2012年05月21日

【カラーエクスプレス】バージョンアップなう

5.21.
「1週間のご無沙汰でした。。」という名セリフで始まる歌番組がその昔にありましたが、このたびは、
「1か月のご無沙汰でした。。。」

おかげさまで、カラーシミュレーションシステム【カラーエクスプレス】バージョン5、お問い合わせをたくさんいただき、大変ご好評いただいております。

「いつ届くのかなぁと楽しみにしていたら問い合わせが必要だったのですね?」というユーザーー様からのメールもいただきましたが、お問い合わせいただかなくても、既に【カラーエクスプレス】をお使いいただいてサポート契約をいただいているお客様(ご購入後、最初の1年は無料サポート付)には順次、最新版をお送りさせていただいております。

恐れ入りますが、もう少し、お待ちください。

バージョンアップのお客様には、インストールCDに加えて、新たに編集いたしました「入門ガイド」をもれなくお送りしております。
「入門ガイド」はチュートリアル形式のテキストになっておりますので、説明に従って操作していただき、新機能の操作方法をご体験→習得していただくことができます。どんどんお使いいただいて、皆様のリクエストにお応えして追加した新機能の操作に慣れて、使いこなしていただければ、と願っております。

Ver5 CD guide


なんせ、今回のバージョンアップは、
「『Ver.5』どころか、『Ver.6』って言ってもいいんじゃない・・?」
という声が出る程、盛りだくさんの大幅バージョンアップ内容となっております。

新規に【カラーエクスプレス】ご購入の際にも、もちろん、この「入門ガイド」ついています。
ぜひ、このチャンスにご導入をご検討ください!

☆ ご参考までに、【カラーエクスプレス】Ver.5の主な新機能を再度、ご紹介。


1. テクスチャのとりこみ・編集(外壁)
ネット上のテクスチャデータや
PC内のテクスチャ画像データを読み込んで、テクスチャパレットにとりこんで、  外壁などに貼り付けてシミュレーションできます。とりこんだテクスチャは柄のサイズや形状を編集することもできます。


2. テクスチャのとりこみ・編集(インテリア)
ネット上の壁紙やクロスなどのテクスチャデータを読み込んで、テクスチャパレットにとりこんで、室内の画像に貼り付けてシミュレーションできます。とりこんだテクスチャは柄のサイズや形状を編集することもできます。


3. 他の画像(クリップボード)からの画像パーツのとりこみ
看板やドアなど、外部から画像をとりこんで、コピーペーストすることができます。


4. ダイレクトペイント
カラーシミュレーションの際に、指定した場所にカラーパレットの色を指定して塗ることができます。逆光撮影の場合など、建物画像が暗かったり、エリアが明るすぎたりしても、塗料の近似色を指定した場所に彩色して、実際のイメージに近いシミュレーション結果を見ることができます。


5. 青空ツール
青空の画像を取り込んでコピーペーストして、シミュレーション結果の建物画像の背景を青空にすることができます。


6. 下地模様消去
建物画像の下地模様を削除してシミュレーションすることができます。

【カラーエクスプレス】Ver.5、ぜひ、使い倒してください!


追記
「1週間のご無沙汰でした。。」の後は「玉置宏でございます。」と続いたのでした。
その名司会者も昨年亡くなられ、今では、「たまおき」ではなくイケメンの「たまきひろし=玉木宏」しか知らない人ばかり・・・か?

COLORexpress LOGO
☆カラーシミュレーションシステム【カラーエクスプレス】のホームページはこちら!
 
http://i-locus.com/colorexpress/index.html

☆カラーシミュレーションシステム【カラーエクスプレス】のお問い合わせはこちらへ! 
contact@i-locus.com

☆ブログでは、初回から順番に【カラーエクスプレス】について機能その他をご紹介しております。お時間がある時にでも、過去のブログも読んでいただき、【カラーエクスプレス】について知っていただけるとうれしいです。



    • 0 Comment |
    • Edit

トラックバックは許可されていません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔