 
「偽満洲国教科書と「産業開発」の関連性」(斉紅深)
Ⅲ.研究論文 
「植民地朝鮮における不就学学齢児童の「錬成」―大和塾の「国語講習会」に注目して」(有松しづよ)
Ⅳ.資料紹介 
「日本統治下朝鮮の学校経験―鄭在哲氏の場合」(佐藤由美・芳賀普子・李省展)
「日本統治下朝鮮の学校経験―大阪・済州 梁秉柱氏の場合」(佐藤由美) 
Ⅴ.書評 
安川寿之輔『福沢諭吉の教育論と女性論』(松浦勉)
岡田泰平『「恩恵の論理」と植民地―アメリカ植民地期フィリピンの教育とその遺制』(松岡昌和)
Ⅵ.旅の記録
 「台湾教育史遺構調査(その8)」(白柳弘幸) 
 「日本統治期台湾の高等女学校訪問記(その1)」(滝澤佳奈枝)
Ⅶ.気になるコトバ
「戦争漫画」(松岡昌和)                    
Ⅷ.彙報:岡部芳広 事務局長

記事検索
  • ライブドアブログ