2020年05月27日

外出自粛による2ヶ月近いロス…

6月と思っていたのが、突然緊急事態宣言解除され、どうしても出社の必要ができ、
久しぶりに会社に行きました。

デスクの上のカレンダーは3月のまま、壁に掛かっている大きなカレンダーも4月のまま。
綺麗なお花の4月、ほとんど誰からも見られることなく廃棄するのも忍びなかったのですが、5月に…。
考えてみると、この5月の絵も同じように、殆ど見られることないんですよね。。。

デスク脇にブルーのポリ袋に入った小さな包みがあり、何かと思って開けてみたところ、
なんと、イースターのチョコでした!
20200527_095558 (002)
イースターになったらスタッフ皆で…
と思って前もって購入しておいたもの。
すっかり忘れていました。

今年のイースターは4月12日で、賞味期限も4月20日。
とっくに過ぎています。出番を失った哀れなチョコ。

しかも、入っていたポリ袋は、「今は亡き」渋谷東急デパート東横店の袋でした!

幼稚園生の頃の玉川線利用以来、ずーっと渋谷駅を利用していたので、本当におなじみの東横店だったのに、
コロナ禍の外出自粛のせいで、閉店もTVニュースで見ただけ。
気づかないまま、実感がないまま、3月末でなくなってしまいました。

そもそも「デパートがなくなる」なんて、なかなかないことですし、ましてや渋谷東急東横店は「渋谷駅の一部=そこにあって当然」だったので、いつも駅構内のデパートのエスカレーターを利用し、帰りがけにデパ地下で食料品を購入していたので、とても残念!
「東横ロス」です。

東急東横店のない渋谷駅、今はどんなになっているんでしょうか?一切電車に乗っていないので全くわかりません。
緊急事態宣言解除で、渋谷はまた賑わっているのでしょうか?

あらためて、この2ヶ月近いロス、思いのほか大きく、「コロナ禍以前」が遠い昔に思えてしまいます。


㈱インターローカスでは、まだまだ
『コロナに負けるな!!』キャンペーン続行中で、おかげさまで連日ご発注いただいております。

緊急事態宣言によるブランクをぜひ、【カラーエクスプレス】、【計測エクスプレス】の導入で取り戻してください!

テレワーク体制のため、次回の商品発送は明日、木曜日=5月28日を予定いたしております。
ぜひ導入のご検討、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ・無料リモートデモのご予約はこちらへ → contact@i-locus.com


コロナに負けるなキャンペーンバナー (002)




    • 0 Comment |
2020年05月26日

緊急事態宣言、解除されても『コロナに負けるな!!』キャンペーン、続行中

遂に、緊急事態宣言が解除されました。

ただし、「偉い人」たちが「国民のみなさま」「都民のみなさま」に対して「全面解除」と宣言しても、
その日からウイルスが消え去る訳ではなく、
感染の危険性が「最悪期より」減った、というだけですので
油断はできません。
「解除がゴールなのではなく、新たな生活へ、という意識で」
とニュースで言っていました。

「県境を越える」というハードルも未だあるようですので、テレワークは解除できません。
なんせ、社長は千葉県民。
通勤するのも東京都を超えて、神奈川県まで2回も県境を越えなくてはならないのです。

自粛期間中、スタッフの中に、家族の勤務先の社員が濃厚接触者になってPCR検査を受けたり(結果は陰性だったそうです)、ひやっとしたこともありましたが、とりあえず、まわりも含めて誰も感染することもなくなんとか全員元気に乗り切れて本当によかったです。

段階的に徐々に緩和されていろいろと再開されていくようですが、
このまま、どんどん収束していくことを祈りつつ、
大好評の『コロナに負けるな!!』キャンペーン継続中。

本日も商品発送のために発送担当スタッフは会社へ、
他のスタッフはテレワークで、お問い合わせをお待ちいたしております。

メールはもちろん、お電話によるお問い合わせも転送されますのでご安心ください。
→ contact@i-locus.com

コロナに負けるな!!キャンペーンチラシ

    • 0 Comment |
2020年05月25日

ひきつづき『コロナに負けるな!!』キャンペーン開催中です

今日明日中に首都圏の「緊急事態宣言」が解除されるのでは?と言われております。

「緊急事態宣言」に伴うテレワークの普及により新しい営業スタイルを模索していらっしゃる企業様を何とか応援できないかと、㈱インターローカスでは、急遽、期間限定で、『コロナに負けるな!!』キャンペーンを開催いたしております。

「緊急事態宣言」が解除されても引き続き、キャンペーンは継続いたしますので、
割引き適用のこの期間に、ぜひ、【カラーエクスプレス】の導入をご検討ください!


■『コロナに負けるな!! キャンペーン』価格

  【カラーエクスプレス】1ライセンス  368,000円  35万円

  【カラーエクスプレス】2ライセンス目  30万円

  【カラーエクスプレス】2ライセンス  60万円

*消費税は別途申し受けます。

■キャンペーン期間: 2020515日(金)から731日(金)まで

■お問い合わせ、ご発注は、メール、FAX、お電話、いずれでも結構です。

コロナに負けるな!!キャンペーンチラシ

弊社では、テレワークになる前から、「ペーパーレス化」プロジェクトを進めております。

お問い合わせをいただいたお客様の情報は「受注・売上管理簿」にきちんとファイリングしておりますが、おかげさまで年を重ねるに連れお問い合わせの数が増えて棚に収まりきらなくなってきたため、それを全てデータ化しているのです。

お客様のお問い合わせはメールだけでなく、お電話やFAXなどさまざま。それらをすべて統合しなくてはなりません。FAXでいただいたお問い合わせもスキャナーで取り込んでデータ化します。

何千もの情報を毎日コツコツ、データ化していく作業は根気のいる大変な作業ですが、むしろテレワーク中は電話の応対等がない分、作業がはかどっているようです。この期を利用して一気に、「ペーパーレス化」推進です。


…ということで、
メール、FAX、お電話、
お問い合わせはいずれでも大歓迎です!

まずは、無料の「リモートデモ」にて操作をご覧ください。
お電話しながらのリモートデモですので、疑問点もご遠慮なくお尋ねください。

リモートデモもご予約はこちらから →
https://www.i-locus.com/contact/

    • 0 Comment |
2020年05月23日

今やなくてはならない便利ツール

テレワークでずーっとPCモニターを「ガン見」している毎日、
仕事が終わると料理がしたくなります。
仕事モード→料理モードに切り替え、冷蔵庫とフリーザーの中をチェック。
何を作ろうかメニューを考えて・・・。

調理作業は、脳みその違うパーツを使用する感じで、とてもいい気分転換。

特に包丁でひたすら野菜とか切り刻む作業は無心になれます。
野菜をスライスしてサラダや酢の物に。何でも四角く刻んでコブサラダに。
そして、大葉やミョウガ、万能ネギの千切り・みじん切り=薬味用に。
ひたすら、切って、切って、切って、
千切りやみじん切りの山が右側にどんどん増えて大きくなっていく「やってる感・やった感」。
好きです。

切った「成果物」の移動に活躍するのが、これです。(画像左)
20200509_123246
本来の用途も名前もわからない調理器具ですが、みじん切りの山をすくってお鍋やお皿に移動するのにとても重宝しています。
左手で丸い部分をもってまな板の上の「成果物の山」の下にスーッとすべりこませてすくって、右手の包丁で平面部分に載っけて落ちないように押さえて、移動。

何十年も前に購入してずーっと使い続けているマストアイテムです。


料理ができあがった後に活躍するのが真ん中のお玉。

ふつうのお玉より柄が太く、入れる部分も浅くて広い。
「持ち手の短いお玉」。「巨大なスプーン」。
この小さなサイズの違いから大きな使い勝手の違いが生まれ、ものすごく使いやすいのです。
調理中はもちろん、食卓での取り分けやお鍋の時など、毎日大活躍です。

そして、トング。
トングは、ギザギザのもの、四角いもの等、さまざまなサイズや用途で使い分けていますが、こちらはスマートタイプ。
細いので菜箸感覚で使え、
「でっかいピンセット」みたいに細い先っちょで物をしっかりとつかめます。

今回の外出自粛で思いがけず登場頻度増。

というのは、緊急事態宣言発令でスーパーが欠品だらけだった4月に注文ミスで大量に購入したレトルトのキーマカレーを消費の際、

外出自粛! 毎日、家ご飯ばかりなので・・ (2020年4月15日ブログ)
http://blog.livedoor.jp/colorexpress/archives/9600203.html

湯煎して熱湯からピックアップするのにはさみやすく、さらにその後、開封して中身をお皿に盛る際に折りたたんで、挟んで、ぴゅーっと最後まで中身をきれいに出すのにぴったりなのです。熱くないし、手も汚れないし、最後まで出し切ることができるので、なんか気持ちいい。
熱湯から引き上げるのも、中身を出す作業も「熱さ知らず」でスマートに行えます。

「菜箸でもできるじゃん」と突っ込まれそうですね。「はい、もちろん、できます。」
でも、伝えるのがむずかしいのですが、使い始めると、ほんのちょっとした違い、使いやすさで、なくてはならない便利アイテム、使うたびに「ホントに、『使える』ヤツだ!」と実感。

企業のブログではありますが、連日商品関連ばかりでは、と思いまして、
週末ですし、違う視点で書きました。

商品の【カラーエクスプレス】や【計測エクスプレス】とは
「使い始めると、今やなくてはならない便利ツール」つながり、ということで。。。

『コロナに負けるな!!』キャンペーン、大好評開催中です!
「無料リモートデモ」のご予約お待ちしています。
補助金も活用のご購入も!!

→→
https://www.i-locus.com/contact/
コロナに負けるなキャンペーンバナー (002)

    • 0 Comment |
2020年05月22日

「カラーエクスプレス使いたいです!」

「カラーエクスプレス使いたいです!」
iPhoneからいただいたうれしいメッセージです。

ぜひ、【カラーエクスプレス】を導入、ご検討ください。


iPhoneから、直接、弊社宛にアプリのシリアルナンバーが送られてきたり、
「シミュレーションしたのですが、どうすればいいですか?」
といったお問い合わせをいただくこともあります。


【カラーエクスプレス】はPCにインストールしてお使いいただくパッケージソフトです。
まず、PC上の【カラーエクスプレス】に建物画像を取り込んで、
そこでトリミング→マスキング→カラーシミュレーション→・・・と操作して、
塗り替え後のイメージをご提案できるアプリです。

さらにシミュレーション結果のプランデータをiPad/iPhoneに送って、
iPad/iPhone上ので【i-COLORexpress】や【i-COLORexpress for iPhone】でカラーシミュレーションしてご提案することができます。
【カラーエクスプレス】クラウドサービス“Let’s”にご契約があれば、クラウド上で施主様と施工店様双方からカラーシミュレーションしていただくこともできます。

ですが、残念ながら、いきなりiPad/iPhoneでカラーシミュレーション、という操作はできないのが現状です。
事前に送られたプランデータがないと【カラーエクスプレス】はお使いいただけないのです。

iPhoneからたまにいただく「カラーエクスプレス使えない」というメッセージも、おそらく、そういうことが原因ではないかと思われます。

あくまでも、PC上の【カラーエクスプレス】でカラーシミュレーションしていただき、そのプランデータをもとに、iPhone、iPad、クラウドで共有して、というプロセス、ぜひ、「リモートデモ」にてご確認ください。

おかげさまで、『コロナに負けるな!!』、大変ご好評いただきまして、連日リモートデモのご予約をいただき、立て込んでおります。ご希望の日程でリモートデモをご覧いただくために、まずはご予約、お問い合わせをお願いいたします。
https://www.i-locus.com/contact/

リモートデモの所要時間は
【カラーエクスプレス】約1時間、【計測エクスプレス】約30分ですが、
ご希望やご都合に合わせることもできますので
ご相談ください。

お電話にていろいろご質問、ご不明の点の確認等もしていただけます。
現在、持続化補助金をはじめ、助成金の活用もできます。

コロナに負けるなキャンペーンバナー (002)
「【カラーエクスプレス】、ぜひ、お使いください!」

    • 0 Comment |
2020年05月21日

「素晴らしいソフトと思いますので、ぜひ購入を検討したいと思います。」

「素晴らしいソフトと思いますので、ぜひ購入を検討したいと思います。」
という、とてもうれしいメッセージ!

30年前からアパート、マンションをたくさん管理していらっしゃる不動産業者様から。

アパート外壁塗装のシミュレーションソフトを探していて、弊社のサイトをご覧いただいたそうです。
古くなってきた物件の外壁塗装の際にいつも苦慮されていて、
そのたびにカラーシミュレーションサービスで費用がかかり、
しかも変更もできずに不便を感じておられた、とのことです。

メールには
「素晴らしいソフトと思いますので、ぜひ購入を検討したいと思います。」
と書かれていました。

ありがとうございます!!


『コロナに負けるな!!』キャンペーン、
おかげさまで連日ご発注をいただいており、
今日も会社から徒歩圏内に住んでいるスタッフが発送作業のために出社予定です。

コロナに負けるなキャンペーンバナー (002)

持続化補助金等、活用もできます。
補助金活用2
まずは無料の「リモートデモ」で、操作をご確認ください。
リモートデモのお申し込みはこちらから 
https://www.i-locus.com/contact/
    • 0 Comment |
2020年05月20日

導入後も《保守サポートサービス》で安心! ただいま『コロナに負けるな!!』開催中

業務を拡張するため、円滑に行うために新規にシステムを導入する際、一番の不安要素は
「導入しても、はたして使いこなせるのだろうか」、
「せっかく購入しても使えなくて無駄になるのではないか」ということでしょう。

㈱インターローカスでは、無料の「リモートデモ」をご提供できますので、
導入前に動作を実際にご覧いただくことができます。
実際に操作をしていただくこともできます。


さらに、お買い上げから1年間は、
無料の《保守サポートサービス》をご提供いたしますので、
操作がわからないとき、疑問点があるとき、メール、お電話等でお問い合わせいただけます。

《保守サポートサービス》期間中は、PCの買い換え・入れ替え等の際も
無料でシリアルナンバーを発行いたします。

さらに、バージョンアップの際、無料で新バージョンをお届けいたします。

手厚い《保守サポートサービス》で、ご購入後も安心してお使いいただけます。


現在、㈱インターローカスでは『コロナに負けるな!!』キャンペーン開催中です。
ぜひ、この機会に導入をご検討ください。

おかげさまで毎日お問い合わせ、リモートデモのご予約をいただいております。
リモートデモのご予約はこちらからお願いいたします。

https://www.i-locus.com/contact/


コロナに負けるな!!キャンペーンチラシ

    • 0 Comment |
2020年05月19日

LINEでご提案も!【カラーエクスプレス】は『コロナに負けるな!!』キャンペーン中です

東日本大震災時、携帯電話の回線がつながらなかった際もLINE通話が命綱になったと注目をあびたLINE。今更ですが、気軽なコミュニケーションツールとして、今や電話やメール以上に普及している不可欠のツールですね。

昭和の時代は電話番号を教え合い、平成ではメールアドレスの交換、さらにLINE交換が友達関係のスタートライン。もちろん、未だ「私はSNSやらないので」とLINEを拒否する人も多いですが、学生をはじめ若者の間では、メアドや電話番号は知らなくてもLINEだけでつながっている関係も多いようです。

何よりも、LINEだと使用するのに費用がかからない!無料なのが普及の大きなアピールポイント。
さらに、LINEアドレスの交換も手軽で、招待、QRコードやIDで簡単に友達追加できたのもどんどんユーザーが増えた理由でしょう。以前は「ふるふる」ツールでスマホを近づけてスマホを降るだけでライン交換。初めてふるふるLINE交換出来たときは「すごい!画期的!」とビックリしたものです。(この機能はいつの間にかなくなったようですが、これもコロナ禍=ソーシャルディスタンスのせいでしょうか・・?)

先日、【カラーエクスプレス】のユーザー様より、「LINEでシミュレーション結果を送るには?」というサポートのお問い合わせ電話をいただきました。
施工店さまも施主様もLINEご利用の場合、一番手軽にコミュニケーションできますからね。

施主様とシミュレーション結果画像をLINEで共有するには、
【カラーエクスプレス】で作成したシミュレーションプランは画像として保存、その画像を共有するだけでOKです。
簡単に施主様にご覧いただくことができます。

さらに、印刷結果のように、タイトルやコメント等も入れたい場合、または、ビフォア・アフター画像や複数のシミュレーション結果をお送りしたい場合は印刷の「ページ設定」によりフォーマットを選択して、PDF保存、LINEで共有することもできます。

友達ツールだったLINEも、便利に活用して営業ツールとしてご利用いただけます。
ユーザー様から新しい【カラーエクスプレス】の活用法のアイデア、感謝です!
ぜひ、ご活用ください!!


【カラーエクスプレス】は、ただいま、『コロナに負けるな!!』キャンペーンを開催しております。
ぜひ、ご検討ください!
→ contact@i-locus.com


コロナに負けるなキャンペーンバナー (002)


    • 0 Comment |
2020年05月18日

ペーパーレスの【カラーエクスプレス】、ただいま『コロナに負けるな!!』キャンペーン中!

テレワーク、飲み会だけでなく、Zoomセミナーも盛況のようです。

毎年《リフォーム産業フェア》を開催(弊社も出展)のリフォーム産業新聞社様より緊急WEBセミナー開催のご案内が来ました。
「今だからこそ!住宅会社のテレワーク成功事例に学ぶ特別セミナー」とのタイトルで、「2年半前からペーパーレス化への取り組みを皮切りに業務のデジタル化に成功した企業の社長の話を聞く、という内容のようです。
前段として「非常事態宣言の延長により、主流だったイベントやチラシによる集客手法が難しくなり、接客の手法、施工や現場管理などもこれまでのやり方では通用しなくなっています。」とあります。


ダイヤモンドプリンセス内の感染が報告されていた頃、新型コロナの流行は一時的なもので、夏になれば「通常の生活=元の生活」が戻ってくるものだとばかり思っていました。「ちょっとの間辛抱すれば、また元のように生活できる」と思って、テレワーク体制を整え、外出自粛して頑張って来ました。

ところが、3月末からどんどん感染が広がりパンデミックの様相となり、最近ではむしろ「コロナ=長期戦覚悟」と言う意識を持たざるを得ない状況です。
「一時的」と思っていたのに、今では「コロナ前・コロナ後」という言い方もされています。「紀元前/紀元後=BC/AD」並み。さらに、世の中のテレワーク化のスピードを見ると、ルネサンス・産業革命並みの変化、というと大げさかも知れませんが、かなりの大転換期なのは間違いありません。

会社だけでなく、学校もリモート授業だけでなく9月始まりに移行?も検討されている状況で、まぁ、世の中、あっちもこっちも何もかも「変わる」ことばかりのようです。

そんな変化に対応できるように、必死でついていくように、とZoomセミナーだらけで、リフォーム産業新聞社様も建築・リフォーム業界に向けてのセミナー開催。



「ペーパーレス化」への取り組みをご検討なら、【カラーエクスプレス】、オススメです!!


【カラーエクスプレス】では、施主様宅を撮影してリフォーム後のカラーシミュレーションのプランを作成し、ペーパーレスで営業ができます。

① カラーシミュレーション結果画像をPDFにして、施主様にLINE送信でお届けすることができます。

② カラーシミュレーション結果画像を、施主様のPC、スマホ、タブレットへメールの添付ファイルとしてお届けできます。


③ カラーシミュレーションのプランを、施主様のiPad/iPhoneへお送りして、さらにカラーシミュレーションによる色決めをしていただけます。(iPad/iPhone9台のご登録可能。それ以上はオプションの営業支援ツール【RAINBOW】のご契約が必要です。)

④ カラーシミュレーションのプランを、クラウドにて施主様と共有して、双方向からカラーシミュレーションして、色決めのご相談ができます。(オプションの【カラーエクスプレス】クラウドサービス“Let’s”のご契約が必要です。)



ただいま、『コロナに負けるな!!』キャンペーン中!!
ぜひ、この機会に導入ご検討で、ペーパーレスの営業スタイルへ!


コロナに負けるなキャンペーンバナー (002)
→ contact@i-locus.com



    • 0 Comment |
2020年05月16日

『コロナに負けるな!!』キャンペーン開催中!


㈱インターローカスでは、長引きそうなコロナ禍の中、少しでも施工店様をサポートできれば、ということで、急遽『コロナに負けるな!!』キャンペーンを開催いたしております。



外出自粛によるテレワークが広がるにつれ、今までITシステムの導入を考えたことがなかった施工店様からも、「そろそろうちも…」と言うことでお問い合わせを何件もいただいております。

また、「プリントアウトする代わりに、シミュレーション結果をPDFにしてLINEで送りたいがどのようにすればいいんですか?」というお問い合わせもいただきました。

施主様へのご提案方法もどんどん進化しているようですね!


会社でお使いいただくだけなく、テレワーク用に2ライセンス目を購入したい、という施工店様のため、『コロナに負けるな!!』キャンペーンでは、2ライセンス目も30万円と言う割引き価格でご提供いたしております。

■「コロナに負けるな!キャンペーン価格

            【カラーエクスプレス】1ライセンス  368,000円→ 35万円

            【カラーエクスプレス】2ライセンス目 → 30万円

            【カラーエクスプレス】2ラインセンス → 60万円

 

■キャンペーン期間: 5月15日~7月末日ご発注分まで

コロナに負けるな!!キャンペーンチラシぜひ、お問い合わせください!
→ contact@i-locus.com

丁寧にご説明いたします!


    • 0 Comment |
2020年05月15日

本日より『コロナに負けるな!! キャンペーン』開催

本日より、急遽開催 『コロナに負けるな!!キャンペーン』開催いたします!

この外出自粛のコロナ禍に【カラーエクスプレス】が少しでも営業活動のお役に立てれば、と願っております。

さらに、巣ごもりを余儀なくされている施主様に、ご家族と一緒にご自宅でカラーシミュレーションを楽しんで、リフォームの夢を語り合える場を提供できれば、と願っております。


おかげさまで、本日早速、キャンペーン適用でご成約をいただいております。

ぜひ、リモートデモにて、使い勝手を実際に試して、ご確認ください!

コロナに負けるな!!キャンペーンチラシ持続化補助金の活用もできます。
補助金活用2
お問い合わせ・リモートデモのお申し込みはこちらへ → contact@i-locus.com



    • 0 Comment |
2020年05月14日

まずは「リモートデモ」を!『コロナに負けるな!! キャンペーン』急遽開催!

外出自粛の波に乗り、テレワークの市民権を得たようなZoomですが、
それでも例の一件=部外者の乱入や個人情報・ミーテイング情報の流出、さらに過去の脆弱性等取り沙汰されました=以来、拒否反応を示す方も未だ多いようですね。
学会の部会ミーテイングでもZoomはNGという先生が何名かおられるため、ブチブチ切れたりしながらもSkypeを使用したりしている現状です。

手軽で誰でも使いやすい、というのは逆に、悪さをされやすい、ということにつながってしまいかねないのが、ネットワーク使用、IT使用?の宿命なのかも知れません。

その問題を回避するには、パスワードが大事!
そのパスワードもどんどん桁数が増えて、
さらにアルファベットの大文字、小文字、数字を混ぜなきゃNG等、
使用するのも大変!

現在、コロナ禍の給付金受け取りのためのマイナンバーカード使用についても、パスワードがわからず(忘れて?)、何時間も区役所にて待機→ ”密” が発生、というニュースも聞きました。品川区では開庁後20分で100人に達して受付終了とか、さいたまでは4時間待ちだの7時間待ちだの…ディズニーレベルの行列待機の問題が起こっているようです。

今や何もかも使用するためにはパスワードが必要になり、同じパスワードを使い回すのは危ない。
だからと言って覚えきれないからメモするとそれはさらに危ない…。
困った問題です。
特にITに慣れていない高齢者にとっては、自分の記憶力がどんどん衰えていくのをわかっているだけに不安感は計り知れないでしょう。
ある方のお父様が他界された際に、「壁に大きく、パスワードの一覧表が書いて貼ってあったので、亡くなった後の各種設定解除手続きが問題なくできました」と笑えない笑い話のような話も聞きました。


㈱インターローカスでは、【カラーエクスプレス】や【計測エクスプレス】の導入前に、「リモートデモ」にて操作方法、使い勝手のご確認をお願いしております。
(サンプル版はご用意しておりません。あまりにも機能・ツールがたくさんあるため、サンプル版のご提供はむずかしいのです。)

「リモートデモで、パソコンをつないでパソコンの画面を共有するって大丈夫なのか?」と疑問を持たれるかも知れません。
リモートデモのしくみは、リモートデモの直前に、専用ソフトにてその場限りのパスワードを発行し、それをお客様にお伝えして、回線を接続。
リモートデモの最中は、(お客様と㈱インターローカスの)どちらの画面を共有することも可能ですので、操作をご覧いただくだけでなく、ご自身でお試しいただくことも可能です。
デモ終了後は、お客様にパソコン画面共有の解除をご確認いただきます。

一時的な画面共有ですのでご心配はありません。

㈱インターローカスでは、明日より、

急遽開催 コロナに負けるな!! キャンペーン


を期間限定で開催いたします。
コロナに負けるなキャンペーンバナー (002)
ぜひこのチャンスにリモートデモをご体験いただいて、導入、ご検討ください。
お問い合わせ、お待ちいたしております。

→contact@i-locus.com


 

    • 0 Comment |
2020年05月13日

「急遽開催 コロナに負けるな!! キャンペーン」



先日も、
「この時期なのでキャンペーン展開したいです!」
と提案したところ、
「内容はOKですが、『ウイルス』か『ウィルス』、どちらかにそろえて書いてください」と。
…と言われた、という話をご紹介しましたが、

http://blog.livedoor.jp/colorexpress/archives/9609243.html
「謎だらけの社長」

実際に割引きキャンペーンを実施いたします。

名付けて
『コロナに負けるな!キャンペーン』

コロナ感染防止のため、外出自粛、テレワーク体制が進んでおります。
㈱インターローカスでは、テレワークの普及で、新しい営業スタイルを模索している企業様を応援しようと『急遽開催 コロナに負けるな!割引きキャンペーン』を開催いたします。

■「コロナに負けるな!キャンペーン価格

            【カラーエクスプレス】1ライセンス  368,000円→ 35万円

            【カラーエクスプレス】2ライセンス目 → 30万円

            【カラーエクスプレス】2ライセンス → 60万円

 

■キャンペーン期間: 5月15日~7月末日ご発注分まで

コロナに負けるなキャンペーンバナー (002)


まずは、リモートデモをお申し込みください。
→ contact@i-locus.com






    • 0 Comment |
2020年05月12日

人気のZoom 誰でも使えるのが強みですね!

去年までは名前も知らなかったZoomですが、
コロナ禍による外出自粛により、あっという間に広がっていますね。

テレワークはもちろん、
大学や私立の学校でのZoomオンライン授業をはじめ、
実際に会えない友人・仲間とのZoom飲み、
GWや母の日に、子供が親に操作方法を教えて、
Zoomを通じて感謝を伝えたり孫と会わせたりの親孝行も。

Skypeと違ってわざわざ個人アカウントの作成、登録が必要なく、
招待されたURLのリンクを貼り付けるだけでOK。
IT系が全く苦手、という人でも誰でも簡単に参加できるのが何よりの強みでしょう。

もともと会議用のツールですので、Skypeのように人数が増えたら動作が不安定になったり、ということも少ないようです。
(週末にSkypeミーティングを行ったのですが、ネット環境が非常に悪く、入れなかったり、固まったり、切れたり…大変でした。ひとりは、ちょうど目をつぶった画像のまま画面が固まってしまい、ミーテイングの半分は「居眠り参加」状態でした。笑)

LINEが普及した時も同様でしたが、既に使用している人がZoomで招待して、招待された人が、次回、同様に他の人を招待してその便利さを伝える…とどんどん広まっていきます。むずかしい理屈はわからなくても、言われたとおりにしているだけでできる、という簡易性、便利性が人気の理由です。


実は、カラーシミュレーションアプリ【カラーエクスプレス】の営業ツール、【カラーエクスプレス】クラウドサービス“Let’s”も、Zoom同様に、どなたでも簡単にご利用いただけます。

施工店様が【カラーエクスプレス】にて作成したプランを“Let’s”クラウドにアップロード。
Lets

そのリンク先を施主様にお伝えして、施主様はそのリンクにアクセスすると、施工店様のご提案のリフォームプランで自由にカラーシミュレーションして、ご自宅にてご希望どおりに色決めしていただくことができるのです。
Lets2
Zoom同様、施主様はITの知識がなくても、誰でも塗り絵感覚でカラーシミュレーションを楽しんでいただけます。





https://www.i-locus.com/product/colorexpress/lets/
ページ内でカラーシミュレーション体験していただけます。

たび重なる営業訪問、修正も不要。
”3密”の心配もなく、施主様に納得のいく色決めの機会をご提供できます。

お問い合わせお待ちいたしております。
contact@i-locus.com


補助金活用で

    • 0 Comment |
2020年05月11日

謎だらけの社長

そのユニークな受け答えで、いつも皆の頭を?だらけにする社長ですが、

STAY HOME週間~連想ゲーム?
http://blog.livedoor.jp/colorexpress/archives/9606939.html

またもや?で驚かせられました。

夕方、確認事項があって電話した際に最後に、
「これから晩ご飯を作らなくてはならないので、後で確認しておきます・・」と言われたので、
なんとなく「何作るんですか?」と尋ねたところ、

「今日はソースご飯です!!」

とうれしそうな、元気な回答。

「え?ソースご飯~?!」

「はい。ご飯に粉末の焼きそばソースをかけるんです!」
「昼、焼きそばだったんで」

謎のソースご飯。。

チャーハンみたいに炒めるのだそうです。
ひょっとしたら、余った焼きそばソースの有効活用?

身体は大きいのに、ヘンに細かい社長。
とにかく、何でも捨てられないんです。

ポストイットも、表だけでなく、裏面も使用したり。

ノベルティグッズも何でも使用。
以前は粗品のタオル(よくある紺色文字で店名が書いてある薄いタオル)を汗ふきタオルにしてどこに行くのにも持ち歩いていたので、「さすがにそのタオルはビジネス訪問には・・」と言うと「そうですか~」と。

社長の中には謎の「もったいないお化け」がいます。


何故か、やたら細かいことも目につくようで、
書類チェックを頼むと
「全角と半角のかっこが混ざっています」
とチェックされることも多々。

先日も、
「この時期なのでキャンペーン展開したいです!」
と提案したところ、
「内容はOKですが、『ウイルス』か『ウィルス』、どちらかにそろえて書いてください」と。

「はい!表記ゆれ、気をつけます!」

「細かいことが気になる右京さんなもんで…」
社長の口癖です。

細かいところの「間違い探し」が得意な社長です。


■おまけ
先日の「連想ゲーム」についての岡江さんの話ですが、スタッフに
「そもそも、今、『連想ゲーム』わかる人の方が少ないですよ~」と指摘されました。

ですよね~。
今は令和時代。
平成どころか昭和のテレビ番組なんて、知っている方がマイナーですよね~。
昭和は遠くになりにけり。
失礼しました。

失礼ついでに、もうひとつ。昭和つながりのどうでもいい話ですが、やたら気になること。
最近、コロナ感染防止で、「ソーシャル・ディスタンス」についてよく聞きますが、
「ディスタンス」と聞くたびに、
アルフィーの「♪星空のディスタンス」の曲が頭の中を流れます。

「ディスタンス」と聞くたびに、さらに、
当時流行っていたテレビ番組「ザ・ベストテン」で、アルフィーの3人が「星空の 下の ディ~スタンス」と歌っていた横で、歌手大川栄策(元家具職人だったらしい)が登場し、「ディスタンス=this 箪笥」を肩に担いで出演していた場面が思い出されてしまうのです。

これこそ、「私だけに違いない」、「他の人には通じない」とわかってはいるのですが、
なんせ、ものすごく大笑いしたインパクトがある映像だったので忘れることができないでいます。
あの頃の歌番組、ホント、セットも演出も趣向が凝らされていて楽しくおもしろかったですね~。

連休明け、自粛意識が少し緩くなっている、と報道されています。
せっかくここまで頑張ってきて少しずつ結果が出ているのですから、ここで緩めては台無しです。
今後も外出は控えて、人との「ディスタンス」に気をつけて、コロナに負けずに頑張りましょう。

施主様宅への営業訪問回数を減らし、
外出自粛をサポートする【カラーエクスプレス】、【計測エクスプレス】、ぜひご検討ください。
補助金の活用もオススメしております。

→ contact@i-locus.com

補助金活用2

    • 0 Comment |
2020年05月09日

棚卸し処分 残り物オンパレード on「青の時代」!

連日、お家ごはん。

中高生等食べ盛りの子供や食いしん坊の家族がいないため、
毎日少しずつ残り物が累積されていきます。

出社勤務の頃は(←この表現!遠い昔に思えますが3月まで)残り物を翌日お弁当に持参して会社で食べていたのですが、毎日ひきこもりの家では、場所も器も同じで「仕方なく残り物食べています」感が強いので、ついつい敬遠。冷蔵庫には保存容器に入れた累積残り物が堆積状態になりがち。

しかも、「あの頃」、買い物ができなくなるかも知れない恐怖感で買いだめした保存用のおでんや冷凍食品も未だどっさり。

でも、貧乏性なので捨てるのも忍びない。。
捨てたりしたら「もったいないお化け」に怒られちゃいます。


そこで、連休中に冷蔵庫の棚卸ししました。
一気に「残り物オンパレード」

どうせなら、「日本橋たいめいけん」スタイルで、と思ったのですが、
真四角のお膳があるわけでもなく、
美しい小皿がたくさんあるわけでもなく。

とりあえず、
「お盆にお皿、並べてみた」
20200503_191020_resized

そして、
「お皿に残り物、盛り付けてみた」

20200504_161548_resized
のであります。

いつも使っているお皿では単なる「残り物定食」になってしまうので、
日頃使用しない器を惜しげもなく登場されるのがコツ。

あちこちの旅の思い出のつまったお皿、薩摩切り子、琉球硝子等々、そして、旅先で手作り体験して作ったお皿も。

テーマは「青の時代」

お刺身用醤油皿は、
相撲の黄金期に枡席で観戦の際にお土産でもらった一品。
麒麟児、高見山、旭國、三重ノ海、魁傑、若三杉、貴乃花、北の湖、輪島…と、今やこのラインアップだけでもマニアにとっては、超貴重なアイテムなのではないかと思います。(これは使いやすく通常使用中。)

和洋中、さまざまな残り物。
あらためて買ってきたのはお刺身の盛り合わせだけ。
ご飯さえも炊飯器に残っていた前夜のご飯におかかで海苔弁風にしました。

1588577718601
器、レイアウト、
ちょっとグレードアップして気分を変えるだけで…

「まぁ、なんということでしょう!」

「処分」扱いの残り物が
一見、
品数多い豪華なお食事に見え手大成功の
冷蔵庫の棚卸し処分
「ビフォア・アフター」でした。







    • 0 Comment |
2020年05月08日

カタカナ語のオンパレード!

「ゴールデンウィークじゃなくて『ステイホーム週間』としてください」との都知事の要請で外出自粛のまま、GWが終わりました。

去年までは「ホームステイ」しか聞いたこともなかったのに、今年は「ステイホーム」が合い言葉のようになっていて、「ステイ=とどまる」という言葉も既に全国的に認知されているようです。
(以前は、「ステイ」と言うと、ペットの犬とかにしつけで「待て」と指示する時に使用する言葉として認識されていたのですが。)

都知事は帰国子女という経歴のせいか、カタカナ語をキーワードにして、それを標語として都民を誘導?するのがお好きなようで、今回のコロナ騒動、カタカナ語のオンパレードです。

・オーバーシュート:感染爆発

・ロックダウン:都市封鎖

・クラスター:集団感染、感染者集団

・パンデミック:世界的流行

・ソーシャル・ディスタンス:人と人との物理的距離を保つこと=2メートル

・テレワーク:自宅やサテライトオフィスなど、通常のオフィスから離れたところで働くこと
(以上、PRESIDENT OnLineより引用)

初めて耳にするカタカナ語によりインパクトをねらっているのかも知れませんが、果たして意味がきちんと伝わっているのか・・?
高齢者は?
子供達は?

たとえば、「首都閉鎖」という漢字の熟語であれば、少なくとも漢字をもとに意味を想像することができますが、カタカナ語ですと元の英語等を知らないと、調べない限り意味を想像するとっかかりさえもありません。

「今、外出自粛しないと東京を『ロックダウン』しなくてはなりません!」等、大事なところ、どうしても伝えたいところだけ1点集中で使うのでないと、逆にすべてがあやふやなイメージ先行になるだけで、「なんか、よくわからない」という結果になってしまい、真意や重要さが薄まってしまうのではないでしょうか。


今回のコロナ騒動で、「テレワーク」が推進されて、「リモート」に対する概念がずいぶん変わりました。
テレワーク、リモート、ネットワーク、オンラインと言った言葉、そして活用がものすごい勢いで普及しています。
弊(社も100%テレワーク体制で1ヶ月過ぎました。)

IT関連の用語も、カタカナ語が多くて、長くて、わかりにくて、その使用については、社内でもいつも問題になります。

㈱インターローカスでは、お問い合わせをいただいたお客様に、お客様のPCと弊社のPCをネットワークでつないでPC画面上でシステムの操作をご覧いただく「遠隔デモ」をご提供しておりますが、そのデモの名称についても、「遠隔デモ」がよいのか、「リモートデモ」がよいか、ずいぶんと討議を重ねて参りました。
以前はどなたでもわかりやすいように「遠隔デモ」という表記にしていましたが、最近は「リモートデモ」でも十分伝わるようですので、「リモートデモ」という言葉も使用しております。

リモートデモは無料でご提供いたしております。
ぜひ、お問い合わせください。 → contact@i-locus.com


CLX プランビュー 20170411

余談ですが、「リモート」という言葉以上に、「リモコン」という言葉が私たちにおなじみですよね。
1970年代にテレビのリモコンが登場して以来、今ではテレビだけでなく、エアコン、照明、とリモコンだらけ。

海外のホテルでTVリモコンが見当たらず、「Where is リモコン?」と尋ねても通じなかったという笑い話のような話を聞きますが、「リモコン」は和製のカタカナ語で、リモコン=remote controllerの短縮語。

同じ「コン」でも、エアコンの方はエアコン=air conditionerの短縮語で、こちらは、英語で「air con」と言っても通じます。

カタカナ語は長いので、すぐに短縮したがる日本人。

最近は、外出自粛のため、「コンビニ」で購入した「ファミチキ」や「ケンタ」、デリピザ」とかをおつまみに、「スマホ」や「パソコン」で「リモ飲み」、「オン飲み」が大人気とか。
「アルハラ」もなく、「ネトフリ」や「サブスク」の映画やライブを共有したり、「カラオケ」したりしながら、楽しく飲めて癖になるようですね。飲み過ぎに注意!です。

    • 0 Comment |
2020年05月07日

小規模事業者持続化補助金 活用のオススメ

「小規模事業者持続化補助金」ご存じでしょうか? 

「小規模事業者持続化補助金」詳細はこちら 
→ 
https://r1.jizokukahojokin.info/index.php/持続化補助金とは/

■対象→販路開拓に取り組む小規模事業者等

■補助額:原則50万円を上限に補助(補助率:2/3)

※ 購入金額75万円分迄補助の対象となります。
(75万円を超えた購入も可能ですが、対象となるのは75万円迄です。)


と言うことで、
★下限額の指定がないので【計測エクスプレス】1システムの導入でも利用可能です。

「小規模事業者持続化補助金」の利用でシステム導入の場合、負担額は下記のようになります。

【カラーエクスプレス】 
定価368,000円 ー 補助額:245,333円 ⇒
貴社負担費用:127,667円  



【計測エクスプレス】
定価104,000円 ー補助額:69,333円⇒ 貴社負担費用:34,667円
  



【エクスプレスセット】
定価432,000円 ー 補助額:288,000円⇒
貴社負担
費用:144,000円 


*消費税は、補助の対象外です。

★チラシやパネルの作成等、他の販促費用と合わせて申請することもできます。


■スケジュール

第2回受付締切 2020年6月5日(金)【最終日当日消印有効】

第3回受付締切 2020年10月2日(金)【最終日当日消印有効】

第4回受付締切 2021年2月5日(金)【最終日当日消印有効】

5月のこの時期を利用して、ぜひ、6月受付締切の「小規模事業者持続化補助金」を活用による【カラーエクスプレス】、【計測エクスプレス】そして、両方合わせての【エクスプレスセット】の導入、ご検討ください!!

お問い合わせ→ contact@i-locus.com
補助金活用で


    • 0 Comment |
2020年05月06日

STAY HOME週間~緊急事態宣言発令から1ヶ月…

■  GW期間中も㈱インターローカスはテレワーク体制で、カレンダーどおりに営業いたします。

  • 5月6日:振替休日(憲法記念日が日曜日のため)
  • 5月7日:営業 10am~5pm
  • 5月8日:営業 10am~5pm
  • 5月9日:土曜日
  • 5月10日:日曜

    お問い合わせ→ 
    contact@i-locus.com


    GWですが"STAY HOME WEEK"で外出自粛の自宅モード。

    自粛以来、日頃賑わっている場所が閑散として色を失っています。

    これは友人が送ってくれた画像。
    平日の午後1時頃。
    なのに人がひとりもいない東京ドーム!
    1587777886123新聞には、連休なのに出番のない新幹線が車両基地で待機している写真も。←最初、何の写真かわかりませんでした。
    (読売新聞紙面)

    20200505_195255
    http://blog.livedoor.jp/colorexpress/archives/9606546.html
    「STAY HOME週間~ひとりで楽しめる「”カラフル”お家時間」
    今までほとんど手に取ることがなかった万華鏡のカラフルな色合いに癒やされましたが


  • 3日夜には、東京タワーがこんなにカラフルにライトアップしたようです。

    tokyo tower rainbowテレビで中居くんがサプライズ紹介していました。


    コロナ禍で、感染や死亡者数等の暗いニュースばかりの毎日、やはり、心が明るくなるようなカラフルなものきれいな色が求められます。

    そう言えば、ロックダウン下のニューヨークやイギリス、イタリア等海外では、医療関係者への感謝とリスペクトの気持ちを家にいながら思いを伝えるため、子供達が皆、虹の絵を描いて窓や壁に貼っている様子が紹介されていました。

    緊急事態宣言から1ヶ月。
    1日も早く終息するよう祈ってやみません。

      • 0 Comment |
    2020年05月05日

    STAY HOME週間~連想ゲーム?

    ■  GW期間中も ㈱インターローカスはテレワーク体制で、カレンダーどおりに営業いたします。

  • 5月5日:こどもの日
  • 5月6日:振替休日(憲法記念日が日曜日のため)
  • 5月7日:営業 10am~5pm
  • 5月8日:営業 10am~5pm
  • 5月9日:土曜日
  • 5月10日:日曜

    お問い合わせ→ 
    contact@i-locus.com


    毎朝、ブログ案を作成後、社長に連絡、社長確認後にアップロードしているのですが、昨日のブログ案の返信は
    トンネルを掘る道具ではなく、万華鏡だったのですね。


    「トンネルを掘る道具?」
    思いつくのは、サンダーバード2号が格納しているジェットモグラ号。
    先端がドリルになっていて、いかなる岩や鋼鉄も物ともせず地中深く力強くトンネルを掘り進むジェットモグラ。
    ジェットモグラ(サンダーバード オフィシャルサイトより)


    何故、唐突にトンネルが出てくるのかわからず、

    「トンネルを掘る道具とは?」と尋ねると、

    返信はこれだけ(原文ママ)

    鶴嘴(つるはし)

    例:中山隧道

    https://niigata-kankou.or.jp/spot/5997

    リンクを開いてみると、何故か「にいがた観光ナビ」のページが登場。

    中山隧道
    説明文には

    中山隧道(なかやまずいどう)は、住民が16年の歳月をかけてツルハシで掘った、日本一長い手掘りのトンネルです。
    現在も残るツルハシの痕跡など、先人達の偉大なエネルギーと苦闘の歴史を伝えてくれる貴重な土木遺産です。平成18年度には土木学会選奨土木遺産に選ばれました。

    とありました。

    社長の示してくれた「例」はツルハシの使用例のようですね。
    (ツルハシは画像内にも出ていませんが。)


    「ツルハシ」は実際に見たこともないし、勿論使ったこともないし、唯一、イメージできるのはドラクエのツールとかだけですし、お察し通り、今までの人生、ツルハシとは全く関わりなく過ごして参りました。
    きっと、この中山隧道の話、有名なんでしょう。
    社長の頭の中では、ツルハシ→手彫りのトンネル→中山隧道という連想ゲームが行われた結果、教えて下さったのですね。。。

    でも、そこに至るひとつ前の
    「万華鏡の形、ツルハシを連想しました」
    と言う一言がなかったので、こちらは???

    トンネルを掘る=サンダーバード2号のジェットモグラ。
    万華鏡の形=十字架をイメージしていたので、イースターを連想していたくらいで、
    「ツルハシ」なんて、全く1ミリも想像していませんでしたから。(笑)

    解説も、せめて、このリンクを送っていただければ、凡人の私でもわかったかも…。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A4%E3%82%8B%E3%81%AF%E3%81%97



    これに限らず、社長の頭の中は、凡人とは違って?、常に想像を絶した果てしない連想ゲームが行われているようで、途中段階をすっ飛ばしての指示や発言にいつも周りは「はぁ??」、「???」となること多々です。

    オンラインミーティングでも、社長が一言発するといつも皆?だらけで、一斉に質問の嵐。

    「そうですかぁ・・わかんなかったですかぁ・・ボクの中ではつながっているんですけどね~」というのが社長のいつもの口癖です。


    でも社長、「万華鏡→ツルハシ」、
    さすがにこれは、「連想ゲーム」の達人、岡江久美子さんでも出てこないと思います。
    (R.I.P. 岡江久美子さん)



    ■おまけ

    このブログ原稿をメールにて社長に確認してもらったところ、

    岡江さん、連想ゲーム達人なんですね。

    自分の中で、連想ゲームといえば、「檀さん、大和田(獏)さん、大和田(獏)さん」という司会者の方のフレーズなんですけどね。

    と社長よりの返信のPSにありました。(原文ママ)


    「えーー?!」

    大和田獏&岡江久美子の連想ゲームカップル婚、ものすごく有名な話なのに、ご存じない・・?
    なぜ、「岡江久美子」が抜けているのか…?単なる書き忘れ?
    なぞだらけ。
    みなさん、わかりますか?


    そこで、

    PSが謎なんですけど。。なぜ獏さんばかり?

    と返信したところ、即レスが来たのですが

    檀さん、大和田さん」で対する2人である檀さんと大和田さんを紹介して、最後の「大和田さん」は大和田さんが先攻という意味です。

    と書かれていました。(原文ママ)

    ???

    みなさん、わかりますか?アゲイン。。
    聞けば聞くほど謎は深まるばかり。。。
    なぜか社長の頭の中ではもはや連想ゲームが始まっている場面が再現されているようです。
    が、やはり肝心の岡江さんは登場していないみたいですね・・ギブ!
    あきらめました。レスしません。
    掘れば掘るほど迷路に入り込みそうなのでスルーします。


    こんな感じで、いつもいつも、謎が多い社長、皆の「連想」の域を超えています。。。

      • 0 Comment |