February 27, 2005

スケール・フリー・テロリズム

Scale Invariance in Global Terrorism
Aaron Clauset, Maxwell Young
physics/0502014

テロリズムの起こる頻度と規模との間にはべきの関係があるという報告。論文そのものは読んでいないが、PhysicsWebの記事を簡単に訳しておく。

米国ニューメキシコ大学の二人の学生によると、残虐なテロリズムは我々が考えているよりも多く起こるかも知れない。アーロン・クラウゼットとマクスウェル・ヤングの二人はテロの起こる「頻度」と、死傷者の数で定義される「規模」との間に冪則があることを見出した。この結果は、9月11日と同規模のテロリズムが7年以内に起こり得るということを意味する。

彼らは、1968年から 2004年までに起こった19,900件以上のテロリズムをサンプルにしてこの解析を行った。なんでもスケールフリーになるような気もしないではないが、話題としては面白い。しかし、驚いたのは、私が生きてきた間に、約2万件のテロが起こっているとは。死傷者の数はどれくらいなのだろう?



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/colorglass/15210860
この記事へのトラックバック
Looks like my article with Maxwell Young is picking up some more steam. Phillip Ball, a science writer who often writes for the Nature Publishing Group, authored a very nice little piece which draws heavily on our results. You can...
Global patterns in terrorism; follow-up【Structure+Strangeness】at July 26, 2005 14:51
Looks like my article with Maxwell Young is picking up some more steam. Phillip Ball, a science writer who often writes for the Nature Publishing Group, authored a very nice little piece which draws heavily on our results. You can...
Global patterns in terrorism; follow-up【Structure+Strangeness】at September 20, 2005 15:14