2005年08月06日

介護生活

息苦しいぐらい連日暑いですね。

先週、オムツをしている愛犬の世話がしやすいようにと、獣医さんにたのんで下半身をバリカンでライオンカットにしてもらった我が家のわんこですが、病院から帰ってきたとたんに、後ろ足がいうことをきかなくなってしまい、寝たきり生活を余儀無くしております。

寝ている犬の下にバスタオルやらペットシートをひいて寝やすくしているつもりなのに、床づれが後ろ足にできてしまい、オムツを取り替えるたびに痛がって、手や足をかみつかれるわ、床づれがひどくならないように夜中に起きて体をひっくりかえしたりと、大変な日々を過ごしております。
老いても散歩が好きだった犬が、体がいうこときかなくなって可哀想だとおもうのですが、一日傍にいて面倒をみることができる人がいないので、家族で安楽死をさせるかどうかまで話しがすすんでいます。個人的には10年以上も家族の一員の犬をそんな事にはさせたくないと考えているのですが、現実そううまくいかないからどうしたものかと考えあぐねています。

color_color at 13:45│Comments(0)TrackBack(0)日常生活 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
まろちゃ
ブツヨクが多い20歳(四捨五入切り捨て)です。

3度のメシより写真撮影(最近はデジカメ)。
生茶よりまろ茶。
チワワよりハスキー。
ハワイより石垣島。
モンブランよりウォーターマン。
ウィンドウズよりマック。
バーバリーよりポールスミス。
ゆずよりクレイジーケンバンド。
サンアロハよりカンファーツリー。

かなりミーハーかもしれません。